五本木クリニック院長ブログ

トンデモ薬剤師さんの理論背景はやはりニセ医学でした!!


■「薬剤師は薬を飲まない」の著者に違和感を感じる理由

薬を飲まないことを推奨している、宇多川久美子の著作について先日もブログに書きました。

医学的根拠の薄い「薬剤師は薬を飲まない」というトンデモ本のヘンな所はここ!!

まあ、一般書籍ですからある程度センセーショナルなタイトルをつけるのは良しとしても、健康について述べられたものの場合、極端な内容であればあるほど、熱狂的な信者さんが現れ熱心に布教活動ともいえる、余計なお節介を初めてしまいます。この余計なお節介をビジネス化したものがセミナーによる啓蒙活動であり、これがどういうわけか啓発セミナーになることを多くの賢明なる読者の方はご存じだと思います。

宇多川さんの理論は

◎ニセ医学の定番「酵素栄養学」と「ナチュラルハイジーン」が中心となっている


ために、正当な医学を学んだ人間には理解不可能なものになっているのです。

■「酵素栄養学」とはこんな疑似科学・ニセ医学です

薬を飲まない薬剤師さんである宇多川久美子さんの信奉している医学理論は「酵素栄養学」というトンデモさん系医療関係者が大好きなニセ医学です。この酵素栄養学は鶴見隆史という医師が日本では権威とされていますが、研究内容はあくまで読み物であり、論文ベースのものは見受けられません。

長生きの決め手は「酵素」にあった!!??は理解不可能 酵素栄養学は間違いなく疑似科学です。

さらに酵素栄養学の歴史をたどると「医学を超えた健康法 酵素療法の実際」という読み物を脇田政孝さんという方が昭和30年位に出版されています。海外では酵素栄養学の父とされるエドワード・ハウエルさんの著作が発行される前なんで

◎世界同時多発的に酵素栄養学というニセ医学が発生した


可能性については今後の研究とさせて頂きます(笑)。酵素栄養学の柱は「人間が一生の間に作り出せる酵素の量は限られている」という、思いつきです(多分)。この酵素栄養学では独特の用語が使用されます。代表的なものが「潜在酵素」と「体外酵素」です。

・もともと体内に備わっている酵素が「潜在酵素」

・外から取り入れないといけいない酵素が「体外酵素」

との使い分けがなされています。

賢明なる読者はお気付きだと思いますが、体内で作られる酵素には限りがある=潜在酵素は限りがある → 足りなくなった酵素は体外酵素として摂取しましょう、という流れを構成して「酵素をたっぷり取り入れる食生活」を提案します。

さらに進化した(退化したとの御意見もありますがw)考え方だと、薬を飲むと無駄な酵素を使用してしまうために、薬の乱用=酵素の無駄使い、という不思議な意見がでてきます・・・これに固執している様子が「それでも薬剤師は薬を飲まない」(廣済堂出版)を読むと理解できます、モチロン著者は宇多川久美子さん。

■ナチュラルハイジーンってなんだ?

健康や長寿はある規則性があり、それに従った生活を送れば健康で長生きになれるとの考えです。この考え方を広めたのが「フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には『不滅の原則』があった! 」(グスコー出版ハーヴィー・ダイアモンド、マリリン・ダイアモンド (著)、松田 麻美子(訳)と思われます。

スクリーンショット_083116_124543_PM
ナチュラルハイジーンの一日24時間を8時間で均等に3つにワケます。その3つは排泄の時間、摂取と消化の時間、そして吸収と代謝の時間です。食事は摂取の時間に済ませて、吸収と代謝の時間に食事をするなんて以ての外だよ、という健康法の一流派です。この流派の進化(退化?)したものが、例のファスティングであり、以前ブログに書いた「不食」となるのです。

「不食」って知っていますか?全く食べ物を食べないで、水も飲まない人たち!!

宇多川さんの著作にもここ10数年間一日50キロカロリーで生活していると称する方や全くカロリーを摂取していないと主張される不食業界では有名な方のお名前が書かれています。

このようにトンデモ系ニセ医学の方々はお互いに流派が違えども非常に親和性が高いようで、仲良しです。売り出し方も類似しているので、ひょっとしたらニセ医学・疑似科学を裏でプロデュースする有能な方がいらっしゃるのかもしれませんね。

■気になる宇多川久美子さんの今後の方向性・・・余計なお世話でしょうが

無駄に処方されている薬が全くないとは考えません。数カ所の医療機関から重複する薬が処方されている可能性もあります。そのようなことがないように調剤薬局には薬剤師さんがいて、さらに飲んでいる薬の指導や患者さんの疑問に対応します。

薬剤師業をやめたことを宇多川久美子さんは「白衣を脱いだ」と表現していますが、これは調剤薬局には立たないで他の健康法を啓蒙したり、無駄な薬の減らし方をしたりする活動に専念したことの表明であることには好感が持てます。

しかし、ニセ医学にどっぷりハマっているようにしか見えませんし、限りなく宗教じみた活動・セミナーになっていることが心配です。

↑ページTOPへ

関連記事

蜂蜜だけじゃなくてこんな中毒も注意が必要だよ!!

■蜂蜜に含まれるボツリヌス菌が原因の死亡事故 なんとも痛ましい事故が起きました。離乳食として蜂蜜を入れた食品を乳児に与えたところ、乳児ボツリヌス症で赤ちゃんが死亡したことが報道されました。 乳児に蜂蜜を食べさせてはいけな … 続きを読む

「ノセボ効果」って知っている?プラセボの反対の効果でこれまた医療現場で混乱が!!

■ノセボ効果(ノーシーボ効果)でありもしない副作用がでちゃう プラセボ効果(プラシーボ効果)、つまり効果のない薬であっても一定数の人にとっては、なぜか効果を発揮してしまう不思議な現象は耳にしたことがあると思います。 薬の … 続きを読む

「飲んではいけない薬」はウソだらけ!!??医師でも医療ジャーナリストでもトンデモさんが多発!!

■◯◯が危ない、××するな、△△に騙されるな、はトンデモ系の香ばしい臭いがプンプン オッサン向けの週刊誌はいつのまにやら、健康関連記事が満載になっています。特に週刊現代は以前もご紹介したように「盛り過ぎ」「言葉の一部だけ … 続きを読む

「ロキソニン」は飲み続けてはいけないの?薬は作用があれば副作用があるのは当たり前!!イメージ

「ロキソニン」は飲み続けてはいけないの?薬は作用があれば副作用があるのは当たり前!!

■ダマされるな!「メジャーな薬=安心」ではない、はホント? 週刊現代に連続して医療批判、薬批判記事が掲載されて、予想外に医療現場に混乱をきたしています。先日厚労省が「重大な副作用」が追加された「ロキソニン」についてもモチ … 続きを読む

必読!!健康診断を上手くクリアする方法??検査値は季節変動する!!イメージ

必読!!健康診断を上手くクリアする方法??検査値は季節変動する!!

■新シーズンがスタートして「健康診断」もスタート!!なんで健康診断が必要なの? 会社に入ると必ず健康診断がありますよね。「おっ、この会社は俺の健康を心配してくれているんだ」と思う純情なオッサンも中にはゴクゴク存在するでし … 続きを読む