顔:赤ら顔

血管が透ける場合と肌そのものの炎症による

赤ら顔とは、顔が赤い状態が長く続いてしまう症状の総称です。肌から血管が透けてみる場合と、肌そのものが赤くなっている場合があります。血管が透けて赤くなるのは、体温が上がったり、興奮、緊張などで毛細血管が拡張するためです。肌そのものが赤くなるのは、肌が炎症を起こしてしまったり、ニキビの炎症の持続だったり、それと関連する皮脂の分泌による炎症などが原因です。

赤ら顔の原因を見つけ適切な治療を

他にも、寒い地域で育ち、急激な温度の変化に毛細血管が敏感に反応する場合や、敏感肌への過度の刺激、薬物や放射線照射の副作用、自律神経の乱れや内分泌ホルモン系機能障害、胃腸障害、便秘など他の病気や症状により発症することもあります。まず、美容皮膚科の専門医のもとで原因をつきとめてもらい、適切な治療法を選ぶことが大切です。

当クリニックのおすすめ治療法

フォトRFオーロラ

高周波が血中のヘモグロビンと反応して毛細血管を破壊します

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

最も注目されている美容治療機器です!

アメリカのパトリック・ビター博士が開発した美容機器。
RF(高周波)の良い部分だけを活かし、さらに光短周波APL(アドバンスト・パルス・ライト)でアンチエイジング効果を実現するという点で、今もっとも注目されている美容治療(機器)です。

高周波熱エネルギーが肌奥深くまで到達

従来のレーザー治療や光治療(IPL治療)に比べ、肌の奥深く(真皮)部分にまでRF(高周波熱エネルギー)が到達することで毛細血管の拡張などによる赤ら顔を改善し、表皮にあるシミやくすみ、さらにはコラーゲンの再生、エラスチン線維の生成促進し、肌のハリと弾力性のあるみずみずしい肌を再生します。

このような症状に有効です

  • 毛細血管拡張症
  • レーザー治療による赤みの改善

症例写真

フォトRFオーロラ

※こちらは標準の治療の流れです。
※具体的な治療は個人によって異なります。
 詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

  1. STEP1

    当院の専門医がカウンセリングをおこない、患部を評価して、治療方法を決めます。

  2. STEP2

    クレンジングをおこなった後、専用ジェルを塗布します。

  3. STEP3

    専門医がお肌の状態を診察して患者さんに合わせた設定で照射します。痛みはほとんどありません。

  4. STEP4

    照射終了後、ジェルを拭き、仕上げをいたします。副作用はありません。ごくまれに軽い赤みが出ることがありますが、数時間から翌日にはおさまります。

*治療時間は30分、治療頻度は約3~5週間おきに5~10回の治療がおすすめです。
*ワンランク上のお肌に仕上げたい方はモデリングパックとの組み合わせがオススメです。

治療後も、ご質問・ご心配事ありましたらいつでもお問い合わせください。

注意事項

  • 入浴・洗顔・メイク

    当日より可能です。

  • 治療できない方

    妊娠中の方/皮膚に強い日焼けがある方/日光アレルギーがある方

*不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

Q&A

フォトRFオーロラについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

費用

フォトRFオーロラの費用はこちらをご覧ください。
※クレジットカードで、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。