五本木クリニック院長ブログ

体験レポート お金にモノを言わせて「ジュースクレンズ」の効果を試しました!!毒素が出て、デトックス&クレンズできたか??


■コールドプレス技術で作られたジュースクレンズ体験レポート!!効果は実感できたか?

おしゃれな街自由が丘で販売されている例のサンシャインジュースの効果を試してみました。サンシャインジュースのサイトによればデトックス効果があり(デトックスの定義は不明)、無農薬・減農薬と果物を中心として作られたデトックス&クレンズ効果があるそうです。

以前に報告した「コールドプレスジュース」はおしゃれなファッション誌の会社がセレブの間で大流行的なイメージで販売していて、最初っから効果あるわけないじゃん的拒否感強しの姿勢で立ち向かった私です(なんせ女性ファッション誌の名前がついた六本木ヒルズで販売されていた。お洒落な店だとキョドッちゃうオッサン的には親近感は湧きません)。

サンシャインジュースは生活圏内なのでそれほどキョドッちゃう必要もないのですが、おしゃれな女性に人気があるお店に中年男が乱入するのも考えものですから、家族に買ってきてもらいました。ジュースクレンズはクレンズプログラムに従わないと効果が出ないらしいので、私的には珍しく、しっかりきっちりサンシャインジュースさんの指示に従いました。お値段は

◎クレンズプログラム 1day 6000円なり!!

今までの生活を考えると尋常じゃない量の毒素をため込んだと予想される私ですが、どんな毒素がどんな形でデトックスされるのか?効果への期待感大でジュースクレンズ生活を実行しました。

IMG_0987
一金六千円也のサンシャインジュースは衛生面でも気を使っているようで「冷蔵バッグ」に詰めて手渡されます。最長で5日間続けるプログラムもありますが、お値段は3万円です。お金にもをの言わせて5日コースも検討しましたが「普通、健康食品でもお試しコースってのが、あるじゃん」的に初心者用のプログラムを選択しました。6000円でお金にモノをいわした、って普通は言わないか(笑)

■1日6回ジュースと水だけのクレンズするプログラムの開始です!!果たしてその効果は?

効果的にジュースクレンズを行うには厳格なプログラムが定められています。まず

8:00 THE ROOTS(TR) 
約400グラムをゴクゴク飲みました(容器の重さは約40グラム)。
     

IMG_1010
人参とりんごに生姜が入っていて、結構美味しいです。生姜の為か体が温まるような気がしました(体温は両脇・口腔内・直腸で前後で優位な変化なし)。アンチエイジング効果の高いβカロテンが豊富って能書きと代謝を高める生姜、って説明が女性受けするのでしょうね。

10:00 OMEGA 3 BOOSTER(OMG)
チアシード+ココナッツ オメガ3の抗酸化作用を期待した調合らしい。ちょっと苦手な味。

12:00 LIQUID SALAD(LS)
葉っぱ系野菜+りんご  糖分補給と野菜のパワー(?)が期待できるらしい すんなり飲めました。

14:00 DETOX IN THE SUN(DS)
ついに登場、デトックスです。葉野菜と柑橘類が入っていて、鉄分や葉酸が摂取できビタミンCも摂取できるそうです。葉っぱの苦味を柑橘類(苦手)がたっぷり入っていて、デトックスとクレンズの為ならと、かなり我慢して一気飲み。

16:00 PRESSED ALMOND(PA)
アーモンドが中心。アーモンドに含まれるビタミンエのアンチエイジング効果に期待を寄せた一品です(笑)アーモンド風味の豆乳的な味と風味で飲みやすかったです。

18:00 SUNRISE SQUEEZE(SS)
柑橘類中心で構成されています。ビタミンCとクエン酸が疲れた体を癒すそうです。苦手なみかん系の強烈な味が印象的でした。

このような6種類のジュースを飲むことでクレンズとデトックスができるそうです。

■ジュースクレンズを効果的にするための注意

クレンズ中はゆったり過ごしましょう、目を閉じて横になりましょう、ハードな運動は避けましょう、サウナやマッサージを受けましょうなどの諸注意があります。

トレンドを掴んだ用語の使用、パンフレットの簡潔で読みやすい文章、デザイン性重視ではない実験や医療機関で使うような容器の使用などから考えて、効果はともかく、かなりスキルの高い人が企画したクレンズ用のコールドプレスジュースと考えらえます。

■デトックスとアンチエイジング効果はあったか、ジュースクレンズ!!

お通じがスルスルっと出ることを「デトックス」というのか、おしっこが大量に出ることを「デトックス」と呼ぶのか?他のサイトの情報だと「毒素を出してクレンズ」的に内容が多いので、排便・排尿時に毒素が一緒に出るよ理論なんでしょうね。

サンシャインジュースクレンズの説明書では水分をクレンズジュースと同じ量飲むように書かれています。ジュース6本+水2280ml(容器は約380ml)の水分を摂取しますので「下痢」って事態も予想されます。

それに対して「好転反応です」とか「めんげんです」なんて回答があった場合はニセ医学・インチキと速攻で判断します。このサンシャインの説明書に一時的にイライラや眠気・下痢など起こる可能性が書かれていましたが、医学的には空腹と大量の水分摂取によって起こりうる反応ですね(毒素を出している証拠って記載がありましたが・・・)。でも、低血糖発作の症状とも似通っていますので糖尿病の方は手を出さない方がよろしいかと。

体重の変化は当然1日だけではあるはずないですし、アンチエイジング効果としては昨日よりは1日歳を取ったとの実感(多分空腹でだるさが出た)はありましたが、目に見えたアンチエイジング効果はありませんでした(あたりまえか?)。

◎体内に蓄積された毒素がデトックスされたことはどうやって効果測定すればいいの?

という当然の疑問さえクリアできればイベント的に月に何回か行ってもいいんじゃない的なジュースクレンズでした。禅寺で精進料理を食しながら座禅をすることと比較して安上がりかもしれません。できれば目に見える形で毒素が確認できればいいのですが、あるいは体内に蓄積されたカルマでもいいです(笑)、目に見えるあるいは測定可能なデータを収集するには継続が必要なのかな?。季節柄ぜひ税務署さま、今回のジュースクレンズに要したお金は経費と認めてくださいませ。

■効果は無視して、ジュースクレンズ販売店が想定していない使用方法を提案します

オッサンがそれこそ「お金にモノを言わせる」のです。電話で事前に注文して数日後に取りに行く手間と1日分で6000円というお値段を考えると、彼女や奥様へのプレゼントとしても喜ばれるかと。バレンタインデーのお返しにいかがでしょうか?上級者コースともなると5daysになりますので、毎月3万円ほどかかります。年間だと36万円。そこらの若者より小金を持っているオッサンがお金にモノを言わせての強〜い武器としての使用法をオススメいたします。

おまけ:注意書きにクレンズ中は眠気・頭痛などの症状が出ます、と書かれています。私の場合は頭がぼーっとして、このブログを書いている途中でアップされていることに気がつきませんでした。「ブログ執筆中はクレンズジュースの服用はおやめください」って注意書きもお願いいたします。

↑ページTOPへ

関連記事

唐辛子の効能、死亡リスクを下げるって本当かよ!!??イメージ

唐辛子の効能、死亡リスクを下げるって本当かよ!!??

■唐辛子を食べると長生きする?? 非常に個人的な話ですが、スパイシーな薬味、特に唐辛子が非常に苦手です。辛いものを食べるとダイエット効果があると思い込んで、夏のクソ暑いなかホットな唐辛子入りの食べ物を汗を流しながら「ヒー … 続きを読む

「シニカル・皮肉屋だと3倍認知症なりやすい」という説の証明をドクター・中松に学んだ!!イメージ

「シニカル・皮肉屋だと3倍認知症なりやすい」という説の証明をドクター・中松に学んだ!!

■認知症とはほど遠いドクター・中松の思考回路 人に対する不信感が強いシニカルな思考回路の人ほど認知症になりやすく、死亡率も高いかもしれないかも、という論文を読んでいる最中に「ドクター中松の関係者ですけど」とクリニックに電 … 続きを読む

キレイに瘦せたいなら炭水化物を食べなさい、って狙い過ぎでしょう(笑)!イメージ

キレイに瘦せたいなら炭水化物を食べなさい、って狙い過ぎでしょう(笑)!

■炭水化物を制限すれば瘦せます 糖質(炭水化物)の制限によってダイエットする方法は間違いなく、体重を減らすことができますし、血糖値を下げます。私が炭水化物ダイエットをdisる様なブログを書いたのは「瘦せられるけど、長期的 … 続きを読む

ビタミンB17の効果と作用、っていうかそんなビタミンあったんだ??!!イメージ

ビタミンB17の効果と作用、っていうかそんなビタミンあったんだ??!!

■ビタミンB17という不思議なビタミン?? 先日、米国の爆撃機のことを調べていました。B52(ベトナム戦争で使用)、B29(日本を爆撃)、そしてB17という第二次世界大戦で初期の頃、日本の誇るあの零戦がカモにした爆撃機を … 続きを読む

「デブは着るな」と発言した、アバクロのCEOの顔が変!!フェイスリフトの失敗??イメージ

「デブは着るな」と発言した、アバクロのCEOの顔が変!!フェイスリフトの失敗??

■「デブは着るな!!」とアバクロの経営者がいっていますが・・・ アバクロ、正式にはアバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)ってアメリカのカジュアルブランドがあるんですが、私は … 続きを読む