五本木クリニック院長ブログ

腎結石の患者さん,今まで間違った指導をしてきてごめんなさい


■一生のうちに10人に一人は経験する尿路系の結石

なぜいきなり泌尿器科領域の病気について私がブログを書いているか疑問をお持ちの方はこのブログをお読みください。尿管結石、腎結石といわれる非常に痛みを伴う病気があります。


この病気は腎臓で作られた石が尿の流れにのって尿管に詰まることによって発作的な痛みを起こしてしまいます。


stone_2

アメリカでの発症状況ですhttp://www.kidneystoners.org/より


この痛みは人間が感じる「三大痛みの一つ」なんて言われていた時代もあります。一番痛いのがくも膜下出血。二番目が心筋梗塞。三番目がこの尿路系の結石です。


一番目と二番目は数十年前は即死亡につながる病気でしたので、その痛みを感じた方は痛み方を人に伝えられないね、なんて軽口を私たちは言っていました。つまり、尿管結石・腎結石はそこまで痛い病気であり、再発もする患者さんにとっては非常につらいものだったのです。


stone_4

私たちは金平糖の様な形と表現します。こんなのが内臓に引っかかるのですからメチャクチャ痛いのは単純に推測できますよねhttp://www.medicinenet.com/より


■腎臓結石の治療は?

腎臓に石がある状態では痛みは起こりません。石が尿管に落ちてきた時に痛みが生じるの出す。その痛みの治療ですが、単に痛みどめを処方して「自然に出るのを待ちましょうね!」という非常に非情な方針が一般的です(少し日本語変ですが)。


痛みどめも飲み薬から麻薬系の注射薬まで色々ありますが、対処療法であって石を積極的にだす薬はあまり使用しません。


stone_3

尿路系に詰まった石が痛みの発作を起こしますhttp://newsblog.mayoclinic.org/より


石を出す働きがあるとされている薬はあることはあるのですが、泌尿器専門の医師はそれの効果をあまり信用していません。「おまじない程度ですが、飲まないよりは飲んだ方がいいかもしれません」程度の処方の仕方です。


裏ワザ的には前立腺肥大症に使用する薬を処方すると尿管が拡がり石が出やすくなることはなるのですが、保険診療では適応疾患とされていませんので、
「石が出るようにいっぱい水分をなんで好きなものでいいのでを摂ってくださいね!」なんていう言葉を添えるしかないのです。


stone_1

腎臓内に留まっている場合は体外衝撃波ESWLで積極的に治療できます(腎臓内にある場合は痛みはありません)。また、尿管に挟み込まったものは内視鏡手術で取り出すことは可能です。


■今まで私たちが言っていたことは間違っている可能性が・・・

結石の発作は水分補給と関連があるために、夏場に増える傾向があります。結石発作でのた打ち回る患者さんに効果的で積極的な治療法を持っていない私たちは痛みどめ等の処方をしたのち、水分を積極的に摂ってもらうことを告げます。


「水分をいっぱい摂ってください。夏ですからビールとかでもいいのでじゃんじゃん飲んでね」なんて言い方をしていました。患者さんに十分な治療が出来ない罪悪感からか「ビールでもなんでもいいよ」といってしまっていたのです。


しかし、今回この指導法が間違っていることを示唆する論文が出されました。


■加糖炭酸飲料と腎結石の関係

Soda and Other Beverages and the Risk of Kidney StonesというタイトルでClinical Journal of the American Society of Nephrologyに掲載されています。(CJASN August 07, 2013 8): (8) 1389-1395
この論文によりますと


・腎結石の発生リスクは飲み物によって違いがあった
・コーラやソーダなどの糖を加えた炭酸飲料は結石のリスクを高めていた
・コーラを一日一杯以上飲む人は飲まない人と比較して腎結石のリスクが23%上昇
・コーヒーや紅茶は結石のリスクの低下と関連していた


ということでした。
この調査は19万4095人のデータを8年間フォローアップしたもので、かなり大がかりで調査対象も多いので信用に値する研究と判断してもいいと考えます。


なお、ワインはコーヒー等と同じように結石のリスクを低下させていました。しかし、排石させるくらいワインを飲んだら多分肝臓が壊れますけど。


■じゃぁ、どうすればいいの?

飲料摂取量が腎結石のリスクを低減することは間違いがありません。しかし、ある種の飲み物・・・糖が加えられている飲み物は腎結石のリスクを上昇させます(ビールも含まれます)。


石を経験した人は今までのように予防的に意識して飲水をしなければいけませんが、コーラや炭酸系の飲み物は避けるべきです。そこで問題があります。


コーヒーや紅茶は予防につながるようですが妊娠中の方や妊娠を考えている方はカフェインのリスクがあることを知っておいてほしいのです。となりますとどの様な方にもおすすめできる方法は・・・水を一杯飲んでくださいね!が間違いないようです。


今まで「何でもいいからイッパイ飲んでね」と言ってしまった患者さんにここでお詫びを申し上げます。ごめんなさい!

↑ページTOPへ

関連記事

女性、特に妊婦さんは注意!!揚げ物を食べると糖尿病になっちゃうよ!!??イメージ

女性、特に妊婦さんは注意!!揚げ物を食べると糖尿病になっちゃうよ!!??

■とんかつなどの揚げ物をかばってきたのに・・・ 以前ブログで揚げ物大好きなオッサンの為に「ダイエット・健康の悪役 トンカツを無理やり擁護してみます」なんてものを書いてきたました。オッサンにとって串カツ片手にビールをグブグ … 続きを読む

握力が強いと長生きする、という報告を勘違いしないようにしましょうね!!イメージ

握力が強いと長生きする、という報告を勘違いしないようにしましょうね!!

■握力と死亡リスクの関係 日本抗加齢学会というアンチエイジングを主に扱った学会があります。そこで先日、日本における疫学調査の対象として有名な「久山町」でやっぱり「握力が強い人は長生きだった」という報告があったのです。多分 … 続きを読む

水分子が放射線で切断されて過酸化水素になって, 鼻血の原因になるのは本当か??!!イメージ

水分子が放射線で切断されて過酸化水素になって, 鼻血の原因になるのは本当か??!!

■デマを拡げるにもマナーが必要です「美味しんぼ」さん 先日から世間を賑わしている「美味しんぼ」の福島での被爆が原因で主人公の山岡が鼻血を出した件ですが、医療サイドとしてはあまりにもバカバカしい内容なので高尚な先生方はコメ … 続きを読む

花粉症にもインフルエンザにも効果がある「葛根湯(かっこんとう)」・・・エビデンスはあるの??

■市販の漢方薬といえば「葛根湯」・・・本当に効果あるの? 東京周辺では本年は暖冬のためか、2月になってインフルエンザが流行しました。それに伴い一般の風邪の患者さんも増えています。一般的な医療機関が休みである土日に風邪をひ … 続きを読む

医学界に震撼が走る!!若い医師が主治医の方が患者さんの死亡率が低い!!

■日本中あるいは世界中の医師が驚いた医療統計の論文 数週間前にBMJ(英国医師会雑誌)に掲載されたハーバード大学で医療政策学者として活躍されている津川友介さんらによって書かれた論文が日本中(多分世界中でも)医師が驚愕して … 続きを読む