五本木クリニック院長ブログ

鼻くそはワクチンの効果があり、健康に良い!!??そんなワケないじゃん!!


■鼻くそを食べることは健康に良い、って話が出回っているけど、そりゃ無いよ!!

昨日「鼻くそを食べるとワクチンのような効果があるって本当ですか?」とのご質問を受けました。えええっ、と思って教えてもらったサイトがこれ。


http://karapaia.com/archives/52238493.html より こんな時に限って水素水の広告が出るとは、どんだけ踏んでいるんだ、私は。個人的希望としては「小林製薬」が出てくることを願います(ごくごく一部の方はその理由をご存知だと思われます)。

情報源がカラパイアですから、まあおふざけと思いながら目を通したら「米国微生物学会」とか「ムチン」とか個人名「フリードリヒ・ビッシンガー教授」とか出てくるので、念のために元文献らしいリンクをクリックしながら、本当なのかフェイクなのかを確認する作業に入りました。

■最初のリンクは間違いなく医学論文、ってことは本当?まずは掲載した専門誌を評価

医学論文になっているから全てが正しいものではありません。まずはカラパイアが示している論文を検証してみます。「Salivary mucins protect surfaces from colonization by cariogenic bacteria」(Appl Environ Microbiol. 2015 Jan;81(1):332-8. )というタイトルで確かにPubMedに登録されています。

この論文を掲載した専門誌は「Applied and Environmental Microbiology」は公衆衛生や疫学や環境に関する論文を中心に構成されています。医学専門誌のレベルを知るための一つの指標としてインパクトファクターというものがあります(インパクトファクターに関しては賛否両論が存在します)、この専門誌のインパクトファクターを調べてみるとざっくり3〜4前後。


https://www.researchgate.net/journal/00992240_Applied_and_Environmental_Microbiology  

超有名科学専門誌「Nature」は2016年はインパクトファクター38.138、「Science」は34.661、マニアックな「Cell」は28.710です。私がブログで権威あると称しつつ持論の補強材料とする英国医師会誌「BMJ」は20程度ですから、今回の鼻くそ関連論文を掲載した専門誌自体の評価は高いものだとは言えません。

■でわでわ、論文を読んでみましょうね

さてプロの世界ではあまりクオリティが高いとは言えない専門誌に掲載された論文「Salivary mucins protect surfaces from colonization by cariogenic bacteria」の中身を吟味してみます。PubMedでも図表を見ることができるなんて、なんてサービス心があるんでしょう、感激。


https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25344244より 

PubMedでは大雑把な内容しかわかりませんので、Applied and Environmental Microbiologyに掲載された全文をゲット(紙ベース)。

https://www.deepdyve.com/とか論文を有料で全文見ることが出来るサービスがありますが、一本ダウンロードするのに30ドル程度必要です。いい加減な記事構成が目立つ医師監修医療情報サイトであるヘ◯◯ケア大学とかのクラウドソーシングに参加している素人ライターさんはまずご利用しないでしょうけど(そりゃそうでしょう、安い報酬で医療情報風の記事を書いているんだから、まともな論文ひっぱてきたら赤字だものね)。

この論文では確かにムチンだとか、バイオフィルムだとか、宿主免疫だとかの言葉が出てきますが、

One of the body's key defense mechanisms on wet epithelial linings, such as the mouth, gastrointestinal tract, and lungs, is a layer of thick, well-hydrated mucus.

となっていて全文目を凝らして探したのですが「鼻くそ」は疎か「鼻」って言葉自体がありません。口腔粘膜、消化器系、そして肺の免疫関連の医学論文じゃん!!

こうなると「鼻くそを食べることは健康に良い」って話の根拠が全くなくなってしまうのでした。

■論文のタイトルやキーワードで検索して見ると・・・

かなり怪しげな雲行きとなってきた「鼻くそワクチン説」(これは私が勝手に命名)ですが、論文のタイトルや鼻くそ関連キーワードで検索してみました。すると「NY DailyNews.com」にも鼻くそ関連記事が掲載されていることを発見しました。


http://www.nydailynews.com/life-style/health/eating-boogers-good-health-scientist-article-1.1328669 より

ちなみに鼻くそは英語で「booger」、女王陛下のお写真の隣でこんなタイトルつけちゃって大丈夫かと余計な心配をしてしまいました。この鼻くそ食べると健康に良い説を唱えるScott Napperさんの画像もあるんですけど、結構わざとらしいというか不自然。


前掲NYDailyNews.com.より

さらにこの方の名前って先ほど元となった論文には出てきません。ますます怪しい雲行きが台風前的豪雨寸前になってきました。このオッサン(急に呼び方が変わりますが)はこんなこと言っています。

It might serve as almost a natural vaccination, if you will,

前掲NY DailyNews.com. より 「鼻くそはワクチン接種と同じ働きをするぜ!!」本当かよ!!多分、この鼻くそを食べることはワクチンのような効果があり、健康に良いって話はフェイクです。

エイプリルフールとかに時々このようなおふざけ記事が載ることが英国や米国ではありがち、でも日付も違いますし、なんでこんな話が出てきたんだ?

↑ページTOPへ

関連記事

水道水が水素水に変わる「量子水」を作る浄水器はヤッパリ波動系でした!!笑イメージ

水道水が水素水に変わる「量子水」を作る浄水器はヤッパリ波動系でした!!笑

■ところで量子水って何??水素水の仲間?? 新年早々とんでもない折り込みチラシを見つけてしまった。そこには「ご自宅の水道水が一瞬にして水素水に!」と大きく書かれていました。「水素水は体にいいのよね〜」的な捉え方がされてい … 続きを読む

告白します、実はインフルエンザワクチンの効果が弱まっていましたイメージ

告白します、実はインフルエンザワクチンの効果が弱まっていました

■ワクチン推進派として痛いデータ 積極的にインフルエンザワクチン等の摂取を推進している私ですが、ここで告白します。2012年から2013年のシーズン、つまり一昨年のインフルエンザワクチンはイマイチでした。現時点でエポラ出 … 続きを読む

痛風の方に朗報??「認知症になりにくい」などの尿酸にまつわるいろいろな話イメージ

痛風の方に朗報??「認知症になりにくい」などの尿酸にまつわるいろいろな話

■高尿酸血症に伴う痛風とそのほかの病気の関連性 血液中の尿酸値が高いと痛風の原因になることは常識ですよね。尿酸って腎臓から排泄されるために私の専門である泌尿器科が得意とするようなイメージを持たれる方も多いようですが、泌尿 … 続きを読む

赤ら顔が高血圧の薬の副作用って本当かな?降圧剤の副作用と皮膚科の関連イメージ

赤ら顔が高血圧の薬の副作用って本当かな?降圧剤の副作用と皮膚科の関連

高血圧の薬の副作用って何があるか? 高血圧は今や国民病とさえ言われています。とにかく塩分を控えて、体重を増やさないようにして、適度な運動をして高血圧を防ごう!と厚生労働省も力を入れています。それでも血圧がコントロールでき … 続きを読む

野菜嫌いは血管系の病気になりやすい、らしいです。

■野菜嫌いな私としては認めざる得ない厄介な研究 どうしても生野菜って嫌いです。なぜ嫌いなのかは後で述べますが、野菜不足はやっぱり健康には悪いようです。 以前から、野菜不足の人は心臓の病気や脳の病気になりやすいとは言われて … 続きを読む