五本木クリニック院長ブログ

「ゼオミン(Xeomin)」は新たなしわ伸ばし治療の定番になるか?「ボトックス」を超えたかも。


■シワ治療の定番ボトックスの欠点を補った「ゼオミン(Xeomin)」

切らないでシワを改善する治療の代名詞「ボトックス」ですが、繰り返し使用することによって

◎「抗体」が作られることによって、効果がでなくなる可能性

が以前から危惧されていました。美容で使用される程度の量では抗体産生の問題は起こらない、というのが一般的解釈です。しかし、ボトックスは美容医療以外でも使用され(例えば痙性麻痺、最近では泌尿器領域での使用も海外では行われています)、美容である程度の量を使用してしまうと、美容以外の疾患に使用するとき抗体が問題となってしまう可能性があります。抗体産生問題に対してかなり古くから研究されてきたのがこのゼオミン(Xeomin)」というボツリヌストキシン製剤なのです。

■ゼオミンは余計な複合蛋白を限りなく0に近づけています

効果がなくなる抗体はボツリヌストキシン製剤中の「複合タンパク」が原因になっています。しかし、ゼオミンを開発したメルツ社(ドイツ)は「製造過程の複合タンパクって必要なの?」と素朴な疑問をもったので、神経毒素オンリーのピュアなトキシン(毒素って書くと怖いから、あえてカタカナ英語)製剤を開発することにこだわったのです。本当に必要な成分だけにするための、ピュアトキシンを作る努力をボトックスもディスポート(英国製のボツリヌストキシン製剤)もおこなっていますが、ゼオミンには遥かに及びません。
botoxgurahu_xlsx
このグラフは『「New formulation of BOTOX. Complete antibody-induced therapy failure in hemifacial spasm」J Neurol. 2004 Mar;251(3):360.』『「 Long-term botulinum toxin efficacy, safety, and immunogenicity」Mov Disord. 2005 May;20(5):592-7.』などを参考にシコシコと手作業で作りましたので、引用するばあいは引用先を明記してください。万が一間違い等があった時の責任は私にありますので。
縦軸は複合タンパクが1バイアルあたり、何ナノグラム入っているか、を表していて1995年以降ボトックスもディスポートも如何に減少させるか、という開発努力をしていることがわかります。しかし、

◎ゼオミンは複合タンパク(ある意味不純物)の含有量が他の製剤の10分の1以下

と開発当初(1995年)からダントツのピュア製剤なんです。

■しわ伸ばし効果が出るのは圧倒的にゼオミンが早い

ボトックスを代表とするボツリヌストキシン製剤をしわの、
改善治療に使用した場合、必ず「効果は数日から1週間後から現れますよ」と伝えていますし、経験者の方はそのように言われた記憶があると思います。しかし、

◎ゼオミンは効果発現が3日と他の製剤より早い

という特長もあるんです。

PubMed_Central__Figure_4__Clin_Cosmet_Investig_Dermatol__2013__6__211–219__Published_online_2013_Sep_24__doi_ _10_2147_CCID_S41537
Onset and duration of effect of incobotulinumtoxinA, onabotulinumtoxinA, and abobotulinumtoxinA in the treatment of glabellar frown lines: a randomized, double-blind study」(Clin Cosmet Investig Dermatol. 2013; 6: 211–219.)より

incobotulinumtoxinAはゼオミン、onabotulinumtoxinAはボトックス、abobotulinumtoxinAはディスポートです。

効果発現も抜群で、繰り返し使用しても抗体ができないゼオミンはさらに他のボツリヌストキシン製剤と大きな違いがあります。

■常温保存が可能なゼオミン

ボトックスを並行輸入していた時は(現在はアラガンジャパンという日本の会社がある)、海外から医師が個人輸入していました。その当時、輸送・配送過程で熱が加わってしまうとボツリヌストキシン自体の活性がなくなってしまい、せっかく注射をしても効果が無い、なんてことがありました。現在でもボツリヌストキシン製剤は冷蔵保存で輸入、配送されてきます。しかし、ゼオミンは常温保存可能なので、温度変化による変性がないので、安定した結果を得ることができます。ボツリヌストキシン製剤の保管のためだけに当院では冷蔵庫が2台あって非常に邪魔なので、ゼオミンは保管場所に気をつける必要がない点にアドバンテージを感じてしまいます(スタッフの飲み物、オヤツ専用の冷蔵庫など、当院には5台も冷蔵庫があります)。

ゼオミンも油断はできません。というのも風の噂として製造過程で全く複合タンパクを含まないボツリヌストキシン製剤が某国で開発された、という話があります。嫌韓ブームの影響なのか韓国製ボツリヌストキシン製剤である「ニューポート」の使用を明記しているクリニックは減少していますし、完全にブランドビジネスに走っている「ボトックス」さえも、この「ゼオミン」に追撃されそうですが、そのゼオミンを上回るピュアな製剤が登場するかもしれないのです。美容業界はクリニックもそうなんですけど、マゴマゴしているとあっという間に時代遅れって言われちゃう過酷なレッドオーシャン状態のビジネスなんです。

ボトックス、ボツリヌストキシン関連エントリー

ボトックスの副作用

ボトックスの失敗

ボトックスの種類

↑ページTOPへ

関連記事

カロリー制限食は長寿食、との話は本当?嘘?イメージ

カロリー制限食は長寿食、との話は本当?嘘?

■長寿であるための食事って本当に存在するのか? 先日、カロリー制限食の一つであるケトン食によって転移したがんが消え去ったとの記事をネット上で見かけました。それに関する書籍を購入して(これは珍しくAmazonさんで新書ゲッ […]

激しいスポーツをすると免疫力がアップ!!??長生きするのも大変だあ。イメージ

激しいスポーツをすると免疫力がアップ!!??長生きするのも大変だあ。

■運動って激しいほど健康に良いわけでは無いと思うんですけど アクティブな運動をしている高齢者はあまり運動をしない高齢者と比較して、免疫力が高い、との研究結果が出ています。 「Major features of immun […]

高齢者の運動って体にいいのか?わるいのか?イメージ

高齢者の運動って体にいいのか?わるいのか?

年を取っていきなり運動ってのも考えもの 今まで主治医として診療をさせて頂いた患者さんが定年退職をするといきなり「健康オタク」になる例が多いのです。有り余る時間を有意義に使うという意味では今まで仕事に追われ、運動さえもほと […]

元ネタ発見、恐るべしブランド化粧品!ニベアと成分はほとんど一緒で値段は148倍!?イメージ

元ネタ発見、恐るべしブランド化粧品!ニベアと成分はほとんど一緒で値段は148倍!?

■ニベアとほとんど成分が一緒の超高級化粧品、値段は148倍!! ニベアと超高級化粧品がほとんど一緒の成分、この話題はネット上でも溢れかえっていますので今さら感のある話ですが、十分な説明をしてあるサイトが少ないのでここで解 […]

美容鍼で小顔に!!効果と理論が全く意味不明?!真面目な鍼灸師さんもいるのに残念。ニセ医学はここまで来ている。イメージ

美容鍼で小顔に!!効果と理論が全く意味不明?!真面目な鍼灸師さんもいるのに残念。ニセ医学はここまで来ている。

■美容に効果のある鍼治療全体を否定するワケでは無いです、でも、美容鍼で小顔になれるの? 伝統医学の中にもちろん科学的に効果が実証されているものもあります。現代医学の理論から支持される伝統医学もあります。日本人が伝統医学と […]