五本木クリニック院長ブログ

中国の女性報道官の鼻の下のヒゲは個人的エチケットの問題なのか、国柄のためか?


■女性報道官の鼻のヒゲが気になって仕方がない

とかく隣国と問題を起こしている中国ですが、南シナ海で領土問題がらみで中国海警局船とベトナム側との間の緊迫した状況が報道されています。テレビをほとんど見ない私ですが、この件にコメントを述べている中国の女性報道官の映像に釘付けになってしまいました。だって鼻の下のヒゲがボウボウ!!

(件名なし)_-_kuwamitsuosamu_gmail_com_-_Gmail

美容大国ではある中国ですが実際には人口が多い為にそのような結果になっただけであり、決して美容先進国ではないことは以前から何度もブログに書いています

■女性のヒゲ問題

えらく昔の話ですが「うちの女房にゃ髭がある」という映画と主題歌がヒットしました(昭和初期です)が、女性上位、恐妻家を題材にしたものでした。つまり、女性が威張っていることとヒゲをマッチングさせることで「ヒゲが生えている=偉い」というロジックに基づいています。この報道官は女性としては偉い人なんでしょうけど、中国の実情では女性は虐げられた扱いをされています。

https___www_evernote_com_shard_s288_res_b0e83c26-8d22-498a-8ac5-40270c4c5a74_004-07_pdf
「現代の中国における女性と職業 : 自己実現とストレスをめぐって」甲南女子大学大学院論集. 人間科学研究編 4, 57-68, 2006-03-18 より

■働く女性の方がヒゲを気にしているんだけど

そこで、貝印という刃物のメーカーのサイトを参考にさせていただきました。まず、ムダ毛で一番処理をしている箇所は「顔のうぶ毛」がダントツトップの70.6%でした。

今どき女子_男子の意識調査|_bi-hada_うぶ毛ケアはスキンケアの新常識__|知る・楽しむ|貝印
http://www.kai-group.com/より
この調査には含まれていませんが、「ワキ」がダントツトップであるはずなんですけど、貝印さんの営業政策もあって、多分「ワキ」は除外されているんでしょうね・・・ほとんどの女性が当院の様な美容皮膚科で脱毛していますから。

さらに今度は「顔のどの部分のうぶ毛を処理していますか?」という問いに対しては当然、鼻の下が圧倒的でした。

今どき女子_男子の意識調査|_bi-hada_うぶ毛ケアはスキンケアの新常識__|知る・楽しむ|貝印

さらにどんな時に男性が女性のうぶ毛を気にしているかという調査は此の様になっています。

実は約4割の人が「他の人は自分のうぶ毛をあまり気にしていない」と気がゆるみがち。ところが男性は、会社や電車でも女性のうぶ毛にしっかり気づき、処理をしていない女性は「異性を気にしていない!」と厳しい評価が。さらに驚くのは、その距離。接近戦のみならず、なんと80cm離れていても気になるという結果に。会社やレストランのテーブルの奥行きは60~80cm。仕事でもデートでも、あなたは常にうぶ毛チェックの危険ゾーンにさらされているのです!

ですと!!まあ貝印さんが女性用のうぶ毛処理用のカミソリを販売しているので、かなりバイアスが掛かった調査ですけど、仕事中に女性はうぶ毛を見られてるようです。ちなみに中国の女性報道官はもちろん仕事中であり、私はテレビから約1.5メートルほど離れて見ていましたが、テレビの大きさを考えると80センチって確かにと言える距離かもしれません。

■職業別ヒゲの処理をしている女性

さらにこの調査は続きます。職業別のヒゲ処理の割合まで調べていてその結果は職業に就いている女性は鼻の下のヒゲを52.4%が剃っているのに対して、主婦の場合は42%でした。
この統計?からアメブロニュースはこのように伝えています。

働き過ぎが原因?オス化する「ヒゲジョ」が急増中!

http://news.ameba.jp/20120721-390/より
これを非科学的、非統計学的に解析をすると処理をしないといけないほどの鼻の下のヒゲは働く女性の方が生えやすい、という結論に至ります(どうしても中国女性報道官のヒゲに話をもっていきたいので)。中国の女性は虐げられているが、

報道官にまで出世するような女性であってもエチケットとされる鼻の下のヒゲさえも気にしない国

である、と私は強引に考えました。現代の中国はロマン溢れる4000年の歴史は彼方に消え去り、エチケットを気にしない高官が支配するために、アジア諸国でトラブルを引き起こし、民間の旅行者も旅先でマナーがなってないと批難されるのはお国柄なんで、しかたがないようです。

↑ページTOPへ

関連記事

「飲む日焼け止め」だって!!本当に効果があるのか、副作用はないのか調べました〜!!イメージ

「飲む日焼け止め」だって!!本当に効果があるのか、副作用はないのか調べました〜!!

■「飲む日焼け止め」って本当にあるんだ!! 先日、当院のスタッフから「飲む日焼け止めってあるんですけど、飲んでも大丈夫でしょうか?」との質問を受けました。「ビタミンCとかがたくさん入っているだけなんじゃないの」と自分の知 […]

大韓航空「ナッツ姫」は美容に関心の高い女性だった、だからナッツにこだわったんです!!多分(笑)イメージ

大韓航空「ナッツ姫」は美容に関心の高い女性だった、だからナッツにこだわったんです!!多分(笑)

■財閥が支配する韓国の象徴「ナッツ姫」をかばって見よう、と思ったのですけど・・・。 国民の生活の二極分化が進んでいる韓国、財閥支配の悪影響の象徴的な事件が「ナッツリターン」の主役である「ナッツ姫」です。彼女はなぜ、ナッツ […]

ニキビ治療の決め手はBPO(過酸化ベンゾイル)の併用療法なんですけど、日本では未承認イメージ

ニキビ治療の決め手はBPO(過酸化ベンゾイル)の併用療法なんですけど、日本では未承認

■過酸化ベンゾイルの有無がポイント これは割とニキビに悩まされた方には有名な話ですが、世界的に売れているニキビの市販薬というか通販がメインのあの「効果が感じられなければ使用後でも返品可」のあの製品って実は日本のものとアメ […]

しわを改善する美容医療の基本,ボトックス治療を怖いと思っている方へ

■ボトックスって毒なんでしょ、だからシワ治療は怖い? ボトックス(BOTOX)注射という美容医療の基本中の基本ともいえる治療方法があります。ボトックスは商品名ですが、一般的にボトックス治療と呼ばれることが多いので今回は商 […]

ドクターズコスメと普通の化粧品の違い、知っていますか?実は効果に違いは・・・。イメージ

ドクターズコスメと普通の化粧品の違い、知っていますか?実は効果に違いは・・・。

■ドクターズコスメの定義はありませんので、効果で違いを見分けるのは難しいです 日本ではドクターと言えば医師の英語と皆さんは思っているでしょうが、本当は違います。英語圏ではPhysician(日本語では内科医)と呼ぶことが […]