五本木クリニック院長ブログ

「健康食品」の表示方法を国が再検討しているらしいけど、余計なお世話かも!?


■そもそも健康食品とは

「健康食品」って気軽に使っていますけど、そもそも健康食品ってなんだかご存知でしょうか?健康に害を及ぼさない食べ物、あるいは健康になるための食べ物という解釈で大きな間違いはないのですが国側はいくつかの基準を作っています(国が使用する言葉で「健康食品」と定義されているもの自体が無いという不思議)。
健康食品として皆さんが考えているものは大きく三つに別けられます

◎特定保健用食品(トクホ)

健康を増進させたり、健康を維持する役に立つ食べ物で、国の審査が必要なかわりに、広告で効果・効能を言うことができる。例えば「中性脂肪を抑える」とか「血圧が高めの方へ」的な表現が可能となります。

◎栄養機能食品

多くのサプリメントがこれに含まれます。ビタミンC1000mgとかの栄養成分を表示をすることができるのですが、一定の基準があるだけは国による審査は必要ありません。

◎単なる食品

なんとはなしに体に良さそうな食べ物で、国の審査もなければ基準もありません。
実態とかけ離れた「健康食品」の宣伝文句___産業・業界___東洋経済オンライン___新世代リーダーのためのビジネスサイト
東洋経済オンラインより

誇大広告を規制するための表示方法の再検討

なら良いのですが、どうも内情は違っているようです。

■特定保健用食品の問題点

現時点で「トクホ」として国の審査に合格した食品は1000くらいありますが、効果・効能を製造販売している企業が行なって国に対して大量の書類を提出して「お墨付き」を頂く制度となっていますので、多大なコストを時間が必要となりますし、審査している国側でもあの「エコナ」を承認してしまったという暗い過去があります。

特定保健用食品は実際問題としては大企業独占状態となっていますので、派手ないかにも健康になる、ひょっとして病気の治療になる、薬の替わりになる的に捉えている方も多いのです。病気であるなら医療機関を受診した方が効果もハッキリしていますし、健康保険の対象である場合は費用面でも利点があるのになぜ、このような中途半端な分類が必要なのか理解しにくいのです。国の財政を脅かす医療費を抑制するために、自己責任で病状を改善しなさい、と言われているようで・・・。

ちなみに医薬部外品によって「カネボウ白斑事件」は引き起こされています。

■栄養機能食品の問題点

ある一定基準を満たしていれば表示が可能だけど、国は審査していない、という不思議な状態に置かれている食品です。例えばビタミンCが1000ミリグラム含まれていると大きく表示している食べ物をお菓子状、サプリ状、飲料にして実際に表示されている栄養素と量が含まれていれば全く問題ありません。

スーパーでレモンを売る場合に「ビタミンC何g!!」って売り込み方をするでしょうか?本来ならば通常の食生活で得られる栄養素をある意味むりやりに抽出して食品に含ませたものが、「栄養機能食品」ってわけになります。わざわざ国が審査する必要がないけど、表示するならしっかり表示した栄養素を含ませておいてね、ビタミンCが何にどのような効果・効能があるというのは消費者がご自分で判断してください、ってことになります。

気になる成分があったら自分でしっかり調べる習慣をつける必要があります。

実態とかけ離れた「健康食品」の宣伝文句___産業・業界___東洋経済オンライン___新世代リーダーのためのビジネスサイト 2
上記東洋経済オンライン『実態とかけ離れた「健康食品」の宣伝文句より

■単なる食品で体に良さそうなものが大問題!!

例えばエナジードリンクと呼ばれる飲み物があります。学生が徹夜で勉強する時にがぶ飲みする場面が映画などで知れ渡って常飲している人も多いのですが、これは国の審査もなければ基準自体全くありません。実はこの健康面になにがしかの影響を与えるイメージのある単なる食品に対して政府主導で検討が加えられています。「3.一般健康食品の機能性表示を可能とする仕組みの整備」ということで第10回規制改革会議で話がでた様子です。1.8兆円にも及ぶ健康食品市場に対してなにか手を打たないと、というムードで会議は進んでいることが読み取れます。
現在、国の考えとしては「健康食品」という分類も定義もないのですが、市場を拡大する、消費者にニーズがあるというだけでワザワザ規制下或いは管理下にある意味支配下に置く必要性があるんでしょうか??そのくせに国は審査はしないというのは栄養機能食品との違いが全く理解できません。企業サイドの自己責任の範囲で効果・効能を健康的なイメージがある食品に使用して良い、ということに将来なりかねませんので、消費者も食品の栄養素に対する理解を深める必要がでてくると思われます。

kuiawase023_2_jpg__400×259_
http://www.unasige.comよりお借りしました。
患者さんが飲んでいる薬を一元化して管理できることを目指した「お薬手帳」でさえ持参しないで、来院する方が多い上に将来は「お食事手帳」的に口にしているもの全部を管理できるシステムが必要になってくるかもしれません。笑
昔っから、「ウナギと梅干し」「天ぷらとスイカ」とか、おばあちゃんの知恵的に「食い合わせ」してはいけないというものがありますから。

↑ページTOPへ

関連記事

今年も大流行!ノロウイルスの診断は健康保険の対象外だった事に流行の原因があるかもしれない!追記ありイメージ

今年も大流行!ノロウイルスの診断は健康保険の対象外だった事に流行の原因があるかもしれない!追記あり

なんでノロウイルスは大流行の兆しがあっても予防できないんだ また今年もノロウイルスが大流行の兆しって報道されていますが、私が開業して16年経過しますがここ10年くらい毎年「大流行!!」って感じがします。そもそもノロウイル […]

梅雨前線が近づくと脳梗塞が多発!!??気候と脳梗塞の意外な関係。イメージ

梅雨前線が近づくと脳梗塞が多発!!??気候と脳梗塞の意外な関係。

■脳梗塞って寒い冬に多発しやすいイメージだったのですけど・・・ 私はなぜか脳梗塞恐怖症なんです。理由は判然としないし、家族歴でも脳梗塞はないし、脳梗塞のリスク群である高血圧でもないし、糖尿病でもないし、心房細動もありませ […]

僭越ながら電子書籍を出しました!!美容皮膚科・美容整形に関する内容です。イメージ

僭越ながら電子書籍を出しました!!美容皮膚科・美容整形に関する内容です。

■正しく理解されていない美容治療 美容皮膚科・美容外科って「キレイになりたい!!」「若返りたい!!」と考えていても、床屋さんや美容室にいくようなワケにはいきませんよね。テレビでビフォア・アフター的な美容整形が興味本位に取 […]

目から紫外線が入ると体にシミができる、日焼け止めを塗っていても勝手にメラニンが活性化する!?イメージ

目から紫外線が入ると体にシミができる、日焼け止めを塗っていても勝手にメラニンが活性化する!?

■目に紫外線が当たると白内障になるのは知っていると思いますけど 先日、理系のオッサン友達に「紫外線が目から入って網膜に当たると日焼け止めを塗ってても体がシミを勝手に作っちゃうの知ってる?」と聞かれました。そのオッサンはシ […]

予防接種で防げる「がん」もあるのに、なぜワクチン接種を拒む人が今でも多数いるのだろう?

■HPV(ヒトパピローマウイルス)はがんの原因であることは明らか、そして予防も可能 ある種のがんの原因がウイルスであることは医学的に明らかになっています。残念なことに日本では副反応の恐ろしさだけがクローズアップされてメデ […]