五本木クリニック院長ブログ

男性の美容整形人気No.2は乳房の手術!!??英国の話ですが・・・


■英国では男性が受ける整形で乳房が二番目に多い!?

男性が整形手術を受けたり、美容治療を受けることも珍しくなくなってきています。英国ではなんと男性が受ける美容整形で二番目に多いのが胸の手術と言う驚く情報が入ってきました。タイにニューハーフが多い意外な理由をブログで書いたので一瞬なんでイギリスで男性が豊胸手術を??と思いましたが元ネタであるデイリー・テレグラフ公式サイトをよくよく読んでみると「形成手術」であり治療名は「乳房縮小術」となっています。なにかの理由で「女性化乳房」という症状が出た男性が乳房縮小術を受けていたということだったのです。
atshow-gynecomastia2_jpg__699×395_
Dr Dirk Kremer (写真の真ん中の人)のクリニックでは患者さんの10%が男性とのことです。
このテレグラフ紙は英国では高級紙とされていますが、オンライン版は東スポや夕刊フジ的香りが漂いますので念のため「英国人男性は乳房収縮術を受ける」という件について詳しく調べて見ました。

■男性の胸が大きくなる女性化乳房

NHSという英国の国民保健サービスという政府の機関の一つも「男性の乳房縮小手術」というページを作成していました。
Breast_reduction_-_Male_breast_reduction_-_NHS_Choices
NHSより
この女性化乳房って皆さんには珍しい症状に思われるかもしれませんけど、泌尿器で使われる前立腺肥大の薬でも起こりうる現象であり、特殊なものでは有りません。まあ、女性化乳房が前立腺肥大症の治療中に生じた場合は薬を変更すれば症状は数ヶ月で治まりますので、乳房縮小術は行うことはあり得ません。

なぜイギリスでは女性化乳房に対して乳房縮小術を行うのか理由を調べたところ、一番の理由は「肥満による脂肪が原因」とのことです。たんに太ったオッサンがおっぱいが気になるから手術で症状を解消しようとしているらしいのです。もちろん遺伝性の病気や前立腺がんの治療の影響によって女性化乳房になりますが、テレグラフの書き方によれば

「Men have been flocking to plastic surgeons to rid them of their 'man boobs'」

となっていますので、あまり深刻な病気が原因となって乳房縮小術が必要になったとの気配は感じられません。英国美容形成外科学会の発表によると2010年には年間741件だったこの手術は前年と比べて28%増えています。

■フェイスリフトなどの目に見える場所の整形手術が英国ではブーム

イギリスのオッサンの傾向として世界の潮流と同じく美容に関心が高まっていますが、景気が悪いために服で隠せるお腹の脂肪除去などの治療は人気が凋落する傾向があり、隠すことのできない顔のたるみに対するフェイスリフトや肥満によるおっぱいの手術が増えているのですby英国形成外科学会会長のDr. Fazel Fatah。

当院はなぜか最近オッサン(自営業または会社役員などの偉い人が目立つ)に人気が高まっています。傾向としてはダントツの一位人気治療はライポソニックスという一回の治療でお腹の余分な脂肪がスッキリする脂肪を破壊するものです。この治療法について私が結構理屈っぽく説明している点が気難しい理論派のおじさん達に受け入れらているようです、もちろん理屈っぽい私自身も体験して十分に効果を実感しています。

当院で二番目に人気なのは「シミ」の治療で傾向としては英国と同じです。男性の場合は女性と比較して痛みに弱い様子で必ずある質問が「痛くないですか?」です。このシミの治療は痛がりで有名なホリエモンが実際に当院でレーザーでシミをスッキリとったものが動画としてアップしてありますので、説得力があるのですね。
男性シミ取り、について良ーく考てみた・・・難しく考えないで、簡単に消せるのに!___五本木クリニック___院長ブログ

■英国紳士に告ぐ!チョッとは努力しなさいよ

当院のライポソニックスによる脂肪除去は「寝たまま痩身」なんて名前を付けて楽チンにお腹まわりをスッキリさせることができますよ、とチョイと胡散臭いムードを醸し出しています。笑 

夏に向けて毎日腹筋100回とかやってもお腹まわりをスッキリさせることはまず不可能だと思いますし、ツラいダイエットとくに最近人気の炭水化物を減らすダイエットは実はオッサンの敵である尿酸値を上げてしまい痛風発作を起こす可能性も大ですし、あるデータによると死亡リスクが高まりまるという可能性もあります。

しかし、紳士の代名詞であるイギリスのオッサン達も安易に乳房縮小術を受けないで、少しはダイエットするくらいの努力をした方がいいんじゃないですか?

↑ページTOPへ

関連記事

宿便健康法のネタ元甲田光雄医師の著作は,ぜんぜんオカルト臭がしなかった。イメージ

宿便健康法のネタ元甲田光雄医師の著作は,ぜんぜんオカルト臭がしなかった。

■インチキ民間療法の元祖は結構マトモだった 「○○したければ○○しなさい!」的な命令口調の健康法をかなりの頻度で見かけます。この様なタイトルを付けるのは自称マーケターのかなり怪しい人たちが「今は家を建てるな!家を建てる前 […]

「食べない生き方」で生きられるのかなぁ?少食は世界を救う!イメージ

「食べない生き方」で生きられるのかなぁ?少食は世界を救う!

■一日50キロカロリーで生活している人がいる!? 先日の年末年始のだらしのない生活で体重が4キロ増えてしまった私が「こりゃ、いかん!!」と思い体重を調整しようと思った日の新聞の朝刊が様々な方法の「ダイエット系」の本でいっ […]

ミトコンドリアってなんだっけ 調べていくとダイエット・サプリの元ネタオン・パレードイメージ

ミトコンドリアってなんだっけ 調べていくとダイエット・サプリの元ネタオン・パレード

■忘れられない言葉・・・ミトコンドリア 中学・高校の教科書にでてきて今の自分の生活に全く関係ないのに、強く記憶に残っている名詞ってありませんか。私は「石綿付き金網」「蘇我馬子」「ミトコンドリア」がなぜかしら記憶に強く残っ […]

悲報 揚げ物好きのオッサンへ 肥満遺伝子が活性化するらしいイメージ

悲報 揚げ物好きのオッサンへ 肥満遺伝子が活性化するらしい

■メタボ系のオッサンは揚げ物好き 最近の若者は食事も健康志向であるために、草食系になってしまう、なんて自分勝手な論理を振り回しながら昼食にトンカツを食べてるオッサン仲間に悲報が入ってきました。以前、「ダイエット・健康の悪 […]

日本の伝統食が安全と強調する「食品添加物の神様」安部司さま、欧米食も案外健康的ですよ!!

■食品添加物の恐怖を語り、コンビニを目の敵にする食品ジャーナリスト 食品ジャーナリストとかフードプロデューサー、食の評論家を自称する方々の特徴はとにかく食品添加物は危険であり、添加物が多量に使用されているコンビニ食は危険 […]