五本木クリニック院長ブログ

鼻くそはワクチンの効果があり、健康に良い!!??そんなワケないじゃん!!


■鼻くそを食べることは健康に良い、って話が出回っているけど、そりゃ無いよ!!

昨日「鼻くそを食べるとワクチンのような効果があるって本当ですか?」とのご質問を受けました。えええっ、と思って教えてもらったサイトがこれ。


http://karapaia.com/archives/52238493.html より こんな時に限って水素水の広告が出るとは、どんだけ踏んでいるんだ、私は。個人的希望としては「小林製薬」が出てくることを願います(ごくごく一部の方はその理由をご存知だと思われます)。

情報源がカラパイアですから、まあおふざけと思いながら目を通したら「米国微生物学会」とか「ムチン」とか個人名「フリードリヒ・ビッシンガー教授」とか出てくるので、念のために元文献らしいリンクをクリックしながら、本当なのかフェイクなのかを確認する作業に入りました。

■最初のリンクは間違いなく医学論文、ってことは本当?まずは掲載した専門誌を評価

医学論文になっているから全てが正しいものではありません。まずはカラパイアが示している論文を検証してみます。「Salivary mucins protect surfaces from colonization by cariogenic bacteria」(Appl Environ Microbiol. 2015 Jan;81(1):332-8. )というタイトルで確かにPubMedに登録されています。

この論文を掲載した専門誌は「Applied and Environmental Microbiology」は公衆衛生や疫学や環境に関する論文を中心に構成されています。医学専門誌のレベルを知るための一つの指標としてインパクトファクターというものがあります(インパクトファクターに関しては賛否両論が存在します)、この専門誌のインパクトファクターを調べてみるとざっくり3〜4前後。


https://www.researchgate.net/journal/00992240_Applied_and_Environmental_Microbiology  

超有名科学専門誌「Nature」は2016年はインパクトファクター38.138、「Science」は34.661、マニアックな「Cell」は28.710です。私がブログで権威あると称しつつ持論の補強材料とする英国医師会誌「BMJ」は20程度ですから、今回の鼻くそ関連論文を掲載した専門誌自体の評価は高いものだとは言えません。

■でわでわ、論文を読んでみましょうね

さてプロの世界ではあまりクオリティが高いとは言えない専門誌に掲載された論文「Salivary mucins protect surfaces from colonization by cariogenic bacteria」の中身を吟味してみます。PubMedでも図表を見ることができるなんて、なんてサービス心があるんでしょう、感激。


https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25344244より 

PubMedでは大雑把な内容しかわかりませんので、Applied and Environmental Microbiologyに掲載された全文をゲット(紙ベース)。

https://www.deepdyve.com/とか論文を有料で全文見ることが出来るサービスがありますが、一本ダウンロードするのに30ドル程度必要です。いい加減な記事構成が目立つ医師監修医療情報サイトであるヘ◯◯ケア大学とかのクラウドソーシングに参加している素人ライターさんはまずご利用しないでしょうけど(そりゃそうでしょう、安い報酬で医療情報風の記事を書いているんだから、まともな論文ひっぱてきたら赤字だものね)。

この論文では確かにムチンだとか、バイオフィルムだとか、宿主免疫だとかの言葉が出てきますが、

One of the body’s key defense mechanisms on wet epithelial linings, such as the mouth, gastrointestinal tract, and lungs, is a layer of thick, well-hydrated mucus.

となっていて全文目を凝らして探したのですが「鼻くそ」は疎か「鼻」って言葉自体がありません。口腔粘膜、消化器系、そして肺の免疫関連の医学論文じゃん!!

こうなると「鼻くそを食べることは健康に良い」って話の根拠が全くなくなってしまうのでした。

■論文のタイトルやキーワードで検索して見ると・・・

かなり怪しげな雲行きとなってきた「鼻くそワクチン説」(これは私が勝手に命名)ですが、論文のタイトルや鼻くそ関連キーワードで検索してみました。すると「NY DailyNews.com」にも鼻くそ関連記事が掲載されていることを発見しました。


http://www.nydailynews.com/life-style/health/eating-boogers-good-health-scientist-article-1.1328669 より

ちなみに鼻くそは英語で「booger」、女王陛下のお写真の隣でこんなタイトルつけちゃって大丈夫かと余計な心配をしてしまいました。この鼻くそ食べると健康に良い説を唱えるScott Napperさんの画像もあるんですけど、結構わざとらしいというか不自然。


前掲NYDailyNews.com.より

さらにこの方の名前って先ほど元となった論文には出てきません。ますます怪しい雲行きが台風前的豪雨寸前になってきました。このオッサン(急に呼び方が変わりますが)はこんなこと言っています。

It might serve as almost a natural vaccination, if you will,

前掲NY DailyNews.com. より 「鼻くそはワクチン接種と同じ働きをするぜ!!」本当かよ!!多分、この鼻くそを食べることはワクチンのような効果があり、健康に良いって話はフェイクです。

エイプリルフールとかに時々このようなおふざけ記事が載ることが英国や米国ではありがち、でも日付も違いますし、なんでこんな話が出てきたんだ?

↑ページTOPへ

関連記事

結論 糖質制限ダイエットは死亡リスクが高まりますイメージ

結論 糖質制限ダイエットは死亡リスクが高まります

■日本でもアメリカでも低炭水化物食の死亡リスクは高い結果 私をここ数ヵ月悩ましていた糖質制限ダイエット、低炭水化物食によるダイエットって結論出ていました。妙に糖尿病とかに気を取られて弱気の発言続きでしたが、今回は強気で行 … 続きを読む

40代から気をつけたい、サルコペニアとサルコペニア肥満についてイメージ

40代から気をつけたい、サルコペニアとサルコペニア肥満について

NHKあさイチ「40代から要注意!サルコペニア肥満」ってやってた あさイチって時々朝には相応しくない内容を取り上げて、あのNHKが!って驚かせるのですが、私が見る限り実は「ためしてガッテン」より正確な医学情報を提供してい … 続きを読む

ポール・マッカートニーが腸捻転?腸閉塞?どんな場合にこれが起きるのか、原因と治療イメージ

ポール・マッカートニーが腸捻転?腸閉塞?どんな場合にこれが起きるのか、原因と治療

■腸捻転症で腸が腐ってしまうので緊急手術が必要です ポールマッカートニーが腸捻転だったらしいです。 ポール、腸捻転の手術していた 再来日公演は実現に向け協議中 Yahoo!ニュースより 当院の場合、診察時に今まで入院した … 続きを読む

磁気で血行を良くして、コリをほぐすって何が根拠なんだろう?イメージ

磁気で血行を良くして、コリをほぐすって何が根拠なんだろう?

■たった一つの論文が磁気が血行を改善することの根拠だった、磁気が体に良いという説 以前から気になっていた治療法があります。磁石をつかった磁気による健康法です。磁気により血行が良くなり、肩こりなどが解消するってよく見かける … 続きを読む

脱法ハーブ(危険ドラッグ)では無いけど、「お香」や「アロマ」は喫煙以上に健康を害するかも!?追記ありイメージ

脱法ハーブ(危険ドラッグ)では無いけど、「お香」や「アロマ」は喫煙以上に健康を害するかも!?追記あり

■アロマオイルやお香も焚いた物質を吸っているわけで・・・ 唐突ですが、実は私はエレベーター恐怖症なんです。閉所恐怖症というわけではなく、女性やオッサンのコロンの香りが充満するあの空間に閉じ込められる夢を見たのが切っ掛けで … 続きを読む