多汗症」タグアーカイブ

多汗症

わし鼻用ボトックスについてのQ&A

Q1
効果はどれくらいから出ますか?
A1
2〜3週間で効果が実感できます。(個人差あり)

Q2
自然な感じになりますか?
A2
鼻先の垂れ下がっているのが、自然な形で鼻先が上がりますので、人にばれることはありません。

Q3
施術しても変わらない場合はありますか?
A3
2週間後診察時に、効果が実感できない場合、追加で調整します。

Q4
痛みはありますか?
A4
クーリングしながら注入するので、ほとんどありません。

多汗症用ボトックスについてのQ&A

Q1
注射は痛いですか?
A1
極細の針を使用しますので、一般的な注射より痛みは軽度です。また、アイスパックや氷で注射部位を事前によく冷やすことでも痛みは軽減しますし、痛みに敏感な方は、麻酔クリームを用いる場合もあります。

Q2
わきの多汗症のボトックス治療は保険でできますか?
A2
わき汗が気になる方全員が保険適応という訳ではありません。厚生労働省の定める診断基準を満たした場合のみ保険が適応できます。

Q3
副作用はないですか?
A3
副作用は非常にまれです。臨床試験において、総症例144例中3例(2.08%)に副作用が報告されました。その内訳はわき以外での発汗3例(2.08%)、腕の痛み1例(0.69%)であったとされています。

ボトックスについてのQ&A

Q1
ボツリヌス菌・・・と聞くと抵抗があるのですが。
A1
一般的にボツリヌス菌は食中毒を起こす菌として知られていますが、ボトックス治療ではボツリヌス菌の毒素であるボツリヌス毒素を安全に加工し、極めて少量を注入します。決してボツリヌス菌そのものを注入する訳ではありませんのでご安心ください。

Q2
ボトックス治療には副作用はあるのでしょうか?
A2
注射の際に針の後が残ったり、希に内出血を起こす事がありますが、いずれも   一時的であり10日前後で解消します。お化粧でも十分隠せる程度のものです。

Q3
1回の施術でどれくらい効果が持続しますか?
A3
1回で2~3か月効果が持続します。効果が切れてくる2~3か月おきの施術をおすすめいたします。

Q4
ボトックス治療にかかる時間は?
A4
治療自体は10分程度のものです。

剪除法(手術)についてのQ&A

Q1
手術は痛いですか?
A1
基本的に局所麻酔のみで手術可能ですが、痛みに対する不安が強い方は静脈麻酔を併用して行うこともできます。十分に麻酔を行ってから手術しますので、術中に痛みを感じることはありません。

Q2
手術後の腫れや内出血はどのくらいでひきますか?
A2
手術後およそ1~2週間でおさまります。

Q3
術後は痛いですか?
A3
術後、つっぱった様な感じはありますが、痛みは痛み止めで軽減できます。

Q4
どのくらいで仕事に復帰できますか?
A4
仕事内容にもよりますが、デスクワークなどは翌日からでも復帰可能です。腕をよく動かす仕事の方は抜糸が終わるまで、約1週間程度お休みがあると安心です。

Q5
運動はいつからできますか?
A5
軽い運動は2週間、激しい運動は1カ月ほどたてば可能です。

Q6
傷跡は目立ちますか?
A6
当院では、傷跡をできるだけきれいに仕上げるために、皮膚縫合を丁寧に美容外科的におこないます。しかし、まれに、ケロイド体質の方は傷跡が目立つことがあります。その場合はさらにケロイドの治療を追加して行う場合があります。

Q7
手術すれば完全ににおいはなくなりますか?
A7
体臭や汗のにおいは、わきが以外の方にも誰にでもあるものです。ですから、まったく無臭になるわけではありません。においの程度を大幅に改善し、一般の方と同じくらいの程度に改善する手術です。