五本木クリニック院長ブログ

肝斑の治し方は、レブライト(REVLITE)でレーザートーニングが世界標準です。


■レーザートーニングに最適なレブライトというレーザー治療器

肝斑とシミの違いってご存知しょうか?シミを肝斑だと思い込んで市販薬のトラネキサム酸を飲み続けて効果がないと嘆いている方もいますし、医師でさえシミだと思い込んで肝斑にレーザーを照射してしまうと悲惨な結果になります。皮膚科学会は「肝斑の治療にレーザーはダメ」と言っていますが、それは時代遅れでありレーザーの機種と技量の差なので

皮膚科学会さま「肝斑にレーザーは効果ない!」と言い切って良いんですか?

というブログを書いて各方面から袋叩きにあった私です・・・泣。

美容皮膚科の世界では肝斑のレーザー治療として「レーザートーニング」が行なわれていて、現在日本で最新のQスイッチヤグレーザーはメドライトC6とされていますが、世界基準としては残念ながら古い機種になってしまっています。

◎REVLITE(レブライト)という次世代のレーザー

がC6の上位機種レーザーとして登場したため、もはやメドライトC6は時代遅れになってしまっています。
921-0266-000_rev1_RevLite_OUS_Bro_HR_0-25_jpg

■肝斑を治すためのに圧倒的な効果があるレブライトというレーザーについて

なんでお前、「レブライト、レブライト」って言ってんの、と思われますが、そりゃ言いますよ、買ったんですもの「肝斑治療専用機」として。今まで肝斑治療にレーザートーニングとしてメドライトシリーズを使用して来た当院として、肝斑の治療にメドライトだけだと効果はあるのですが、効果抜群とまで言い切ることはできませんでした。

レブライトがメドライトの上位機種として米国で肝斑やタトゥーの治療の主役になっていることは知っていましたが、日本では未だ数台しか導入されていませんでしたので、果たして日本人の肌質にあったパワーを持ったレーザー治療器であるか様子を見ていました。米国で日系人の症例が多数治療実績として出て来ました。

当院の治療器導入にあっての「どんなに流行していても効果が十分出ないものは導入しない、他が導入していなくても効果があるなら即効で導入」という堅く守り続けたルールがあり、実際にデモンストレーションで当院で数名の医師・スタッフに対して治療を行い、シミや肝斑を治す方法として確実な効果が得られたので、買ってしまいました〜(高かったけど)。
921-0417-000_rev1_RevLite_SI_singleOUS_Bro_HR_SPREAD-6_jpg
921-0417-000_rev1_RevLite_SI_singleOUS_Bro_HR_SPREAD-5_jpg
これだけ効果があったら導入しない方が問題ですって!!

■レーザートーニングで肝斑が治る理由

色素に合わせた波長を治療する部分に照射することでQスイッチヤグレーザーは効果を発揮します。このレブライトは米国では今までレーザーでは難しいと言われていたタトゥーの特殊な色の効果が高いために、先端をいく美容皮膚科ではスタンダードとなった模様です。日本人の肝斑と米国人の肝斑って少し性状が違うものと考えられています。

◎日本人の肝斑の原因は過剰な皮膚への刺激が原因

と考えられています。というのも日本人ほど「肌のキメ」にこだわる国民は少なく、ファンデーションを日常使いしている珍しい国民性と欧米からは見られているのです。ファンデーションはとにかく落ちにくいものが好まれますので、化粧を落とす時に強く皮膚を擦ることが日本人の肝斑の大きな原因と当院は考えていますし、日本でも最新の研究をしている美容系の医師もそのように主張しています。さらに間違ったマッサージ方法も肝斑の原因となっており、長年の刺激によって皮膚に色素沈着が起こっている状態が日本人の肝斑の実態なのです。

レーザートーニングで肝斑を治療する場合、ある程度の距離を皮膚から於いて、ピンポイントでは無くシャワー状にレーザーを照射します。シミに対するレーザーの効果はメラニンを直接破壊することなのですが、肝斑に於ける色素に対しては直接刺激を与えると逆に色素沈着が酷くなってしまうのが大問題でした。レブライトによるレーザートーニングは、1000分の1秒単位で照射することによって「色素の塊を割る」イメージなのです。割れた色素(メラニン)はマクロファージと呼ばれる細胞に吸収されて(食べられて、という表現でもいいかもしれません)、消え去って行くのです。

■肝斑とシミが混合している場合の治し方

これが結構難しいものでした、しかし、レブライトは「シミはシミ、肝斑は肝斑」として治療することが可能です。もちろん当院はシミ専用のレーザーも各種取り揃えていますし、肝斑にある程度効果のあるレーザーも複数台所有していますし、さらに光治療器に至っては売るほど揃えています 笑。肝斑とシミが混在している日本女性が多いので、レブライトは間違いなく数年後には日本でもスタンダードなレーザー治療器となるでしょうね!!
肌:シミ___五本木クリニック
シミと肝斑の治療法については美容サイトのシミという項目に詳しく書いてあります、もちろんレブライトによる肝斑治療も掲載してありますので、ご興味のある方は是非ご覧ください、

と少しばかり宣伝させてくださいませ。

追記 本を書きました。無料で差し上げます。詳しくはこちらまで→「電子書籍無料プレゼント

↑ページTOPへ

関連記事

「湯シャン」実践派の方へ・・・匂うんですけど。元ネタはニセ医学の経皮毒か?

■シャンプーを使わないでお湯だけで髪を洗う「湯シャン」・・・経皮毒が影響か? 女性の間で髪の毛を洗う時にシャンプーを使わない「湯シャン」が話題になっているようです。なんでもシャンプーは薄毛やハゲの原因になるだけではなく、 […]

ボトックスの失敗・・・原因は3つに絞られる!!イメージ

ボトックスの失敗・・・原因は3つに絞られる!!

■ボトックスの失敗の原因を追究してみると・・・ ボトックスというシワを改善する治療方法が日本で行われだしたのが10数年前、一般的にシワを伸ばすと認知されだして女性ファッション誌などで取り上げられだして10年くらい経過して […]

「ステロイドの副作用で皮膚が黒くなる」は都市伝説ですイメージ

「ステロイドの副作用で皮膚が黒くなる」は都市伝説です

ステロイド入り塗り薬の長期連用による副作用 皮膚科の診察でステロイド外用薬を処方するとき、どんな他の薬より患者さんがする質問に「ステロイドが入っているけど副作用大丈夫ですか?」というのがあります。抗生物質や血圧の薬を出す […]

シミを消す化粧品、こりゃありえないでしょうよ(怒&笑)

■シミを消す化粧品って医薬品とは違うし、当然レーザー治療とは比較にならないはずなんだけど 国民生活センターや厚労省がヘンテコリンなサプリや化粧品などのネット上の広告に関して、積極的に指導を行いだしました。美容系の医療も同 […]

美容整形のトラブルが増加!!ネットも含めた医療系広告の落とし穴にご注意を!!追記ありイメージ

美容整形のトラブルが増加!!ネットも含めた医療系広告の落とし穴にご注意を!!追記あり

■医療は基本的に広告はできません 医師法によって医療機関が広告できる範囲は極々限られています。でも、美容整形や美容皮膚科の広告って雑誌やネットやテレビで目にしますよね。テレビの場合は美容クリニックの名前が流れるだけか、医 […]