スリムスペックについてのQ&A


Q1
痛みはありますか?
A1
スリムスペックは特に痛みを感じるという事はありません。

Q2
腫れなどの副作用はありますか?
A2
治療直後は少しあったかくなり、治療場所が赤みを帯びることがありますが、その日のうちに収まります。これは正常な反応です。

Q3
施術は1回でどれくらいの効果がありますか?
A3
サイズダウンとして確認できます。また皮膚のスムースさを感じることができますが、セルライトの除去の為には複数回必要です。

Q4
どんな効果がありますか?
A4
サイズダウン、皮膚の滑らかさ、血行改善、むくみ解消、もちろんセルライト除去が期待出来ます。

Q5
効果が持続する期間はどれくらいですか?
A5
一連の治療で効果が持続する方もいますが、生活習慣・体質も影響しますので9カ月後に微調整が必要になる方もいらっしゃいます。

Q6
毎日施術をすれば効果が早く出ますか?
A6
お時間があれば毎日でも結構ですが、治験や論文上は最短週2回を6週間行うことを基準としています。

Q7
セルライトができやすい部位は?
A7
太もも、二の腕、お尻、お腹など薄着になった時、あるいは水着を着た時にちょうど露出する部分でできやすいと言えます。これらの部位にできやすいのは、皮膚の結合組織が弱いことが一つの要因と考えられます。 セルライトはまず、むくみが原因で悪化し、肥満がそれを加速させます。まずはこうした部分の血行やリンパの流れをよくして、むくみを改善してあげることが大切でしょう。

Q8
男性にもセルライトはできますか?
A8
男性でも肥満の人には見られますが、気づきにくいといえます。 これは、男性皮膚が厚く、脂肪細胞が女性に比べて平らなこと、また、皮膚のハリを作る結合組織(皮膚の細胞同士を繋げる繊維)が強いため。逆に、女性の脂肪細胞は縦長で、結合組織が弱く突出しやすいので、セルライトは目立ってしまうのです。

Q8
筋肉をつけば目立たなくなりますか?
A8
運動などで筋肉をつけることで余分な脂肪は少なくなります。それに伴い脂肪細胞も小さくなるので、セルライトの悪化を防ぐことができます。また、筋肉がつけば、血液を心臓へ戻すポンプ機能も強くなって血行もよくなり、むくみ改善にもつながります。さらに運動は皮膚の結合組織を強くすると言われていますので、特定の部位だけを鍛えるのではなく、ウォーキングなどの全身運動が効果的です。

カテゴリー: Q&A タグ: , パーマリンク