五本木クリニック院長ブログ

ストレスとがんの関係・・・実は有りそうで無いようです!!


■ストレスでがんになる・・・どうもこの説は怪しいようです

多大なストレスががんを発生する、って話はなんとはなしに「そうだよね」的な解釈をしてしまいがちです。身近でも多忙、あるいは度重なるトラブルが原因となって「がん」になってしまった、と考えたくなるような知人があなたの周りにも入るんじゃないでしょうか?

◎がんとストレスに関連性は無い

との研究結果が出ています。医学、特に疫学の場合は統計学的なミスやデータ不足、あるいは研究者たちは気づきもしなかったバイアスがかかることがあるので、Aという研究結果が出たら、必ず反Aという研究結果が出ることが結構有ります。


https://thetruthaboutcancer.comより この一般向けサイトでは、ストレスががんにリンクしているとの主張ですが・・・どうもあまり医学的な話ではなく、日本でもよく見かける「何々を食べて健康になろう」的な広告の一環と考えられます。

今回がんとストレスは関係ないよ、との医学論文はEU加盟国の11万6056人を12年間追跡調査をする大掛かりな研究です。この医学論文は、がんの発生とストレスの間には深〜い関係はなかった、との意外な結論を出しています。

■少なくとも長時間労働はがんの原因にならないようです

日本では長時間労働が社会問題となっています。今回、長時間労働はがん発症リスクと関連性がなかった、と主張している医学論文は「Long working hours and cancer risk: a multi-cohort study.」(Br J Cancer.2016 Mar 29;114(7):813-8)です。私は何も長時間労働を推奨している訳でも有りませんし、ストレスフルな職場が健康状態に悪影響を及ぼさないという立場ではないので、誤解しないようにしてくださいませ。

この論文は調査スタート時にがんと診断されていない11万6056人の男女が対象です。観察期間中

・結腸がん・直腸がんになった人は393人

・肺がんになった人は247人

・乳がんになった人は833人

・前立腺がんになった人は534人

◎これらのがんの発症リスクと労働時間との間には関連性が無かった

との結論となっています。

しかし、乳がんに関しては週55時間以上の勤務で発症率は1.6倍との結果も出ています。乳がんだけが長時間労働と関連性があるのは、多分出産歴を考慮しなかったことによる可能性は残っている、とこの論文は記述しています。

■仕事のストレスとがん発症は関連なし説をもう一本紹介します

これは少し前に同じ研究対象を同じ研究者が解析したもので

◎仕事のストレスとがんの発症に関連性は無い

との結論を出したものがあります。「Work stress and risk of cancer: meta-analysis of 5700 incident cancer events in 116,000 European men and women.」(BMJ.2013 Feb 7;346:f165.)。この医学論文が発表された当時は多くの医療関係者は「えええっ!!」的に解釈したものです。

アンチエイジング系の健康雑誌には「ストレスによって、活性酸素を増えます。その結果がんを発症する可能性もあります」、だから活性酸素を減らす工夫(当時は例の水素水やサプリの摂取)をしましょう、との論調が目立っていました。現時点でも「ストレス 発がん」とかのキーワードで検索すると

◎ストレスによって免疫力が低下します

って感じの記事が上位表示されますよね。でも、この大掛かりなEUの研究ではストレスと発がんリスクは関係ないよ、との結果になって入るのです。もう一度繰り返します

◎ストレスと発がんリスクに関連性は無かった!!

のです。こうなるとストレスが免疫力にどんな影響があるかも怪しげになってきますし、ストレスってなによ?という根源的な問題が発生してしまうのです。

今までの考え方としては、ストレス(定義は漠然としてはいます)によってホルモンバランスが崩れ、このホルモンのアンバランスによって発がんが起きる、との説明がありました。緊張ばっかりしていると、免疫力が落ちてがんになっちゃうよ、だからとにかく副交感神経を優位にしましょう式の健康本も多数あります。

今回は長時間労働と発がん、ストレスと発がんについての関連性を否定するような論文を取り上げました。もちろん長時間労働やストレスは心血管系の病気のリスクを高めることは明らかになっています。しかし、これだけ世界中に研究者が発がんと生活習慣、食習慣などを研究してもどうにも納得のいかない結論しか出てきません。これだけ科学が発展進化していても、人間の多様性を全て考慮に入れて考えれば「こんな生活をすればがんになりませんよ」と言い切るのは難しいのですね。

■○○健康法の危うさ

今回取り上げた医学論文は今まで常識として多くの方が認識してきた「ストレスと発がん」の考え方を否定したものです。そうなると巷に出回って知る「なになにを食べるとがんになる」「なになにを食べでがんを防ぐ」的な健康法も一度は疑ってみる方が良さそうです。例えば一卵性双生児であっても同じ病気に罹る訳ではありません。同じ遺伝子を持ちながら、環境や生活習慣によって別々の病気になるのです。医学はまだまだ宇宙の研究を同じくらいに未知の領域が残っているんで、そこにつけ込んでヘンテコな医療もあとをたたないのですね。

↑ページTOPへ

関連記事

りんごダイエットは効果あるかもしれないし、アンチエイジング効果も期待できる!イメージ

りんごダイエットは効果あるかもしれないし、アンチエイジング効果も期待できる!

  様々なダイエット法をイジメてきた私ですが,リンゴは興味津々   今まで様々な非科学的なダイエット法に対して反論を行なってきた私ですが、芸風が変わったというかキャラ変というか、リンゴについて調べてい … 続きを読む

「まつげ美容液」の思わぬ副作用、瞼が垂れ下がってしまう!!重大な副作用の報告がありました。イメージ

「まつげ美容液」の思わぬ副作用、瞼が垂れ下がってしまう!!重大な副作用の報告がありました。

■「まつげの美容液」はもともと副作用の産物です まつげの育毛効果がある「短い睫毛を長くする」美容液が一般的になってきています。まつげが伸びる作用自体、もともと「緑内障治療薬」の副作用として見つかったものです。 ◎追記 睫 … 続きを読む

シワを消すと「うつ病」に効果がある!という情報は事実なのかを追及しました。イメージ

シワを消すと「うつ病」に効果がある!という情報は事実なのかを追及しました。

☆うつ病の方の厳しい表情の改善を目指すと・・・ うつ病やうつ症状に悩ませられている方が日本では急増しています。現代病ともいえる現象です。 男女共に働き盛りであり、また子育てなどストレスがかかりやすい30歳から50歳台に多 … 続きを読む

「コラーゲンでお肌プルプル」は無理を転送装置を使って説明しますイメージ

「コラーゲンでお肌プルプル」は無理を転送装置を使って説明します

コラーゲンを食べても、体のコラーゲンにならない サプリメントとしてコラーゲンを経口摂取つまり食べても、肌がプルプルになることはないんですと何回説明しても、わかってもらえません。低分子にしても吸収性は高まるかもしれませんけ … 続きを読む

老化防止・精力アップのサプリ「DHEA」ってアンチエイジング効果が無いっていう説・・・私が言ったわけじゃないですイメージ

老化防止・精力アップのサプリ「DHEA」ってアンチエイジング効果が無いっていう説・・・私が言ったわけじゃないです

■アンチエイジングの決定版なんていわれたけど・・・。 名前が紛らわしいので注意していただきたいのですが、今回の話は「DHEA」であって「DHA」ではありませんよ。 「DHEA」はデヒドロエピアンドロステロンという性ホルモ … 続きを読む