五本木クリニック院長ブログ

今年から4価のインフルエンザワクチンが使用されるけど、価格の上昇が気になる方へ


■昨年と今年のインフルエンザワクチンは違うんだよ!!

「今年のインフルエンザの予防接種って昨年と比較して高くね?」という声が聞こえますが、その一因として昨年使用したインフルエンザの予防接種のワクチンと今年のものはかなり違いがあります。

sinin4_151109_gif__760×459_
国立感染症研究所サイトより

スーパーのお買い得情報的に言えば大増量サービス!!って具合です。というのも昨年までのインフルエンザワクチンは3価といわれ、A型インフルエンザのワクチンが2種類、B型インフルエンザのワクチンが1種類含まれていました。B型インフルエンザってのいうのは大流行はあまりしませんが、冬後半に流行することが多く、近年も春先の流行が問題になっていました。

インフルエンザワクチンを打ったのにインフルエンザに罹っちゃったじゃん、というご批判に対応するため?に本年2015年のワクチンはB型も2種類となっています(3種類が4種類になったんで実際は33.3パーセント増量かな)。

■ワクチンが当たるか外れるか?ワクチンの中身は誰が決定するの?

巷で「今年のインフルエンザワクチンって外れだったのよね〜」的な会話を小耳に挟むことがあります。実際、数年前は大外れとされたこともありました。じゃあ、だれが今シーズンに流行するインフルエンザを予防するためのワクチンを決定するのか?とい素朴な疑問に答えたサイトった案外見かけません。これ公開すると某役所から強烈な嫌がらせを受ける可能性があるんですけど、言っちゃいます!!

◎インフルエンザワクチンの中身を決定するのは厚生労働省の健康局長が国立感染症研究所の所長に選定を依頼する

って方式で決められます。この国立研究所の所長がワクチン株選定の検討会議を開催して、最終的に5月くらいに決定して、国内のメーカーが製造に入ります。もちろん健康局長単独の判断でもありませんし、感染症研究所の所長の判断でもなく、WHOが推奨するワクチンのウイルス株を参考にして、正式名称「インフルエンザワクチン株選定のための検討会議」が健康局長宛にこんな文書を報告します。

www_mhlw_go_jp_file_06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku_20140624_01_pdf

これは昨シーズンのものですから、B型は一種類になっています。ある意味お役所仕事であるので、あきらかな責任の所在として個人は特定されないようですね。

■なんで今年のインフルエンザワクチンは4価になったのか?

昨シーズンはB型インフルエンザと同定された件数は7パーセント程度でしたが、その元となったウイルスは山形系統とビクトリア系統が混合して流行しました。WHOもB型を2系と入れることを2013年から推奨していること、アメリカでも2013年から4価のインフルエンザ予防接種が承認されました。

つまり世界的に4価のインフルエンザワクチンが主流になっていることによって本年2015年から日本でも4価のワクチンが製造されることになったという訳です。

昨年のB型ワクチンって「マサチュセッツ」で全然山形でもないし、ビクトリアでもないじゃん、って思われたでしょう?そもそも山形系統のワクチンのもととなったウイルス株はマサチューセッツとウィスコンシンとプーケットから分かれたウイルスなので

◎今年のインフルエンザワクチンのB型の中身はプーケット(山形系統)とテキサス(ビクトリア系統)

になってます。ウイルスって遺伝子をころころ変化しながら流行していくので、詳細な遺伝情報は各々違いがありますが、大きな系統として分類した場合、抗体を産生するためのワクチンは根元を押さえておけば効果があるんです。

最近なりを潜めている鳥インフルエンザに対しては、残念ながら今年のワクチンは効果はありませんのでご注意ください。

■しかし、朝日新聞の報道ってどうなんだろうかね〜???

医療系の報道でもへんてこな意見がでる傾向のある朝日新聞ですが、こんな報道をしています。
インフルワクチン、出荷見通し立たず 製造4社の一つ」(http://www.asahi.com/より)。ワクチンを製造する会社の一つが厚生労働省のチェックに対応できないために、850万本が不足する恐れが出てきた、ってことです。これが報道された当時(2015年10月10日)は今年のインフルエンザの流行は予想以上に早く、9月からすでに長野県や愛媛県、神奈川県で学級閉鎖が報告されていました。

インフルエンザの予防接種が開始されるのが、10月1日。世の中で「今年はインフルエンザが流行するから早めにワクチンを打とう」というムードを作り出すのなら、医療関係者の一人として好ましい記事になるのですが、ワクチン不足の報道だけではなく、目立つ位置に「インフルワクチン、コスト高で値上がり」って文言があります。この報道の仕方ですと経済の原則に従って

◎インフルエンザワクチン不足 → ワクチンの値段上昇

という図式を思い浮かべてしまいますよね。ワクチンの値段って健康保険でカバーされるものではないので自由な価格設定ができますし、医療機関に卸す場合も値段は自由ですが、実際問題としてワクチンが不足しているから卸売価格を上げる、さらにそれを理由に医療機関での接種料金を上げる、なんてことをしたらネットで叩かれること必至です。単に3価から4価にワクチンが変更したために、各社の負担が増えて卸売価格が上昇した、って素直に受け止めてくださいませ、巨大メディア様。

おまけ1:出荷見通しが立たないと報道された化血研のワクチンですが、報道から10日足らずで出荷の自粛は解除されています・・・ワクチン不足にはなっていないのです。

おまけ2:当院への納入価格は昨年比きっちり1.5倍になっていました。だからといって接種料金が1.5倍に設定している医療機関があったらかなり疑問です。

おまけ3:インフルエンザの予防接種は高齢者等は区が補助をしています。昨年の窓口料金は2200円、区から医療機関に2432円が直接支払われました。合計4632円が予防接種一回あたりの目黒区の医療機関の収入です。本年2015年は窓口料金2500円、区からは2672円医療機関に支払われます。合計5172円が医療機関の収入になります。つまり予防接種のワクチンは原価1.5倍になっているのですが、接種料金自体は約12パーセントしか上昇していませんので、朝日の報道は大げさです。

インフルエンザ関連ブログ
インフルエンザ予防接種ワクチンは打たない派の方へ・・・なんで判ってもらえないんだろう?追記あり

インフルエンザ予防接種は効果がありません、という毎日新聞の報道への疑問が満載!!

↑ページTOPへ

関連記事

BCGワクチンからヒ素検出報道、ご心配されている子育て中のママやパパへ。追記あり

■BCGワクチンから猛毒として知られるヒ素が検出、この報道を受けてパニックにならないようにご注意ください BCGは結核の予防として法律で接種することが決められ市区町村が実施する定期接種です。予防接種には定期接種の他には希 […]

2016年インフルエンザは流行するか?ところでタミフルってどうなっちゃったの?電凸しました!!イメージ

2016年インフルエンザは流行するか?ところでタミフルってどうなっちゃったの?電凸しました!!

■予防接種の副作用とインフルエンザ治療薬の副作用について 今年2016年も10月1日より、インフルエンザワクチンの予防接種が開始されました。ワクチン接種というとかならず「インフルエンザのワクチンって効果ないんだぜ」「副作 […]

抗生物質の処方は誤診だらけ??インフルエンザへ適切な処方はたったの16%!!イメージ

抗生物質の処方は誤診だらけ??インフルエンザへ適切な処方はたったの16%!!

■カゼやインフルエンザに抗生物質が効果ないのは常識だけど カゼを引いた場合に医療機関を受診するとなぜか抗生物質や抗菌剤を処方されることが多いと思います。教科書上の正しい処方としてはカゼと呼ばれるものの多くはインフルエンザ […]

医師のインフルエンザ対策、もし自分がインフルエンザになったら休診するか?イメージ

医師のインフルエンザ対策、もし自分がインフルエンザになったら休診するか?

感染拡大の為に自分が感染したら休診にするか? 「先生は風邪引かないの?」とは患者さんに季節になると尋ねられることが多いのです。実際に風邪の患者さんを診察した後に「いま、貰ったな!」と思う瞬間があります・・・あまり科学的で […]

この医療ジャーナリストは、インフルエンザワクチンの効果は明らかになっていない、と述べていますが・・・。

■医療ジャーナリストともあろう方が「インフルエンザワクチンの効果は明らかじゃ無い」??? インフルエンザワクチンの効果をこれっぽっちも疑っていなかった私が間違っていたのか、それともインフルエンザワクチンの効果は明らかにな […]