五本木クリニック院長ブログ

全身脱毛300円!!って脱毛専門エステはどんな料金システムになっているんだ??


■全身脱毛が300円でできるという常識破りのエステの広告

レーザーによる脱毛は医療機関でのみ治療を行なうことが厚労省ならびに各保健所から通達されています。レーザーの種類としてはYAGレーザーやアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーが使用されています。また、フォトフェイシャルやフォトRFオーロラに代表されるIPLという光治療器も脱毛を可能としています。

timthumb_php__580×285_
ジェントルヤグレーザーという当院で脱毛に使用している機器です。

以前は針を毛穴に刺して熱を加える脱毛法「針脱毛」は医療機関限定なのか、エステでも可能なのかという議論がありました。エステの主張としては針を体内に差し込むわけではなく、あくまで毛穴に入れているだけなので、人体に直接触れていないからエステで行なっても問題ないじゃん、というかなり無理のある理論武装?で当局に対抗していたようです。結果的にはもちろん却下。

最近、ネットの広告で

「全身脱毛が300円」

というものが目につきましたので、果たしてどんな脱毛を行なっているのか興味津々でネット情報を調査してみました。

■光治療ならエステでもOKらしい??

フォトフェイシャルという言葉は一般名詞ではなく、治療機器の固有名詞なのですけど、光治療の代表なので一般的には光治療の代名詞的に普通に使用しています。間隔を空けて短時間に光が照射されることによって作用するため正式にはIntense Pulsed Light(略してIPL)と呼んでいます。光エネルギーが熱エネルギーに変換されることによって、脱毛目的である毛根を焼くことによって「お肌ツルツルの脱毛」効果が得られるのです。

当院にもIPL系の治療機器は複数台ありますが、脱毛に使用するエネルギーは美肌目的の場合と比較して大きな熱量(ジュール)が必要ですし、照射している時間も比較的長くなってしまいます、ということは「ヤケド」のリスクが結構大きいのです。

IPLに比較するとレーザーの場合は波長を絞ることによって、毛根以外の部分に作用することが少ないために安全性が高い(もちろん十分なトレーニングと理論を理解した上での治療において)と少なくとも医療関係者は考えています。以前の脱毛レーザーは口径が小さいために広い面積を治療するためには手間ひまが掛かってしまうことと、医師が中心となって治療していたため高額になることがネックになっていました。IPL等の光治療器はレーザーと違って幅広い波長を比較的大きな面積に照射することが可能なために、脱毛時間の短縮が可能なので治療する側からすれば便利は便利なのです。

しかし,IPLは幅広い波長が毛根以外に作用するために「ヤケド」のリスクが高いので医療機関なら基本的にレーザーを選択することが多いのが現状です。レーザー脱毛が普及することによって当然価格競争が起きて来ますので、医療機関でさえ15年前と比較すると治療費は5分の一程度になって来ています。それでも少なくとも治療器は1000万円近くしますし、資格を有するものが治療するために300円では絶対に採算が合いません。そこに登場して来たのがエステによるIPLを使用した脱毛です。

■別にエステで脱毛してもいいと思うけど、料金が・・・

治療の理論を理解して、正しい方法で脱毛行為をエステで行なっても別に問題ないじゃない、と医療関係者は考えています。というのもエステで使用されるIPLは医療機関で使用されるIPLよりもかなりパワーダウンさせたものであるため「永久脱毛」は無理と考えているからです。

当局もヤケドなどの事故を起こさない限りエステで疑似医療行為である脱毛を多なっていても基本的には見て見ぬふりです。今回「脱毛300円の謎」を料金を中心に医療機関の脱毛と比較検討してみます。

・医師の年収は1500万円程度と言われています。
・エステシャンの年収は歩合制がある所が多いので確定できませんが、300万円とします
・レーザー治療器は1000万円として、エステの IPLはカタログによれば250万程度

エステの脱毛料金が300円なら治療機器の値段が4倍、施術者の時給が5倍の医療機関で同様の治療を行なった場合

・設備投資4倍×人件費5倍=20倍、6000円になることが予想されます。もちろん設備投資額を回収してしまえば、コストは人件費の5倍だけで済みますので、あくまで仮の計算とお考えください。

注意:脱毛ってレーザーであろうと、IPLであろうと複数回必要ですので300円で全身脱毛ができると思ってしまう方もいるかも知れませんので、料金体系はしっかりと確認してから治療の申し込みをしてくださいね。

■エステVS医療機関、ビジネスとしてはエステの圧勝!!

全身脱毛300円のエステのサイト上の詳しい料金体系を見ますと「全身脱毛6回13万8300円(税抜き)」となっています。正確には初回月は300円で全身脱毛ができるけど、翌月からは毎月9800円を15回支払うシステムになっています。先ほどの医療機関治療料金20倍説をこの全身脱毛6回コースに当てはめると250万円以上となる計算になります。レーザー脱毛機の普及によって価格競争が起きてしまったために、医療機関は一部を除いて現時点では通常メニューとして脱毛は行なっているけど、積極的に宣伝している所は稀なのです。

当院でも以前は「全身脱毛コース」というものを2年間フリーパスで50万円程度で行なっていました(現在は積極的には行なっていません)。全身脱毛300円エステの場合、6回の治療に15ヶ月掛かることにサイト上はなっていますので、当院の全身脱毛コースを15ヶ月行なったと仮定して計算すると

・50万×15÷24=31万2500円
先ほどの医療機関VSエステだと医療機関の場合20倍料金を取らないと成り立たない計算になりますが、この計算方式だとその差は2倍強となり、エステと当院の実際上の料金の差はかなり縮まることになります。別の見方、経営者目線ででよーく考えてみると料金は当院の全身脱毛コースの半分と低料金になっていますけど、ランニングコストは20分の1でまかなえるために

◎全身脱毛300円エステは医療機関の10倍利益がでる

という素晴らしいビジネスモデルをエステ脱毛は作り上げているのです。

100万円以上の脱毛料金は15年くらい前だったら医療機関で表示しても希望する患者さんもいたと思われますが、いまどき医療機関で全身脱毛とはいえ100万以上出す患者さんは想定外です。20分の1のコストで無資格とはいえ脱毛ができ、さらに10倍の利益率(私が勝手に予想した数字ですけど)を背景に派手に広告を打ち出すエステにビジネスとして医療機関が脱毛で勝てる可能性はほとんどありません。

これからは脱毛は是非エステで行なっていただくのが料金に敏感な消費者にとってはベストの選択と断言出来ます。効果と安全面に対しては全く保障できませんけど。

■今後、エステのライバルはズバリこれです!!

料金ではエステに勝ち目のない医療機関の脱毛です。しかし、エステも安心してはいられません。こんな脱毛用の美容機器が登場しています。

光美容器_光エステ(ボディ用)_ES-WH71___光美容器ラインナップ___ボディケア___Panasonic_Beauty___Panasonic_jpg

Panasonic 光美容器 光エステ(ボディ用) ピンク調 ES-WH71-P  17000円!!

これを購入して、友達同士でお互いに脱毛しあいっこするのが一番賢い方法なんではないでしょか?これなら300円エステの全身脱毛コースの12分の一の費用で済みますし、万が一、ヤケドなどの事故があっても相手は巨大企業のパナソニックですから、対応も十分なのではないでしょうか?

エステの脱毛でヤケドをしたと当院に駆け込んで来る患者さんは日常茶飯事ですが、パナソニックの光エステでヤケドしていらした方は今のところ0ですので安全性は十分確保されていると思われます(効果は不明です)。

当院の場合脱毛はレーザー(ダイオードレーザー・ロングパルスヤグレーザー)が主力であり、料金も安くはありません(当院ではワキのレーザー脱毛は5回で6万円とボッタクリ料金になっています 笑)。でも、なぜか脱毛治療を希望する患者さんは皆無ではないという不思議な現象に対して考えられることは、

エステの全身脱毛コース6回という数字です

脱毛はワキなら6回程度で完了する事も考えられますけど、光やレーザーの性質として毛が細くなればなるほど、治療回数が増えてしまいます。全身のムダ毛を6回でツルツルにするのはエステで使用されるパワーダウンさせたIPLでは、私が知っている限りの医学理論と物理理論では不可能であると、一言加えさせていただきます。

6回13万円チョッとで全身脱毛は無理なんです

たぶん、複数回この全身脱毛コースを申し込む事になるか、残ったムダ毛だけを追加料金で継続治療することになると思うんですが、間違っていますか?私の考え。

↑ページTOPへ

関連記事

バナナは花粉症に効果がある!!??さらに美白効果って話をじっくり検証してみました その3 バナナの美白効果は本当か?イメージ

バナナは花粉症に効果がある!!??さらに美白効果って話をじっくり検証してみました その3 バナナの美白効果は本当か?

■バナナは花粉症に有効、だとしてもなんで美白効果があるのか? 一昨日、昨日と連続して「バナナは花粉症予防になる」との話を検証してきました。バナナに恨みがあるワケではないのですが、あまりにもテキトーな情報がネットにあふれて […]

美容整形医がバカにされる理由、W-PRPとか勝手な名称をつけるからじゃないの??イメージ

美容整形医がバカにされる理由、W-PRPとか勝手な名称をつけるからじゃないの??

■W-PRPのように明確な理論なしに、勝手に独自のネーミングをつけてしまう美容整形の世界 例えば「PRP」注入療法は野球選手の田中マー君が肘の治療につかった方法で、日本でも厚生労働省が再生医療の一つと位置付けている美容整 […]

政治家改造計画②どうしても気になります 福島瑞穂元党首の額のしわ 追記ありイメージ

政治家改造計画②どうしても気になります 福島瑞穂元党首の額のしわ 追記あり

■この方をメディアで見るたびに治療がしたくてたまらなくなることがあります。 職業柄お会いした人のシミが気になってしようが無くなるときがあります。当院が最初に導入したレーザーの中にシミを取るためのQスイッチルビ-レーザーと […]

ドクターズコスメと普通の化粧品の違い、知っていますか?実は効果に違いは・・・。イメージ

ドクターズコスメと普通の化粧品の違い、知っていますか?実は効果に違いは・・・。

■ドクターズコスメの定義はありませんので、効果で違いを見分けるのは難しいです 日本ではドクターと言えば医師の英語と皆さんは思っているでしょうが、本当は違います。英語圏ではPhysician(日本語では内科医)と呼ぶことが […]

ダイヤモンド・オンラインさま、医療記事を書くなら内容を精査してからにしてくださいませ!!

■ヒルドイドの美容目的使用は違法は間違いではありませんけど、内容に少々問題が 皮膚科領域で使用されるヒルドイドという処方薬があります。ヒルドイドの保湿効果が優れているとの話から、病気ではないのにヒルドイドの処方を求める患 […]