ドクター松下ブログ

鼻に入れたプロテーゼが原因で皮膚に2か所も穴が開いた例(モニター体験談5)


■なかなか治らない鼻の吹き出物

52歳、男性のFさんは、約30年前に鼻にL型プロテーゼを入れました。その後、鼻の不具合が生じることはなく、30年間、問題なく経過していました。しかし、昨年1月になって突然鼻全体が赤くなって腫れたため近所の皮膚科を受診したところ、面疔(めんちょう)という重症の毛穴の炎症であると診断され、化膿止めの飲み薬を処方されました。

その薬で2週間様子を見ましたが、改善しないため、薬を変更してさらに2週間様子を見ました。すると、全体的な腫れは落ち着きましたが、鼻根部と鼻先の2ヶ所にプツッと吹き出物のようなものが出てきました。

皮膚科担当医はニキビと判断して、ベピオゲルというニキビ用の塗り薬を渡され、1か月塗り続けましたが、改善せず、ずっと同じ場所に赤い吹き出物がある状態が続きました。

3月頃、再び鼻全体が腫れてきましたが、また化膿止めの薬を2週間飲んで落ち着きました。しかし、2か所の吹き出物はあいかわらず治らず、いろいろなクリニックを転々として、様々な薬を使用しましたが、全く変化がありませんでした。

その後も1~2か月おきくらいに鼻全体が腫れては、化膿止めを飲むというのを繰り返し、7月頃より、吹き出物がさらに大きく膨らんできて、その部分から黄色い汁まで出てくるようになりました。

鼻の症状が出始めて、半年以上たっても治らず、さらに悪化してきたため心配になったFさんは原因を探ろうと、インターネットでいろいろ調べました。そのうちに、私の書いたブログ記事鼻に異物が入っていることを見抜けなかったため、診断・治療が遅れてしまった例が目に留まり、プロテーゼが原因ではないかと思い立ち当院を受診されたのです。

 

 ■なかなか治らない皮膚トラブルの原因

こちらが初診時のFさんの鼻の写真です。

鼻先に直径5ミリ、鼻根部下方に直径3ミリの不良肉芽(ふりょうにくげ)ができていました。(写真の矢印の部分)

肉芽というのは、ケガなどで皮膚に穴が開いた場合に、その穴を埋めるようにできてくる赤く柔らかい粒状の結合組織のことです。普通の穴であれば肉芽組織で埋められて、さらにその上に新しい皮膚が再生して、傷口がふさがれます。

しかし、傷の部分に異物があったり、感染を起こしていたり、血流が悪かったりすると、正常な肉芽ができず、でき損ないの肉芽(不良肉芽)ができてしまい、こうなるといつまでたっても傷口がふさがらなくなってしまうのです。

見た目は確かに、吹き出物やニキビ、皮膚のただれのような感じで重症なイメージではないですが、この不良肉芽の部分から医療用の細い金属棒を差し込んでみると、中のプロテーゼが入っている空間にまでズルズルと入っていき、中と外がつながっている、つまり、皮膚に穴が開いていることがわかります。

Fさんの場合、吹き出物やニキビのように見えていたものは不良肉芽だったのです。プロテーゼに圧迫され皮膚に穴があいてしまい、その穴を埋めようと、体の修復反応で肉芽組織が出てきましたが、プロテーゼという異物があり、さらに感染も合併していたために不良肉芽となってしまったわけです。

これではいくらニキビの薬を塗っても治りません。唯一の根本治療は異物であるプロテーゼを抜くことです。

 

■唯一の治療法

原因が判明したので、Fさんはすぐに当院で手術を行うことにしました。

この場合の唯一の治療方法は、皮膚トラブルの原因になっているプロテーゼを早急に抜き取ることです。しかし、抜き取っただけでは鼻の形が大きく崩れてしまうため、鼻の形をきれいにキープするために、同時に自分の組織を移植して形を整えるのがベストです。

手術後は経過順調で、1週間後には不良肉芽が消え、新しい皮膚が再生してきました。

左が術前、右が術後3か月の正面写真です。

 

左が術前、右が術後3か月の横からの写真です。

 

こちらが抜き取ったプロテーゼです。

30年も入っていたので、プロテーゼは変色し、そのまわりにできた被膜は一部石灰化しており、皮膚との癒着(ゆちゃく)も強く、取り出すのに時間がかかりました。

Fさんは、2ヶ所も皮膚に穴が開いていましたが、自己組織による同時再建手術を行うことにより、鼻の形が大きく崩れることなく、穴もきれいに治り、ようやく安心して毎日の生活が送れるようになりました。

 

■鼻にプロテーゼを入れている方が普段注意すべきこと

Fさんはまさかプロテーゼが原因で鼻の皮膚にトラブルが起きているとはわからず、てっきり皮膚の病気だと思い込んでいました。また、診察した皮膚科の医師も、鼻のプロテーゼが原因でこのような症状が出ることは知らなかったため、誤診をしてしまったことになります。

そのため、原因がわかるまで半年以上もかかってしまい、その間にFさんはとても心配し、辛い思いをされました。

不良肉芽のところにはずっと絆創膏を貼り、マスクをした状態で毎日を過ごされていました。

残念ながらこのような患者さんが後を絶ちません。鼻にプロテーゼのような異物を埋め込んでいる方は、いずれ何らかのトラブルが生じてくる可能性があることを自覚し、日頃から鼻の状態には十分に気を配っていただきたいと思います。

鼻にプロテーゼを入れている方で、鼻の皮膚に次のような症状が出た時は要注意ですので、鼻の修正手術を専門的に行っている医療機関に相談に行ってください。

  • 鼻の皮膚が赤くなる
  • 鼻の皮膚が白くなる
  • 鼻が腫れる
  • 鼻の皮下にしこりができる
  • 鼻に吹き出物のようなものができる
  • 鼻の皮膚がただれる
  • 鼻の皮膚から膿や汁が出てくる
  • 鼻の皮膚が部分的に盛り上がってくる

鼻に入れた異物(プロテーゼ)は一生もちません。いずれ取り出して自分の組織に入れ替える必要があります。

上記8つの症状のいずれかが出てきたら、プロテーゼが限界にきている兆候ですから、すみやかに異物を抜いて、自己組織に入れ替えることをおすすめします。

 

■鼻の修正手術のモニターにご協力ください。

モニターの募集条件は以下のとおりです。

対象者:20歳以上の方で、現在鼻にプロテーゼが入っていて、それを抜いて自己組織に入れ替えたいと思っている方

応募人数:5名

手術可能期間:2017年9月1日~12月27日(ただし、月・木曜日と祭日は除く)

モニター協力内容:鼻のプロテーゼを抜き、自己組織に入れ替える手術を行い、簡単な体験レポートを書いていただきます。また、術前・術中・術後の写真(鼻の部分のみ)を体験レポートともに当院ホームページや鼻の修正専門サイトなどに掲載します。ご協力をいただくお礼として、手術料金を40%割引させていただきます。

 

手術についての詳細はこちらをご覧下さい。  

モニターのご協力が可能な方はこちらからご連絡いただければ幸いです。その際、ご相談・お問い合わせ内容の欄に「鼻のモニター希望」とご記入いただけると助かります。

 

 

 

↑ページTOPへ

関連記事

帝王切開のキズあとをきれいに治す方法~Z形成術

 帝王切開を受けた方の3人に1人がキズあとの症状で悩んでいます厚生労働省の統計によると、帝王切開の件数は年々増加しています。出産件数に占める帝王切開の割合は平成23年の調査では19.2%となっていて、赤ちゃんの5人に1人 … 続きを読む

鼻に入れたプロテーゼが原因で皮膚に穴があいた症例(モニター体験談4)

L型プロテーゼで皮膚に穴があいてしまったEさん  43歳、女性のEさんは15年程前に鼻にL型のプロテーゼを入れました。 1年ほど前に鼻先の右下の皮膚が直径5ミリくらいの範囲で赤く変色しているのに気づきましたがそのまま放置 … 続きを読む

醜いキズあとを消す特別な方法~W形成術イメージ

醜いキズあとを消す特別な方法~W形成術

キズあとを消す方法はあるのか?ケガや手術などで残ってしまったキズあとがコンプレックスとなって、自分に自信が持てない、人前に出たくないなど、心に影をおとしてしまうことがあります。特に顔にできてしまった、大きなキズあとは隠す … 続きを読む

鼻に入れたプロテーゼが原因で皮膚に2か所も穴が開いた例(モニター体験談5)イメージ

鼻に入れたプロテーゼが原因で皮膚に2か所も穴が開いた例(モニター体験談5)

■なかなか治らない鼻の吹き出物 52歳、男性のFさんは、約30年前に鼻にL型プロテーゼを入れました。その後、鼻の不具合が生じることはなく、30年間、問題なく経過していました。しかし、昨年1月になって突然鼻全体が赤くなって … 続きを読む

ブログはじめました!イメージ

ブログはじめました!

平成元年に医学部を卒業し、医師となってから、はやいもので、今年でもう28年が経とうとしています。  私の専門は形成外科(けいせいげか)という外科系の一分野なのですが、一般にあまりなじみがなく、よく整形外科(せいけいげか) … 続きを読む