肌:色素沈着

皮膚の炎症後に色素が残るのです

皮膚のシミ(色素斑)と言われているものと皮膚の色素沈着は同じ類いのものです。皮膚の色素沈着は、さまざまな原因で皮膚に炎症が生じ、症状がおさまった後に、色素が残ってしまうものです。色素沈着には、一過性のものと慢性のものがあります。けがなどの傷ややけどが治った後に色素沈着する場合などが一過性、アトピー性やナイロン・タオル性など皮膚の炎症を繰り返すことでの色素沈着が慢性です。

色素沈着の原因はさまざまで複合的なこともあります。

色素沈着の原因は、ホルモンバランスの乱れ(加齢や妊娠中)、皮膚と相性の悪い化粧品の使用、摩擦や刺激にさらされ続ける、強い日焼けを一気にする、かぶれなどの炎症、けがの傷ややけどなどさまざまなです。たとえば、肘やひざの黒ずみは繰り返しの摩擦や刺激により角質が厚くなり現れたり、腋の下の黒ずみはむだ毛の脱毛処理の繰り返すことで現れたりします。UVケアやスキンケアなどによりある程度防げますが、色素沈着が現れたら美容皮膚の専門医にきちんと診断してもらったうえで対処法を考えた方がいいでしょう。

当クリニックのおすすめ治療法

ケミカルピーリング

皮膚に弱酸を塗布することで古くなった角質を取り除く治療法です。

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

弱酸を塗布して角質を取り除く治療の総称です

皮膚に弱酸を塗布することで古くなった角質を取り除き、肌の新陳代謝を促して、きめ細やかな新しい肌へと生まれ変わらせる治療法です。ケミカルピーリングは総称であり、塗布する弱酸の種類によって、サリチル酸ピーリング、グリコール酸ピーリング、アミノ酸ピーリングと名称が異なってきます。にきびで荒れた肌やシミ、小ジワ、くすみなど、あらゆる肌のトラブルに対して有効で、アンチエイジング療法として一般的な認知度は高いです。五本木クリニックでは、サリチル酸ピーリング、グリコール酸ピーリング、アミノ酸ピーリングの3種類を行っています。

使用するピーリング剤によってさまざまな効果が期待できます

ケミカルピーリングに使用するピーリング剤によって強さや効果、反応が異なります。

サリチル酸ピーリング
他のケミカルピーリングに比べ、強力な角質溶解作用があり、皮膚の角質層のみを剥離します。そのため規則正しい角質層が新たに誕生し、なめらかですべすべのお肌になります。治療回数が少なくて済み、効果が高いのが特徴です。サリチル酸が高濃度で使用できる薬剤であるためです。効果が高いので、1ヶ月に1度を目安とした治療で充分ですので、患者さんにも負担をかけません。ただし、他のケミカルピーリングより施術が難しく、原料費も高いため、施術費が割高です。

アミノ酸ピーリング
アクネ菌の繁殖を防ぐ効果があるので、ニキビができにくい肌を作ることができます。ニキビ跡になってしまった肌にも効果的です。紫外線によるシミやそばかすにも効果があります。刺激が少ないため、フルーツ酸を使用した他のケミカルピーリングが受けられなかった方でも安心して受けていただけます。サリチル酸ピーリングのような施術後、しばらく乾燥するという副作用もありません。

グリコール酸ピーリング
ケミカルピーリングのなかで最もポピュラーです。患者さんそれぞれの肌に状態を合わせて、グリコール酸の濃度を調整して使用し、皮膚の代謝を高める効果があります。毛穴の詰まりも除去するので、ニキビができにくくなります。コラーゲンの合成の促進や、美白効果もあるので、新しく生まれ変わった皮膚はとてもみずみずしく、ハリが出てきます。ストレスや不規則な生活が原因のトラブル肌に悩んでいる方は、まずお試しください。

このような症状に有効です

  • 色素沈着

症例写真

ケミカルピーリングの治療の流れ

※こちらは標準の治療の流れです。
※具体的な治療は個人によって異なります。
 詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

  1. STEP1

    当クリニックの専門医がカウンセリングをおこない、ご希望、ご予算、肌質をていねいにチェックして最適なピーリング剤を選び、最善の治療方法をご提案します。

  2. STEP2

    クレンジングを行います。洗顔が不十分で脂分が残っているとピーリングの効果が低下するので、メイクを完全に落として充分な洗顔をしてください。

  3. STEP3

    施術する部位にピーリング剤を塗布していきます。五本木クリニックでは低刺激性の安全なものを使用しています。痛みはありません。

  4. STEP4

    約10分ほど肌を冷却します。

  5. STEP5

    施術後に赤みが多少出る場合がありますが、通常1日程度でおさまります。2、3日間は一時的に乾燥しやすい状態ですので、保湿対策を充分におこなってください。

*治療時間は約30分です。
*治療頻度は症例により1~4週です。
*ケミカルピーリングはイオン導入、オーロラ(フォトRF)といった治療と併用していただくことで、相乗効果を得ることができます。合わせてご検討ください。
*ワンランク上のお肌に仕上げたい方はモデリングパックとの組み合わせがオススメです。

治療後も、ご質問・ご心配事ありましたらいつでもお問い合わせください。

注意事項

  • 入浴、洗顔

    当日から可能です。

  • メイク

    治療直後から可能です。

  • 飲酒

    当日から可能です。

  • 日焼け

    しないようにして、特に治療期間中の紫外線のUVケアは怠らないようにしてください。

  • 治療できない方

    妊娠中の方/皮膚炎の方/アトピー性皮膚炎の方

*不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

Q&A

ケミカルピーリングについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

費用

ケミカルピーリングの費用はこちらをご覧ください。
※クレジットカードで、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。

イオン導入

イオン導入とは、弱い電流を流すことによって、有効成分をイオンの形でお肌の深部に浸透させる方法です。

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

お肌の深部へ浸透させることで透明感が生まれます

浸透させる成分としては、ビタミンCやトラネキサム酸などがあります。 ビタミンCをイオン導入することで、メラニン色素の生成が抑制されて、シミ・くすみ・色素沈着を改善し、透明感のあるお肌を作ります。

浸透させる成分によってさまざまな効果が期待できます

ビタミンC
ビタミンCには、メラニン色素の生成抑制によるシミ・くすみ・色素沈着の改善、透明感のアップのほかに、炎症を抑える作用や抗酸化作用、皮脂の産生を抑制する作用もあるので、ニキビにも効果的です。 さらに、ビタミンCはコラーゲンを合成するときに必要な成分でもあり、これを補うことにより、肌の張りや弾力性を高める作用もあります。

トラネキサム酸
トラネキサム酸は、アレルギーや炎症を抑えたり、肝斑という特殊なシミを改善する作用があり、肌あれ防止やシミ・ソバカスを防ぐ(美白)効果があります。

このような症状に有効です

  • 色素沈着

症例写真


Before

After

Before

After

Before

After

イオン導入の治療の流れ

※こちらは標準の治療の流れです。
※具体的な治療は個人によって異なります。
 詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

  1. STEP1

    高濃度水溶性ビタミンC誘導体をていねいに塗ります。

  2. STEP2

    水分をしみこませたマスクシートで顔全体をカバーします。

  3. STEP3

    マスクシートの上からさらに高濃度ビタミンC誘導体をしみこませていきます。

  4. STEP4

    円筒型の電極をコロコロ回転させながらお顔全体にビタミンCをイオン導入します。

*治療時間は約15分です。
*治療頻度は症例により1~4週です。
*イオン導入は、ケミカルピーリング、オーロラ(フォトRF)といった治療と併用していただくことで、相乗効果を得ることができます。合わせてご検討ください。

治療後も、ご質問・ご心配事ありましたらいつでもお問い合わせください。

注意事項

  • 入浴、洗顔

    当日から可能です。

  • メイク

    治療直後から可能です。

  • 飲酒

    当日から可能です。

  • 日焼け

    しないようにして、特に治療期間中の紫外線のUVケアは怠らないようにしてください。

  • 治療できない方

    妊娠中の方/皮膚炎の方/アトピー性皮膚炎の方

*不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

Q&A

イオン導入について、よくある質問はこちらをご覧ください。

費用

イオン導入の費用はこちらをご覧ください。
※クレジットカードで、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。