五本木クリニック院長ブログ

自称「医療ジャーナリスト」は小保方さんを見習え!!??間違いを指摘されたら「ありがとう」といいましょうね。


■医療ジャーナリストなるお仕事は・・・

マス・メディアに「医療ジャーナリスト」の肩書で登場する方がいます。中原英臣さん、森田豊さん、富家孝さんなどが有名ですね。多くの医療ジャーナリストは医師免許を保有しながら、医療過誤事件や重大な薬の副作用等についてテレビや新聞・雑誌あるいはネット上で素人である患者さんにあらましをわかりやすく解説してくれています。

日本医学ジャーナリスト協会」こんな団体もありますが、この団体に所属している人の全部が全部優秀な方なのか個別にチェックはしていません。会則では「 本会は会員の研究発表、知識の交換ならびに会員相互および関連諸団体との連絡提携の場となり、医学ジャーナリズムの進歩発展を図り、もって学術、文化の発展に寄与することを目的とする」となっていますので、医療を批判するだけではなく、正しい医療の普及も会の目的だと会則全部に目を通すと理解できます。

しかし、乏しい医療知識を駆使しある程度知られた医師にインタビューをして、それを本として出版、テレビを中心に医療ジャーナリストというよりコメンテイター的な職種を選択している方もいます。

■医療ジャーナリストは医学情報を収集して、初めて成り立つ職業なのでは

小保方さんのSTAP細胞発見はメディアによって叩かれまくられました。医学の世界では追試がおこなわれ、再現性がなかったので「小保方さんの研究は間違い」と判定されて、論文も取り下げられました。間違いを指摘されて、それを認めたのです。

先日ある医療ジャーナリストが書かれた本の内容に明らかな間違いがあることをブログで書きました。

トンデモ系「医療ジャーナリスト伊藤隼也」さん、ここも間違っていますよ!!

その方の実名も書いたのですが、医療に関する記事を書くことを生業にしているので、素人ではないし、公人というほででもないのですが公職に就いていますし、医療ジャーナリストととしてテレビ番組に出演しているので実名で指摘しても問題ないと考えていました。しかーし、その方の私の意見に対する仕打ちは「Twitterのブロック」という幼稚な手段でした(笑)。この方とTwitterでやり取りさえしていません。

スクリーンショット_070616_124301_PM
ねっ、ブロックされているでしょ。

私もブログで時々考え間違い、解釈間違いをすることがあります。私のブログを読んでいる方は理系のオッサンがメインですから、データの読み間違いなんかした日には、すっげー勢いでメールやツイート・書き込みがあります。

でも、そんな時は「間違いを指摘していただきありがとうございます」と返信しています。だって、「そっかぁ、この解釈は間違いなんだ」と、自分の知識が一つ増えたことになりますもの。小保方さんは未だに「STAP細胞はあります」って言ってるけどね。

■こんな単純な間違いを専門家がするかあ???

著作中には多くの間違いがあったのですが、これが一番単純なのでブログで指摘しました。

医療ジャーナリストさんの考えは

◎うつ病の新薬が発売された → うつ病の新薬の発売と同時期に自殺者が急増 → うつ病の新薬のよって自殺者急増

となっています。しかし、真実は

◎1998年から自殺者が急増(女性より男性で顕著) → 1999年にうつ病の新薬が発売 → 自殺者の急増はうつ病の新薬の発売と関連はない


であり、「間違いました」で済む内容なんですけど。。。

■ニセ医学を主張する選挙候補を応援しちゃっているぞ

今回Twitterでブロックされた医療ジャーナリストさんはウィキによれば「東京都医療安全推進事業評価委員会 委員」であり「内閣官房新型インフルエンザ等対策有識者会議 構成員」でもあるので、どちらかといえば保守寄り、自民党寄りの感もあるのに、原発即時廃止、ホメオパシー信奉者、EM菌(科学的には確実に否定されている)の拡散を主張している参院選東京選挙区の候補を支援しています。

ニセ医学・疑似科学信者さんを支援する、ということは医療ジャーナリストでありながらニセ医学信奉者と判断しても間違いではないでしょう。戦争反対って主張されても、攻撃された場合どうするんでしょうか?

高校の大先輩である哲学者田中美知太郎氏が言ったとされる「憲法でいくら平和を唱えてもそれで平和が確立する訳はない。ならば憲法に台風は日本に来てはならないと記すだけで台風が防げようか」をニセ医学・疑似科学信奉者かつ護憲派の彼らに捧げます。

本来ならば医療中心のブログですから政治的な発現は控えるべきと考えます。しかし、ニセ医学・疑似科学が政治と結びつく未来を想像すると恐ろしいので、今回は例外的に政治的な発言も加えました。

↑ページTOPへ

関連記事

加齢臭の次はミドル脂臭!オッサンの臭い対策はどうすればいい?イメージ

加齢臭の次はミドル脂臭!オッサンの臭い対策はどうすればいい?

■ミドル脂臭という新しい言葉が飛び出してきた 「オッサンは臭い」という定説と言いましょうか、コモンセンスと言いましょうか、そのような批判に晒されている諸君!女子に嫌われない為、家族に嫌われない為に数々の努力を行なってきま … 続きを読む

トコジラミなんて死語だと思っていたら、近年増加の傾向・・・原因はやっぱりあの国か?イメージ

トコジラミなんて死語だと思っていたら、近年増加の傾向・・・原因はやっぱりあの国か?

■南京虫って知っていますか かなりの年配の方は「南京虫」って聞いたら「ああ、あのシラミね」と即答できるかもしれません。南京虫は俗名で正式名称?はトコジラミという変てこな名前がついています。 本当はシラミの仲間ではなく「カ … 続きを読む

首ひねる独自マッサージ!?首ポキ・首ボキ??マッサージ受けた乳児など2人が死亡!!ニセ医学の悲劇。イメージ

首ひねる独自マッサージ!?首ポキ・首ボキ??マッサージ受けた乳児など2人が死亡!!ニセ医学の悲劇。

■免疫力を高める首をひねる独自マッサージ後乳児死亡!!ってニュースになっていますが・・・ 非常に痛ましい事故っていうか事件が起きています。大阪と新潟で「免疫力を高める」と称して赤ちゃんに独自!!のマッサージを行なっている … 続きを読む

ダイヤモンド・オンラインさま、医療記事を書くなら内容を精査してからにしてくださいませ!!

■ヒルドイドの美容目的使用は違法は間違いではありませんけど、内容に少々問題が 皮膚科領域で使用されるヒルドイドという処方薬があります。ヒルドイドの保湿効果が優れているとの話から、病気ではないのにヒルドイドの処方を求める患 … 続きを読む

死亡率ワーストNo. 1の青森県、汚名返上するなら喫煙対策じゃないの?

■死亡率が1位の青森県に余計なお世話でしょうけど秘策を伝授!! 厚生労働省が発表する「人口動態統計月報年計の概況」の平成27年版の公表を受けてマスメディアは ◎前年と同様に青森県が男女ともに死亡率1位 といった感じで取り … 続きを読む