五本木クリニック院長ブログ

ベストセラー「医者に殺されない47の心得」のガイドブック その2 重箱の隅をつついたら・・・出てきました変なデータ。追記あり


■心得8の「早期発見」は、実はラッキーではない・・・確かにその通りです

近藤センセイはとにかくガンは見つけないに超したことはない、余計ながん健診なんて受けること自体が死期を早めているという論調であることは著作でも知られていますし、先日の「金スマ」出演時のお話からも察せられます(2014年10月8日 追記)。

私の本当の専門である泌尿器科ではありふれた疾患となった前立腺がんの場合は、他のがんと比較しても超早期発見が可能となっています。PSAと呼ばれる腫瘍マーカーが簡単な採血で測定でき、CT等の画像診断ができない状態でも、がんの存在が予測できます。

PSAは4.0以上であると、がんがあることが示唆されます。がんであることを証明するためには前立腺生検と呼ばれる検査が必要になります。この顕微鏡による病理検査でがん細胞が発見されて、初めてがんと確定診断されます。初診時にPSAが100なんて方も中にはいますので、この方がもっと早くPSA検査をしていてもっと低い段階で治療できればよかったのにと悔しい思いもします。逆に早期発見の場合も悩ましい問題が発生します。

PSAが10以下の場合、手術等の積極的治療をして得られるメリットとデメリットを比較するとあまり差はないと最近の研究ではわかりだしています。生命の予後にあまり影響を及ぼさない前立腺がんまで積極的に治療してきた歴史があります。手術の後遺症、放射線治療の後遺症に悩んでいる方もいるのは否定しません。ですので泌尿器専門医は現在では監視療法という手術や投薬を全くしない治療を選択する場合もあります。ですから、早期発見=ラッキーではない、という近藤先生のお話は正しいともいえます。

■でも、間違っています、近藤センセイのデータの解釈

「がんで亡くなる人は減っているのか」という問いかけがいけません。がんで亡くなる人の占める割合は減ってはいないのですが、その理由ははっきりしています。

近藤先生が目の敵にしている抗生物質(これも最近は実はあまり使わない言葉です)の使用によってまず感染症による死亡が極端に減りました。また、血圧の管理等によって心血管系の病気での死亡も減っています。つまり、万人が平等に治療を受けられる日本の医療制度によって言い方を変えれば「がんでしか死ねなくなっている」といってもいいのです。

がんは正常な細胞が何回も細胞分裂を繰り返す過程での遺伝子のミスによって発生します。このミスを増やすのが放射線であり、喫煙等の外因に左右されます。つまり年を取れば取るほどがんになるリスクは増加します。ということは心臓や感染症で以前は亡くなっていた人が健康管理によって

◎長生きをしても最後はがんになる確率が増えるので、がんで亡くなる人が多いのは日本が長寿になった証拠

でもあるのです。

sibouritu

厚生労働省のがん患者数の年次推移からお借りしました。

■ここも残念・・・近藤センセイ、検診と健診の違いをはっきりさせないといけませんよ!!

検診はある特定の病気を見つけるために行う集団検診と考えてください。健診は健康診断の略で何かを発見する目的で行うのではなく、健康であることを確認するものです。例えば検診で胸のレントゲン検査を行った経験をお持ちの方も多いでしょうが、レントゲン車で使用されるのは間接撮影と呼ばれるもので、がんを発見するには適当ではありません。

昔結核が国民病であったときは役に立ったでしょうが、がんを見つけるなら直接撮影でないと見逃します。これは厚生労働省の開示されている文章でも明らかになっています。

■「がん検診を止めた村」でがんの死亡率が激減した?明らかに時代的背景を無視したがん検診否定説

長野の泰阜村で「がん検診」をやめたら胃がんの死亡率が激減したのは事実です。平成25年4月現在の人口は1815人の村です。でも・・・逆にここの診療所の医師は個別の健康管理をそれまで以上に力をいれて「健康診断」に力を入れたのです。泰阜村の村長のブログに詳しく書いてあります。がん検診を止めた自治体としての勇気は感心しますし、さらにその後の住民の健康を守る熱意は評価するべきものですが,泰阜村の発表したデータを詳しく見ると

確かに胃がんで亡くなった方は

◎昭和58年~63年は全死亡者の6.0%で、平成元年~5年は全死亡者の2.2%

6.0VS2.2 と確かに激減しています。

でも、全ての死亡者中で

◎昭和58年~63年までにがんで亡くなった方は19.9%、平成元年~5年までにがんで亡くなった方は19.7%

19.9VS19.7ということは

あれっ、がんで亡くなった人は減っていないぞ!

そうなると、

この村では急に他のがんで亡くなった方が激増したのでしょうか?特殊なガンが泰阜村で大流行したんですか?

泰阜村だけでなく、この時期は日本全体でも胃がんで亡くなる方は極端に減っています。

このグラフは縦軸が等間隔でないので注意してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

無題

このあたりを突っ込みますと私も猛攻撃を受ける可能性がありますので、

さらに詳しく調査をして報告します。

2014年10月3日放送の「金スマ」での近藤氏の話があまりにも世の中に間違った情報をバラまくために、2014年10月8日に一部追記しました。

関連エントリーで近藤氏の数字に対する弱さというか、甘さを指摘させていただきました〜。

↑ページTOPへ

関連記事

胃の検査でバリウム飲んでいる医師がいたら手を上げて!!イメージ

胃の検査でバリウム飲んでいる医師がいたら手を上げて!!

■胃の検査でなぜ未だにバリウムを飲むのか?という素朴な疑問 胃がんの検診あるいは健康診断で未だにバリウムを飲ませているところがあります。人間ドックでも若干バリウムによる胃のチェックを行っているところも見受けられますが、バ … 続きを読む

ニセ医学からのお手紙??「水素酸素吸入でがんを克服」という不思議なお話。ニセ医学・疑似科学バスターの体験レポート!!イメージ

ニセ医学からのお手紙??「水素酸素吸入でがんを克服」という不思議なお話。ニセ医学・疑似科学バスターの体験レポート!!

■ニセ医学の香り漂う「水素酸素吸入で奇跡の生還」がんが治っちゃった??という手紙 ある朝コーヒーを飲もうとダイニングテーブルにつくと目の前に「”しあわせ”のおたより 真実の物語」という紙が目に入りました。「癌をのりこえて … 続きを読む

タバコ規制の結果が出たようですが・・・寿命を20年延ばした!?イメージ

タバコ規制の結果が出たようですが・・・寿命を20年延ばした!?

  1964年から行なわれたタバコ規制の50年目の結果   米国でタバコの有害性が訴えられ国を挙げての規制が行なわれて50年が経過しました。米国民にこの規制が健康面で利益を供与したのかの判定(?)が行 … 続きを読む

「鳥越俊太郎氏は知事の座より命を」的な記事に医学的問題点を発見しましたイメージ

「鳥越俊太郎氏は知事の座より命を」的な記事に医学的問題点を発見しました

■私は鳥越さんの支持者ではないのですが、間違いは間違いと言いたくなる性格で 都知事候補として鳥越俊太郎さんが出馬しております。大腸がん、それも転移を伴う大腸がんとの闘病経験を生かした政策として「がん検診100パーセント」 … 続きを読む

男性のシミとホクロとそして・・・皮膚がん,怖っ!イメージ

男性のシミとホクロとそして・・・皮膚がん,怖っ!

中年以降の男性のシミ取り 当院は泌尿器科も併設しているためにオッサンがシミを取るという光景は別に珍しいものではなくなっています。最近、「これって皮膚がんじゃないですか?」と尋ねる中年以降の男性が増えています。大きな理由と … 続きを読む