五本木クリニック院長ブログ

近藤誠医師「がん放置」のニセ医学に対抗するためには集団訴訟!!??


■「がんもどき」理論の近藤誠医師の悪影響は果たして・・・・。

慶應大学医学部の元放射線科医師近藤誠医師が独自の理論?は「がんは治療するべきでない」「放置しておけばいい」「転移するようながんはもともと悪いがん?であって治療しても生命は伸びない」「がんと診断されても進行しない『がんもどき』があるので、手術すること自体無意味」といった主旨と読み取れます。

近藤医師の影響を受けた患者さんを説得するのに多大な努力が必要だ!!万が一、患者さんが近藤先生を信じて、悲惨な最期となった場合、どうしよう。自分の知り合いが近藤医師の本の影響でがん放置療法を選択したために、本来なら治ることの多いがんなのに、結局転移して苦しんでいる、といった素人のような話が医師専用のSNSにあふれています。「最終的には近藤先生理論の被害者が集団訴訟をするしかない!!」という過激な意見もありますが、そこまで過激な意見が出てくるということは、がん治療の専門医が近藤誠医師の論法に惑わされた患者さんに振り回されている現状の反映なのでしょう。

当院に所属する医師の多くは泌尿器の専門医であり、近藤誠先生が検診も意味がないし、発見されても手術する必要のない「固形がん」に泌尿器のがんは分類されます。不思議なことに「泌尿器系のがんの患者さんが近藤先生の影響を受けて、治療を拒否した」との話は少なくとも私は寡聞にして知りません。

実は近藤先生のトンデモ理論ってテレビ向け、マスメディア向けの一過的なブームであり、実際に近藤誠先生の話を100%信じているがん患者さんは少ないような気もしています。

■近藤誠医師に対して集団訴訟を!!

Twitter上にこのような投稿がありました。この勝俣医師は日本では貴重な存在とされる「腫瘍内科」の専門医です。

勝俣範之さんはTwitterを使っています___近藤医師の被害に会われた方、がんもどきと誤診された方、放置と言われ、進行がんになり、手遅れになった方など、そのような方は、泣き寝入りしてはいけません。弁護費用無料で裁判の支援をしてくださる優秀な弁護士を紹介できます。心あたりのある方は、勝俣まで連絡をください。_
https://twitter.com/Katsumata_Nori/status/577394078024900608

近藤誠医師が目の敵にしてている「抗がん剤治療」を専門とする分野の医師であり、肺の専門医、膵臓の専門医、大腸の専門医であっても、腫瘍内科の医師のアドバイスを受けて抗がん剤治療を行うことがあるくらい、「がんの治療」に対して権威があるのが「腫瘍内科」なのです。

勝俣医師のある意味過激な投稿を見れば、近藤誠医師の暴論に影響を受けた患者さんの対応に苦慮しているだけではなく、疑いもしないで「がん放置療法」を選択して悲惨な状況、悲惨な末路となった方を患者さんとして診察していて、近藤誠医師の間違いを法廷で争いましょう!!ということを計画しているようです。

先日のアホな某大学の連続手術死事件の場合は裁判になっても、誰が見ても医師サイド・病院サイドに問題があるので、早期に審判が下ることが予想されますが、近藤トンデモ理論が法廷の俎上に上がった場合、世界中には様々な論文が存在していて、さらに、人種差・生活習慣・経済格差などの病気に影響を与える因子が多すぎるために、「近藤理論は100%間違っている、その理論を患者さんに吹き込んだ近藤医師は罪に問われる」という判決を得ることはかなり難易度が高いと考えます。

■あるがんの場合は転移していても手術するんですけどね〜!!

固形がんは「がんもどき」があるために、見つかり次第手術をするべきではない、悪いがん??の場合は最初から転移する運命なんだから手術なんかして、さらに抗がん剤治療を追加することを拒否しよう、それが統計に表れています・・・これが近藤医師の主張と本からは読み取れます。しかし、泌尿器科領域の病気である「腎がん」(腎臓がん、腎細胞がん、とも呼びます)の場合、転移があっても原発巣の腎臓を手術によって取り除く方が生存率が高まりますし、転移しているがんに対しても積極的に治療(手術で転移巣を取り除く場合もあり)することがスタンダートとなっています。

がん診療ガイドライン│腎がん│アルゴリズム
http://www.jsco-cpg.jp/

多くの施設でこのガイドラインに従って治療を行っていますが、この治療法の選択が近藤医師の主張のように、明らかに患者さんの不利益となっているのであれば、それこそ日本中の泌尿器科医が集団訴訟の対象になっているはずです。

■実は医師が騒いでいるほど、近藤医師の信者さんは少ないのでは?

近藤医師の出版活動、マスメディア活動を抑えることは言論の自由・出版の自由からいっても不可能です。それでもどうにかして、近藤誠医師の被害者を救いたい、という気持ちから、近藤理論を信じて被害にあった方に集まってもらって集団訴訟を、という動きがでているのです。

多くの患者さんは近藤先生の本を読んでいても「こんな考え方もあるようだけど、私は今診てくれている医師に任せる」「今、受診している医師の方針が正しいものなのか、セカンドオピニオンを受けてみよう」という方が多いので、「近藤先生の著作に感激を受けましたので、治療を放棄します」ということをおっしゃる患者さんは私の周囲にはいませんし、医師仲間に聞いても少ないようです。つまり、近藤医師のヘンテコな理論に毒されている人は極々一部であり、実際にがんになってしまった人が「がんもどき理論」に振り回されることは少ないのです。

近藤医師の論法は自分に有利な論文は数十年前にだされ、今では疑問符がつきまくりのものでも、金科玉条的に使用しています。統計学的な解釈の間違いも目立ちます。万が一近藤誠医師の本や発言に影響を受けた患者さんを目の前にして、焦りまくらないために、臨床医はぜひ近藤誠医師の著作を読むことをお勧めいたします(印税が近藤先生の収入になることに抵抗のある方はアマゾンの中古本でご購入を!! 笑)。少し調べるだけで、近藤先生の数字音痴、論文の一次ソースをあえて掲載しないズルい手法に気づきますから!!

追記:緩和医療に携わっている複数の医師から「現場では近藤理論の被害者が続出している!!」「近藤医師のいい加減ない主張のフォローを自分たちが行っている」等のご意見をいただきました。自分の知っている範囲の認識で「近藤医師の信者は少ないのでは?」と書いてしまったことをお詫び申し上げます。2015年11月19日

↑ページTOPへ

関連記事

米国ガン学会で発表!との健康雑誌にダマされてしまった、私。イメージ

米国ガン学会で発表!との健康雑誌にダマされてしまった、私。

■米国ガン学会とは多分American Association for Cancer Researchのことだと思うんだけど 米国ガン学会で発表!○○○でガンから生還者が続出、という新聞の広告にノセラレて書店に走ってしま […]

ベストセラー「医者に殺されない47の心得」のガイドブック その1 素直に読んではいけません 追記ありイメージ

ベストセラー「医者に殺されない47の心得」のガイドブック その1 素直に読んではいけません 追記あり

■正しいことを言ってる部分も多いのですが、明らかな間違いが・・・近藤誠センセイの著作 「医者に殺されない47の心得」という本が31万部を超えるベストセラーになっています。先日私も書店で平積みで並んでいたこの本を手にして読 […]

やれば出来るじゃん、週刊現代!!「受けてはいけない、がん免疫療法第二弾」!!

■今週の週刊現代「がんが消える宣伝文句に気をつけて」は高評価!! 先週「医師たちが告発 『がん免疫療法』はインチキだ」という特集を組んで、医療関係者から称賛を浴びた週刊現代。今までは「血圧の薬は飲むな」とか「がんの手術は […]

ベーコンは一切れでも大腸がんのリスクが高まる説は本当か?

赤肉や加工肉が体に良くないのは、半ば常識化されていますが・・・ 私は子供の時から熱烈なベーコン愛好者であり、死んだらベーコンを棺の中に入れるとさえ家族に言われています。しかし、近年ベーコンを含む加工肉はどうも健康に良くな […]

医師が知らないニセ医学 その4 高濃度ビタミンC療法

罪作りなノーベル賞を二回受賞したライナス・ポーリング博士 開業医をやっていると、様々なDMが届きます。自費治療を勧めるセミナー方面だと、こんな感じのかなり危なっかしいお誘いもきますよね。 ビタミンCは身体に良さそう、じゃ […]