傷跡」タグアーカイブ

傷跡

瘢痕形成術についてのQ&A

Q1
手術は痛いですか?
A1
基本的に局所麻酔のみで手術可能ですが、痛みに対する不安が強い方は静脈麻酔を併用して行うこともできます。十分に麻酔を行ってから手術しますので、術中に痛みを感じることはありません。

Q2
手術後の腫れや内出血はどのくらいでひきますか?
A2
手術後およそ1~2週間でおさまります。

Q3
術後は痛いですか?
A3
術後、つっぱった様な感じはありますが、痛みは痛み止めで軽減できます。

Q4
どのくらいで仕事に復帰できますか?
A4
手術部位にもよりますが、日常生活は翌日から普通におくれます。デスクワークなどは翌日からでも復帰可能です。手術部位をよく動かす仕事の方は抜糸が終わるまで、約1週間程度お休みがあると安心です。

Q5
運動はいつからできますか?
A5
軽い運動は2週間、激しい運動は1カ月ほどたてば可能です。

Q6
傷跡はなくなりますか?
A6
傷跡がまったく消えるわけではありません。現在ある傷跡を、今よりも目立ちにくく修正する手術です。当院では、傷跡をできるだけきれいに仕上げるために、皮膚縫合を丁寧に美容外科的におこない、抜糸後は専用のテープを用いてテーピング固定を行っていただきます。

フラクセルについてのQ&A

Q1
「フラクセルII」の効果はすぐに出ますか?治療は何回くらい必要ですか?
A1
効果が現れるまでの目安は施術の3~6ヶ月後です。「フラクセルII」 は、1回の治療で10~20%の皮膚の入れ替えを行います。100%の入れ替えを行うために、4週間の間隔で5~10回の治療を行うことをお勧めしています。

Q2
鼻にプロテーゼを入れていたり、ヒアルロン酸などを注入しているのですが、「フラクセルII」 の治療は可能ですか?
A2
プロテーゼが入っている部分は避けて照射します。ヒアルロン酸などを注入され場合は、2週間以上経過すれば、その部位にレーザーを照射しても問題ありません。

Q3
「フラクセルII」 の施術に、どのくらいの時間がかかりますか?
A3
照射前に、クリームの麻酔をします。麻酔がお肌に浸透して感覚が麻痺するまで1時間程かかります。レーザー照射に要する時間は、お顔全体で約15分、さらにアイスパックによる冷却が約15分かかります。

Q4
「フラクセルII」 の施術は痛いですか?
A4
照射前に、皮膚の感覚が鈍くなるクリームの麻酔をします。さらに、レーザー照射中は冷風でよく冷やしながら治療をおこないますので、痛みはかなりやわらぎます。