五本木クリニック院長ブログ

悲報 あのEDの薬でガンに2倍なりやすい!?そんなこと今さら言われても 泣


■世界初のED治療薬でガンのリスクが高まるという報告

 2014年4月からEDの治療で使用されていた薬がオッサン達を悩ます前立腺肥大に有効であることが確認されて保険診療で使用することが可能となりました。

この薬ではないのですが、世界で初めてEDに効果があるとされ、今ではED治療の代名詞とさえ言えるあの薬を長期連用すると、ガンのリスクが高まるという非常に困った論文が世界を駆け巡っています。どうにかその論文の欠点、たとえばコピペ・切り貼り写真がないかと、GW中と重箱の隅に励みました。

■ED治療薬で「皮膚がん」のリスクが二倍になる、って本当かよ

このはた迷惑な論文を書いたのはアメリカのブラウン大学のグループです。ED治療薬は私たち泌尿器医はカッコつけて「PDE5阻害薬」なんて勉強会などでは呼びますが、効果を発揮するメカニズムは実は複雑であり、医師であっても誤解している人がいるくらいなんです。

狭心症の特効薬であるニトログリセリンと併用する場合のみ血圧が下がり過ぎて命に関わる事態を引き起こしますが、その他の薬との併用は安全と考ていいものす。逆に動脈硬化などで血管が細くなっている人に対してはED以外に良い働きがあるという認識を使い慣れている泌尿器科医はもっていました。

しかし、複雑なメカニズム中にBRAF活性がPDE5Aを低下させることにより、悪性黒色腫(メラノーマ)の細胞を刺激するじゃないと囁かれてもいました。
ioi140021t2
「Sildenafil Use and Increased Risk of Incident Melanoma in US Men A Prospective Cohort Study」(JAMA Intern Med. Published online April 07, 2014. )より
この研究は医療関係者25848人を対象に2000~2010年に渡って追跡調査した物で、前向きのコホート研究とよばれる手法が取られていますが、前向きコホートは病気の傾向を調べる疫学調査では信頼度がかなり高いとされている手法です。

■確かにED治療薬で皮膚がんが2倍になっていた!!

結果的にこの観察期間にメラノーマになった人が142人、有棘細胞癌(squamous cell carcinoma 略してSCC)になった人が580人、基底細胞癌(basal cell carcinoma 略してBCC)になった人が3030人となっていました。

もともと日本人と比較して欧米人は皮膚がんになりやすいことが知られていますので、この結果が直接日本人に当てはまるとは限りません。実際にSCCやBCCが発見された人の数が多いように感じるかも知れませんが、この発生数とED治療薬を飲んでいるか、いないかは統計学上関連性が見つけられませんでした。

問題となるメラノーマとED治療薬の服薬は残念ながら統計学上の言葉で言う所の「有意に上昇」していたんです、それも2倍に!!

■どうにかED治療薬をかばってみますけど・・・

今までEDに悩まされていて積極性に欠け、屋外での活動が低かったオヤジ達がED治療薬を服用することにより、アクティブになってゴルフ、フィッシングなんてアウトドアでの遊びに励めるようになったために、日焼けをしすぎた、なんてことは無いでしょうか?

男性の更年期障害に対してED治療薬が有効であることは、泌尿器科医にとっては常識となっています。その為にLOH症候群と呼ばれる男性更年期障害の病状が回復して、今まで家に引きこもっていたED&LOHオヤジ達が妙にというか、今までの反動でガンガン外出して、スポーツに精を出すようになった結果、必要以上の紫外線を浴び、さらに過剰な自信を持ってしまったため生っ白いボディをタンニングされた褐色のボディを手に入れたのです。

ホストってほとんどの人がタンニングマシーンで褐色の肌していますので、それを真似て不埒な気持ちを以てお手本にしてしまった、だからメラノーマになり易くなった、っていう理論いかがでしょうか?

今後の課題としてED治療薬で元気になった人がアクティブな活動をするときは、必ず日焼け止めを使ってもらったらメラノーマのリスクが低くなると私は考えたいです。なぜか熱を込めてED治療薬をかばってしまった私ですが、実はED治療薬は泌尿器科医ってEDでなくても、動脈硬化を防ぐ意味で愛用している人多しです。

取りあえず外出時は5月でも紫外線が強いから日焼け止めをしっかり塗ろうっと、ってお前ED治療薬のんでんじゃないの?という質問には守秘義務がありますので、お答えできません 笑。

↑ページTOPへ

関連記事

「青竹踏み」で頻尿が治る!!??泌尿器科にとって死活問題だあ(笑)

■昔ブームになった青竹踏みで頻尿が改善・・・医学論文があああ!! 「夜中のソワソワ」「長時間我慢ができない」「夜忙しい方へ」なんて宣伝文句を見かけたら「ああ、泌尿器系のサプリね。効果・効能を前面に出すと薬機法に引っかかる […]

長生きの決め手は「酵素」にあった!!??は理解不可能 酵素栄養学は間違いなく疑似科学です。

■酵素食品が体に良い、ことを裏付けるらしいトンデモ系の本を見つけました! 酵素栄養学ってご存知でしょうか?酵素を含む食品を食べると健康になるという説の裏付けとなる考え方です。酵素が体にいいらしい、という話が変だと連続して […]

ドクターズコスメと普通の化粧品の違い、知っていますか?実は効果に違いは・・・。イメージ

ドクターズコスメと普通の化粧品の違い、知っていますか?実は効果に違いは・・・。

■ドクターズコスメの定義はありませんので、効果で違いを見分けるのは難しいです 日本ではドクターと言えば医師の英語と皆さんは思っているでしょうが、本当は違います。英語圏ではPhysician(日本語では内科医)と呼ぶことが […]

ワタナベ薫さんが受けた美容医療「幹細胞で皮膚を若返らせる」は疑問だらけ!!

■簡単に幹細胞で美肌治療・アンチエイジングって言うけど、幹細胞の定義を知ってるの??? 幹細胞を使用したアンチエイジング、なんとなーく効果ありそう!!って飛びつく方も多いようです。中には幹細胞をたっぷり含んだ美容液なんて […]

男性ホルモンは力の象徴だけど、精力剤の広告にビンラディンを使うか!?イメージ

男性ホルモンは力の象徴だけど、精力剤の広告にビンラディンを使うか!?

■男性ホルモンは闘いのホルモンだけど 先日から何回か男性ホルモンや男でも更年期障害があるという話や、ホルモンと免疫の関連などをブログで書いて来ました。Facebookでもこちらが中年男性であると認識されると、精力剤関連と […]