五本木クリニック院長ブログ

お正月です、お餅を食べるときに気をつける必要のある意外な病気・・・腸閉塞!!


■もちがのどに詰まるのは有名だけど、腸閉塞も起こるんだよ!!

毎年お正月になると、お餅を喉に詰まらせて亡くなる事故が報道されます。昔はお餅ってお正月限定感があったのですが、今では年中お餅がスーパーなどで売られています。しかし、やっぱり日本人にとって雑煮にお餅をお正月に食べることは慣習となっているようです。救急搬送される方はこんな感じの傾向になっています。


東京消防庁のデータより これはお餅だけじゃなくて、大福や団子も含まれていますが、圧倒的に年末年始、特に1月が多いことから「お餅による窒息」が飛び抜けて多いと判断して良いと考えます。

お年寄りがお雑煮を食べるときは、なるべく小さく切って、丸呑みしないようにする注意が必要です。そのお餅ですが、実は窒息だけじゃなくて腸閉塞の原因になるってご存知でしたか?安全無事に飲み込めたとしても、腸で悪さをしてしまうお餅についてちょっと語らせていただきます。

■お餅で腸閉塞(イレウス)が起きた症例

うまく食道を通過したお餅ですが、今度は腸に引っかかってしまい腸閉塞(イレウス)になってしまうことが医学論文として発表されています。「Rice cake ileus–a rare and ethnic but important disease status in east-southern Asia.」(Intern Med. 2011;50(22):2737-9.)。お餅自体は東南アジアでよく食べられるものですが、この論文は日本の研究者によって日本で起きた「お餅による腸閉塞」の14例を取り上げています。


https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/50/22/50_22_2737/_pdf より

この論文はお正月に限ったものではないので、全部が全部お雑煮ってワケじゃありません。しかし、57.1パーセントは一月に担ぎ込まれた症例ですから、東南アジア地域に置ける日本の特殊な事情、つまりお雑煮方面が原因とした「Rice cake ileus」と判断していいかと思われます。

前述論文より

この画像からお餅が腸に詰まっている状況がわかります。実はこの症例の方々はお餅をよく噛まないで飲み込んじゃった、と申告しています。食べたお餅の数は2個と3個が共に4例で、中には5個というお餅好きな方もいらっしゃいました。

お餅が喉につかえて窒息、残念な結果として亡くなる方がいらっしゃいますが、この「お餅による腸閉塞」の場合は、この論文に限っていえば外科的な治療を必要としないで、全員が回復しています。症状としては腹痛・悪心・嘔吐が主となっていますので、お正月中にお雑煮を食べてお年寄りが「お腹が痛い」と言ったら「食べ過ぎなんじゃない」と安易に考えない方がよろしいようです。しかし、単なる食べ過ぎだで救急車を要請するのも、考えもの。お餅を食べるなら、丸呑みしないでよく噛んで食べれば、少なくとも「Rice cake ileus」のリスクは回避できることをこの論文は明らかにしています。

■喉のお餅が詰まった場合の応急処置・・・ネット上の情報を鵜呑みにするのはちょっとリスキー

正しい応急手当てはこのように消防庁は言っております。


http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kouhouka/pdf/231213.pdfより

有名な「ハイムリック法」(腹部突き上げ法)は実践するにはかなりのコツが必要です。半可通の方はハイムリック法を試すように健康情報サイトなどに投稿していますが、胃の内容物まで逆流して誤嚥性肺炎を起こす可能性も否定できません。また、小さな子供にハイムリック法を施すテクニックは一般の方はお持ちではないはずです。消防庁の背部叩打法が第一選択の応急手当てと考えます。

中には掃除機で吸い出す方法やお正月でも家庭に常備されている「長ネギ」で押し込む、なんてことも書かれています。背部叩打法を試みて効果がない場合はアリなのかもしれませんが、その前に救急車をまずは呼びましょうね。

そういえばハイムリック法を考案した研究者というよりは、臨床医としてご活躍したHenry Heimlichさん、先日亡くなりましたね。ウィキによればハイムリック法で少なくとも10万人の方の命を救ったとのことです、ご冥福をお祈りいたします。

■窒息しにくいお餅もあるようです

青森県立保健大学の藤田修三教授が「もち小麦」を原料としたもちもち感は残しながら、ツルツルの食感である喉に詰まりにくいお餅を開発しています(青森県立保健大学サイトより)。NHKの報道によれば「すいとん」として老人施設で提供されています(藤田教授の論文を教えていただいた青森県立保健大学の地域連携推進課の方に感謝いたしております。なお、藤田教授は現在は梅花女子大学に赴任されているとのことです)。

NHK 生活情報ブログより

すいとんのお団子?とお餅って違うような気がしないでもありませんけど、高齢者がいるご家庭で「お正月は縁起物としてお雑煮ね」と言いつつ、もち小麦を使用したお雑煮って選択肢もありかもしれませんね。

↑ページTOPへ

関連記事

発見!!カジュアル遭難主婦はミスドを敵視する波動系信者さんだあ!!

■遭難しながら警察に逆ギレしつつ、ミスドを非科学的ニセ医学で批判してもねえ・・・ ヘンテコリンな考え方をして、自分が言わんとするポイントから激しくズレまくる人を「トンデモさん」と呼びます。まあ、本来は可愛げのある変人、っ … 続きを読む

「まつげエクステ」セルフ方式の落とし穴・・・逆に危険じゃないの、失明のリスクも??!!

■まつげのエクステって美容師さんしかやってはいけないんだけど・・・そこでセルフが登場 女性は長いまつげに憧れます。そのためにマスカラを使用したり、まつげの美容液なんてものを使っていかに長いまつげを実現するか日夜努力をして … 続きを読む

花粉症と果物の意外に深〜い関係!!??口腔アレルギーとは。

■果物アレルギーと口腔アレルギー症候群との違い 果物を食べてアレルギーが出る人がいます。アレルギーはⅠ型アレルギー(即時型)、Ⅱ型アレルギー(細胞傷害型)、Ⅲ型アレルギー(アルサス型)、Ⅳ型アレルギー(遅延型)の4種類に … 続きを読む

医学的に説明ができない「政治家に女性が少ない理由」、実は原因は単純です!!イメージ

医学的に説明ができない「政治家に女性が少ない理由」、実は原因は単純です!!

■政治家に女性が少ない理由 今週末に衆議院議員選挙が行われます。男女共同参画という言葉を目にする機会が増えました。特に日本は男性優位社会であり、女性の社会進出が遅れている、と海外あるいは国内から指摘されていることを受けて … 続きを読む

僭越ながら電子書籍を出しました!!美容皮膚科・美容整形に関する内容です。イメージ

僭越ながら電子書籍を出しました!!美容皮膚科・美容整形に関する内容です。

■正しく理解されていない美容治療 美容皮膚科・美容外科って「キレイになりたい!!」「若返りたい!!」と考えていても、床屋さんや美容室にいくようなワケにはいきませんよね。テレビでビフォア・アフター的な美容整形が興味本位に取 … 続きを読む