五本木クリニック院長ブログ

イソジンの効果はウソ?うがいをしても風邪の予防にならないよ!!


■イソジンを風邪の予防に使っても効果はない??

カゼの噂に「イソジンでうがいをしても風邪を予防する効果は無い」との話を耳にして長い年月が経過しました。うがい薬としてのイソジンのブランドに関して明治(あれっ、明治製薬じゃ無いんだ)とシオノギ製薬、ムンディファーマ間でパッケージのデザインをめぐって裁判沙汰が生じたのが、本年2016年2月でした(インフルエンザ等の流行期になんで揉めるのよ)。

実は以前より

◎イソジン(成分としては「ポビドンヨード」が正式)でうがいしても、あんまり効果無いんだよね


そのうちに保険診療じゃ処方できなくなるんだよね的な話は医師間でも出回っていました。実際に

◎2014年から風邪の予防にイソジンは保険診療では処方できなくなっています


医師になった当時「月から帰還したアポロ11号は未知の病原菌を消毒するために、イソジンで丸ごと消毒したんだぞ」との先輩のお言葉(真贋は不明)を素直に受け止めていた、純情な時代の私としては「史上最強の消毒薬はイソジン」と信じていました。

イソジン®×ゴジラ|イソジン®_Info|ムンディファーマ株式会社
http://www.isodine.jp/godzilla/より ブランドのリニューアルとして企画されたそうですが、ゴジラがイメージキャラクターだったなんて、全く知らなかったですww


医療用ポビドンヨード製剤として1961年に厚生省の承認を受けたイソジンは今でも医療現場で大活躍をしてますが、感染症予防に対する効果はウソじゃないの、との話もありますので検証してみます。

■京都大学で研究によれば、イソジンのうがい効果は無かった、との引用が多数ありますけど・・・

イソジンによるうがい効果はウソだよ、と書かれたサイトを多く見かけます。それらのサイトでは「「2002年から2003年にかけて京都大学でうがいは風邪の予防になるか」の研究が行われ、その結果「イソジンによるうがいの効果は無かった」との意味合いで書かれています。しかし、このほとんどが「イソジン効果なし」の元の論文を明記していません。一般常識を覆す記事を書く場合はくれぐれも一次ソース、あるいは信頼たる論文を明記してくださいませ。

これらの元ネタとなった論文は「Prevention of Upper Respiratory Tract Infections by Gargling」(「American Journal of Preventive Medicine」 November 2005 Volume 29, Issue 4, Pages 302–307)です。この医学論文によれば「水うがい」「ポピドンヨードうがい(イソジンうがい)」「コントロール」の3群にグループ分けしたところ

◎風邪を引いた人は「イソジンうがい」>「コントロール」>「水うがい」


との結果になりました。つまりイソジンでうがいをしても、なーんにも効果が無かっただけでなく、水でうがいをした人よりも風邪をひきやすかったのです。これがイソジンでのうがいの効果は風邪予防として期待できない、って話になったしだいです。

本来ならば同様の研究や追試が望まれるところですが、探すことはできませんでした・・・だってイソジンの製造元でさえあえて反論はしてませんからね!!

■「イソジンでうがい」の正しい使用方法を読むと・・・

ブランド問題は置いといて、現在イソジンを取り扱っているメーカーのサイトを見て、こりゃ愕然としたよ!!

風邪やインフルエンザが流行しているとき、風邪をひいたとき、のどが痛いとき、体が弱っているときなどはイソジン®うがい薬でうがいしましょう。

だって(イソジン®と感染症のQ&A より)

これって完璧に予防になります、って多くの皆さんが信じ込んでいるイソジンの効果を強く主張していないじゃん。すでに風邪をひいて喉が痛い、大声?を出して喉が痛い時の使用を勧めているってことは、予防効果にはならないのでは。さらにツッコむと「風邪やインフルエンザが流行しているとき」では、本当にイソジンに予防効果があるのなら、効果・効能として「風邪やインフルエンザの予防に」と記すはずです。なんだか怪しげになってきたぞ、イソジンうがいの効果。

■イソジンの秘密

「イソジンスクラブ液7.5%」は手術前の手洗いや手術するところの皮膚の消毒に今でも医療現場でしっかりと使用されています。しかし、使用上の注意として「粘膜には使用しないこと」と添付文書には書かれているのです。

◎うがいをする目的は喉をばい菌から守るためだけど、喉って粘膜じゃん!!


うがい薬として販売されているイソジンは実はポピドンヨードが主成分ではあるのですが、医療機関が使用している目的が主ではなく「喉の粘膜の炎症を抑える」ことが主目的になっているとしか解釈できません。腸の常在菌の大切さが重要視されているように、喉にも常在菌がいて、いわゆる「善玉菌」の役目を果たしていると多くの医療関係者は考えています。イソジンで綺麗さっぱりバイキンをぜーんぶ綺麗にちゃうと、喉を守ってくれる細菌叢も死なせちゃうことになり、だからこそ京都大学での研究のような結果になったワケです。

このように感染症予防としてのイソジンによるうがいは疑問点だらけですが、うがい自体の感染症予防効果も本当なのか、少々疑問を抱いています。口腔粘膜自体にバイ菌の侵入を防ぐシステムがあり、粘膜のバリアを突破したバイ菌に対してもマクロファージ等によって防御システムが稼働します。風邪をひいて咳をした人の体液を吸い込んじゃった(医師は患者さんの喉を見るときによく経験します)場合に即うがいをすることはそれなりに効果があるとは思いますけどね。

うがい関連エントリー・・・こんなのはいかがでしょうか?

風邪の予防に「紅茶でうがい」が効果的?!じゃあ緑茶はダメなの??

うがいをするのは日本人だけ??は都市伝説、海外でも風邪の予防でうがいをしますよ!!

花粉症対策で「鼻うがい」というのがあるけど、安全性に少々疑問あり!!

↑ページTOPへ

関連記事

気功で病気が治るか、気功の研究は文部科学省からも助成金をもらっているけど。イメージ

気功で病気が治るか、気功の研究は文部科学省からも助成金をもらっているけど。

■民間療法にハマったらついに到達しました、気功まで 最近おばあちゃんの知恵的な民間療法にハマっている私ですが、とうとう「気功」にまで研究の対象を拡げてしまいました。私たちの世代はノストラダムスの大予言、UFO, ユリゲー … 続きを読む

30歳でなっても「五十肩」・・・これからは「凍結肩」と呼ぼう!画期的な治療があるようですイメージ

30歳でなっても「五十肩」・・・これからは「凍結肩」と呼ぼう!画期的な治療があるようです

■五十肩って江戸時代についた名前です 何かの拍子に方に痛みを感じ、腕が上がらなくなったことってありませんか?これを「五十肩」って呼びますが、三十歳代でなっても、70歳代でなっても「五十肩」という病名が付きます。 医学上の … 続きを読む

「ほくろ占い」を参考にして手術で顔のほくろを取ったら運勢は変わるか?イメージ

「ほくろ占い」を参考にして手術で顔のほくろを取ったら運勢は変わるか?

■ほくろ占いで運勢・運命が変わるか?の症例研究発表です 1:私の運勢の変化 私のクリニックは炭酸ガスレーザーを最初に導入しました。私自身も小鼻のほくろを取り除きました。当院が皮膚科・泌尿器科の他に美容皮膚科を掲げる第一歩 … 続きを読む

川崎病の原因はやっぱり中国からやってきていた!!イメージ

川崎病の原因はやっぱり中国からやってきていた!!

■PM2.5,インフルエンザそして川崎病は中国大陸から 以前、黄砂・PM2.5,インフルエンザ、川崎病は偏西風にのって西から、具体的にいうと中国大陸から日本に上陸してくるとブログに書いたところ「なんでも悪い事は中国からな … 続きを読む

「母乳バンク」、本来は母乳至上主義の為じゃないのに・・・海外ではネットで母乳が買える!!イメージ

「母乳バンク」、本来は母乳至上主義の為じゃないのに・・・海外ではネットで母乳が買える!!

■母乳、特に初乳はメリットだらけだけど 人間に限らず、哺乳類は母親に抱かれながらオッパイをもらう「母乳育児」は自然な形であるとともに赤ちゃんにもメリットが沢山あります。しかし、母乳至上主義的な動きが少しばかり気になります … 続きを読む