五本木クリニック院長ブログ

血管年齢と男の更年期障害 男のパワーはまんま直球!?EDは年だからは間違いです。


■パワーこそ男の武器だ!?

昔、こんなCMがあったの覚えていますか?「男には男の武器がある」なんてものもありました。暑苦しい中年のオッサン(若山富三郎だったか?)が出て来て栄養剤か、精力剤的なドリンク剤を広告していて子ども心に「下品!」と感じていました。自分がその「オッサン」年齢に達すると確かにパワーが無くなって来たような気もしますし、先日丸二日間、貫徹夜をしましたら数日間眠たくて眠たくて仕方がありませんでした。男にとってのアンチエイジングの基本は先日ブログに書いた様なアバクロ経営者の変な整形手術ではなく、テストステロンというホルモンに大きく依存しているのです。
JAMA_Network___JAMA_Internal_Medicine___Low_Serum_Testosterone_and_Mortality_in_Male_Veterans
Low Serum Testosterone and Mortality in Male Veterans 」(Arch Intern Med.2006;166(15):1660-1665. )より

テストステロンが低いと早死にします!!

■ED治療薬が効かないという場合はテストステロンの不足が考えられます

世界中の男性に朗報をもたらしたED改善薬ですが、残念なことに効果が現れない方もいます。男性の更年期障害「LOH症候群」をNHKの健康番組などが取り上げてくれたので認知度は高まり

「勃起しないことは、LOHの兆候である」

という身もふたもない直球的解釈が世の中を駆け巡っています。これってインチキ臭い話なんですが、実は本当のホントなんです。

一番細い血管が勃起に関わるので、動脈硬化の症状で最初に出現するのがEDなんです。

■テストステロンは強さの証明??

テストステロンが高いロンドンのトレーダーのほうがより稼いだ、という有名な話がありますが、実際にその傾向はあるのですが、反対の考え方をすれば「テストステロンの高い人は大勝負をする傾向がある」というだけであり、長期間調査を続けていれば今頃はスッテンテンになっている可能性も大です。

テストステロン=戦いのホルモン、という解釈も成り立ちますが実際に戦争中の兵士のテストステロンを測定したところ平時と比較して低い値を示していたという研究がありあます(男性ホルモンの大家である札幌医大名誉教授の熊本悦明先生のお話による)。戦争状態という強烈なストレスに晒されると戦いのホルモンであるテストステロンが低くなってしまうというパラドックス、男性ってストレスに弱いという解釈になります。

■テストステロンと血管の関係、そして「うつ病」

血管の壁に対してNOという物質が働きかけ、血管をしなやかにしていることが健康であるために必要なことなのですが、副交感神経だけを高めても血管は広がりません。このメカニズムが正常に働くためには「テストステロン」が必要ですし、EDの場合はNOの産生にまんま直球的に関連しています。

うつ病と診断されてて、大量の精神に作用する薬を処方されている日本の現状は世界レベルからみると異常な自体なのです。一度私が診察した患者さんはなんと14種類もの精神安定剤・抗うつ剤・睡眠薬・睡眠導入剤を処方されていました。多分、最初は少ない数の薬で様子を見ていたんでしょうけど、効果がイマイチなためガンガン増量されてしまったのでしょうね。本来ならばテストステロンを測定しておけば間違いなく低い値を示しており、テストステロンが低くなるとうつ病の治療薬が効果を発揮するためのセロトニンとかドーパミンの生産量が落ちてるために幾ら薬を投与しても効果が出にくくなるんです。

■前立腺がんとテストステロン

テストステロンの有害性を強く主張する医師もいますが、今では前立腺がんに対する影響も事前にPSAという前立腺がんを見つけるための腫瘍マーカーを測定しておいて、がんの疑いが無ければ安全にテストステロンを使用出来ることがわかっています。数年前ですが、アンチエイジングドクターをしてかなりマスメディアに登場していた医師がこのPSA検査をしないで、男性更年期と思われる患者さんにテストステロンを打ち続けていた症例を私は経験しておりますので、アンチエイジングドクターであっても男性のアンチエイジングに対しての知識不足の医師もいるということはお忘れなく!

治療と原因がハッキリして来た男性のアンチエイジングですが、特効薬のテストステロン注射薬自体が現在日本中で欠品になっています。副作用とかの問題ではなく原料自体が不足していて、海外からの輸入の目処がつかないとの報告を製薬会社から受けていますが・・・ひょっとして海外のオッサン達の間でテストステロン補充療法が爆発てきにブームになっているのかも知れません。

↑ページTOPへ

関連記事

値段が高けりゃ体に良い食事、と思ってしまう悲しい人間の習性!!??

■食品業界の方、価格を上げればバンバン売れますぜ!!?? 健康ブームが加熱すると非常に高価な食材がもてはやされてしまうような現象がおきます。例えばオーガニック食品。農薬や化学肥料まみれの野菜より手間暇かけたので、当然一般 […]

ダイエットのために運動すると寿命が縮まる!!??イメージ

ダイエットのために運動すると寿命が縮まる!!??

■肥満対策に運動すると死亡リスクが高まる?? 早朝や休日にジョギングをしているオッサンたちを見かけますよね?日頃の運動不足をランニングすることによって解消しているのか、あるいはいつの間にやらポッコリお腹が出てきたことを気 […]

読売新聞「冷え対策」の記事、芳ばしいトンデモ臭が・・・。

■体温を上げて免疫力アップの方が「冷え対策」を語ってもねえ・・・ 人体の水分量を60パーセントとすると、体重60キロの人の水分は36キログラム(36000グラム)になりますよね。水1グラムを1度あげるのに必要な熱量は4. […]

高齢者の定義の見直しを検討中、じゃあ「老人は幸福」と言う話は本当だろうか?イメージ

高齢者の定義の見直しを検討中、じゃあ「老人は幸福」と言う話は本当だろうか?

■幸福度を数値化できるのか?という素朴な疑問 WHOによって高齢者の定義は65歳以上となっています。でも、個体差がかなり大きく64歳でも70歳以上に見える人もいますし、80歳でも60歳代に見える人もいます。一般的には数十 […]

続出するキレる老人やオッサン・・・脳疾患以外に男性の更年期障害の疑いもあるんじゃないかと。

■レジや受付で怒鳴りまくる高齢者続出 高齢者は世界的には60歳以上、WHOや日本では65歳以上と定義されています。スーパーのレジの行列、駅の切符売り場、病院の受付等で突然怒鳴り声を聞くこと多くありませんか?当院でも診療内 […]