肌:毛穴

毛穴の開き、黒ずみ、角栓、たるみは気になるトラブル

顔の毛穴のトラブルは、目立ってしまうため、女性のみならず、男性でもけっこう気にされる方は多いと思います。毛穴の開き、黒ずみ、角栓、たるみなどが、特に気になるトラブルです。

毛穴の開きの3つの原因は、肌のたるみ、皮脂分泌過剰、にきび跡です

毛穴トラブルの根源は、毛穴の開きです。これは角栓の詰まりと毛穴のたるみが原因で起こります。毛穴に詰まった角栓が汚れ、黒ずみになり、にきびなどの症状を引き起こすのです。毛穴の開きを治療することによって、閉じた毛穴となり、角栓の黒ずみを防止するとともに、きめ細かい肌が若々しい印象を与えてくれます。

毛穴の開きの3つの原因は、肌のたるみ、皮脂の分泌過剰、にきび跡、です。
肌のたるみは老化にともなって起こります。肌が垂れ下がるため、毛穴は縦長の涙型の形状になって大きく見えてしまうのです。皮脂の分泌過剰は、皮脂が毛穴に留まり、毛穴が拡張してしまいます。鼻の頭など皮脂分泌が盛んな部分に見られます。にきび痕は、ニキビ痕の炎症が完全に治癒せず、毛穴と同じ大きさのにきび痕が残り続け、毛穴が開いてしまうのです。

当クリニックのおすすめ治療法

軽い症状:カーボンピーリング

毛穴の開き、角栓で黒ずんだ鼻の毛穴に最適な、お肌のきめを整える治療法です。

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

毛穴の開き、黒ずんだ鼻の毛穴、にきび跡に最適!

お肌のきめを整えるためのレーザーピーリングです。
開いてしまった毛穴や、角栓により黒ずんだ鼻の毛穴、ニキビ跡のデコボコの改善に最適です。

毛穴の汚れが取れ、ギュッと閉まりお肌のハリが改善!

毛穴の奥深くまで黒いカーボンクリームを塗り込み、QスイッチYAGレーザーを照射すると、カーボンクリームが瞬時に蒸発します。その際カーボン粒子とともに余分な角質や角栓が取れ、さらに熱エネルギーにより繊維芽細胞が刺激され、コラーゲンの生成を促します。その結果、毛穴の汚れが取れるだけではなく、毛穴自体がギュッと閉まりお肌のハリが改善していきます。

このような症状に有効です

  • 軽い毛穴のトラブル

    カーボン粒子とともに余分な角質や角栓を除去

症例写真

カーボンピーリングの治療の流れ

※こちらは標準の治療の流れです。
※具体的な治療は個人によって異なります。
 詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

  1. STEP1

    当院の専門医がカウンセリングをおこない、患部を評価して、治療方法を決めます。

  2. STEP2

    黒いカーボンクリームを毛穴の奥深くまで塗り込み、QスイッチYAGレーザーを照射。施術中は輪ゴムで弾かれるような軽い痛みがありますが、麻酔は不要です。一回の治療でもかなりの満足感が得られますが、効果をしっかり得るには、3〜4週間に一度の照射を4〜5回繰り返すことをおすすめします。

  3. STEP3

    施術後は、赤み、腫れなどほとんどありません。

*顔全体や多発するシミやソバカスに対しては、前もってフォトRF(オーロラ)で全体を少なくすると効果的でおすすめです。
*術後の色素沈着は50 %の方に起こります。原因は肌質(メラニン活性が強い)や、早めにカサブタが取れたことが多いようです。これはシミではなく一時的なものですので、術後のケアをしっかりやれば、きれいに仕上がりますので、安心してください。
*ワンランク上のお肌に仕上げたい方はモデリングパックとの組み合わせがオススメです。

治療後も、ご質問・ご心配事ありましたらいつでもお問い合わせください。

注意事項

  • 洗顔

    洗顔、メイク 治療直後から可能です。

*不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

Q&A

カーボンピーリングについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

費用

カーボンピーリングの費用はこちらをご覧ください。
※クレジットカードで、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。

重症:フラクセル

毛穴の開き、加齢によるハリ不足などを改善し、若々しい肌に入れ替える最先端のレーザー治療です。

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。
ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

トラブルを抱えた肌を若々しい肌に入れ替える最先端レーザー治療

ニキビ跡や加齢によるハリ不足、毛穴の開きなど、トラブルを抱えた肌を、若々しい健康的な肌に入れ替える最先端のレーザー治療です。しかもコラーゲン生成を促す効果もあるため、スベスベでふっくらした肌へ生まれ変わります。しみ、しわなどの症状も改善します。

レーザー照射により皮膚の表面にミクロ単位の穴を開けます

直径約0.08ミリのレーザーを照射することで、皮膚の表面にとても小さな(ミクロ単位)穴を開けます。角質層より下の表皮、真皮層に作用し、古い肌を剥離させ、新しく生まれた皮膚と入れ替わります。レーザー機器は、アメリカのFDA(日本の厚生労働省に相当する機関)の承認も受けており、その安全性、効果について多くの信頼を受けています。

このような症状に有効です

  • 重症の毛穴のトラブル

    毛穴の開き、加齢によるハリ不足などの方

症例写真

フラクセルモニターの体験談

女性、30歳、ニキビ跡の凹凸

フラクセルモニターの経過と感想
当日12/22
施術前:
先生からリスクのお話や、治療の進め方について丁寧にご説明いただき、スタッフの方も、私の質問(普段使っているニキビ用の殺菌剤の入ったローションを使っていいかどうかなど)にきちんと答えてくれました。顔の麻酔クリームを塗り、しばらく横たわっていると、顔全体の感覚が鈍くなるのを感じました

施術前:
先生からリスクのお話や、治療の進め方について丁寧にご説明いただき、スタッフの方も、私の質問(普段使っているニキビ用の殺菌剤の入ったローションを使っていいかどうかなど)にきちんと答えてくれました。顔の麻酔クリームを塗り、しばらく横たわっていると、顔全体の感覚が鈍くなるのを感じました

施術跡:
思ったより顔全体が赤くなっていて、以前米国製の化粧品で顔全体がかぶれて赤くなった時と同じような見た目の感じでした。腫れぼったくヒリヒリしていました。強い日焼けをしたような状態でした。家に帰ってから氷でずっと冷やしていましたが、その日はやはりヒリヒリ感は残っていました。その日はぬるめのシャワーを浴び、顔は低刺激の洗顔料をきちんと泡立て、泡のみで洗い、タオルで拭くときも軽く抑えるようにしました。化粧水の後、いただいた腫れを抑えるお薬(クリーム)を塗って寝ました。

12/23
顔の赤みは変わらず、ヒリヒリ感だけが取れていました。顔は前日と同じくザラザラし、乾燥ぎみだったので、その日も保湿ローションをたっぷり塗り、いただいたお薬を朝晩塗りました。昼はお出かけだったので、日焼け止めクリームをたっぷり塗って、マスクをして出かけました。クレーターは変化がないようです。

12/24
全体的に顔が赤いです。ただ、ほんの少しだけ赤みが引いてきた気がしました。施術していない目の周りと口の周りだけ白いです。よく見ると、ざらざらが茶色くなっています。これが瘡蓋ですね。この日はお出かけなし。

12/25
全体的な赤みはあるものの、赤味の色自体は薄くなり、瘡蓋の茶色が逆に出てきて、ほんのり赤茶色のようなくすんだ顔の色です。薄い肌色の日焼け止め乳液の上から、日焼け止め効果のあるパウダーを上から塗ると、マスクをしなくてもそこまで気にならない状態です。ただし、首の色のほうが白いです・・・。クレーターは目に見えないミクロの単位で小さくなっているのかもしれませんが、目では変化はわかりません。

当日1/19(土)
施術前:
前回より麻酔クリームを塗っている時間が長かった気がしますが、痛みを軽減する為に時間を長く置いてくださったのでしょうか。

施術中:
前回よりレベルを上げて施術するとの事だったので、あれ以上の痛みは耐えられないとちょっとひるんだのですが、痛みは前回と変わらない気がしました。前回は、痛い所になかなか風が当たらず、痛みが部分的に強い所は辛かったのですが、今回は途中でスタッフさんがクーリング用ホースを自分で持たせてくれて、自分が痛い所に風を当てながら施術を受けられたのはすごく助かりました。患者の立場に立った素敵な気遣いだなぁと思いました。今回も、途中休憩を入れてくださり、どうにか痛みに絶える事ができました。途中は、前回と同様、強い日焼けをしてじりじりと熱くヒリヒリしていました。

施術後:
顔の赤みは前回と同様、全体が真っ赤でした。でも、スタッフさんが、前回よりも念入りに冷やしてくださったので、荒熱は取れるのが早かった気がします。そのおかげで、家に帰る途中は痛かったですが、帰ってからは、ほぼヒリつきは無くなっていました。レベルを上げたからなのか、鏡をよくみると、鼻の毛穴に細かい血の固まり?赤い点々何個かありました。前回と違い、今回は当日から茶色いかさぶたのようになっていました。もちろん顔中ザラザラです。

1/20(日)
顔の赤みは変わらず、ヒリヒリはなしです。朝晩の洗顔後、塗り薬を塗って、この日は外出なし。顔を洗う時に擦らなくてもザラザラが少し取れました。前回よりかなりザラザラが取れ始める時期が早いようです。やはりレベルを上げたからでしょうか?

1/21(月)
顔は全体的に赤いですが、きちんとメイクでカバーすれば、マスクをしなくてもいいぐらいの赤みでした。仕事から帰ってきてメイクを優しく落とす時に、かなりザラザラが取れました。既に半分ぐらいは取れた感じです。

1/22(火)
全体的な赤みはあるものの、赤味はだいぶ薄くなりました。クレンジングの際に、またかさぶたが取れ、現在施術から3日目で、3分の1ほどのかさぶたが残っている状態です。だいぶガサガサが取れてなめらかになってきました。クレーターは、1回目の施術前に比べたら、深さがなんとなく浅くなっているような気がしますが、まだまだ「ここのクレーターがほぼなくなっている」。 みたいな状態ではないので、残り3回の施術でどのくらい修復できるか期待しています。また次回もどうぞよろしくお願いいたいます。

当日2/16(土)
施術前:
麻酔クリームの浸透を高めるためにラップで顔を包みました。顔の感覚はいつもの麻酔時と変わらない気がしました。

施術中:
前回よりさらにレベルを上げて(レベル50ぐらいとおっしゃっていました)施術してもらいましたが、前回よりかなり痛みが強く、途中で少し手を止めてもらいました。次回、これよりレベルをあげるのは耐えられないかもしれません・・・。最初、スタッフの方がクーリングのスイッチを入れ忘れていて、かなり苦痛でした・・・。途中で私から言って気付いてもらいました。 施術される側は痛みに耐えようと必死なので、次回からこのような事がないことを心から願っています。

施術後:
顔の赤みは前回よりも強く出ているようでした。終わった直後はほてり感は前と変わりませんが、今回は顔の表面に厚い仮面をかぶって熱されているようで、つっぱり感がすごかったです。やはりレベルを上げたから反応が強くでたのかと思いました。施術後の冷やしも、充分でなく、アイスノンがあたらない場所もあり、ここに当ててほしいとお願いしました。スタッフさんが違うだけでこんなに違うんですね・・・。寒い冬の時期ということもあり、帰る際に外気で冷やされて家に帰ったらヒリヒリはほとんどありませんでした。

2/17(日)
顔の赤みは変わらず、ザラザラ。前回は翌日からボロボロ取れていったのですが、今回は洗顔の際にあまり落ちませんでした。

2/18(月)
顔は全体的に赤いですが、前回より少し赤味が強い為、メイクでカバーしても顔全体がちょっと赤っぽく、熱があるような顔に見えました。この日からザラザラが半分ぐらい取れました。

2/19(火)
赤味は少し薄くなってきましたが、まだ全体的に真っ赤でした。ザラザラがフェイスラインに主に残っていましたが、80%ぐらい取れました。いつも最後にザラザラ残るのはフェイスラインです。施術後のヒリヒリもフェイスラインが一番強いのですが、敏感な所なのでしょうか。

2/20(水)
赤味が少し薄くなってきて、ザラザラが全部取れて、つるんとした感覚になりました。

2/21(木)&2/22(金)
残るは全体的にくすんだ感じに残る赤味のみ。もともと赤ら顔なので、あと数日では元の色に戻るかと思います。クレーターは、見た目はまだ大きなクレーターが残っており目立つのですが、全体的に少しだけ浅くなってきている気がします。リキッドファンデーションがクレーターに落ちる量が少し少なくなっているみたいです。残り2回じゃ、なかなか期待通りにはいかないと思いますが、せめてメイクで隠せるぐらいのレベルにしたいです・・・。

当日3/16(日)
施術前:
前回同様、麻酔クリームの上からラップをし、時間を長めに置きました。

施術中:
前回よりさらにレベルを上げたそうですが、痛みは前回と同じぐらいだった気がします。今回は最初からクーリング用ホースを自分で持たせてくれたので、助かりました。

施術後:
赤みは前回と同様に、強く出ていました。今回は前回のようにつっぱり感はなかったです。
術後にアイスノンでしっかり冷やしてくれたので、ほてりは結構早く取れました。帰宅後はヒリヒリだけで、熱い感じはあまりしませんでした。

3/17(月)
顔の赤みは変わりません。化粧をしっかりしても、やっぱり完全に赤みは隠せません。ザラザラ感は前回から出るのが1日ほど遅い気がします。洗顔時にボロボロ取れる感じはありませんでした。

3/18(火)
赤みはまだあまり変わりません。ようやくザラザラ感が顔全体に出てきて、見た目はドット状に内出血してる感じです。特に鼻の頭の所に多くあります。

3/19(水)
赤味は少し薄くなってきて、ザラザラが顔の3分の1程度取れました。前回より、キメが荒く荒れているように見えますが、レベルを上げた分、回復が遅いのでしょうか・・・。

3/20(木)
赤味が全体的に少し薄くなってきましたが、今までより赤みの残り具合が多いです。ザラザラがフェイスラインを残し、85%ぐらい取れました。取れた所はつるんとした感覚になりました。でも、見た目は赤いです。施術してくださる先生が、毎回「良くなってきていますね~」とおっしゃいますが、私は毎日自分の顔を見ているので、最初の頃とどれくらい変わったか、よくわかりません。改善されている気はなんとなくするのですが。ぜひ、5回目が終わったら最初に撮った写真を見せていただけたらいいなと思います。

術日4/13(日)
麻酔はラップをして1時間半ほど置いてましたが、それでも施術中、いつもより痛みがひどく、途中で冷やしてもらいました。施術後の赤味とヒリヒリ感は前回同様に強かったです。

4/14(月)
ほてりは引きましたが、赤味は全然引かず、がんばって化粧でカバーしようとしても隠せない状態だったので、マスクをして仕事へ行きました。3回目ぐらいまでは化粧でどうにか隠せる程度の赤味だったんですけどね・・・。前日の夜に保湿パックをして、すごく乾燥には気をつけたにも関わらず、昼には小鼻とあごの皮がボロボロ半端に剥けて大変でした。オフィスの乾燥恐るべし!

4/15(火)
茶色く細かい点々(瘡蓋)はクレンジングや洗顔等の際にポロポロ取れて、80%ぐらいは取れました。赤味は思ったほど変わらず、施術日に比べて85%ぐらいでしょうか・・・。

4/16(水)
瘡蓋がほぼ全部取れて、肌触りが少しつるんとなめらかになりました。前回より瘡蓋が取れるのが少し早い理由は、乾燥対策に水分パックだけでなく、オイルパックもしたので、それでふやけて取れやすくなったようです・・・。(無理やり擦ったわけではないので、大丈夫かと思いますが・・・)でも赤味は60%ぐらい残っています。

4/17(木)~4/20(日)
あとは赤味のみ・・・。全体的に赤味が薄くなっていますが、まだ目と口周り以外が赤いままです。

4/22(火)~現在
ほぼ赤味が取れましたが、フラクセルをする前と比べると、なんとなくまだ赤い気がします。もともとの肌が赤ら顔に近い感じなので、まだ赤味が完全に消えてないのか、どうなのか自分では判断できないです。とにかく、今回は赤味が今までより長引いているのが特徴かと思います。
来月の最終診察で、5回のフラクセルの結果がわかると思いますが、現段階では、私の満足度は70%ぐらいかな・・・。もちろん100%フラットな肌になるとは思っていないので、これからも少しでも改善できるよう努力していきたいと思います。

フラクセルモニター体験談

7月下旬に診察に伺い、先生より治療の説明を受けました。
ダウンタイムや痛みについての不安にも丁寧にお答えいただき、その日から施術をスタートすることにしました。

ベッドに横になり看護師さんにクレンジングしてもらい、塗る麻酔薬が浸透する間雑誌などを読んで1時間ほど待ちます。
特に麻酔が効いている感覚はありませんでした。

フラクセルレーザーを当てられるのは、最初のうちはそうでもないのですが、同じ個所に数回当てていくうちに痛みが増してきて、とても痛かったです。
細かい熱線で焼かれているような、骨に響くような痛さでした。
これは、回を重ねても慣れることはなく非常なストレスでした。
気を紛らわすために冷風を当てるホースを自分で持たせてもらいましたが、的確な場所に当たっていたかどうかは不確かで、そのせいもあって痛かったのかもしれません。
施術自体は15分くらい(?)で、先生の「これが最後ですよ」という一言にいつもホッとしていました。

施術後は保冷剤のようなもので顔中しっかりと冷やしてくれます。 この時看護師さんの手はさぞかし冷たいと思うのですが、手で覆ってギュ~っと押し付けてくれます。 これがとても気持ちよく感じるくらいに顔は熱を持っていました。 毎回30分以上冷やしてもらっていたと思いますが、ここできちんと冷やしてもらうと直後の腫れた痛みもそれほどつらくなかったように思います。 顔は、春スキーで日焼け止めなしでガンガン滑った後のような、お猿さんのような、とにかく日常離れした赤みをおびます。 当日は肌がとても敏感になっていたので、メイクなどはしないでマスク&帽子の怪しい姿で帰宅しました。 夜もできるだけ刺激を与えないようにおとなしく過ごしました。

2,3日目はピンク色だった赤みが少し濃くなって、カサカサした感じもあり、人に会うのは極力避けたい状態でした。 4日目からは赤みは茶色くなり、良く見ると細かいかさぶたになっていました。 このかさぶたの下できれいな肌が育っているのねと信じて、大切に保湿ケアしました。 この時期が自分のなかでは(ダウンタイム中の)汚い肌状態のピークだと思います。

始めた時期が夏だったので日焼け対策は大変でしたが、乾燥対策はそれほど大変ではありませんでした。 が、秋になって急に乾燥した時に保湿が間に合わず、施術後3,4日目に肌が赤剥けになった時は焦りました。 保湿を充分にしたところ治ったので、その後は保湿にかなり気をつけました。

フラクセルはほぼ1ヶ月ごとに5回受けました。 回を重ねるごとに出力を強くしていったのですが、強くなるとダウンタイム中の赤みに血がにじんだポツポツができたりしました。 でも、赤みの引き方には特に差はありませんでした。

効果は、深いクレーター部分は深さが浅くなりました。 夏みかん状だった毛穴には時に目をひく効果は感じられません。 ただ、今まであまり注目していなかったトラブルの目立たなかった部分は、あ~昔こんな肌だったわと思いださせてくれる状態まできれいになりました。 肌全体の色のトーンがが整ったので、遠目に見るときれいになったと思います。 今までデコボコがひどくて気付かなかったしみもわかるようになりました。

もう少し若い時にこのような治療法があれば良かったのにと思いました。 今まで(老化も含めて)悪くなることはあっても、改善する事はほとんどなかったので、フラクセルをやって良かったと感じています。

フラクセルの治療の流れ

※こちらは標準の治療の流れです。
※具体的な治療は個人によって異なります。
 詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

  1. STEP1

    当クリニックの専門医がカウンセリングをおこない、ご希望やご予算、肌質をていねいにチェックして、治療方法を決めます。

  2. STEP2

    施術する部位を洗います。顔の場合はメイクを落とし、洗顔します。

  3. STEP3

    表面麻酔 麻酔クリームを治療部位に塗り、30〜60分ほど待ちます。麻酔クリームは、今までの当クリニックでの経験をもとに配合した特別仕様です。

  4. STEP4

    専門ジェル塗布 照射前にフラクセル専門のジェルを部位に塗布します。

  5. STEP5

    レーザー照射 フラクセルを照射します。照射時間は顔全体で15〜20分程度です。最適な出力のレーザー照射設定を行います。痛みはほとんどありません。

  6. STEP6

    照射後は、ジェルを洗い落としてから充分に保湿して、日中であれば、日焼け止めを必ずつけるようにします。赤みを最小限に抑えるために、クーリングの際には独自開発した鎮静パックを同時に行います。

*治療時間は約1時間半です。
*治療頻度は4週間おきに5〜10回の治療をおすすめします。

治療後も、ご質問・ご心配事ありましたらいつでもお問い合わせください。

注意事項

治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数は異なります。

  • 入浴

    当日から可能です。長時間はさけてください。

  • アルコール摂取

    過度ですと、赤みを強くする場合があります。

  • メイク

    治療後メイクをしてお帰りいただくことも可能です。

  • 日焼け

    治療後より日焼け止めをご使用ください。また、治療前後1ヶ月は強い日焼けをしないでください。

  • 洗顔

    治療前後2週間はスクラブ入り洗顔、洗顔ブラシ、AHA配合化粧品、レチノイン・トレチノイン酸配合化粧品、カミソリでのお手入れをお止めください。

  • 治療できない方

    妊娠中の方/1ヶ月以内に強い日焼けをした方/ケロイド体質の方/糖尿病・膠原病・心疾患をお持ちの方/ピーリング・トレチノン・トレチノイン酸配合化粧品を1ヶ月以内に使用した方

*不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。
*治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。

Q&A

フラクセルについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

費用

フラクセルの費用はこちらをご覧ください。
※クレジットカードで、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。

黒ずんだ毛穴:シルクピール

毛穴の黒ずみ対策にとても効果をあげている即効性と持続性のある治療です。

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。
ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

従来のピーリングより痛みが少ない!

ダイヤモンド研磨機と美容液を同時に使用して、皮膚の表面のピーリングを行いながら、美容液を肌に浸透させます。肌が美容液でウェット(濡れた)状態でピーリングするため、別名「ウェットピーリング」とも呼ばれます。従来のピーリングよりも痛みが少ないという点も特徴です。

角質をダイヤモンド研磨機で焼灼!

角質をダイヤモンド研磨機でアブレーション(焼灼)しながら、ハイドロキノンやヒアルロン酸、ビタミンCなどの美容エッセンスを浸透させる安全で効果的な新しい美容技術です。

このような症状に有効です

  • 黒ずんだ毛穴

    角質の溜まりや毛穴の黒ずみが気になったらスポット的なご利用も

症例写真

シルクピールの治療の流れ

※こちらは標準の治療の流れです。
※具体的な治療は個人によって異なります。
 詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

  1. STEP1

    当院の専門医がカウンセリングをおこない、お肌の状態により美容液や施術内容を決めます。

  2. STEP2

    クレンジングをしっかりして、メイクを完全に落とします。不十分で脂分が残っていると、ピーリングの効果が低下します。

  3. STEP3

    研磨装置で角質を丁寧に削ります。痛みはほとんどありません。多少ピリッと感じる程度です。

  4. STEP4

    保湿ローションまたはクリーム、日焼け止めを塗布して仕上げです。

*治療時間は、20分〜40分です。
*治療頻度は、さらに美しいお肌をご希望の方は、2〜3週間おきに定期的に受けていただきます。
*ワンランク上のお肌に仕上げたい方はモデリングパックとの組み合わせがオススメです。

治療後も、ご質問・ご心配事ありましたらいつでもお問い合わせください。

注意事項

治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数は異なります。

  • 入浴、化粧

    治療直後より可能です。

  • メイク

    当日から可能です。

  • 日焼け

    日焼け止めは塗布しますが、できるだけ避けてください。

  • 治療できない方

    妊娠中の方/皮膚炎、ヘルペスなどの症状が治療する部位にある方/直近3ヶ月程度に治療部位の手術を受けられた方/ケロイド体質の方/免疫状態の低下している方/紫外線対策が充分にできない方/基礎疾患のある方

*不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。
*治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。

Q&A

シルクピールについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

費用

シルクピールの費用はこちらをご覧ください。
※クレジットカードで、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。