ドクター松下ブログ

鼻プロテーゼの輪郭が不自然に浮き出た例(モニター体験談7)


■L型プロテーゼの輪郭が浮き出てきた!

今日ご紹介するのは、29歳、女性Hさんの鼻トラブルです。

Hさんは、約10年前に、全国にチェーン展開する有名な大手美容外科クリニックにて鼻にL型プロテーゼを入れました。術後の仕上がりにはとくに不満なく、順調に過ごしてきました。

 しかし、2~3年くらい前から、鼻筋が右側にずれてきたのと、鼻先に丸くプロテーゼの輪郭が浮かび上がってきたのが気になり始めました。

また、鼻筋が異様に光って見え、いかにも中に硬い棒状の異物が入っていますというのがわかるくらいに輪郭が浮き上がって見えて、整形したのがバレバレの鼻になってしまいました。

 

初診時のHさんの写真がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

正面から見ると鼻筋全体が向って左側に偏っています。また、鼻先の皮膚が白く変色し、少し丸く突き出ているように見えます。

 

下から見ると、鼻先に丸いでっぱりがあるのがよくわかります。その部分を触ると皮膚がとても薄くペラペラになっています。L型プロテーゼの角の部分が皮膚の裏側から突き上げていて、今にも皮膚を突き破りそうな状態です。

 

横から見ても、鼻先のやや下の部分に不自然な段差が見られます。

 

  L型プロテーゼで一番問題なのが、90度折れ曲がる角の部分が鼻先の皮膚を裏から圧迫して、皮膚がだんだん薄くなってくることです。そうなると中のプロテーゼが透けて見え、皮膚が白っぽく見えたり、圧迫された皮膚が血流障害を起こし赤く変色したりします。さらに皮膚が薄くなると、プロテーゼの輪郭が丸く浮き出てきて、最悪の場合は皮膚が破れ、プロテーゼが飛び出してくることがあります。

今回のHさんの症状は、まさにL型プロテーゼによるトラブルの典型例ですね。

このまま放置すると、皮膚が赤くなり、小さな穴が開いてそこから汁が出てきたり、化膿して腫れたりするようになります。(下の写真は別の症例です)

ここまでくると、限界です。すぐにでもプロテーゼを取り出さないと皮膚に大きな穴が開いてプロテーゼが飛び出てくる危険性が大です。

そのまま放置すると、別の症例ですが、下の写真のように白いシリコンが飛び出てしまうのです。こうなると、穴が開いた部分に永久に傷跡が残ってしまいます。



 

■唯一の治療法は自己組織移植法

このように、異物によって薄くなってしまった皮膚の厚みを戻す方法は自己組織移植しかありません。

クリニックによっては、L型プロテーゼを抜いて、薄めのI型プロテーゼに入れ替えるところもありますが、異物を入れ続ける限り皮膚の厚みを戻すことはできません。

また、L型プロテーゼの角に圧迫され丸くもりあがっていた部分は、プロテーゼを抜くだけだと、その部分が逆にへこんでしまう(陥凹変形)可能性が高いので、自己組織を移植してへこみを埋め合わせる必要があるのです。

Hさんは当院にて、プロテーゼを抜いて、自己組織(筋膜、軟骨)に入れ替える手術をおこないました。

手術前後でどのように改善されたか見ていただきましょう。左が術前、右が術後6か月の状態の写真です。

 

向かって左方向にずれていた鼻筋がまっすぐ中央にきれいに通っています。また、不自然な棒状に浮き上がっていた鼻筋が自然なラインに落ち着いています。

 

丸く浮き出ていた部分がなくなり、自然な形に改善されています。

 

横から見ると、鼻先の段差が改善され、不自然な溝状の陰も消えています。

 

Hさんは、今にもプロテーゼが飛び出してくるのではないかと、日々ビクビクされていました。異物はきれいさっぱり取り除かれ、鼻筋の偏りや鼻先の不自然なでっぱりも改善され、これでひと安心ですと、とても満足していただきました。

 

■鼻の修正手術のモニターにご協力ください。

五本木クリニックではこのような鼻のプロテーゼによるトラブルを解消する手術を1000例以上手がけてきました。

そのほとんどが、異物を抜いて、自己組織に入れ替える手術です。

自己組織移植の場合、移植した組織が本来の自分の鼻と完全に一体化してなじむため、触った感触も自然で、レントゲンにも写りませんし、年をとれば鼻の部分も自然に老化していきます。また、万が一鼻をケガしたとしても、異物が飛び出てくる心配もなく、普通の人の傷が自然に癒えるのと同じように治ります。つまり、何も手術をしていない人の鼻とほとんど同じ状態に戻せるのです。 

鼻を高くする手術法として、最初に選択する方法は確かにプロテーゼ法がベストですが、異物を埋め込むからには将来起こり得る不具合について知っておく必要があります。

しかし、鼻の場合は不具合が生じたとしても、早めに対処して、異物を抜いて自己組織に置き換えればきれいに修正することができます。

このことを多くの方に知っていただきたいのですが、十分に啓蒙されておらず、人知れず悩んでいる方がまだまだたくさんいらっしゃるのが実情です。

そこで、自己組織による鼻の修正手術について、より強力に情報発信するため、実際に手術を受けた患者さんの生の声や術後経過の写真をできるだけ多くホームページ上で公開できるよう、みなさんのご協力をお願いしたいと思います。

 

モニターの募集条件は以下のとおりです。

対象者:20歳以上の方で、現在鼻にプロテーゼが入っていて、それを抜いて自己組織に入れ替えたいと思っている方

応募人数:5名

手術可能期間:2017年9月1日~12月27日(ただし、月・木曜日と祭日は除く)

モニター協力内容:鼻のプロテーゼを抜き、自己組織に入れ替える手術を行い、簡単な体験レポートを書いていただきます。また、術前・術中・術後の写真(鼻の部分のみ)を体験レポートともに当院ホームページや鼻の修正専門サイトなどに掲載します。ご協力をいただくお礼として、手術料金を40%割引させていただきます。

 

手術についての詳細はこちらをご覧下さい。  

モニターのご協力が可能な方はこちらからご連絡いただければ幸いです。その際、ご相談・お問い合わせ内容の欄に「鼻のモニター希望」とご記入いただけると助かります。

 

 

↑ページTOPへ

関連記事

醜いキズあとを消す特別な方法~W形成術イメージ

醜いキズあとを消す特別な方法~W形成術

キズあとを消す方法はあるのか?ケガや手術などで残ってしまったキズあとがコンプレックスとなって、自分に自信が持てない、人前に出たくないなど、心に影をおとしてしまうことがあります。特に顔にできてしまった、大きなキズあとは隠す … 続きを読む

鼻に入れたプロテーゼが原因で皮膚に穴があいた症例(モニター体験談4)

L型プロテーゼで皮膚に穴があいてしまったEさん  43歳、女性のEさんは15年程前に鼻にL型のプロテーゼを入れました。 1年ほど前に鼻先の右下の皮膚が直径5ミリくらいの範囲で赤く変色しているのに気づきましたがそのまま放置 … 続きを読む

帝王切開のキズあとをきれいに治す方法~Z形成術

 帝王切開を受けた方の3人に1人がキズあとの症状で悩んでいます厚生労働省の統計によると、帝王切開の件数は年々増加しています。出産件数に占める帝王切開の割合は平成23年の調査では19.2%となっていて、赤ちゃんの5人に1人 … 続きを読む

キズをキレイにする方法~美容外科で縫ったキズはなぜキレイなのか?イメージ

キズをキレイにする方法~美容外科で縫ったキズはなぜキレイなのか?

キズあとを消すことはできるのか?長年美容外科医をやっていてよく聞かれるのが「美容外科ならキズあとを消せますか?」という質問です。残念ながら、美容外科で縫ったとしても、まったくキズあとなく手術をすることはできないのです。切 … 続きを読む

鼻に入れたプロテーゼが原因で皮膚に2か所も穴が開いた例(モニター体験談5)イメージ

鼻に入れたプロテーゼが原因で皮膚に2か所も穴が開いた例(モニター体験談5)

■なかなか治らない鼻の吹き出物 52歳、男性のFさんは、約30年前に鼻にL型プロテーゼを入れました。その後、鼻の不具合が生じることはなく、30年間、問題なく経過していました。しかし、昨年1月になって突然鼻全体が赤くなって … 続きを読む