月別アーカイブ: 2013年12月

瘢痕形成術についてのQ&A

Q1
手術は痛いですか?
A1
基本的に局所麻酔のみで手術可能ですが、痛みに対する不安が強い方は静脈麻酔を併用して行うこともできます。十分に麻酔を行ってから手術しますので、術中に痛みを感じることはありません。

Q2
手術後の腫れや内出血はどのくらいでひきますか?
A2
手術後およそ1~2週間でおさまります。

Q3
術後は痛いですか?
A3
術後、つっぱった様な感じはありますが、痛みは痛み止めで軽減できます。

Q4
どのくらいで仕事に復帰できますか?
A4
手術部位にもよりますが、日常生活は翌日から普通におくれます。デスクワークなどは翌日からでも復帰可能です。手術部位をよく動かす仕事の方は抜糸が終わるまで、約1週間程度お休みがあると安心です。

Q5
運動はいつからできますか?
A5
軽い運動は2週間、激しい運動は1カ月ほどたてば可能です。

Q6
傷跡はなくなりますか?
A6
傷跡がまったく消えるわけではありません。現在ある傷跡を、今よりも目立ちにくく修正する手術です。当院では、傷跡をできるだけきれいに仕上げるために、皮膚縫合を丁寧に美容外科的におこない、抜糸後は専用のテープを用いてテーピング固定を行っていただきます。

美肌注射(プラセンタ等)についてのQ&A

Q1
定期的に長い期間、点滴を受けて問題はありませんか?
A1
問題ありません。一般的にはお悩みの症状が改善されたところで、一旦点滴を受けるのを止める方が多いです。

Q2
点滴を打てば、打っただけ効果はありますか?
A2
点滴を受けて頂いた量と効果は、一定量は比例して上がります。しかしながら点滴を過剰に受けてしまうと、効果はそれ以上あがりません。

Q3
点滴後、どのくらいで効果を実感できますか?
A3
多くの方が点滴を受けた後すぐに効果を感じています。サプリメント等よりも早く実感頂けます。

炭酸ガスレーザーについてのQ&A

Q1
痛みはありますか?
A1
深さや大きさにより異なりますが、必要に応じて照射部位に局所麻酔を行いますので、痛みは殆どありません。

Q2
化粧をしても大丈夫ですか?
A2
テープ処置期間はテープ貼った上からであれば、化粧をして頂く事は可能です。

Q3
洗顔はできますか?
A3
可能ですが、保護テープ剤を剥さないように洗顔してください。もしテープ剤が剥がれた場合は再度、貼付してください。

Q4
男性のレーザー照射後、テープ保護している部分のひげが生えてきてテープがすぐに剥がれてしまう。ひげを剃った方がいいのか?
A4
皮膚を傷つけない程度に軽めにひげを剃っていただいて大丈夫です。テープを貼り続けるのが難しい場所の場合、テープではなく軟膏を塗布していただいております。軟膏を傷が乾かないようにこまめに塗っていただければ大丈夫です。

脱脂術についてのQ&A

Q1
目の下のたるみを取る方法はありますか?
A1
治療法に関しましては、患者さんの下まぶたの状態に合わせて選択します。切開を必要とする下眼瞼切開法か、下まぶたの脱脂術のどちらかで最良の治療をご提案させていただきます。

Q2
施術後に日常生活の制限はありますか?
A2
簡単なお化粧も可能で日常生活の制限は殆どありません。

Q3
腫れや痛みはありますか?
A3
軽い腫れが4日~5日程度あります。痛みは麻酔を行いますのでありません。小さな穴をあけるのみの手術です。

上がんけん拳上術についてのQ&A

Q1
手術は痛いですか?
A1
基本的に局所麻酔のみで手術可能ですが、痛みに対する不安が強い方は静脈麻酔を併用して行うこともできます。十分に麻酔を行ってから手術しますので、術中に痛みを感じることはありません。

Q2
手術後の腫れや内出血はどのくらいでひきますか?
A2
手術後およそ1~2週間でおさまります。

Q3
術後は痛いですか?
A3
術後2~3日は多少痛みを感じますが、痛み止めで十分に軽減できます。

Q4
どのくらいで仕事に復帰できますか?
A4
目の周りは腫れや内出血がでやすい部位ですので、約1週間程度お休みがあると安心です。近所にお買い物に出かける程度でしたらサングラスをかければ可能です。

Q5
傷跡は目立ちますか?
A5
術後2~3か月は多少赤みが出ますが、メイクで十分カバーできます。そのうちに傷跡は時間とともに目立たなくなり、最終的にはシワの一部のような細い薄い線で落ち着きます。

自家組織移植についてのQ&A

Q1
現在67歳の女性です。
40年以上前に他のクリニックでプロテーゼを入れました。歳とともに顔にシワやタルミが出てきてどんどん老化していくのに、鼻の部分だけはシワひとつなく、異様に突っ張った状態で不自然にそこだけ浮いて見えます。やはりプロテーゼが原因でしょうか?
A1
長期間プロテーゼが入っていると、長年プロテーゼが皮膚を圧迫し続け、徐々に皮膚が薄くなってきます。その結果、中のプロテーゼの輪郭が強調され、大きく固い鼻という印象を与えやすくなります。
笑っても皮下に固い人工物が入っているので表情が乏しくなりお面みたいと言われます。また歳をとるにつれて顔の周りの部分はシワやタルミができて、自然に老化していくのに鼻の部分に埋め込んだプロテーゼは老化しないでその部分だけ異様につっぱり、てかてかした感じになり不自然に浮き上がって目だってしまいます。
このような場合は、プロテーゼを抜いて自分の組織に入れ替えることで自然な鼻に改善可能です。

Q2
3年前に他のクリニックでプロテーゼを入れたのですが、鼻の穴の形が左右非対称で、右の鼻の穴の入口近くに5ミリ×3ミリくらいの出っ張りがあります。このような場合でも修正可能でしょうか?
A2
鼻の手術は傷跡が隠れるように鼻の穴の中を切開して行います。
切開の部位が適切でなかったり、ケロイド体質があったり同じ部位を何度も切開して修正していたりすると傷跡がもり上がって固くしこってくることがあります。そうなると外から傷跡が見えるようになったり、鼻の穴が小さくなったり、左右の鼻の穴の形が非対象になったりすることがあります。
このような場合は、傷跡の部分をきれいに削り取ったり、特殊な切開・縫合法や組織移植法などを用いて修正可能です。

Q3
タレントさんのようなきれいな鼻にあこがれて鼻にプロテーゼを入れたのですが、最近すごく後悔しています。
家族や恋人には内緒なので、もしばれたらどうしようとか、このままずっと異物をいれておいて、体に害にならないのかなど心配でしようがありません。どうすればよいでしょうか?
A3
鼻がコンプレックスでプロテーゼを入れてきれいに変身したはずなのに今度は「整形をした事を他人に知られないか?」「レントゲンをとるとシリコンが写るのではないか?」「鼻を触られと手術を受けたことがばれないか?」などの悩み不安にかられ新たなコンプレックスが生じることがあります。
他人の視線が気になって自然なコミニュケーションがとれなくなったり、今まで何の抵抗もなくスキンシップできていた恋人、夫、子供などに鼻を触られたくない、間近で顔を見られたくないなどの理由で自然に肌を触れ合えなくなったりするケースがあり心に影をつくってしまいます。
このような悩みの方もご安心ください。異物(プロテーゼ)を抜いて今の形をできるだけ変えずに、そっくり自己組織に入れ替えることが可能です。

ラディエイジ(ペレヴェ)についてのQ&A

Q1
痛みはどうですか?
A1
痛みはまったくありません。むしろほんわかと暖かいお湯につかっている感じで気持良く、施術中に眠ってしまわれる方も多くいらっしゃるくらいです。もちろん麻酔も必要もありません。

Q2
術後の腫れや赤みはどの程度ですか?
A2
施術後の腫れや赤みはほとんどありません。ごくまれに多少赤味が出る方がいますが、2~3時間で徐々になくなっていきます。

Q3
洗顔、メイク、入浴、洗髪などはいつから可能ですか?
A3
ペレヴェは皮膚の表面を全く傷つけないので、腫れや赤くなることもほとんどなく、洗顔、お化粧、入浴、洗髪など日常生活は普段通りで問題ありません。

Q4
即効性はありますか?
A4
効果は施術直後に自覚でき、2~3日間持続しいったん消退しますがその後、 7~10日後にエラスチンと新たに生成されたコラーゲンの収縮が再度行われ2段階的に作用します。 1~2週間おきに計5回の治療を受けていただくと、最大6ヶ月の効果の持続が期待できます。

Q5
どのくらいの間隔で通院すればいいですか?
A5
合計5回の治療をおすすめします。1~2週間おきに計5回の治療を受けていただくのがベストです。

Q6
ヒアルロン酸などの注入系注射治療と比べてどう違いますか?
A6
たるみやしわの治療目的で、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入する方法もありますが、体内に薬剤を注入することに抵抗のある方や、注射の嫌いな方にはペレヴェはお勧めできる方法です。下表のようにリスクも少なく、自然な感じで改善させていく事ができます。

Q7
フェイスリフト手術と比べてどう違いますか?
A7
フェイスリフトにも興味があるけれども手術そのものをうけることが不安、手術後の安静、 休業のために必要な時間がとれないなどの理由で、手術に踏み切れない方にはメスを用いない 治療法の一つとして、是非ラディエイジをお勧めします。

Q8
リフトアップに有効と言われている機械にサーマクールやポラリスなどもあるようですが、どのような違いがありますか?
A8
サーマクールは高周波(RF)を照射する機器で、治療効果は出るものの、痛みが非常に強いのと、料金が高額なのが欠点です。ポラリスは高周波とレーザーを組み合わせた機器で、これもかなり痛みがあり、その割にはたるみに対する効果が出にくいという欠点があります。ペレヴェなら、痛みはまったくなく、麻酔も不要、施術時間も短く、料金も比較的安く、2回で効果も十分に出ることから、一番お勧めの治療です。

Q8
ペレヴェが適さないのはどのような人ですか?
A8
以下のような方は、残念ながら施術できません。

  • ペースメーカーや埋め込み式除細動器をいれている方
  • 治療部位に金属プレート・金の糸を埋めている方
  • 出血性疾患・ケロイド体質・損傷治癒障害のある方
  • 治療部位に感染・疾患等あるいは医師が適当でないと判断した方
  • 妊娠している方
  • 悪性腫瘍またはその疑いのある方
  • シリコンやスレッドなどについてはRF電流の影響が及ぼす点について不明瞭であるため推奨されていません

ライポソニックスについてのQ&A

Q1
ライポソニックスとはどのような治療ですか?
A1
ライポソニックスは、ウエスト周りについた取れにくい脂肪を手術以外の安全かつ効果的、そして手軽な方法で取り除きたいと考えている人のための治療方法です。女性だけでなく男性も治療を受けることができます。 なお、ライポソニックス治療は、体重を落とすための方法ではなく、また健康的なライフスタイルの代替となるものでもありません。

Q2
ライポソニックスはどのような治療効果が期待できますか?
A2
治療効果と治療回数は人によって異なりますが、臨床試験では、1度のライポソニックス治療後に平均でズボンやドレスの1サイズ分(1インチ=約2.6 cm)ウエストサイズが減少することが確認されています。

Q3
施術は1回でどれくらいの効果がありますか?
A3
サイズダウンとして確認できます。また皮膚のスムースさを感じることができますが、セルライトの除去の為には複数回必要です。

Q4
効果はいつごろ現れますか?
A4
多くの人は8~12週間後に最大効果が現れます。これは身体が脂肪組織を自然に処理および排出する期間です。超音波を当てた脂肪細胞は破壊されますが、その周囲の脂肪細胞は残っているため、将来成長する可能性があります。治療の結果を維持するための一番の方法は、健康的なライフスタイルを維持することです。

Q5
ライポソニックスの治療は安全ですか?
A5
ライポソニックス技術は10年以上の調査研究を経て開発されました。 ライポソニックス治療には確立された安全性プロファイルがあります。

Q6
ライポソニックスに副作用はありますか?
A6
治療後、一時的に赤み、紫斑、不快感、腫れがあることがあります。

Q7
施術可能な部位はどこですか?
A7
おなかまわりの施術が可能です。

Q8
何回で効果ができますか?
A8
個人差はありますが、1回で1サイズダウンするくらいの効果が期待できます。

Q9
1回でどのくらいの範囲の治療ができますか?
A9
おなかまわりは1日で施術可能です。

Q10
治療中はどんな感じがしますか?
A10
治療中、不快感、痛み、冷たさ、ちくちくする感じ、温かさを感じることがあります。

Q11
ライポソニックスの治療後に気をつけることは?
A11
特別なことは必要ありません。しかしながら、治療後のケアについては医師の指示に従って下さい。 通常は治療後すぐに日常生活を再開できると伝えられるでしょう。 治療前に行っていた食事療法や運動は継続(または改善)するようアドバイスされるでしょう。 治療効果を得るために、そうした習慣を変える必要はありません。

Q12
治療後は残りますか?
A12
一次的に内出血はでますが、傷跡は残りません。

Q13
治療後、体調などに変化はありますか?
A13
治療後に治療部位に筋肉痛のような軽い痛みが数日間でますが、 全身的な体調に影響がでることはありません。

Q14
同じ部位を何度も施術できますか?
A14
3か月以上期間をあけ、さらに脂肪の厚さが2.3cm以上あれば何度でも施術可能です。

Q15
過去に脂肪吸引をした部位にライポソニックスの施術ができますか?
A15
脂肪の厚さが2.3cm以上あれば施術可能です。

Q16
皮下脂肪の厚み2.3cmとは、目分量でどのくらいですか?
A16
皮膚を表面から軽くつまんで、つまんだ厚さが指2本分くらいの厚さが目安です。

Q17
男性でもできますか?
A17
もちろん男性も可能です。

ボトックスについてのQ&A

Q1
ボツリヌス菌・・・と聞くと抵抗があるのですが。
A1
一般的にボツリヌス菌は食中毒を起こす菌として知られていますが、ボトックス治療ではボツリヌス菌の毒素であるボツリヌス毒素を安全に加工し、極めて少量を注入します。決してボツリヌス菌そのものを注入する訳ではありませんのでご安心ください。

Q2
ボトックス治療には副作用はあるのでしょうか?
A2
注射の際に針の後が残ったり、希に内出血を起こす事がありますが、いずれも   一時的であり10日前後で解消します。お化粧でも十分隠せる程度のものです。

Q3
1回の施術でどれくらい効果が持続しますか?
A3
1回で2~3か月効果が持続します。効果が切れてくる2~3か月おきの施術をおすすめいたします。

Q4
ボトックス治療にかかる時間は?
A4
治療自体は10分程度のものです。

フラクセルについてのQ&A

Q1
「フラクセルII」の効果はすぐに出ますか?治療は何回くらい必要ですか?
A1
効果が現れるまでの目安は施術の3~6ヶ月後です。「フラクセルII」 は、1回の治療で10~20%の皮膚の入れ替えを行います。100%の入れ替えを行うために、4週間の間隔で5~10回の治療を行うことをお勧めしています。

Q2
鼻にプロテーゼを入れていたり、ヒアルロン酸などを注入しているのですが、「フラクセルII」 の治療は可能ですか?
A2
プロテーゼが入っている部分は避けて照射します。ヒアルロン酸などを注入され場合は、2週間以上経過すれば、その部位にレーザーを照射しても問題ありません。

Q3
「フラクセルII」 の施術に、どのくらいの時間がかかりますか?
A3
照射前に、クリームの麻酔をします。麻酔がお肌に浸透して感覚が麻痺するまで30分~1時間程かかります。レーザー照射に要する時間は、お顔全体で約15分、さらにアイスパックによる冷却が約15分かかります。

Q4
「フラクセルII」 の施術は痛いですか?
A4
照射前に、皮膚の感覚が鈍くなるクリームの麻酔をします。さらに、レーザー照射中は冷風でよく冷やしながら治療をおこないますので、痛みはかなりやわらぎます。

フォトRFオーロラについてのQ&A

Q1
フォトRF(オーロラ)にはどのような効果と働きがありますか?
A1
  1. 年齢に関係なくメスで切らない安全な治療ができます。
  2. 美肌・美白・若返り・アンチエイジング(老化防止)効果が得られます。
  3. 肌表面に沈着するメラニン色素(しみ、くすみ、そばかす)を除去改善します。
  4. 赤ら顔を解消・改善します。
  5. 肌の奥底(真皮)のコラーゲンやエラスチン繊維の生成を促進して若返らせます。
  6. 肌(皮膚)のしわやたるみを解消します。
  7. 毛穴の開きを改善してキメを細かく毛穴を目立たなくします。
  8. 産毛や軟毛、細かい毛、白髪などの脱毛効果が得られます。
  9. 皮脂の分泌も正常化できます。
  10. にきびの発生を防止します。
  11. にきび跡(にきび痕)の改善をします。

Q2
オーロラ(フォトRF)に痛みはありますか?
A2
施術中に僅かな痛み(輪ゴムで軽くはじかれるようなパチパチするような感覚)は伴いますが、痛みには個人差があります。また時間の経過にともなう慣れで、痛みを感じなくなる方もいらっしゃいますが、それでも気になるようでしたら、医師にご相談下さい。

Q3
オーロラ(フォトRF)には副作用はありますか?
A3
オーロラ(フォトRF)には副作用はありません。施術後いつもどおり化粧をして頂けるほど安全です。 基本的にオーロラ(フォトRF)で照射する光と高周波RFはマイルドなため、ほとんどの場合問題になることはありません。不安な場合は医師にご相談しながら納得のいく治療を受けるようにしてください。

Q4
従来のフォトフェイシャル(光治療)とオーロラ(フォトRF)はどう違うのですか?
A4
これまで、しみやしわといった加齢による肌の悩みにはダウンタイムの少ない光治療が人気でした。 でも、光は皮膚に入るとメラニンを多く含んでいる表皮に吸収され、真皮層に進むにつれ拡散してしまい、皮膚の深いところにまでエネルギーが届かないという性質があり、そのためその効果に限界が出てきてしまいました。そこで登場したのが”フォトRF”です。今までの光治療のバージョンアップしたものだと考えてください。 フォトRFとは光エネルギーにRFという高周波のエネルギーをプラスした美肌治療のこと。 RFは光より長い周波数を持っていますから、表皮のメラニンに関係なく、真皮層や皮下組織に確実に熱エネルギーを送り込むことができます。
光が皮膚の色のトラブルにRFが加齢によって変化した皮膚の形状にそれぞれ働きかけることで、それぞれの悩みをまとめて解決してくれる画期的な治療法なのです。 二つのエネルギーのいいところが効率よく働いて、その相乗効果のよって、1+1が3にも4にもなります。 これからの美容医療には欠かせない存在ですね。美肌に熱心な女性の間では、特に高い人気を得ています。

Q5
オーロラで、うぶ毛がとれると聞いたのですが?
A5
脱毛と言えば真っ先に思い浮かべるのがレーザーによる治療ですが、実はレーザーではできない脱毛がオーロラでもできるようになりました!従来の脱毛レーザーや光脱毛は、毛のメラニンに光やレーザーを反応させて、毛根周辺に熱ダメージを与えるというシステム。そのため、メラニンが少ない細い毛やうぶ毛、白髪などにはあまり効果がなかったり、逆にメラニンの多い色黒の人にはやけどのリスクがあるなどの問題点がありました。それに対して電気エネルギーを利用するRFはメラニンの影響を受けず、毛根周辺にダイレクトに熱ダメージを与えることが可能!肌や毛の色に関係なく白髪やうぶ毛なども、より安全で確実に脱毛できるようになったのです。

フェイスリフト手術についてのQ&A

Q1
腫れが治まるのはどれぐらいでしょうか。人に会おうと思っているのですが。
A1
フェイスリフトの場合は腫れが引くまでのダウンタイムに1週間~2週間ぐらい、目安として10日は見て頂いた方がよいです。切らないスレッドリフトであれば、1週間程度で治まります。

Q2
フェイスリフトの術後のキズ後が気になって、決断できないのですが。
A2
五本木クリニックのフェイスリフトは、キズ跡が目立たないような施術を心がけています。 お気軽にご相談ください。詳しくご説明をさせて頂きます。

Q3
フェイスリフトの効果はどれぐらいですか。
A3
フェイスリフトの効果は個人差がありますが、一般的には5歳~10歳ぐらい若く見えるようになります。効果については、切らないスレッドリフトよりも遙かに持続性が高いです。

ヒアルロン酸についてのQ&A

Q1
ヒアルロン酸注入にはリスクはありますか?
A1
ヒアルロン酸注入においては、注射針を刺したときの痛みと、針を挿入した部分に内出血が起こる可能性があることです。しかしながら、注射の痛みは麻酔をもちいる事で極力和らげる事が可能ですし、内出血の場合も約10日前後でおさまりますので、リスクは極めて低いものと言えます。ご安心ください。

Q2
ヒアルロン酸には色々な種類があると聞いたのですが、どれを選べば良いのでしょうか?
A2
ヒアルロン酸の種類はその粒子の大きさと、粘り、固さなどでいくつかの種類に分類されます。実際に注入する部位によって、必要な粒子の大きさや強さ、固さなどが異なってきますので、医師と相談の上、決定致します。

Q3
注入後の効果はどれぐらい持続しますか?
A3
使用するヒアルロン酸の種類や部位にもよりますが、おおむね6ヶ月~12ヶ月程度の効果を実感されている方が多いようです。

スリムスペックについてのQ&A

Q1
痛みはありますか?
A1
スリムスペックは特に痛みを感じるという事はありません。

Q2
腫れなどの副作用はありますか?
A2
治療直後は少しあったかくなり、治療場所が赤みを帯びることがありますが、その日のうちに収まります。これは正常な反応です。

Q3
施術は1回でどれくらいの効果がありますか?
A3
サイズダウンとして確認できます。また皮膚のスムースさを感じることができますが、セルライトの除去の為には複数回必要です。

Q4
どんな効果がありますか?
A4
サイズダウン、皮膚の滑らかさ、血行改善、むくみ解消、もちろんセルライト除去が期待出来ます。

Q5
効果が持続する期間はどれくらいですか?
A5
一連の治療で効果が持続する方もいますが、生活習慣・体質も影響しますので9カ月後に微調整が必要になる方もいらっしゃいます。

Q6
毎日施術をすれば効果が早く出ますか?
A6
お時間があれば毎日でも結構ですが、治験や論文上は最短週2回を6週間行うことを基準としています。

Q7
セルライトができやすい部位は?
A7
太もも、二の腕、お尻、お腹など薄着になった時、あるいは水着を着た時にちょうど露出する部分でできやすいと言えます。これらの部位にできやすいのは、皮膚の結合組織が弱いことが一つの要因と考えられます。 セルライトはまず、むくみが原因で悪化し、肥満がそれを加速させます。まずはこうした部分の血行やリンパの流れをよくして、むくみを改善してあげることが大切でしょう。

Q8
男性にもセルライトはできますか?
A8
男性でも肥満の人には見られますが、気づきにくいといえます。 これは、男性皮膚が厚く、脂肪細胞が女性に比べて平らなこと、また、皮膚のハリを作る結合組織(皮膚の細胞同士を繋げる繊維)が強いため。逆に、女性の脂肪細胞は縦長で、結合組織が弱く突出しやすいので、セルライトは目立ってしまうのです。

Q8
筋肉をつけば目立たなくなりますか?
A8
運動などで筋肉をつけることで余分な脂肪は少なくなります。それに伴い脂肪細胞も小さくなるので、セルライトの悪化を防ぐことができます。また、筋肉がつけば、血液を心臓へ戻すポンプ機能も強くなって血行もよくなり、むくみ改善にもつながります。さらに運動は皮膚の結合組織を強くすると言われていますので、特定の部位だけを鍛えるのではなく、ウォーキングなどの全身運動が効果的です。

シルクピールについてのQ&A

Q1
痛そうで怖いのですが?
A1
シルクピーリングは角質除去と同時に潤い成分を浸透させますから、殆ど痛みはありませんが個人差はあります。痛みがあっても多少ピリッと感じる程度です。

Q2
安全なのですか?
A2
副作用もなく非常に安全です。

Q3
費用は高いのですか?
A3
治療部位にもよりますが、目安として1回のお顔の治療費用は21,600円です。(1回でも効果を実感できます。)更に美しいお肌をご希望の場合は、定期的にピーリングを受ける事をお薦めします。

Q4
年々濃くなってきている“しみ・そばかす”も取れますか?
A4
メラニン色素を減らして目立たなくします。何回か治療を受けて頂くことで、より効果が高くなります。回数については症状、個人差がありますので医師に相談下さい。

Q5
肌のくすみが気になるのですが?
A5
シルクピーリングには古い角質を除去し、皮膚の再生を促し、明るく透き通るお肌にする効果があります。

Q6
目の回りの小じわも取れますか?
A6
皮膚に必要なコラーゲン・弾性繊維を増やし、皮膚を丈夫にすることで小じわを浅くしていきます。

Q7
あぶら性の肌なので悩んでいます。
A7
毛穴の中の余分な皮脂を溶かし、代謝を活発にし毛穴を引き締めて脂性肌を改善します。

Q8
背中も綺麗になると聞いたのですが?
A8
はい。背中や腹部の妊娠線、下肢の線状委縮の治療にも効果があります。また手や足などにも効果があります。

Q9
治療に時間はかかるのでしょうか?
A9
治療時間は20分~40分位です。終了後はお化粧してお帰り頂けます。

ケミカルピーリングについてのQ&A

Q1
ケミカルピーリングは何回ぐらい治療を受ければ治るのでしょうか?
A1
ケミカルピーリングは1回で治る治療ではありませんので、多くは複数回の治療が必要となります。目安としては2~3週間に1回の治療を行い、改善の様子をみながら継続して行きます。肌の状態、症状、年齢によって治り具合は異なってきますので、担当の医師にご相談ください。

Q2
ケミカルピーリングは痛みはありますか?
A2
痛みはありませんが、若干のピリピリ感を感じる人もいます。また治療後に赤みがでる方もいますが、大抵は1日程度でおさまりますので、ご安心ください。

Q3
ケミカルピーリングの治療後に気をつけることはありますか?
A3
治療後の肌はとても感想していますので、保湿を十分に行い、UVケア用品で紫外線対策を行ってください。

Q4
サリチル酸ピーリングは、1回の治療でも効果が現れますか?
A4
サリチル酸ピーリングは他のケミカルピーリングと比べて、高濃度で使用できるので1回の治療でも十分に効果を実感して頂く事が可能です。ただ、症状を改善する治療となると、複数回の治療が必要となります。

Q5
サリチル酸ピーリングの治療は何回ぐらい受けるのでしょうか?
A5
症状と個人差により異なりますが、目安として治療は1ヶ月に1回、合計3~4回ほど受けていただくと、効果が実感頂けると思います。

Q6
サリチル酸ピーリングは、顔以外の部分でもできますか?
A6
背中や腕などを治療することも可能です。体を治療する場合、皮膚が顔より厚いので、施術の回数が多くなる場合があります。

Q7
アミノ酸ピーリングは、1回の治療でも効果が現れますか?
A7
1回でも効果は実感できますが、2から3週間間隔で、4から5回の治療をするとさらに効果的です。

Q8
アミノ酸ピーリングの治療は合計何回受けるのでしょうか?
A8
治療の回数には個人差がありますが、治療は2から3週間間隔で4回から5回ほど受けていただくと効果が実感頂けると思います。

Q9
マッサージピールの治療頻度はどのくらいですか?
A9
治療の回数には個人差がありますが、2週間に1回、5回を1クールほど受けていただくと効果が実感頂けると思います。

Q10
マッサージピールの副作用やダウンタイムはありますか?
A10
数日間薄い皮剥けや赤み、かゆみ、薄いかさぶたが出現したり、点状のかさぶたが散発する場合があります。絶対にかさぶたを剥がさないように注意が必要です。(色素沈着や瘢痕になる可能性があります。)また紫外線予防(日焼け止めを使用)と十分な保湿と刺激をしない(擦らない、触らない、剥かない)ようにご注意ください。

Q11
マッサージピールの前後で気を付けることはありますか?
A11
施術前は顔剃り・日焼け・スクラブ洗顔などお肌の負担のあるものは避けてください。施術後1週間は、ピーリング剤やレチノイン酸などの使用は控えてください。施術当日は、他の施術は併用して行えません。

キュリアについてのQ&A

Q1
同じレーザーなのにクリニックによって料金が異なるのはなぜですか?
A1
保険治療では料金はすべて国で定められており、どの医院や病院で行っても一律です。しかし、美容治療は自由診療になりますので、クリニックによって多少料 金が異なります。ただ注意しなければならないのは、安い料金に惑わされないことです。極端にディスカウントしているクリニックでは、ショット数(1度の治 療で当てるレーザーの照射数)がかなり少ない場合があります。また、技術や経験・知識の乏しいスタッフによる照射によって火傷などであとが残ってしまった とか、まったく効果がでなかったというトラブルも多く耳にします。さらに、レーザー料金は安いものの、それ以外の諸費用を別料金で請求されて結局高額に なってしまったという例もあります。値段だけにとらわれず、本当に効果のある、トラブルの無い治療を受けて下さい。

Q2
ヒアルロン酸などの注入系注射治療と比べてどう違いますか?
A2
たるみやしわの治療目的で、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入する方法もありますが、体内に薬剤を注入することに抵抗のある方や、注射の嫌いな方には キュリアはお勧めできる方法です。リスクも少なく徐々に良くなっていきますから、自然な感じで改善させていく事ができます。

Q3
フェイスリフト手術と比べてどう違いますか?
A3
フェイスリフトにも興味があるけれども手術そのものをうけることが不安、手術後の安静、休業のために必要な時間がとれないなどの理由で、手術に踏み切れな い方にはメスを用いない治療法の一つとして、是非キュリアをお勧めします。五本木クリニックの方針としては、“切る治療”も“切らない治療”もどちらも行 えます。それぞれに長所、短所がありますので、それらを踏まえた上で、みなさんの希望に応じて選んでいただければよいと考えています。いずれを選択するに しても、きちんとした適応に沿って治療を行いますので安定した効果が得られます。

Q4
どのような作用でにきびに効果が出るのですか?
A4
アクネ菌に対する殺菌作用と、皮膚の新生を促進することでにきびをすっきりさせます。また、コラーゲンの再生を促進することで、にきび跡を防ぐ効果があります。

Q5
安全性はどうですか?
A5
レーザー治療で最も注意しなければならないのが、熱刺激によるやけどです。キュリアには照射ヘッド部分に高性能の冷却装置がついているため、照射と同時に皮膚を冷却・保護します。痛みやお肌へのダメージもなく、安心・安全なレーザー装置です。

Q6
即効性はありますか?
A6
ほとんどの方は1回の照射で、施術直後~1時間くらいの間で改善を自覚できますが、症状や程度によっては、直後には効果が分かりにくい場合もあります。いずれにしても、治療当初は肌をなじませるために、間隔を短めに(1~2週間おき)に集中して照射する必要があります。続けていくうちに次第に効果を維持しやすくなるため、徐々に治療間隔を空けていきます。

ウルトラVリフトについてのQ&A

Q1
ウルトラVリフトって何ですか?
A1
ウルトラVリフトは、特殊な針を使ってツボを刺激しながら、同時に細い吸収糸を肌内に埋め込み、たるみの改善や肌のハリを促す最新の治療です。

Q2
ウルトラVリフトってどんな効果がありますか?
A2
顔のたるみ、小じわ改善、顔の引き締め、小顔効果、フェイスラインの引き締め、二重あごの改善、肌のコラーゲン再生、肌のハリ感、弾力など肌質改善などがあげられます。

Q3
ウルトラVリフトは痛くないですか?
A3
施術前に麻酔クリームを塗りますので痛みの心配はありません。

Q4
ウルトラVリフトを受けた後、気をつけることは?
A4
糸を埋め込んだ部分を、強くマッサージしたり、こすったりしないでください。

Q5
ウルトラVリフトにダウンタイムはありますか?
A5
治療後すぐにメイクができ、洗顔、入浴などの制限なく、通常の生活が送れます。 部分的な内出血や、赤み、針穴などが気になる場合もありますが、メイクでカバーできます。

Q6
ボトックスやヒアルロン酸注射、高周波治療、レーザー治療など他の治療を受けていてもウルトラVリフトを受けることはできますか?
A6
受けることができます。組み合わることで、さらに相乗効果が期待できます。

剪除法(手術)についてのQ&A

Q1
手術は痛いですか?
A1
基本的に局所麻酔のみで手術可能ですが、痛みに対する不安が強い方は静脈麻酔を併用して行うこともできます。十分に麻酔を行ってから手術しますので、術中に痛みを感じることはありません。

Q2
手術後の腫れや内出血はどのくらいでひきますか?
A2
手術後およそ1~2週間でおさまります。

Q3
術後は痛いですか?
A3
術後、つっぱった様な感じはありますが、痛みは痛み止めで軽減できます。

Q4
どのくらいで仕事に復帰できますか?
A4
仕事内容にもよりますが、デスクワークなどは翌日からでも復帰可能です。腕をよく動かす仕事の方は抜糸が終わるまで、約1週間程度お休みがあると安心です。

Q5
運動はいつからできますか?
A5
軽い運動は2週間、激しい運動は1カ月ほどたてば可能です。

Q6
傷跡は目立ちますか?
A6
当院では、傷跡をできるだけきれいに仕上げるために、皮膚縫合を丁寧に美容外科的におこないます。しかし、まれに、ケロイド体質の方は傷跡が目立つことがあります。その場合はさらにケロイドの治療を追加して行う場合があります。

Q7
手術すれば完全ににおいはなくなりますか?
A7
体臭や汗のにおいは、わきが以外の方にも誰にでもあるものです。ですから、まったく無臭になるわけではありません。においの程度を大幅に改善し、一般の方と同じくらいの程度に改善する手術です。

埋没法についてのQ&A

Q1
埋没法とは何ですか?
A1
美容整形で一番多い手術で、切らずに二重にする方法です。髪の毛よりも細い糸を、二重まぶたを作りたいラインにそって数 ヶ所埋め込むことで、二重のクセ付けをします。

Q2
時間はどのくらいかかりますか?
A2
手術時間は、両目を合わせてわずか10分~15分です。

Q3
料金はいくらですか?
A3
1点固定につき3万円です。1点固定とは、二重のライン上の1点だけに糸を埋め込むことです。もともと二重の方が外側の一 部分だけラインを変えたい場合には1点固定でも可能です。しかし、一重の方が二重にしたい場合や、もともと二重の方でもラ イン全体を変えたい場合には1点固定のみでは保持力が弱いので、通常は片目につき2点以上で固定をするのが理想です。

Q4
手術中や手術後の痛みはどうですか?
A4
まず目薬の麻酔で麻酔液を全体に浸潤させ、次に極細の注射針で必要最小限度に麻酔をしますので、痛みは軽度で楽に手術が 受けられます。また術後に痛むこともほとんどありません。4~5日、まぶたが重い感じやつっぱり感などがありますがすぐに 落ち着きます。

Q5
腫れはどの程度ですか?
A5
麻酔の注射によって腫れることが多いので、当院では麻酔量は必要最小限度にしています。また術後に十分冷やすことも腫れ の予防になります。麻酔中に目をギュッと強く閉じてしまうと内出血や腫れの原因になりますので、注意していただきます。こ のような予防策により、腫れはごくわずかですみます。

Q6
傷跡は残らないですか?
A6
メスで切らずに針で糸を埋め込むだけなので、傷跡はほとんど残りません。ただ、術後4~5日はまぶたを閉じた時に、糸を 通した針穴が少しへこんで見えることがありますが、すぐに目立たなくなります。また、皮膚の極端に薄い方は、埋め込んだ糸 の結び目の部分が少し盛り上がってみえることがありますが、徐々に馴染んでいきます。

Q7
メイクはいつから可能ですか?
A7
上まぶたを除けば、当日から可能です。まぶたのメイクは翌日から可能ですが、軽いポイントメイク程度にしていただき、1 週間は上まぶたを強くこすったり、つまんだりしないように注意してください。

Q8
お風呂はいつから可能ですか?
A8
手術当日から可能ですが、長湯すると腫れや内出血の原因になることがありますので、2~3日はシャワー程度が無難です。

Q9
コンタクトレンズはいつから可能ですか?
A9
コンタクトレンズは手術中は外していただきますが、術後すぐに装着できます。ただし、2~3日は必要最小限度にしていただ き、様子をみながら徐々に装着時間を長くしていくようにしてください。

Q10
お酒や運動はいつから可能ですか?
A10
少量の飲酒、軽度な運動であれば翌日から可能です。

Q11
一生持ちますか?
A11
効果の持続期間は永久的なものではありません。加齢とともに上まぶたの皮膚がたるんでくると、二重の幅は徐々に狭くなっ ていきます。

Q12
埋め込んだ糸が切れたり、はずれたりすることはないですか?
A12
皮膚の厚い方や脂肪の多い方など、体質により糸がはずれてしまうことがまれにあります。当院の方法は固定力がもっとも強いスクエア法を採用していますが、万が一、糸がはずれた場合でも、1年間の保証が付いていますので追加料金なしに修正可能です。

Q13
デザインが好みに合わない場合は元に戻すことは可能ですか?
A13
糸で留めるだけなので、万が一仕上がりが好みに合わない場合は、1ヶ月以内であれば糸を抜けば簡単に元に戻せます。

Q14
眼球を傷つけたり、目に悪影響が出ることはないですか?
A14
手術中は安全のため、眼球を保護する角板という器具を使用しますので、目を傷つけることはありません。また埋め込む糸も 結膜側には露出しない方法で行いますので、角膜を傷つけることもありません。使用する糸は内臓の手術にも使用する安全性の 高いものなので、体に埋め込むことで悪影響が出ることはありません。

切開法についてのQ&A

Q1
手術は痛いですか?
A1
基本的に局所麻酔のみで手術可能ですが、痛みに対する不安が強い方は静脈麻酔を併用して行うこともできます。十分に麻酔を行ってから手術しますので、術中に痛みを感じることはありません。

Q2
手術後の腫れや内出血はどのくらいでひきますか?
A2
手術後およそ1~2週間でおさまります。

Q3
術後は痛いですか?
A3
術後2~3日は多少痛みを感じますが、痛み止めで十分に軽減できます。

Q4
どのくらいで仕事に復帰できますか?
A4
目の周りは腫れや内出血がでやすい部位ですので、約1週間程度お休みがあると安心です。近所にお買い物に出かける程度でしたらサングラスをかければ可能です。

Q5
傷跡は目立ちますか?
A5
術後2~3か月は多少赤みが出ますが、メイクで十分カバーできます。そのうちに傷跡は時間とともに目立たなくなり、最終的にはシワの一部のような細い薄い線で落ち着きます。

若返り注射についてのQ&A

Q1
若返り点滴には副作用はありますか?
A1
ビタミンB群やビタミンCなど水溶性のビタミンは余分に摂取しても体内に蓄積することはなく、自然に排出されますので副作用の心配はありません。ただし、腎臓機能の低い方や透析中の方などには、この治療をおすすめできない場合があります。詳しくは医師にご相談ください。

Q2
ビタミン注射とビタミン点滴の違いはなんですか?
A2
所要時間の違いで、効果に違いはありません。注射なら5分程度、点滴では30分程度かかります。患者様お一人お一人の症状やご希望に合わせて選択しますので、どちらの方法を選ぶかは、医師にご相談ください。

Q3
疲れが取れにくいのですが、美容点滴で改善されるのでしょうか?
A3
三種類ある美容点滴の中で、パワーアップ点滴がおすすめです。疲労回復のためのニンニク成分や肝臓を元気にする成分、11種類の必須アミノ酸がはいっており、疲れを効率よく解消する効果が期待できます。

Q4
最近二日酔いになることがしばしばあります、二日酔いに効く点滴はありますか?
A4
疲労回復のためのニンニク成分の入ったパワーアップ点滴が最適です。疲れを取ったり肝臓の機能をアップする効果がありますので、二日酔いにおすすめです。

Q5
にんにく成分の入った注射を打つと、にんにく臭くなると聞きますが、周りの人が気になるくらいのにおいでしょうか?
A5
にんにくに似た臭いを感じますが、周りの人にわかることはありません。

リポクライオについてのQ&A

Q1
冷え性なので、冷やすことに抵抗があるのですが?
A1
リポクライオ治療は、部分痩せしたい脂肪のみを冷却するため、身体が冷えてしまうということはありません。また、治療部位も数時間で通常の皮膚温度に戻りますのでご安心ください。

Q2
全身に行うことができますか?
A2
リポクライオ治療は、部分痩せを目的とした治療ですので、全身に行うことはできません。

Q3
治療は痛いですか?
A3
陰圧をかけて治療部位を吸引するため、引っ張られる感覚と冷却による冷たさを感じますが、数分で慣れることがほとんどです。治療中はほとんど痛みがありません。
※痛みの感じ方には、個人差があります

Q4
皮膚がしもやけを起こすことはありませんか?
A4
リポクライオ治療は、脂肪だけを凍らせて、他の細胞には影響を与えませんので、皮膚が凍傷などを起こすことはありません。

Q5
治療当日に入浴は可能ですか?
A5
可能です。治療の後に入浴などで温まっても効果が変化することはありません。

Q6
腫れや内出血は出ますか?
A6
治療直後の腫れは数時間でおさまります。また、吸引による赤みが出ることがありますが、数日~1週間ほどでおさまります。

Q7
1回の治療で効果が得られますか?
A7
2~3回の治療をおすすめします。 効果は約1か月~45日で徐々に実感します。同じ部位を治療する場合、1ヶ月半の間隔をあけます。また、スリムスペック治療(衝撃波治療)を組み合わせると、より高い効果を得ることができます。
※効果のあらわれ方には個人差があります。

Q8
リバウンドはありますか?
A8
治療によりサイズダウンに成功しても、油断して食べすぎたり、運動不足などが続くと、治療効果が少しずつ薄れてしまうことがあります。適切な食事や適度な運動を心がければ、リバウンドはありません。

ヴィバーチェについてのQ&A

Q1
タイタンやサーマクールとはどう違うのですか?
A1
タイタンとサーマクールは、それぞれ赤外線や高周波を用いて真皮へ熱を加え、肌をひきしめる治療器です。ただし、いずれの治療器も皮膚の表面から熱刺激を加えるため、表皮の負担が大きくなり、逆に肝心の真皮には到達するまでに熱が弱まってしまうという欠点があります。ヴィヴァ―チェは、作用させたい真皮層のみに電極を入れて、直接照射することができるため、表皮へのダメージがなく、かつ効率良く熱エネルギーを真皮に届けることができます。そのため、表皮ダメージのリスクが少ない上に引き締め効果も高いという、理想的な治療を行うことができます。

Q2
フラクセルとはどう違うのですか?
A2
フラクセルはレーザー光線を細かい点状に照射してお肌を新しく入れ替える治療ですが、皮膚表面から熱エネルギーを照射するため、肌の深部の真皮に到達するまでにレーザーの力が減衰してしまう他、皮膚の浅い層(表皮)に不要な熱が加わりダメージ(赤みや痛み)を与えてしまう危険性がありました。ヴィヴァ―チェは、作用させたい真皮層のみに電極を入れて、直接高周波を照射することができるため、表皮へのダメージがなく、かつ効率良く熱エネルギーを真皮に届けることができます。そのため、表皮ダメージのリスクが少ない上に引き締め効果も高いという、理想的な治療を行うことができます。

Q3
1回の治療で効果は実感できますか?
A3
1回の治療でも効果を実感できますが、効果の持続性を高めるためには、まず、2~3週間おきに5回の治療をお勧めしています。効果の程度には個人差はありますが、5回の治療でほとんどの方が効果を実感できます。

Q4
ダウンタイムはありますか?
A4
施術後多少赤みが出ますが、早ければ数時間で、長くかかっても翌朝くらいまでには治まります。また、まれに細かい点状のかさぶたがみられることがありますが、数日で目立たなくなります。いずれにしましても、施術後、洗顔、メイク、入浴の制限はありませんので、肌が落ち着くまでメイクでカバーできます。

レーザートーニングについてのQ&A

Q1
肝斑とはなんですか?
A1
肝斑とはシミの一種で、一般的に30~40代のアジア人女性に多く見られます。境界が不明瞭な薄茶色のシミが頬骨のあたりに左右対称に出ることが多いです。原因はまだ明らかになっていませんが、妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにあらわれることがあることから女性ホルモンが関与していると言われています。また、ゴシゴシこするような物理的な刺激も肝斑ができる原因と考えられています。

Q2
レーザートーニングとは何ですか?
A2
レーザートーニングは、レブライト(QスイッチNd:YAGレーザー)という最新の医療用レーザー機器を使用して、非常に弱いパワーでレーザーを当て、余計な刺激を与えることなく蓄積したメラニンを少しずつ減らしていく治療です。回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。

Q3
肝斑にレーザーを当てるとよくないと聞いたのですが、レーザートーニングは大丈夫でしょうか?
A3
確かに、肝斑の場合、ちょっとした刺激によってメラニンを作る色素細胞が活性化されやすい状態になっていますので、今までと同じようにカサブタができるほど強くレーザーを当てますと悪化させることがあります。 しかし、レーザートーニング治療では、広範囲に弱いパワーでレーザーを当てるため、色素細胞を刺激することなく、メラニンを徐々に減らしていくことが可能です。

Q4
レーザートーニングはメドライトというレーザーでもできるそうですが、レブライトと比較してどのような違いがありますか?
A4
レブライトはメドライトC6のさらに上位機種になります。メドライトと比較して、最大エネルギーが約3倍、1ショットでのスポット面積が2倍になっています。また、ダブルパス(2連続照射)モードを搭載しており、照射エネルギーは従来より高いのに皮膚へのダメージは少ないというメドライトにはない最新機能もついています。

Q5
レーザートーニングはオーロラ(フォトRF)などの光治療と比較して、どのような違いがあるのですか?
A5
シミやくすみの治療として、光治療も有効で人気です。光治療は、シミの原因であるメラニンを壊しながら肌の新陳代謝を活発にします。しかし、肝斑の場合は、メラニンを作る色素細胞がちょっとした刺激で活性化しやすい状態になっているため、光治療で悪化する可能性があります。これに対し、レーザートーニングは色素細胞へ余計な刺激を与えずに安全にメラニンを減らすことができるのです。

Q6
レーザートーニングは何回くらいやると効果が出ますか?
A6
まず、1~2週間おきに5回の治療をお勧めしています。効果の程度には個人差はありますが、5回の治療でほとんどの方が効果を実感できます。さらに改善をご希望の場合は、もう5回治療を行うこともあります。

Q7
レーザートーニング後に赤くなったり腫れたりしますか?
A7
レーザートーニングは弱いパワーでレーザーを照射する肌にやさしい治療ですので、治療直後は軽く赤みがでることがありますが、強い赤みや腫れがでることはありません。

フェイスラインについてのQ&A

タトゥーの美容外科的切除についてのQ&A

ジェントルYAGレーザーについてのQ&A

Q1
どのような肌質の方にむいていますか?
A1
小じわやたるみで顔が疲れて見える方や、キメが荒く毛穴が目立つ方にとても効果的です。ハリが出て弾力のある肌になってきます。また、細かい毛細血管にも作用しますのでぼんやりした赤味のある肌にも効果的です。

Q2
どの位でリフトアップの効果が出てきますか?
A2
1回の治療でも効果は実感できますが、5回ほど繰り返し治療されることでより効果が持続します。

Q3
1回の治療時間はどの位かかりますか?
A3
顔全体のレーザー照射は10~15分で終了します。治療直後はほんのりした赤味が見られますが直ぐにメイクしてお帰りいただけるダウンタイムのない治療です。

Q4
副作用など問題はありませんか?
A4
皮膚にマイルドに作用するレーザー光線で治療していきますので心配はいりません。

Q5
治療後のアフターケアは必要ですか?
A5
レーザー照射後はお肌が敏感になっています。外出時には日焼け止めクリームを使用してUVケアを行ってください。

カーボンピーリングについてのQ&A

Q1
効果を得られる治療回数は?
A1
一回の治療で効果は実感できますが、効果の持続性高めるためには、2〜3週間に一度の照射を4〜5回繰り返し、効果が安定してきたら1〜2ヶ月に1回というように、定期的に照射を継続する事をおすすめします。

Q2
ダウンタイムはどれくらいですか?
A2
施術後に、多少赤みが出る場合がありますが、数時間でおさまります。施術直後から、お化粧をして帰っていただくことが可能です。日頃は日焼け止めをして紫外線ケアをおこなってください。

薄毛治療についてのQ&A

Q1
必ず毛が生えてきますか?
A1
個人差はありますが、臨床データによると95%以上の方に効果がでています。成長因子が毛髪をよみがえらせ発毛効果が実感できます。

Q2
何回の治療で効果がでますか
A2
個人差はありますが、3~4回で効果が実感できることが多いです。発毛を確実におこなうために、3~4週間ごとに6回の治療をおすすめします。

Q3
はじめて診察を受けた当日に治療はできますか
A3
できます。当日に治療を希望されることを予約時に伝えていただければ可能です。

Q4
プロペシアを服用しているのですが、治療できますか
A4
HARG療法による治療の作用機序と、プロペシアの作用機序は異なりますので、両方を併用していただくことで、男性型脱毛症の治療においては、より効果を発揮します。

Q5
女性でも治療できますか
A5
もちろん可能です。男性は男性ホルモンによってたえず毛根が攻撃されていますが、女性は男性ホルモンの影響を受けにくいため、むしろ男性よりも効果が表れやすいです。また、薄毛ばかりでなく、円形脱毛症に対しても有効です。

Q6
痛みに弱いのですが、大丈夫でしょうか
A6
成長因子を注射で直接頭皮に注入しますので、チクチクした痛みがありますが、冷却麻酔で頭皮をよく冷やしながら行うことで、痛みをやわらげることができます。

Q7
治療後洗髪はできますか?また、パーマや毛染めはいつからできますか。
A7
植毛手術と違い、注射治療になりますので、洗髪、パーマや毛染めなど日常生活上の制限はありません。ただ、パーマや毛染めに関しましては治療当日だけは避けていただいたほうが安心です。

QスイッチYAGレーザーについてのQ&A

Q1
シミ・ソバカスには
A1
顔全体や多発するシミやソバカスに対しては前もってフォトRF「オーロラ」で全体を少なくすると効果的でお奨めです。

Q2
麻酔は
A2
痛みがありませんから麻酔は必要ありませんが、多くの部位を同時に治療する方や痛みに弱い方は治療前にテープ状の麻酔やクリーム状の麻酔を使用します。

Q3
レーザー照射は
A3
輪ゴムではじかれたように感じる方もいますが、小学生でも無麻酔で可能な程度です。(痛みの感覚は個人差があります)

Q4
術後に関して
A4
治療した部分を肌色の目立たない特別な被覆材で保護します。(一週間程度) テープの代わりに塗り薬の塗布も可能です。

Q5
入浴・シャワー・飲酒・化粧は
A5
当日より可能です。(当日は患部を濡らさないように気をつけて下さい。)レーザー後約1週間は、照射部位を湯船にはつけないように注意が必要ですが、シャワーで流すのはレーザー翌日から可能です。

Q6
完治経過は
A6
当日は、患部を濡らさないように気をつけてください。翌日は、薄皮状のカサブタができます。(カサブタを剥さないように気をつけて下さい。)10日程度で治療部位のカサブタが自然にとれます。カサブタが取れた後は「色素沈着」を防ぐために、数ヶ月はハイドロキノン及び日焼け止めをご使用いただきます。

Q7
色素沈着・再発は
A7
術後の色素沈着は50パーセントの方に起こります。原因は肌質(メラニン活性が強い)や、早めにカサブタが取れたことによる場合が多いようです。これはシミの再発ではなく、一時的なものです。※術後のケアーをしっかりやっていれば必ず綺麗に仕上がりますのでご安心ください。

Q8
タトゥーのレーザー治療は何回くらい必要ですか
A8
タトゥーのレーザー治療回数は、タトゥーの種類によって異なります。色素の入っている深さ、色素の種類、タトゥーの面積などにより、治療回数が大きく異なります。アートメイクや自己彫りタトゥーのように色素がごぐ浅い部位に入っている場合は、数回で取れてしまう場合もありますし、カラーのタトゥーや特殊な色素を使っているもの、面積が非常に広いタトゥーの場合には、治療期間が年単位(3〜4年)の長期に及ぶこともあります。

Q9
タトゥーはレーザー治療で完全に消えますか
A9
タトゥーの種類によっては、レーザーのみでは完全に除去できないものがあり、他の方法(切除法、植皮術、皮膚削りなど)を併用する場合があります。

Q10
レーザーを当てた部位はどうなりますか?
A10
レーザー照射後は赤み、腫れ、血のにじみ、ジクジク感、かゆみ、カサブタなどがありえます。1〜2週間、皮膚の状態が落ち着くまで軟膏を塗ってケアをしていただきます。

Q11
男性のレーザー照射後、テープ保護している部分のひげが生えてきてテープがすぐに剥がれてしまう。ひげを剃った方がいいのか?
A11
皮膚を傷つけない程度に軽めにひげを剃っていただいて大丈夫です。テープを貼り続けるのが難しい場所の場合、テープではなく軟膏を塗布していただいております。軟膏を傷が乾かないようにこまめに塗っていただければ大丈夫です。

PRP療法についてのQ&A

Q1
なぜ効果がでるまでに時間がかかるのですか?
A1
自分の細胞を元気にして若返りを図りますので、細胞が活性化されるまでの時間が必要になります。薬物に頼らない、ごく自然な治療であるためです。その分、仕上がりはヒアルロン酸治療などと異なり、とても自然な感じになります。

Q2
効果を長持ちさせる方法はありますか?
A2
治療後に肌のケアとして、ビタミンCのイオン導入法や肌のコラーゲン細胞を元気にしてくれる高周波治療(ラディエイジ、ペレヴェ)などの治療を受けていただければ、ベストの状態を長く維持できます。詳しくは、担当医師にご相談ください。

Q3
2 回目の治療を希望する場合は、どれくらいの期間空ければいいですか?
A3
基本的には2ヵ月以上空けていただければ、問題ございません。

Q4
この治療法はどこで開発されたのですか?
A4
世界に先駆けて日本で独自開発をした方法です、現在では全国のクリニックに普及していて、海外でも治療が行なわれております、また海外では日本の厚生労働省の認定にあたる、ヨーロッパでのCE マークを取得しておりますので、安全性は十分です。