男性:薄毛

男性独特な薄毛、AGA

男性の薄毛には特徴的なものがあります。それがAGA(男性型脱毛症)です。AGAとは、男性ホルモンのテストステロンが、酵素5αーリダクターゼと結びつき発生するデヒドロテストステロン(DHT)の作用により、毛母細胞が死ぬと薄毛が進行するメカニズムです。AGAは進行背であるため、放置すると症状は進みます。これは遺伝性で、父、母型の祖父母からも遺伝します。女性の場合は男性ホルモンの影響を受けにくいのでAGAは発症しません。
 一方、加齢による自然な薄毛は60歳過ぎから始まります。毛を作る細胞の機能低下による老化現象です。

生活習慣は毛髪に影響を与える

生活習慣、とくに喫煙、睡眠不足、ストレスなどは血流を妨げ、毛髪に必要な栄養の供給が滞り、毛母細胞の働きを弱める原因となります。飲酒も過剰になると毛髪に必要なアミノ酸を消費するのでよくありません。生活習慣が改善されることなく長期間を経ると薄毛につながっていきます。AGAの人は、さらに悪化することになります。また、夏の紫外線の影響により、夏の終わりから秋には薄毛が進みやすいです。 

当クリニックのおすすめ治療法

薄毛治療(男性)

*同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

再生療法応用した毛髪再生治療

薄毛治療に対して、再生療法を応用した毛髪再生治療です。医療機関でのみ可能な治療法です。当クリニックではAAPEをカクテルして治療に活用しています。AAPEとは、健康な成人女性から採取した細胞から、さらに幹細胞だけを取り出し、培養した細胞から分泌した各種の成長因子を含んだタンパクのことです。幹細胞とはさまざまな細胞への変化で、組織や器官を作り、成長を可能にする細胞です。そのため再生療法において中心的な役割を担います。

発毛率99% 患者満足度94%

以前の薄毛治療と言えば、育毛に必要な栄養素を投与したり、頭皮の血流をよくする塗り薬が主流でした。これらは「育毛」に重点をおいた治療ですので、「発毛」という点では効果が劣りました。今回のAAPEカクテルによる療法は、「成長因子」と呼ばれる「発毛」力の強い成分をたっぷり補給するため、より強力な増毛作用があります。臨床データによると、なんと発毛率は99%、患者満足度94%という高い効果が出ています。

このような症状に有効です

薄毛
他の薄毛治療の効果が出ていない

症例写真

薄毛治療(男性)の流れ

※こちらは標準の治療の流れです。
※具体的な治療は個人によって異なります。
 詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

  1. STEP1

    当クリニックの専門医がカウンセリングをおこない治療方法を決めます。

  2. STEP2

    麻酔は、先に麻酔クリームを塗ります。通常の注入方法である「パピュール法」は最も正確性の高い方法ですが、注射針を使用するため多少痛みを伴うことがあるためです。

  3. STEP3

    AAPEカクテルを注入します。注入法は、パピュール法、ナバージュ法、フラクショナルレーザー法、ダーマローラー法の4種類があります。それぞれの患者様の症状や義希望に合わせて最適な方法を担当医師が選びます。治療は30分程度です。副作用はありません。

*治療の回数は、より確実に発毛を促すため、3〜4週間に1度の頻度で、通常6回(1クール)の治療をおすすめしています。個人差もありますが、おおよそ3回目の治療から変化が起こりはじめ、3ヶ月後には効果を実感できます。治療期間の目安は約半年と考えていただければ大丈夫です。

治療後も、ご質問・ご心配事ありましたらいつでもお問い合わせください。

注意事項

*不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

Q&A

薄毛治療(男性)について、よくある質問はこちらをご覧ください。

費用

薄毛治療(男性)の費用はこちらをご覧ください。
※クレジットカードで、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。

発毛治療:PRP療法

当院は、厚生労働省の審査を通過し承認されている治療機関です。詳しくはこちら

*同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

自分の血液で発毛治療

ご自身の血液から採取した、細胞を活性化させる働きのある血小板成分(PRP)を用いた発毛治療です。
血液中にある血小板成分(PRP)には、ケガなどで血管を損傷した時に止血する働きがある成長因子が含まれており、シワなどの若返り治療や傷あとの治療にも多く使用されています。 この血小板成分を薄毛治療に利用した、発毛・育毛法になります。

男性にはプロペシア半年分、女性にはパントガール6箱分がコースに含まれます。

男性にはこちら

プロペシア服用

  • 効果

    男性型脱毛症薬(AGA治療薬)
    男性脱毛症の主な原因物質DHT(ジヒドロステロン)の産生を阻害し、抜け毛を減らしAGAの進行を抑えます。

  • 使用方法

    1日1回 内服
    6か月間内服

  • 注意事項

    ・男性成人のみ服用してください。
     女性には効果が認められていませんので服用できません。

    ・プロペシアを割って飲まないでください。
    妊娠中の方がプロペシアを服用したり、破損したプロペシアに触れて有効成分が吸収されたりすると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。
    割って服用した場合の安全性、効果も保証されていません。

    ・肝機能障害のある方は医師に相談してください。
    プロペシアは肝臓で代謝される薬です。服用中に肝機能異常がみられた報告があります。

    ・前立腺がんの検診時に服用していることを医師に必ずお知らせください。
    プロペシアの成分は前立腺がん検査で測定されるPSA値を低下させるため、検査に影響します。

    ・プロペシア服用中は献血しないでください。
    献血した血液が妊婦や授乳中の女性体内に入るのを防ぐためです。1か月内服をやめれば献血しても大丈夫です。

  • 副作用

    ・性欲減退、勃起機能不全、肝機能障害

女性にはこちら

世界初の女性用育毛内服薬
Pantogar パントガール

Pantogarは2009年5月にヨーロッパで承認され、現在30か国以上で承認販売されている女性の薄毛(びまん性脱毛症、分娩後脱毛症)・抜け毛を改善し、爪に栄養を与える経口治療剤です。
Pantogarには、毛髪を増強する成分D-パントテン酸カルシウム、L-シスチン、アミノ酸、および毛髪をつくる主要成分ケラチンが含まれます。毛髪の育成は毛母細胞にビタミンB,タンパク質、アミノ酸成分が供給されることにより促進されますが、Pantogarは血流を介して毛髪の育成や増強に一番効果的に配合された栄養素を供給します。

有効成分 ビタミンB1
薬用酵母
D-パテント酸カルシウム
L-シスチン二塩酸塩
ケラチン
パラアミノ安息香酸
服用方法 少量の液体で噛まずに服用
用量 大人:1日1カプセル×3回
(通常3-6か月服用)
禁忌 特になし、妊娠中は妊娠後半期に入ってから使用する
副作用 稀ではあるが、発汗、頻脈、皮膚のかゆみやじんましんが報告されている。

このような症状に有効です

分け目や頭頂部の薄さが気になる方・ハリのない髪の方

治療の流れ

  1. STEP1

    当クリニックの専門医がカウンセリングをおこない治療方法を決めます。

  2. STEP2

    20CC程度の血液を採血します。

  3. STEP3

    採血したものを遠心分離機にかけて、発毛に有効な血小板成分のみを抽出します。

  4. STEP4

    クーリングしながら、頭皮に注射して頭皮の血管や細胞を活性化させていきます。

※1か月に1回通院していただきます。
治療後も、ご質問・ご心配事ありましたらいつでもお問い合わせください。

注意事項

  • シャワー

    当日から可能です。

  • 入浴

    当日から可能です。

  • 飲酒

    できれば当日は避けてください。

  • 治療できない方

    妊娠中の方/肝臓の悪い方/血液疾患のある方/悪性腫瘍のある方/膠原病の方/甲状腺異常のある方

※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

Q&A

発毛治療について、よくある質問はこちらをご覧ください。

費用

発毛治療の費用はこちらをご覧ください。
※クレジットカードで、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。