五本木クリニック院長ブログ

「母乳神話」母乳で育てると赤ちゃんはもちろん、ママの病気も防ぐ、でも疑問だらけ。


■母乳神話はウソが多いけど、医学データによると・・・

母乳神話と呼ばれている現象があります。確かに母乳育児に健康上のメリットはあるのは確かなことですが、仕事の都合等やママの健康状態により母乳育児が不可能な場合もあります。そんな母乳で赤ちゃんを育てることができなかったママを非医学的なウソ話で惑わす余計なお節介をする集団がいます。

そんなお節介を振りまく一団が使うのが「母乳神話」です。先日も非常に権威のある医学専門誌「The Lancet」に「Breastfeeding in the 21st century: epidemiology, mechanisms, and lifelong effect」(Volume 387, No. 10017, p475–490, 30 January 2016)という論文が掲載されました。この論文は

母乳で育った赤ちゃんは呼吸器感染症や下痢のリスクが低くなる

といった開発途上の国では重大な疾患かもしれませんが、先進国では生命を左右することは稀である病気の話や

母乳で育てるとその子供は知能が高くなる

との非常に魅力的かつ危なっかしい結論を導いています。さらに

母乳で哺育した母親は乳がんのリスクが低下する

とメリットが糖尿病や卵巣ガンのリスク低下とともに記されています。

でもこの「母乳神話」は本当なんでしょうか?この医学論文の主旨を少々批判的に検討してみます。

■そもそも母乳哺育を高所得国と低所得国をひとまとめにして検討した論文は「母乳神話」じゃないの?

今回の論文は母乳哺育に関する過去のデータを利用して、21世紀における疫学を論じたものです。その対象は高所得の国37か国、中から低所得の国127か国となっています。

Breastfeeding_in_the_21st_century__epidemiology__mechanisms__and_lifelong_effect_-_Google_検索
生まれてから一年の時点で母乳で赤ちゃんを育てている割合を示しています。緑色が濃くなればなるほど割合は高くなります(前述論文より)。この図ではアフリカや東南アジアの地域で、高率で母乳哺育が行われていることがわかります。

でもこの論文の結果は母乳哺育だと下痢や呼吸器感染症が減ると主張しています。普通先進国の方の赤ちゃんの方が病気にならないで、アフリカ等の低所得国の赤ちゃんの方が感染症リスクは高いハズなのになぜこのような結果を導いたのでしょうか?

幾つか考えられるのは

・低所得国は医療機関が少ないので、赤ちゃんが病気でも受診していない可能性

・低所得国では下痢や肺炎程度では親が病気と考えない

・感染症ごときは民間療法で治しちゃう

一方で高所得国では

・ちょっとした病気でもすぐに医療機関を受診する

そのために、母乳哺育が多い傾向にある高所得国では下痢や呼吸器感染症が多い、って結論になった可能性があります。

この論文をよくよく読んでみると「乳幼児の死亡」も検討対象としています。乳幼児の死亡は圧倒的に低所得国の方が多いのが常識ですから、母乳哺育は乳幼児の死亡リスクを低下させる訳ではないのです。

■母乳神話がはびこる原因・・・母乳で育てた赤ちゃんの方が知能が高い???

この論文では母乳哺育の赤ちゃんは将来的に知能が高くなる、との結論を出しています。しかし、知能って社会環境や生活環境にも左右されますが、両親からの遺伝が強く働くことが医学的にはスタンダードになっていますので、環境的な因子である母乳が子供の知能を高くする結果が本当であったら、それこそ「母乳神話」がやむなく母乳哺育を諦めざる得なかった母親を苦しめることになってしまいます。

実は高所得国であっても母乳での哺育率は米国は27パーセント、ノルウェーは35パーセント、スウェーデンは16パーセントとなっており、なんと英国では1パーセント未満になっています。ってことは先進国で英国が一番知能が低い子供が多いのでしょうか?

Asia_tops_biggest_global_school_rankings_-_BBC_News http://www.bbc.com/news/business-32608772より

どう見ても、今回の論文の内容と違っていますよね。

■なぜこのような母乳神話的な論文になってしまったのか・・・

実はこの論文、ざっくりとしか読んでいないので私の解釈の間違いがあるかもしれません。誰でも赤ちゃんを自分の母乳で育てるのが自然であり、育てていきたいとの希望を持っているはずです。しかし、状況によっては母乳哺育を行うことが出来ない母親も多数いるのです。

母乳神話信奉者の中には「母乳で育てないでミルクで育てるのは親の怠慢」とか「母乳をあげないと赤ちゃんとスキンシップが取れないから、育った頃に問題が発生する」なんて傲慢なアドバイスを主張する方もいます。

今回の論文はもう少しじっくり読み込む予定ですが、その間に論文の一部を抜粋した怪しげな医学情報が巷に出回ることが懸念されます。この医学論文はあまりにも調査範囲を広げてしまったために、所得にだけ関しての比較を疫学的に行ったものであり、人種差・社会環境・医療環境・教育制度のバイアスが除去されていません。

母乳が優れた哺育の一つであることは間違いはありませんが、神話になることを懸念してこんなブログを書きました。

↑ページTOPへ

関連記事

認知症・ダイエットに効果がある「ココナッツオイル」(MCTオイル)を少し疑ってみました!!イメージ

認知症・ダイエットに効果がある「ココナッツオイル」(MCTオイル)を少し疑ってみました!!

■ダイエット効果・認知症予防効果で大ブームの「ココナッツオイル」、効果は証明されているの? 私の知る限り「ココナッツオイル」が体に良い、という話は2013年5月に出版された「アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が … 続きを読む

ニキビに悩む10代の若者の3分の1に自殺願望、治療する医師側に問題あり!追記ありイメージ

ニキビに悩む10代の若者の3分の1に自殺願望、治療する医師側に問題あり!追記あり

■ニキビに関するショッキングな報告はオーストラリアの学会誌 「Australasian Journal of Pediatrics and Child Health」に掲載されていたものです。 ニキビに悩む子供の24%が … 続きを読む

アンジェリーナ・ジョリーの選択は正しかったのか?乳がん予防のための乳腺除去手術イメージ

アンジェリーナ・ジョリーの選択は正しかったのか?乳がん予防のための乳腺除去手術

■乳がん予防のための、乳腺切除とは 女優のアンジェリーナ・ジョリーが将来乳がんになる確率が86%あるために、乳腺を取り除く手術をしたという報道で賑わっています。ただ単に過激な予防策として報道されています。また、非常に賢明 … 続きを読む

「母乳バンク」、本来は母乳至上主義の為じゃないのに・・・海外ではネットで母乳が買える!!イメージ

「母乳バンク」、本来は母乳至上主義の為じゃないのに・・・海外ではネットで母乳が買える!!

■母乳、特に初乳はメリットだらけだけど 人間に限らず、哺乳類は母親に抱かれながらオッパイをもらう「母乳育児」は自然な形であるとともに赤ちゃんにもメリットが沢山あります。しかし、母乳至上主義的な動きが少しばかり気になります … 続きを読む

認知症は予防できる因子がわかってきたけど、喫煙はリスク因子です!!

■アルツハイマー病に関係している因子の検討 認知症と聞くと「アルツハイマー」と頭に浮かぶでしょうけど、認知症の種類として「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」「脳血管性認知症」「若年性認知症」などなど多数ありま … 続きを読む