五本木クリニック院長ブログ

【朗報】ニキビ治療の新薬「ベピオゲル」保険適用、「BPO 過酸化ベンゾイル」が主成分、世界標準のにきび治療が可能に!!


■過酸化ベンゾイル「BPO」入りのニキビの特効薬が今年の4月から使用できる

以前から日本で保険診療で使用できる「ニキビ治療薬」は世界基準から数十年遅れていると主張してきました。2008年にやっと「ディフェリンゲル」がニキビの保険診療で処方できるようになりましたが、それでもニキビ治療の世界標準としては10数年遅れです。今回、2015年4月から、やっと

◎過酸化ベンゾイル(benzoyl peroxide 略してBPO)と呼ばれるニキビ治療には欠かせない成分の入った新薬「ベピオゲル」

が薬価収載され保険適用になります。これによって世界的に遅れを取っていた日本でも通常のニキビは健康保険で世界標準レベルの治療ができることになりました。

www_obgynnews_com_fileadmin_qhi_archive_ArticlePDF_CT_084020110_pdf

A North American Study of Adapalene–Benzoyl Peroxide Combination Gel in the Treatment of Acne 」より

このグラフを見る限り「ベピオゲル(BPO)+ディフェイリンゲル(Adapalene)」の組み合わせがニキビ治療では最強のコンビです。

■過酸化ベンゾイル入りの「ベピオゲル」の効果とは

ベピオゲルの効果は過酸化ベンゾイルの作用が中心で

・抗菌作用

・角質層剥離作用

の二つが効果・効能として「ニキビ治療」を画期的に進化させます(すでに世界ではこの治療法がメイン)。

◎ベピオゲル中の過酸化ベンゾイルはフリーラジカルがニキビ菌を直接攻撃して殺菌

することができます。今までアクティブなにきび(赤ニキビなど)に対して抗菌剤を使用していましたが、どうしても服用期間が長くなり、抗菌作用というよりは静菌作用になってしまいがちでした。強力な酸化作用を持つ過酸化ベンゾイル(BPO)の作用が、今まで日本では消防法によって第5類自己反応性物質、第1種自己反応性物質に指定されて危険物扱いされていた間抜けな状況でした。

◎ベピオゲルの成分であるBPOが角質細胞の結合を緩め、角質が剥離しやすくなる

という作用もあります。白ニキビと呼ばれる角栓が詰まっている状態を改善することが可能なディフェリンも角質を浮かして剥離させる効果によってニキビを治し、にきび自体をできにくい状態にできます。ディフェリンゲルと比較して、過酸化ベンゾイルが入っているベピオゲルの場合、ディフェリンには効果効能として備わっていなかった「抗菌効果」もありますので、ディフェリン+抗菌剤の塗り薬、あるいはディフェリン+抗菌剤の服用、という治療法より、アクティブなにきびがあり、白ニキビもある場合は「ベピオゲル」の方がアドバンテージがあります。

■気になる「ベピオゲル」の副作用

海外で発売されている「プロアクティブ」と日本で発売されている「プロアクティブ」は実は成分に違いがあり、海外のものはこの過酸化ベンゾイルが含まれているのです。気になる過酸化ベンゾイルの濃度ですが、ベピオゲルの場合は標準的な2.5パーセントとなっています。主な副作用は

・5パーセント未満に皮膚のかゆみ、かぶれ、しっしん、ピリピリ感、灼熱感

・5パーセント以上に皮膚のカサカサ感(鱗屑や落屑と呼びます)・赤み・乾燥・刺激感

が、あります。間違って口周辺や目の周りにつけてしまうと口角炎・眼瞼炎も副作用として報告されています。ディフェインのように催奇形性のリスクはないですが、妊婦さんへの人体実験はできませんので「妊娠中の投与に関する安全性は確立されていない」という一般の処方薬と同じような注意も添えられています。

■ベピオゲル+ディフェリンで世界基準に追いついた日本の保険治療でのニキビ治療

当院はニキビ治療に対して以前から力を入れてきました。その評判を聞いてかなり遠方からも患者さんが来院しています。今回、過酸化ベンゾイルが保険治療で使用できるようになり、さらにアダパレンも使用できますので、通常のニキビの治療は保険診療で多くがカバーできることになります。

しかし、いくら世界基準の治療ができても、治らないニキビは当然あります。日本ではニキビ治療に対してディフェイリンを使いつつ、レーザーを使用すると混合診療と判断されるために、保険外の治療方法をプラスする場合は一連のニキビ治療自体全部を保険外治療としなければならないルールがあります。当院としては一般の皮膚科でも今回のベピオゲルが保険診療に収載されたことで、簡単なニキビは治療が可能になるはずと考えます。そこで当院は

◎本年4月からニキビ治療に関しては全て自由診療で行いたいと考えています

複数のレーザーやケミカルピーリングなどを駆使して、保険診療では完治がとうてい無理なもの、保険治療だけではどうしても治療期間が長くなるもの、塗り薬・飲み薬だけでは対応しきれない難治性のニキビの治療に専念したいのです。

ディフェリンゲル登場以前の日本のニキビ治療は硫黄カンフルローションを使用するなど、ある意味では明治時代以来ほとんど進化していませんでした。今回のニキビの特効薬の登場で(けっして世界的には新薬とは言い難いものですけど)、スタンダードな治療法が確立されることにより、にきび治療の多くは保険診療で可能となるはずです。それでもどうしてもニキビが治らない、という方は当院へご相談ください。ニキビ治療に対して、保険診療という枠に捉われずに世界標準より一歩先の治療方法をご提案いたします。

◎追記 2015年5月から過酸化ベンゾイルに抗菌剤がプラスされた、にきび治療薬「デュアック配合ゲル」が保険診療で使うことが可能になりました。関連エントリー『ニキビ治療の新薬「デュアック配合ゲル」、過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンが入っているけど・・・』をご参照ください。

こんな場合もあります・・・なかなか「治らないニキビ」、原因は糖尿病!!??2016年2月3日追記

↑ページTOPへ

関連記事

世界中の男性化粧品の21%が韓国で使われているって!?悲しい現実がその裏側に・・・。イメージ

世界中の男性化粧品の21%が韓国で使われているって!?悲しい現実がその裏側に・・・。

男が化粧するのはさすがに抵抗あるよね!! 先日ブログで男もシミを取ろうよ!ということは確かに述べました。でも、化粧をしましょうとは言ってもいませんし、考えたこともありません。今でも男なら髪を切るなら絶対床屋さん、美容室な … 続きを読む

ニキビの特効薬なのに間違った使用法が多いディフェリン 医師も間違っています 追記ありイメージ

ニキビの特効薬なのに間違った使用法が多いディフェリン 医師も間違っています 追記あり

■にきび治療の世界基準 ディフェリンという処方薬が日本で認可されたのが、2008年です。処方薬は薬自体を宣伝することは禁じられていますので、柳原加奈子さんが看護師さんの服装で「お医者さんに相談を}といっているCMを見かけ … 続きを読む

ニキビ治療の決め手はBPO(過酸化ベンゾイル)の併用療法なんですけど、日本では未承認イメージ

ニキビ治療の決め手はBPO(過酸化ベンゾイル)の併用療法なんですけど、日本では未承認

■過酸化ベンゾイルの有無がポイント これは割とニキビに悩まされた方には有名な話ですが、世界的に売れているニキビの市販薬というか通販がメインのあの「効果が感じられなければ使用後でも返品可」のあの製品って実は日本のものとアメ … 続きを読む

ノーベル賞を受賞した青色LEDってニキビの治療に使用されていますイメージ

ノーベル賞を受賞した青色LEDってニキビの治療に使用されています

■ノーベル賞の青色LEDをちゃっかり使用してニキビを治す方法 いやー、日本人の快挙!!ノーベル物理学賞を3人同時に受賞なんて、山中教授のiPS細胞で盛り上がった日本の科学者の努力をさらに盛り上げてくれます(幻のノーベル賞 … 続きを読む

コールドプレスジュース、オシャレで流行っているけど・・・効果を体験レポート!!イメージ

コールドプレスジュース、オシャレで流行っているけど・・・効果を体験レポート!!

■コールドプレスジュースってオシャレだけど効果の方は? コールドプレスジュースでクレンズしよう!!ニューヨークのセレブの間で大流行!!こんな感じの情報がオシャレに敏感な女性の間で流れています。ニューヨークのセレブ(LAの … 続きを読む