五本木クリニック院長ブログ

なぜ、右利きが多いかという素朴な疑問がスッキリ!! 右利き、左利きを決める遺伝子が判明。追記あり


■世界中で右利きが9割占めています

今では左利きの人を強制的に右利きに矯正(言葉がダブった)することは少ないと思いますが、私が子供の時はなぜか左利きの人は右利きになおされていました。私自身がなぜ人類は右利きが多いのか?という素朴な疑問を長年持っていて、多くの理系オッサンに質問した来ましたが、納得のいく回答が得られかったのです。

例えば字を書くとき日本や中国では右から左に書きますよね、となると昔は墨を使って書いていたので当然右利きの場合、せっかく書いた文字は左に進んで行く右手によって汚れてしまいます。その点、左から右に書いていく西洋の文字の書き方は右利きに適していて、東洋の文字の書き方は右利き不利なように思えます。

人類の歴史は戦いの歴史でもあるので、心臓が左にあるんで、敵に対して武器をより近づけるために右手に槍や剣を持った方が致命傷を負わない、という考え方もあります。

という具合に人類の進化においてなぜ右利きが有利なのか、具体的な答えを見つけることが出来ませんでした。

なぜ、右利きが多いかという素朴な疑問がスッキリ!! 右利き、左利きを決める遺伝子が判明。追記あり___五本木クリニック___院長ブログ

世界中でも圧倒的に右利きが多いのです。今回、なぜ人間は右利きが多いのか?ということを単純明快に説明した記事を見つけたのでご紹介します。

■利き手に強く関連している遺伝子の同定

このネタ元はNew Scientistという面白い科学記事を集めたサイトです。

Genes_linked_to_left-handedness_identified_-_life_-_13_September_2013_-_New_Scientist
http://www.newscientist.com/より

この記事によると3300人のボランティアに協力してもらってゲノムを解析した結果、PCSK6という遺伝子が一番強く利き手と関連していることが判明しました。この遺伝子は体の左右非対称に関わっているようで、心臓は左、肝臓は右、というような指令を出していて、この遺伝子を壊したマウスの実験では右側に心臓が出来てしまうことが起こるのです。

■動物にも右利き、左利きがあるか?

実は動物でも利き手があるのですが、人間のように9:1の割合ではなく5:5の半々になっています。となると当然、人間と動物の違いである「言語の使用」と「利き手」の間に関連性があるのではないか?と考えてしまいますよね。それについても彼らは研究をしていて「失読症」とPCSK6の関係を調べていました。

PLOS_Genetics__Common_Variants_in_Left_Right_Asymmetry_Genes_and_Pathways_Are_Associated_with_Relative_Hand_Skill
http://www.plosgenetics.org/より

この論文は専門用語が多すぎるので、元ネタのNew Scientistに話を戻します。人間の言語中枢は脳の左、左脳が中心となっていますので、左の脳が他の動物と比較して発達したと考えられます。

left_brain_-_Google_検索

脳神経は右半身は左の脳が、左半身は右の脳が支配しているので、言葉を使用することによって有利に生存してきた

◎人類は左脳が発達することにより、右半身、つまり右手の機能も発達してきた

可能性が大になります。

■左利きに天才が多いという都市伝説

ダビンチ、モーツァルト、アインシュタイン、ピカソらが左利きであったことが有名なために「左利き天才説」的な解釈がされています。しかし、オバマ大統領を天才とは呼びませんし、エミネムも天才とは呼ばないと思います。この都市伝説を証明するためには歴史上の天才を全てピックアップして、利き手を調べないと証明には至りません(こんな理屈を振り回すのでオッサンは嫌われる)。

でもね、日本だけでなく世界的にも左利きって子供の時に右利きに矯正されることが多いので、統計学的に「左利き天才多い説」を明らかにすることはまず不可能なんです、残念でしたサウスポーの皆様。

追記 一般的に右脳は直感力に関連していてイメージ力、創造性に強く関連していると考えられています。左脳は言語力、理論に関連していると考えられています。ブログ投稿後にアメリカ人の友人から彼が日本語教室に通っていたときの同級生の約半数がサウスポー(左利き)だったと指摘がありました。右利き、左利きを決定するのは後天的な要素や文化が大きく左右するので、利き手を決定する要素は複雑・・・つまり、いまだに謎は多く残っているのですね。

↑ページTOPへ

関連記事

バナナは花粉症に効果がある!!??さらに美白効果って話をじっくり検証してみました  その2 有効成分は何?イメージ

バナナは花粉症に効果がある!!??さらに美白効果って話をじっくり検証してみました その2 有効成分は何?

■バナナが花粉症に効果があるのなら、その成分はなんなんだ? 前回、バナナ2本を毎日食べ続けると花粉症の症状が軽くなる、という話からそれを裏付ける研究論文、さらにその論文の問題点を僭越ながら指摘させていただきました。ある食 […]

カルピスさん、乳酸菌で不安感や不眠が解消できるのは本当ですか?

カルピスのファンなんだけど、ストレスを改善する効果はちょっとねえ・・・ 私と同年代のオッサンはカルピスに対して悪いイメージは持っていないと思います。「カルピスは初恋の味」ってキャッチフレーズ、これ本当に名作だと思うんです […]

「風邪をひいたら,ノドにネギを巻く」を間違えて「にんにくをノドに巻いた」ら火傷になっちゃった??!!イメージ

「風邪をひいたら,ノドにネギを巻く」を間違えて「にんにくをノドに巻いた」ら火傷になっちゃった??!!

■風邪にまつわる民間療法 おばあちゃんの知恵は大好きです。昔から伝えられている民間療法も迷信のたぐいではなく、現代の西洋治療(?)・スタンダード治療よりはるかに効果が上回るものもあります。例えば『「しゃっくりを止める方法 […]

認知症は予防できる因子がわかってきたけど、喫煙はリスク因子です!!

■アルツハイマー病に関係している因子の検討 認知症と聞くと「アルツハイマー」と頭に浮かぶでしょうけど、認知症の種類として「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」「脳血管性認知症」「若年性認知症」などなど多数ありま […]

風邪をひきやすい人の特徴・・・これ典型的なオッサンじゃん!!??

■やっぱり規則正しい生活がかぜを引かない一番のコツ? 病気にならないためには子供の時から言われてきたように、早寝早起きをして朝昼夜としっかり食事をした方がいいのでしょうか? ◎かぜをひきやすい人は睡眠時間が短い 傾向があ […]