五本木クリニック院長ブログ

カッとなる敵意むき出しの「怒りやすい性格」だと、脳卒中を起こすことがハッキリ証明されました!!


■カッとなる性格だと脳の血管が切れるイメージありますが、本当でした。

漫画でオッサンが怒っている場面だとこめかみ辺りの血管が浮き出ている描写をつかいますよね(サザエさんの波平さんが典型か?)。興奮すると血圧が上がって脳の血管が切れちゃう、というイメージです。

でも、別に高血圧を持病としていなくても敵意むき出しの性格だとか、怒りの感情は死亡リスクを高めることが判明しました。

Chronic_Stress__Depressive_Symptoms__Anger__Hostility__and_Risk_of_Stroke_and_Transient_Ischemic_Attack_in_the_Multi-Ethnic_Study_of_Atherosclerosis_-_Google_検索
http://www.natural-health-journals.com/より

■慢性的な精神ストレスが脳卒中などの脳の血管障害を引き起こしている

キレやすい中高年が問題になったことがあります。確かにクリニックでもゴクゴク少数なんですが、突如理不尽な苦情で声を荒げる人って中高年の方に見受けられます。

当院は医師以外は女性スタッフで運営しているので大声を出すオッサン対策は万全のつもりです。「オジさんも色々悩みがあって、家でも相手にされないから女性だと思って安心してキレているんだよ」的に解釈してスタッフの「あの患者さん来ないようにしてください」「あの人しつこいんです」という意見に対して大人の対応をするように指導しています。

理屈っぽい私なんでスタッフをキレやすい中高年対策を説得する為の理論を探していたところ、ありました!!

Chronic_Stress__Depressive_Symptoms__Anger__Hostility__and_Risk_of_Stroke_and_Transient_Ischemic_Attack_in_the_Multi-Ethnic_Study_of_Atherosclerosis

「Chronic Stress, Depressive Symptoms, Anger, Hostility, and Risk of Stroke and Transient Ischemic Attack in the Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis」(Stroke 2014; 45: 2318-2323)という論文です。ネットでアブストラクトは読めますが、全文だと有料になるんで、これを簡単に整理しますと

・平均年齢62.1歳の男女6749人を対象に調査

・高血圧やアルコール、喫煙などの血管に悪影響を与える因子は統計学的に補正した

・心のストレスの質問は健康・家族の健康・仕事の問題・人間関係・経済的問題を尺度とした

・怒りに関連する指標として怒り・他人への敵意を対象とした

その結果として

◎敵意が強いほど脳卒中のリスクが高くなっていた

ということになっていました。論文中に「trait anger」という怒りを表す言葉があり、意味がよくわからないのですが神経過敏になって、持続的に怒ってばかりいる状態をさすようです。

Trait_Anger
http://www.springerreference.com/より
医師でブログ書いてんだから、判りやすく説明しろよ!!って敵意を持つと脳の血管キレますよ!!

どちらにしても

◎抑うつ症状があり、精神的ストレスがかかっていて、敵意むき出しの人は脳卒中になりやすい

という結論になっています。

■クレーマーは脳血管系の病気のリスクが高いということですね

経済的問題、家族間の問題、仕事上の問題など中高年は山ほど精神的ストレスに囲まれて生活をしています。そのストレスの発散を第三者に対する敵意むき出しの態度では健康に問題が生じます。

今回の論文の結果に対して、もともと血圧の高い年齢だから脳卒中がカッとなるとおきるんじゃないの、動脈硬化が進んでいる年齢だから敵意で脳卒中になるんじゃないの、タバコを吸う人はもともと敵意をもったりストレスがかかりやすいじゃないの等のツッコミがあることを予想しますが、この論文ではそれらの危険因子は調整したあと解析しています。

脳卒中になりたくなければニコニコしていよう、ってのが正解のようです。

でも、敵意むき出しで酵素栄養学近藤ガン治療否定論などの怪しげな主張に対して怒ってブログを書いている私は多分、脳卒中のハイリスク群です 笑

↑ページTOPへ

関連記事

バナナは花粉症に効果がある!!??さらに美白効果って話をじっくり検証してみました その1 根拠となった論文の問題点イメージ

バナナは花粉症に効果がある!!??さらに美白効果って話をじっくり検証してみました その1 根拠となった論文の問題点

■バナナが花粉症に効果があるだけでなく、美白効果もあるなら、一石二鳥!! バナナはあの食べやすい形状と甘みによって「俺ってバナナ嫌いなんだよね」という人は滅多にいないのでは。以前、バナナダイエットなるものがありましたが( […]

水素水にまつわる不思議な話、「論文提示して!!」「業務休止しました」なんじゃこりゃ!!??

■わたしのツイートに反論した水素水生成器販売会社はあっという間に業務中止!!?? ある方から水素水発生装置に関して質問があったのでツイッター上で、「効果ないよ」と回答しました。 すると即座に水素水生成機器を販売している会 […]

花粉症と果物の意外に深〜い関係!!??口腔アレルギーとは。

■果物アレルギーと口腔アレルギー症候群との違い 果物を食べてアレルギーが出る人がいます。アレルギーはⅠ型アレルギー(即時型)、Ⅱ型アレルギー(細胞傷害型)、Ⅲ型アレルギー(アルサス型)、Ⅳ型アレルギー(遅延型)の4種類に […]

宇宙飛行士の4分の3が睡眠薬を常用、緊急時の対応はどうするんだ??イメージ

宇宙飛行士の4分の3が睡眠薬を常用、緊急時の対応はどうするんだ??

■宇宙飛行士は慢性的に睡眠不足らしい 私の世代は米国のアポロ計画の月面着陸をリアルに見ているので、宇宙への憧れは今の若い世代に比べて強い傾向があるのではないでしょうか?深夜に映画「アポロ13号」をコソコソ見たり、「ディス […]

ありがとう、本田選手、バセドウ病なんか吹っ飛ばせ!!イメージ

ありがとう、本田選手、バセドウ病なんか吹っ飛ばせ!!

■整形疑惑なんて、誰が言い出したんだ!! 本田圭佑選手のワールドカップでの豪快なシュートで、私の彼に対する気持ちは100%逆転しました。レーシック手術失敗疑惑、ひょっとしたら美容整形を受けていたんじゃない疑惑などスポーツ […]