五本木クリニック院長ブログ

酵素療法って医学的には否定されていますが、信者が多いのは医療サイドの問題かもです、ニセ医学だけど。


■酵素にも色々ありまして・・・ガンが治るはやめてください!

先日から酵素によるダイエットとかそれにまつわるビジネスに対して批判的なブログを書いているにはワケがあるんです。というのも大手の○田酵素のように「健康と美容に」的な表現をとっているなら何も問題はないのですが、アトピー、喘息などの病気が治ってしまうとか、「ガンが治った!!」なんてものは非常によろしくないのです。

なぜならガンの場合、医療不信の方がいらっしゃることは当然承知しています。特に末期ガンで発見された患者さんに対して、お手上げです的な心ない発言をする医師がいることは否定しません。しかし、少なくとも一定レベルの成績を挙げることが科学的方法で立証されている治療方法があるんですから、エビデンスに乏しい酵素食品で自然治癒力をアップして治そう、なんて選択をしてしまう患者さんは悲惨な結果になるのが明らかだからです。

当院でも実際に疑似医学ビジネスに手を染めた経歴の患者さんがいますが、まっとうな医療治療を今では素直に受け入れています・・・ご自身でも疑似医療ビジネスを行っていた当時も「これは本当に効果があるんだろうか、でも愛用者が効果があるっていっているんだから」と自分を納得させていたそうです

■どんな理論でも最初から科学的・医学的に破綻している酵素栄養学

酵素栄養学って医学分野があるわけではなく、ある特定の人たちが「今の医学は遅れている、これからは酵素栄養学の時代だ!」と勝手に暴走しだした疑似医学なんです。1940年代後半にエドワード・ハウエルと言う人が唱えだした考え方らしいのですが、一般向けの本とし1980年以降に出版してからブームが起こったようです。

しかし、古くからある学説??のわりには全うな医学書で「酵素栄養学」ってものはありませんし、当然医学部で学ぶこともありません。

不思議なことにこの酵素食品とローフーディズムは親和性が高いようで、なんでも生で食べましょう!酵素イッパイの食品とともに!的な流れが酵素栄養学至上主義の本やサイトでは目立ちます。多分、少ない医学・生化学的知識の著者たちは酵素が熱によって変成してしまうことは理解してるんですね。

■酵素が体に良い説の先駆者は日本人でした!?

私が調べた範囲では脇田政孝著「医学を超えた健康法 酵素療法の実際」という本が1955年頃に出版されていますので、酵素栄養学の父エドワード・ハウエルさんが一般向けに本を出した時期より早いんです、日本人の方が酵素は健康にいいです説を一般的に広めたのは。恐るべし日本人疑似医学力、と感心していたらヤッパリ外国にはかないません。

スクリーンショット_2014_06_18_23_44

マックス・ゲルソンと言う人が「ゲルソン療法」という治療法?を唱えだしました・・・これが生の野菜を中心にしたローフード(生食)ブームの始まりと考えられます。あの「コーヒー浣腸」を言い出したのもこの人です。

日本人にアドバンテージがあったかに思われた疑似医療ですが、残念ながら「ハウエル+ゲルソン」のタッグチームには適わなかった模様で現在の日本の酵素健康法は「酵素+生食」が主流となっている状況です。

■本場の米国では確実に否定されている酵素ダイエット

米国ではアメリカがん協会が酵素療法(Enzyme Therapy)に対しての判定を下しています。
スクリーンショット_2014_06_18_23_15
スクリーンショット_2014_06_18_23_18
スクリーンショット_2014_06_18_23_21
http://www.cancer.org/より一部抜粋

・概要 酵素サプリメントはがんの治療には役立ちません

・医学的証明 酵素ががん治療に効果があったとする証拠はありません

ということを警告しているんです。もう一度繰り返します、酵素食品が健康に良さそうといって普段あまり食べない野菜類を積極的にスムージーであれ、サラダであれ摂取することは良いことです。健康のために食事に気を使うことも大切なことです。

しかし、酵素を含む食品を積極的に摂取しても、なーんの効果も酵素自体は直接人体に現しませんし、ガンが治るワケは無いのです。

酵素食品が健康に良いと宣伝しまくっている人、セミナーなどで酵素の有効性を強く訴えている方は「病気が治る」的な表現はぜひ改めて頂きたいと存じます。

↑ページTOPへ

関連記事

「まつげ美容液」の思わぬ副作用、瞼が垂れ下がってしまう!!重大な副作用の報告がありました。イメージ

「まつげ美容液」の思わぬ副作用、瞼が垂れ下がってしまう!!重大な副作用の報告がありました。

■「まつげの美容液」はもともと副作用の産物です まつげの育毛効果がある「短い睫毛を長くする」美容液が一般的になってきています。まつげが伸びる作用自体、もともと「緑内障治療薬」の副作用として見つかったものです。 ◎追記 睫 […]

「樹毛」という育毛剤があるんだけど、養毛剤とどう違うの??イメージ

「樹毛」という育毛剤があるんだけど、養毛剤とどう違うの??

■養毛剤と育毛剤の違いってウェブに書かれていることは本当?? 「樹毛」(じゅもう)という育毛剤があって、医療機関限定で販売されています。当院では成長因子などを使用した薄毛治療を行っていますので、この育毛剤である「樹毛」は […]

「ゼオミン(Xeomin)」は新たなしわ伸ばし治療の定番になるか?「ボトックス」を超えたかも。イメージ

「ゼオミン(Xeomin)」は新たなしわ伸ばし治療の定番になるか?「ボトックス」を超えたかも。

■シワ治療の定番ボトックスの欠点を補った「ゼオミン(Xeomin)」 切らないでシワを改善する治療の代名詞「ボトックス」ですが、繰り返し使用することによって ◎「抗体」が作られることによって、効果がでなくなる可能性 が以 […]

ビタミンB17の効果と作用、っていうかそんなビタミンあったんだ??!!イメージ

ビタミンB17の効果と作用、っていうかそんなビタミンあったんだ??!!

■ビタミンB17という不思議なビタミン?? 先日、米国の爆撃機のことを調べていました。B52(ベトナム戦争で使用)、B29(日本を爆撃)、そしてB17という第二次世界大戦で初期の頃、日本の誇るあの零戦がカモにした爆撃機を […]

年を取るとなぜ「たるみ」がでるのか? ハッピーリフトでハッピーに!追記あり

■顔のたるみの原理 たるみと一言でいっても、なぜ皮膚は老化と共にたるんでくるのだろうか?顔の弛みを中心に考えてみます。 ・表情筋の筋力の衰え ・真皮のコラーゲン、エラスチンが減少する ・皮膚のヒアルロン酸が減少する ・ […]