五本木クリニック院長ブログ

整形後遺症!?何故こんなことになったかを勝手に推測しました


■中国で活躍(暗躍)する韓国の美容整形医師

今日、たまたま隣国の美容整形事情についての取材を受けていたところに、こんなショッキングな画像が飛びこんできました。

整形で美しくなれるのは一瞬だけ__ ネットを沸かせた美女の_“整形後遺症”_の姿が衝撃的だと注目___整形にも賞味期限があるのではと話題に___ロケットニュース24

元ネタは中国語なんで困るんですが、当院の松下医師は中国語が堪能なので、訳してもらいました。以前中国のモーターショーで注目を集めた彼女ですが(オッサンなら覚えているでしょ、あのシースルーで有名になりましたよね)、最近マスメディアに登場したところ頬からアゴにかけてなんだかゴツゴツしているし、アゴもフェイスラインに対してはめ込み画像のようになっています。

鼻も細くなっているだけではなく、明らかに人工物をいれて今にも飛び出しそうな容貌になってしまっています。

中国のいたいけない人たちが韓国で悲惨な目にあっている話を以前ブログでおつたえしました。ひょっとして彼女はその被害者なんでは、なんて考てしまいました。

■写真から得られる整形後遺症?を検討してみます

ネット上でもこのショッキングな画像は取り上げられています。それに対するコメントとして

・涙袋を作る → 時が経つと目より大きくなり不自然
・下あごを削る → 老いると輪郭が崩れて表情もこわばる
・頬骨を削る → 輪郭がボコボコになる
・鼻を高くする → 鼻梁がゆがんでくる
・整形依存症になる

http://rocketnews24.com/2014/05/01/437899/より
などと書かれていますが「下あごを削る・・・」はあり得ません。2012年の時点ではこんな感じの女性だったのですから。
整形で美しくなれるのは一瞬だけ__ ネットを沸かせた美女の_“整形後遺症”_の姿が衝撃的だと注目___整形にも賞味期限があるのではと話題に___ロケットニュース24

・下顎を削った後遺症

この写真ではアゴに何かを細工している様子は伺えませんし、たった2年で老化で輪郭が崩れるはずがありません。

・頬骨を削った後遺症

欧米人は頬骨をけずることはほとんどありませんが、東洋人は出っ張っている人が多いので日本のベテラン美容外科医(チャラい医師は無理)はこのテクニックを習得しています。頬の骨ってかなり繊細な骨なので削る技術をもった美容外科医が中国にいるとは思えないのです、隣国ならいるかも?

・目袋を作った後遺症

これもあり得ません。目袋をヒアルロン酸などで作ることを希望される患者さんもいらっしゃいますが、ヒアルロン酸は時間とともに吸収されてしまいますので。

・鼻を高くした後遺症

これはかなりあり得ます。はでな整形手術を受けていないと思われるモーターショーの写真と比較すると明らかに鼻筋が目立ちますし不自然な直線を描いています。プロテーゼと言われるシリコン類を鼻に入れると最終的には飛び出て来てしまうのです(この場合はプロテーゼを抜いて、自分の筋膜を埋め込む手術で松下医師の得意とするものです・・・少し宣伝 w)。

■整形前と現在の中間の写真を見つけた

やはり、このようなネット上の話題は元ネタを突き止めないといけませんね、この彼女の変な写真がありました、元ネタに。
修臉保固期一過就變科學怪人!「整容科普帖」臉書瘋傳___ETtoday新奇新聞___ETtoday_新聞雲

これって以前話題になった「トンガリさん系」を目指しちゃったんですか!!ここまでやってしまうと、そりゃ解剖学的な骨の構造や筋肉の仕組みをまったく無視しているんですから、美容整形後に何がしらのトラブルっていうか、常識的なモラルを持ち合わせた医師なら手を出しませんって!日本の医師なら(集団提訴のあのクリニックは除く)。

■美容整形依存症

日本でもフランス人形になりたがっている女性のことをお伝えしました。女性が美しくなりたい、という気持ちを持つのは良いことです、キッパリ。今日も取材中に「20年くらい前は芸能人の写真を持って来てこの人みたいにしたいんですって患者さんもいたけど、最近はそんな人お目にかかったことないよ」と記者の方にお伝えしていた所です。モーターショーで注目を浴びた彼女は魔が差したんでしょうね、もう少しキレイになりたいと。それでトンガリさんのような間違った目標をもってしまったんでしょうか?

このように究極のあり得ない姿を目指す人を「整形依存症」と呼んでいてかなり複雑な病状なので、一時期このような方に整形手術をしないようにするために手術前に精神・心理テストをマスト事項としようという動きが美容外科の医師の間でありました。中国のこの彼女がどこで美容整形を受けたかは判明しませんが、今日の取材でも韓国の医師が中国で持て囃されている現状を私が以前ブログに書いたものでお伝えしておきました。

しかし、だれか途中で注意してあげろよ!!こんな話ばっかり話題になるとレーザーでシミを取るだけでもイメージが悪くなってしまうではないですか。困った美容整形マニアと整形外科医がいるものです。

↑ページTOPへ

関連記事

「19歳女性鼻の整形手術で死亡」記事を深読みしてみました。

■中国だから起きた美容整形に伴う死亡事故、って考えるのは間違いだと思います 中国の美容外科(一般的には美容整形とか整形とか呼んでいるけど厚生労働省が決めた標榜科目では正しくは美容外科)で悲惨な事故というか事件があった模様 […]

ハリウッド女優の美容法をあなたがマネても効果がない理由

■人体に影響を与える要素は多数、女優さんのマネっこしても意味ないです 「セレブの間で大流行」「ハリウッドのあの女優も使っている化粧水」などのキャッチコピーってよく見かけますよね。それに飛びついても効果が出ない場合も多数で […]

緊急事態発生!!プラセンタ注射「ラエンネック」でB型肝炎感染の疑い!!??イメージ

緊急事態発生!!プラセンタ注射「ラエンネック」でB型肝炎感染の疑い!!??

■プラセンタ注射と呼ばれる「ラエンネック」でB型肝炎に感染!!?? 驚きのニュースが飛び込んできました。若返りだの美肌治療に使用される プラセンタ注射「ラエンネック」によってB型肝炎に感染した可能性が明確に否定できない症 […]

ヒルドイドを美容目的に健康保険使って処方するのは反社会的行為!!そんな医師たちの責任問題は・・・。

■健康保険を使って、美容目的のヒルドイドを処方している医師に罰則があるのか? ヒルドイドというヘパリン類似物質が含まれた処方薬が本来ならば病気に処方されるべきなのに、美容目的に処方を受ける患者さんが多数いるために、年間9 […]

血管年齢と男の更年期障害 男のパワーはまんま直球!?EDは年だからは間違いです。イメージ

血管年齢と男の更年期障害 男のパワーはまんま直球!?EDは年だからは間違いです。

■パワーこそ男の武器だ!? 昔、こんなCMがあったの覚えていますか?「男には男の武器がある」なんてものもありました。暑苦しい中年のオッサン(若山富三郎だったか?)が出て来て栄養剤か、精力剤的なドリンク剤を広告していて子ど […]