五本木クリニック院長ブログ

ベストセラー「医者に殺されない47の心得」のガイドブック その2 重箱の隅をつついたら・・・出てきました変なデータ。追記あり


■心得8の「早期発見」は、実はラッキーではない・・・確かにその通りです

近藤センセイはとにかくガンは見つけないに超したことはない、余計ながん健診なんて受けること自体が死期を早めているという論調であることは著作でも知られていますし、先日の「金スマ」出演時のお話からも察せられます(2014年10月8日 追記)。

私の本当の専門である泌尿器科ではありふれた疾患となった前立腺がんの場合は、他のがんと比較しても超早期発見が可能となっています。PSAと呼ばれる腫瘍マーカーが簡単な採血で測定でき、CT等の画像診断ができない状態でも、がんの存在が予測できます。

PSAは4.0以上であると、がんがあることが示唆されます。がんであることを証明するためには前立腺生検と呼ばれる検査が必要になります。この顕微鏡による病理検査でがん細胞が発見されて、初めてがんと確定診断されます。初診時にPSAが100なんて方も中にはいますので、この方がもっと早くPSA検査をしていてもっと低い段階で治療できればよかったのにと悔しい思いもします。逆に早期発見の場合も悩ましい問題が発生します。

PSAが10以下の場合、手術等の積極的治療をして得られるメリットとデメリットを比較するとあまり差はないと最近の研究ではわかりだしています。生命の予後にあまり影響を及ぼさない前立腺がんまで積極的に治療してきた歴史があります。手術の後遺症、放射線治療の後遺症に悩んでいる方もいるのは否定しません。ですので泌尿器専門医は現在では監視療法という手術や投薬を全くしない治療を選択する場合もあります。ですから、早期発見=ラッキーではない、という近藤先生のお話は正しいともいえます。

■でも、間違っています、近藤センセイのデータの解釈

「がんで亡くなる人は減っているのか」という問いかけがいけません。がんで亡くなる人の占める割合は減ってはいないのですが、その理由ははっきりしています。

近藤先生が目の敵にしている抗生物質(これも最近は実はあまり使わない言葉です)の使用によってまず感染症による死亡が極端に減りました。また、血圧の管理等によって心血管系の病気での死亡も減っています。つまり、万人が平等に治療を受けられる日本の医療制度によって言い方を変えれば「がんでしか死ねなくなっている」といってもいいのです。

がんは正常な細胞が何回も細胞分裂を繰り返す過程での遺伝子のミスによって発生します。このミスを増やすのが放射線であり、喫煙等の外因に左右されます。つまり年を取れば取るほどがんになるリスクは増加します。ということは心臓や感染症で以前は亡くなっていた人が健康管理によって

◎長生きをしても最後はがんになる確率が増えるので、がんで亡くなる人が多いのは日本が長寿になった証拠

でもあるのです。

sibouritu

厚生労働省のがん患者数の年次推移からお借りしました。

■ここも残念・・・近藤センセイ、検診と健診の違いをはっきりさせないといけませんよ!!

検診はある特定の病気を見つけるために行う集団検診と考えてください。健診は健康診断の略で何かを発見する目的で行うのではなく、健康であることを確認するものです。例えば検診で胸のレントゲン検査を行った経験をお持ちの方も多いでしょうが、レントゲン車で使用されるのは間接撮影と呼ばれるもので、がんを発見するには適当ではありません。

昔結核が国民病であったときは役に立ったでしょうが、がんを見つけるなら直接撮影でないと見逃します。これは厚生労働省の開示されている文章でも明らかになっています。

■「がん検診を止めた村」でがんの死亡率が激減した?明らかに時代的背景を無視したがん検診否定説

長野の泰阜村で「がん検診」をやめたら胃がんの死亡率が激減したのは事実です。平成25年4月現在の人口は1815人の村です。でも・・・逆にここの診療所の医師は個別の健康管理をそれまで以上に力をいれて「健康診断」に力を入れたのです。泰阜村の村長のブログに詳しく書いてあります。がん検診を止めた自治体としての勇気は感心しますし、さらにその後の住民の健康を守る熱意は評価するべきものですが,泰阜村の発表したデータを詳しく見ると

確かに胃がんで亡くなった方は

◎昭和58年~63年は全死亡者の6.0%で、平成元年~5年は全死亡者の2.2%

6.0VS2.2 と確かに激減しています。

でも、全ての死亡者中で

◎昭和58年~63年までにがんで亡くなった方は19.9%、平成元年~5年までにがんで亡くなった方は19.7%

19.9VS19.7ということは

あれっ、がんで亡くなった人は減っていないぞ!

そうなると、

この村では急に他のがんで亡くなった方が激増したのでしょうか?特殊なガンが泰阜村で大流行したんですか?

泰阜村だけでなく、この時期は日本全体でも胃がんで亡くなる方は極端に減っています。

このグラフは縦軸が等間隔でないので注意してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

無題

このあたりを突っ込みますと私も猛攻撃を受ける可能性がありますので、

さらに詳しく調査をして報告します。

2014年10月3日放送の「金スマ」での近藤氏の話があまりにも世の中に間違った情報をバラまくために、2014年10月8日に一部追記しました。

関連エントリーで近藤氏の数字に対する弱さというか、甘さを指摘させていただきました〜。

↑ページTOPへ

関連記事

川島なお美さんの肝内胆管癌、近藤誠先生の意見、そしてセカンドオピニオンとは。イメージ

川島なお美さんの肝内胆管癌、近藤誠先生の意見、そしてセカンドオピニオンとは。

■いろいろなことを考えた川島なお美さんの肝内胆管癌での死 肝内胆管癌という比較的珍しい病気で川島なお美さんが亡くなったのはまだ記憶に新しい衝撃的な出来事でした。その死から一ヶ月も経た無いうちにあの近藤誠先生が専門であるセ … 続きを読む

週刊現代「がんでも受けてはいけない手術」は間違いだらけ!!?

■誤字脱字は仕方ないとしても、がん生存率の間違いはマズいんじゃないの?? 医療現場に思わぬ大きな影響を与えた例の「週刊現代」の医療批判記事。週刊誌ごとき放っとけ的な意見がシリーズ初期の頃は医師館でも多かったのですが、シリ … 続きを読む

ストレスとがんの関係・・・実は有りそうで無いようです!!イメージ

ストレスとがんの関係・・・実は有りそうで無いようです!!

■ストレスでがんになる・・・どうもこの説は怪しいようです 多大なストレスががんを発生する、って話はなんとはなしに「そうだよね」的な解釈をしてしまいがちです。身近でも多忙、あるいは度重なるトラブルが原因となって「がん」にな … 続きを読む

女性はご注意を!!ウエストと乳がんの密接な関係・・・2サイズアップでリスクが高まる??!!イメージ

女性はご注意を!!ウエストと乳がんの密接な関係・・・2サイズアップでリスクが高まる??!!

■最近、スカートがキツくなっていたら要注意かもです 世の中、ダイエット、痩身、サイズダウン、そんな情報ばかり出回っています。肥満とがんのリスクの関係は以前おつたえしました(関連エントリー 明らかに肥満がリスクになるガンが … 続きを読む

乳房を乳がん予防で切除することへの賛否両論 アンジェリーナ・ジョリーの選択イメージ

乳房を乳がん予防で切除することへの賛否両論 アンジェリーナ・ジョリーの選択

■アンジェリーナ・ジョリーの乳房切除が論議を呼んでいる 今回の件は実は非常に医師の間でも賛否両論の問題なのです。欧米の報道では勇気ある行動と褒めたたえる論調が中心でしたが、時間がたってある程度詳細が分かってきた日本での報 … 続きを読む