五本木クリニック院長ブログ

ビタミンAの副作用!?サプリだからって安全とはいえませんよ!追記あります


■サプリって薬より安全?ビタミン神話が崩壊するかも

薬嫌いだからサプリメントを必死になって摂取している人って医療関係者でもいなくはありません。でも最近はビタミンに取って厳しい報告が続いています。

例えばU.S. Preventive Services Task Force 略してUSPSTF、米国予防医学専門委員会なんて感じで日本では呼ばれていますが、ここがビタミンCやビタミンEは心臓や血管の病気の予防にはならないと表明しています(血流を良くするためにと称して私も以前はビタミンEを処方していました 汗)。これについては以前ブログでお伝えしました。日本人研究者によってビタミンAの過剰摂取が問題を引き起こすことが報告されていますので、それをお伝えします。

Vitamin__Mineral__and_Multivitamin_Supplements_for_the_Primary_Prevention_of_Cardiovascular_Disease_and_Cancer
http://www.uspreventiveservicestaskforce.org/uspstf/uspsvita.htm

なんせ推奨ランクDですから・・・。日本の鈴木梅太郎氏が世界に先駆けオリザニンという今ではビタミンBとしているものを発見して100年くらいになりますが、確かに脚気を始め多数の病気をビタミンが救って来たことは間違いないのです、でもとにかくビタミン信奉者に取ってはバッドニュースが続いています。

追記 最近の骨粗鬆症至適療法研究会によりビタミンAを摂取していると「抜歯」のリスクが増える、との発表がありました。骨粗鬆症と抜歯のリスクを検討した論文によるものですから、「ビタミンAを飲むと歯を抜くはめになる」と単純化するべきではありませんのでご注意ください。(2016年5月28日)

■ビタミンAの過剰摂取は以前から指摘されていた

ビタミンBの方がビタミンAより先に発見されていたのに、なんでアルファベット順になっていないか、という素朴な疑問は次の機会にさせていただきます(最近、当院のスタッフの素朴な疑問に答えるというブログを何回か書いていますので)。薬局とか今では通販でも買えるビタミン剤として流通しているものですが、よくよく見ると結構怖いことが書かれています。

ほとんどの方がビタミン剤だから副作用が無いだろう的に添付文書と呼ばれる薬の効果効能を書いた紙、読みませんものね。

database_japic_or_jp_pdf_newPINS_00052436_pdf
チョコラA錠添付文書より

妊婦さんだから栄養を補給しようと思ってビタミンを安易に過剰に摂りすぎると取り返しのつかないことになります。ニキビの塗り薬の定番も実はコッソリとこの副作用が書いてあるんですが、チャンと説明していない医師が多いことが気になります。また、美白化粧品として確固たる地位を築いているドクターズコスメもこの成分が含まれているような・・・。

さらにガンの治療中にビタミンAを摂りすぎると代謝酵素阻害という障害が引き起こることを、日本看護協会神戸研修センターの菅野かおり氏が第23回日本癌看護学会学術集会で発表しています。

■皮膚の病気の特効薬のビタミンAが逆に皮膚炎を起こす

ビタミンAやその親戚であるトレチノインは皮膚の難病からニキビまで広く有効性が知られています。そんな頼りになるビタミンAの過剰な使用に警鐘をならした研究が日本の研究者によって発表されています。

過剰なビタミンAが引き起こす皮膚炎の原因を解明―線維芽細胞が司るマスト細胞の組織特異性のかく乱―
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140411/より

シロクマを食べる習慣があるイヌイットの人たちに皮膚炎が多いことが知られていますが、原因としてビタミンAがたっぷり含まれる肝臓を食べるからじゃないかと考えられていました。つまり、皮膚の病気に効果があるはずのビタミンAが皮膚のトラブルを起こしているんじゃないかというわけです。

この研究でわかったことは繊維芽細胞という女性の大好きなお肌プルプル物質であるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生み出す細胞内でビタミンAの濃度が自然にコントロールされている為に、過剰なビタミンAを摂取するとこの濃度を調整するシステムが上手く働かなくなり、それが原因となって皮膚炎を引き起こすということです。
過剰なビタミンAが引き起こす皮膚炎の原因を解明―線維芽細胞が司るマスト細胞の組織特異性のかく乱―
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140411/より

つまり、皮膚のトラブルを解消する為に必要以上のビタミンAを摂取したらいかんよ、という内容です。

■じゃあ、どうすれば良いか・・・食べればいいんですよ、普通に!

妊娠時や偏った食生活の場合、ビタミンが不足するからサプリメントで補給しようと思うのは十分にわかります。卵黄やチーズからビタミンAは摂れますし、おばあちゃんの知恵(これに本当にハマっています、最近)的にいえば赤とか黄色の野菜を普通に摂っていれば不足することはありません。というのもこれらの野菜はβ-カロテンを多く含み、食べることによって体内でビタミンAに変化しますので。ちなみに人参やカボチャ、ピーマンなどがカロテンがたっぷり含まれていることが知られていますけど、子供が嫌う食べ物ばっかりなのが微妙です。だから子供のとき、最近では滅多に目にしない「肝油ドロップ」を食べさせられていたんだ、と今気づきました。

↑ページTOPへ

関連記事

韓国で日本人女性が整形手術後に死亡・・・!!韓国美容整形の裏事情イメージ

韓国で日本人女性が整形手術後に死亡・・・!!韓国美容整形の裏事情

■美容整形目的で韓国を訪れる日本人・・・死亡事故が起きてしまいました 韓国ブームも日韓の関係悪化によって下降していると多くの方が感じていると思います。ある時期K-POPが流行り、みんな同じ顔じゃん、そりゃ整形しまくりだか […]

意外と知られていない「ギンナン中毒」って何?子供は特に注意が必要です!!イメージ

意外と知られていない「ギンナン中毒」って何?子供は特に注意が必要です!!

■味覚の秋です・・・銀杏中毒にご注意を 恥ずかしながら、この中毒しりませんでした。子供が小さい時、居酒屋なんかで出される銀杏、バンバン子供に食べさせていました。無知は罪、なんて言葉もありますが、医師でありながらオッサンの […]

「SSRI」と称される、うつ病の薬への大きな疑問、こんなに一気に患者さんが増えてんの!!??イメージ

「SSRI」と称される、うつ病の薬への大きな疑問、こんなに一気に患者さんが増えてんの!!??

■SSRIという「うつ病の薬」、使用量も半端ない増加だけど日本人ってそんなに病んでいるの? トンデモ系の某医師から製薬メーカーの御用医師とか、政府の御用医師というありがたい尊称をいただいている私ですが、うつ病の特効薬的な […]

せっかく危険な脂肪吸引をしても1年後にはリバウンドしてしまうという悲劇イメージ

せっかく危険な脂肪吸引をしても1年後にはリバウンドしてしまうという悲劇

■リスキーな脂肪吸引という美容手術 簡単に余分な脂肪を取る方法として脂肪吸引治療があります。十分な経験のある医師が行う治療は効果もありますし、危険性も少なくなるのですがチャラい医師が運悪く担当になってしまうと、効果はもち […]

美容整形のトラブルが増加!!ネットも含めた医療系広告の落とし穴にご注意を!!追記ありイメージ

美容整形のトラブルが増加!!ネットも含めた医療系広告の落とし穴にご注意を!!追記あり

■医療は基本的に広告はできません 医師法によって医療機関が広告できる範囲は極々限られています。でも、美容整形や美容皮膚科の広告って雑誌やネットやテレビで目にしますよね。テレビの場合は美容クリニックの名前が流れるだけか、医 […]