五本木クリニック院長ブログ

ダイエットの敵、脂肪酸を徹底的に研究しました!食生活って国によってかなり差が有ります


■脂肪酸ってなんだっけ?

血圧の正常値が学会によって違ったり、中性脂肪やコレステロールの値も違うんじゃないかと健康診査の時期になってマスメディアが取り上げ、皆さんに混乱が生じているのは当然ですが診療の現場でも混乱が起きています。ここで皆さんが敏感であろうと勝手に推測する「脂肪」について整理をしてみましょう。

ダイエット・痩身が対象とするのは皮下脂肪と内臓脂肪ですがですが両者を合わせて体脂肪と呼んでいます。この体脂肪を表す数値として「体脂肪率」という目安があります。ボディマス指数略してBMIは身長と体重から算出されますが、それよりも正確であろうということで人間ドックなどでは体脂肪率というものを採用しています。

体脂肪率平均表(男性、女性、年齢別)
http://diet.netabon.com/diet/basic/average_body_fat.htmlよりお借りしました

ではそもそも脂肪ってなんでしょうか?これは単に「あぶら」のことなんですが、人間に取っては非常事態用のエネルギーとして体脂肪・皮下脂肪という型で蓄えられています。直接あぶら分を摂取することでこの脂肪は体内に入り込みますが、余分エネルギーが炭水化物なとから得られると脂肪に変化して体内に保存されます・・・これが肥満の原因です。

脂肪の種類として植物性、動物性とわけることがありますが、動物性は飽和脂肪酸を多く含むという違いが両者にはあります。そこで今回は「脂肪酸」について考えてみます。

■飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いってなんだ?

飽和脂肪酸というのは常温で固まり易い傾向があるために、取りすぎると中性脂肪やコレステロールをあげるとされていますので、心臓や血管にとって良くない、ということになっています。でも逆に少なすぎると血管がもろくなるため脳出血を起こす可能性もでてきます。一方、不飽和脂肪酸は常温では液体のままで、植物に多く含まれている為になんとは無しに「体に良いじゃない」伝説の対象となっています。でもココナッツやカカオの脂って飽和脂肪酸が多いんだけどなあ。

■食べ物に気をつけることで脂肪酸の摂取を調整できるか?

イメージ的には飽和脂肪酸より不飽和脂肪酸を多めに取った方が健康には良さそうですが、はたして通常の食生活でコントロール可能なんでしょうか?「Global, regional, and national consumption levels of dietary fats and oils in 1990 and 2010: a systematic analysis including 266 country-specific nutrition surveys.」という研究論文があります( British Medical Journal , Volume 34 Apr 15, 2014)。BMJは伊医学専門誌としては非常に高尚なものとされていますので、私たち医師は基本ありがたがる医学資料です。

この研究は世界中の食事に関する論文を調査対象として食事から得られる脂肪酸とコレステロールの値を詳しく検討しています。

Global__regional__and_national_consumption_levels_of_dietary_fats_and_oils_in_1990_and_2010__a_systematic_analysis_including_266_country-specific_nutrition_surveys___DeepDyve
健康的な食生活に敏感な人はご存知のオメガ3の国別の摂取量です。日本もなかなか検討しているようです。

■結局、日本人って食べ過ぎなんだ!

この研究は世界113カ国、163万人を対象とした大掛かりなものでしたが、結果として
・飽和脂肪酸摂取量は国によって最大12.2倍の差があった
・残念ながら不飽和脂肪酸の摂取量は世界的に見ると推奨量の半分にしかなっていなかった
・悪役のトランス脂肪酸は推奨値をクリアしていた国は12カ国しかなかった
となっていて、世界的に不健康な食生活であることが判明しました。

食事から摂取されるコレステロールは国によって4.5倍もありました。そこで気になる日本の成績は1日あたり347mgを摂取していて、なんと世界第7位の過剰摂取国に輝いてしまったのです!!

つまり日本人は食べ過ぎなんで、私は批判的にお役所主導のメタボ健診を捉えていましたが、飽食・過食・美食傾向は国を挙げて検討しないといけません。

追伸&チョッと広告
一昨年にお腹まわりの脂肪を安全に取り除く治療(もちろん脂肪吸引じゃないですよ)をした私ですが、リバウンドすることもなく、順調に体重をキープしております。最近、ある切っ掛けで超手抜きの筋トレを始めたところ、オッサンにしては結構いい線いっているボディをゲットしております。食事は昔からおばあちゃんの知恵的に言われているように「腹八分目」「多くの食品を少しずつ」が正解のようです。実験的に夕食後に毎日ケーキの二個食いを一ヶ月行いましたが、筋肉がついたために体重の増加も皮下脂肪のリバウンドも起きていません。

liposonix_728x90

↑ページTOPへ

関連記事

悲劇!!「吉野家の牛丼3カ月間毎日食べ続けた」の結果報告は逆効果??イメージ

悲劇!!「吉野家の牛丼3カ月間毎日食べ続けた」の結果報告は逆効果??

■牛丼の吉野家さんは頑張ってアピールしても、マスメディアの取り上げ方で逆効果になったのでは・・・ 狂牛病騒動の時に「吉野家はアメリカ牛しか使いません!!」と売り上げ減少より味が変わることを心配した会社の姿勢に男気を感じま […]

水太りとセルライトの関係、そして解消方法は?イメージ

水太りとセルライトの関係、そして解消方法は?

■ほんとうに水太りってあるんでしょうか? 診察での会話「先生、内科の先生に糖尿だから瘦せろって言われたけど、私って水を飲んだだけで太っちゃうじゃない」と肥満体に女性に言われた場合「医学的に水太りなんてあり得ません」と直球 […]

借金があるほど肥満傾向?肥満と所得に密接な関係があるという説イメージ

借金があるほど肥満傾向?肥満と所得に密接な関係があるという説

肥満と所得 昔の映画では太ったお金持ちがでてくる場面が多く見られます。肥満=富の象徴であった時代も昔はありました(一部の隣国では独裁者や指導者が肥満傾向にあるようですが)。厚生労働省が公表している「国民健康・栄養調査」な […]

ダイエットの最終兵器「肥満手術」ってどうなんだろうか?腹腔鏡下胃バンディング術イメージ

ダイエットの最終兵器「肥満手術」ってどうなんだろうか?腹腔鏡下胃バンディング術

☆手術でやせる どんなダイエットをしても失敗している方はTV等で肥満に対する手術を知っていると「最終的に手術すればいいや」なんて思っているのではないでしょうか?脂肪を取り除く脂肪吸引ではなく胃を縮めてしまう手術です。 日 […]

肥満の原因は社会格差・経済格差にある、は間違っている!!経済格差と肥満の深い関係イメージ

肥満の原因は社会格差・経済格差にある、は間違っている!!経済格差と肥満の深い関係

■肥満と経済格差の関係 先進国で低所得者に肥満が多い、その理由は運動する余暇を確保出来ない労働環境、手料理を作ることができない長時間労働、安易なジャンクフードによる過剰なカロリー摂取が原因だと考えられています。日本でも所 […]