五本木クリニック院長ブログ

ハイテンションで徹夜をすると花粉症が治る説を医学的に検証!!??


■徹夜すると花粉症の症状が出ないんだよ!!??

知人のおじさんがノリノリで仕事をしていたら徹夜になってしまったそうな。そしたら、このシーズンに毎日毎日苦しめられている花粉症の症状がピタリを治っているんだって。たまたまなんじゃないの的に始めは受け止めていました。

しかし、このおじさん(科学的な思考回路は十分に持っている)のつぶやきを「素人さんの言うことなんて相手にしないで」なんて考え方じゃ医学は発展しません。ちゃーんと皆さんのお客様の個人的な感想です、であっても一考してみるのが正しい町医者の姿勢です(ちょっと気張りすぎ)。

◎ハイテンションで徹夜すると花粉症の症状が出ない!!

との医学的に非常に興味がある現象に対して、いくつかの仮定を考えて見ました。

1:仕事場で徹夜で仕事しているのだから、外気中の花粉症は吸入していない

2:アレルギーには自律神経が関わっているのでその状態に何か花粉症を抑えるメカニズムが働いた

3:花粉などは最終的に床に落ちるので、仕事をしている姿勢だと花粉を吸入しにくい

4:薬を飲んでいるから症状が治まっているだけ

5:たまたま症状が出なかった

以上の5つが頭に浮かびました。これらを医学的・科学的に(苦笑)検証してみまーす。

■花粉症のアレルゲンに接触していないから花粉症が治った

春の花粉症は主にスギとヒノキの花粉がアレルゲンとなって、目や鼻あるいは呼吸器の粘膜に触れることによってアレルギー反応が起きることによって発症します。今回のハイテンションで徹夜して花粉症の症状が出なかったおじさんの場合、前述1と3によって花粉に接触しなかった、と考えられます。要するに花粉のない北海道に行けば、花粉症が発症しない現象と同じです。

しかーし、このおじさんはお客さんを相手にする仕事であり当日は千客万来であったために、仕事が増えて徹夜に至ったのです。となると、仕事場のドアが開くたびに花粉は侵入してきますし、お客さんの衣服に付着した花粉も室内に入り込んできます。ですから外気中の花粉に感作される可能性は低く、室内にあった花粉が床に落ちたとしてもお客さんの髪の毛や肩などに付着した花粉に接触しなかったとは考えにくいです。ということは、「ハイテンション」との言葉に徹夜すると花粉症の症状が出なかった秘密があるかもしれません。

■ハイテンション状態だと花粉症の症状が出にくい

人間の神経には興奮状態である交感神経優位な場合とゆったりリラックス状態になる副交感神経優位な場合があります。交感神経と副交感神経がバランスを取りながら日常生活を送っている人間ですが、一般的には昼間は活発に活動するために交感神経が優位であり、夜になるとリラックスして睡眠に入れるように副交感神経が優位となります。

アレルギー症状は副交感神経が必要以上働くと症状が強く出ます。鼻水や涙といった花粉症の主な症状は副交感神経が興奮しているから出るのです。このおじさんは徹夜で交感神経が亢進している上に大好きな仕事をハイテンションでこなしていたので、交感神経が異常に亢進した状態であった可能性が出てきます。

このメカニズムによって花粉症の症状が落ち着いていたとすると、一仕事終わってビールでも飲んだら途端に花粉症地獄を見る羽目になるはずです。

■薬を飲んでいた、あるいはなにがしかのプラセボ効果が出ていた

毎日服用するべき薬であっても、28日分処方されたのになぜか一ヶ月以上経過しても薬が余っちゃう人っています。その逆で「あれっ、今日は薬飲んだっけ?」と認知症方面の疾患を患っていなくても薬を飲んだか飲まなかったか忘れちゃうことがあります。服薬指導上は飲んだか飲まなかったかが不明の場合は飛ばす、つまり二回飲むことを避けるのが基本です。しかし、近年眠気がこないとして多用されている抗アレルギー剤であるザルティアは基本は1日一回の服用ですが、症状に応じて二回飲むことが可能です。今回のハイテンションで徹夜したら花粉症の症状が出なかったおじさんの場合、服薬していたかいないのかは現時点では不明ですが、言葉のニュアンスからは4である通常は服薬しているしかし、症状が100パーセント治っているわけではない、今日の時点では症状がピタリと治っていることも考えられます。前掲の仮定の4と5ということになりますね。

またプラセボ効果もあり得ます。花粉症を心配した家族の方が「お父さん、このお茶って花粉症に効果あるんだって」とか「ヨーグルトって花粉症にも効果があるんですって」などの愛情あふれた言葉によってプラセボ的に花粉症が治っている可能性もあります。まあ、せっかく家族の方が教えてくれた食材を忘れちゃっていたら、それはそれで家族内で一悶着起きそうではありますが(笑)。


https://tenki.jp/pollen/3/16/より

今回の徹夜でハイテンション状態で仕事をしていたら花粉症の症状が出なかった、という非常に短い情報でも雨の降る休日の有意義な使い方ができました。明日は花粉症は「やや多い」そうです。明日に向けてハイテンション状態で徹夜する、なんて花粉症対策を試してみたらいかがでしょうか?仕事が終わってビールを飲んだら、多分リバウンド的に涙だらだら鼻水ズルズル状態になっても当方は責任は負えませんけど。

↑ページTOPへ

関連記事

タニタに続き「カゼインが体内でボンドと同じ働きをする」と栄養士さんが爆弾発言!!に対する考察(笑)追記あり

■尋ねた相手が悪かった、これじゃSTAP細胞小保方さんについて森口尚史さんにコメント求めたも同然!! 先日、タニタの栄養士さんが「生クリームは食べるプラスチック」とツイートして大炎上になりました。そのタニタ栄養士さん発言 … 続きを読む

バナナは花粉症に効果がある!!??さらに美白効果って話をじっくり検証してみました その1 根拠となった論文の問題点イメージ

バナナは花粉症に効果がある!!??さらに美白効果って話をじっくり検証してみました その1 根拠となった論文の問題点

■バナナが花粉症に効果があるだけでなく、美白効果もあるなら、一石二鳥!! バナナはあの食べやすい形状と甘みによって「俺ってバナナ嫌いなんだよね」という人は滅多にいないのでは。以前、バナナダイエットなるものがありましたが( … 続きを読む

プール熱が流行!!症状と対策はどのようにするべきか?イメージ

プール熱が流行!!症状と対策はどのようにするべきか?

■プール熱って単なるウイルス性の感染症なのです、感染力が強いのが問題! 毎年、暑くなってくると「プール熱」って病気が子どもの間に流行することが報道されます。米国ではプールの半数以上が大腸菌に汚染されていた、なんて報道もあ … 続きを読む

蜂蜜だけじゃなくてこんな中毒も注意が必要だよ!!

■蜂蜜に含まれるボツリヌス菌が原因の死亡事故 なんとも痛ましい事故が起きました。離乳食として蜂蜜を入れた食品を乳児に与えたところ、乳児ボツリヌス症で赤ちゃんが死亡したことが報道されました。 乳児に蜂蜜を食べさせてはいけな … 続きを読む

生理痛薬で死亡者!と報道されていますが、鎮痛剤ではありませんイメージ

生理痛薬で死亡者!と報道されていますが、鎮痛剤ではありません

生理痛の治療薬で三人の方が亡くなった   生理痛薬で死亡者が出たとの報道がされていますが、今回問題を起こした薬は直接痛みを抑える効果があるものではなく、一般的には「ピル」として知られているものです。腰の痛みとか … 続きを読む