五本木クリニック院長ブログ

認知症は予防できる因子がわかってきたけど、喫煙はリスク因子です!!


■アルツハイマー病に関係している因子の検討

認知症と聞くと「アルツハイマー」と頭に浮かぶでしょうけど、認知症の種類として「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」「脳血管性認知症」「若年性認知症」などなど多数あります。投薬によりある程度の効果が期待されれるものもありますが、バッシっと効き目が現れるものは見受けられません。

risk_factors_for_Alzheimer_s_disease_-_Google_検索
http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fnagi.2014.00071/full より この図は日本の研究者によって発表されたもので、遺伝的なものと非遺伝的なアルツハイマー病の危険因子を表したものです(今回は別の論文を検討します)。

となると予防が重要になってきます。「アルコール性認知症」ってのもあって、これは当然アルコールがぶ飲み生活をやめることで予防できますよね。

認知症の中で一番一般的な「アルツハイマー型認知症」を引き起こす危険因子がある程度分かってきました。喫煙擁護者はタバコはアルツハイマー病を防ぐと述べていますが

◎喫煙はアルツハイマーを予防する、との説は覆されました!!

今回取り上げる医学論文は喫煙はアルツハイマーのリスク低下と有意な関係があると伝えています、でも「アジア人は除く」と明記されています。

■アルツハイマー病は9つの改善可能な危険因子で予防が可能かも?

アルツハイマー関連の世界中の論文を5000症例近く集めて解析した「Meta-analysis of modifiable risk factors for Alzheimer's disease」(J Neurol Neurosurg Psychiatry doi:10.1136)によれば、危険因子として93種類あったと報告しています。例えばアルツハイマーに関連指定いる可能性のある薬剤・基礎的な精神系の疾患、学歴・BMIなどなどです。その中の危険因子でアルツハイマーになる可能性を高める9つは生活習慣の見直しで、排除できる可能性があるとこの論文は伝えています。

・低学歴

・肥満

・頸動脈狭窄

・うつ病

・高血圧

・喫煙(アジア人のみ!!)

・2型糖尿病

・ホモシステイン高値

・Frailty

これらの9つのアルツハイマー発症リスクの危険因子は改善ができると述べらえています・・・「Frailty」・・・単純に訳すと「脆弱性。初めは何かよくわからなかったですが、「Frailty Scoring System」「Frailty syndrome」などが使用された論文が幾つかあり、栄養バランス・足腰の強さ・柔軟性・運動性などを総合的に評価して「Frailty」を評価している様子です(これ関連の論文はなぜか中国系の執筆者が目立ちます、今回取り上げた論文も中国系グループ)。

■アルツハイマーにならないための生活と予防策

低学歴は学校に我慢して通って、改善できますよね。ビリギャルという方でさえ有名大学に入れたんですから。

肥満はアルツハイマー以外の病気と深い関係があることは皆さんご存知なんで痩せる努力をすれば解決。

頸動脈狭窄は高血圧・高脂血症・糖尿病などの動脈硬化の危険因子を治療するあるいは生活改善で回避できますし、ステントを入れる治療もありますので排除可能な危険因子ですね。

うつ病が生活の改善や薬物療法で治るかは、意見の分かれるところですが、スタンダードな医学では治療可能な疾患と考えます。喫煙はタバコを吸うのをやめればいいだけ。

ホモシステインってのは葉酸やビタミン類で改善が可能です。2型糖尿病も生活習慣の見直しや薬物治療で解決可能。あとは脆弱性の回避も日頃気をつけることで可能です。

■喫煙の害についてトンデモ理論を振りかざす人ってアルツハイマーかも??

一部の方が喫煙がアルツハイマーの予防になると主張していますが、今回の論文の解析では確かに喫煙はアルツハイマーをリスクを下げるとあります。でも「アジア人を除く」と記されていますので、喫煙はアルツハイマーの危険因子なんですよ!!!

喫煙は肺がんの原因じゃないし、アルツハイマーの予防になると、反禁煙・喫煙擁護派のトンデモ論を振りかざす一部の低学歴じゃない日本人(当然アジア人)の諸先生はすでに認知症になっている可能性もありますよねぇ・・・。ちなみに下記のブログはその諸先生とは全く関係ないものです、と念のため強調しておきます(汗)
   ↓        ↓      ↓      ↓
炎上中!!トンデモ発言を繰り返すニセ医学の伝導者、武田邦彦先生を無理やり庇ってみました・・・でも無理かも。

↑ページTOPへ

関連記事

犬に噛まれた時と猫に噛まれた時に危険なのはどっち、狂犬病と狂猫病?イメージ

犬に噛まれた時と猫に噛まれた時に危険なのはどっち、狂犬病と狂猫病?

■狂犬病はありますが、狂猫病って?? 狂犬病って病気はみなさんご存知だと思います。この病気の怖いところは致死率が100%であるところです。日本では1957年以降発生していないのも法律によって予防接種が行われている効果です […]

高濃度ビタミンC点滴療法で「がん治療」??・・・高城 剛さん、これこそニセ医学ですよ!!

■週刊現代がまともになったと思ったら・・・ 医療批判をこじらせてトンデモ系になりかねなかった「週刊現代」、先週号と今週号のインチキがん免疫療法批判記事は多く医療関係者から「良記事」との評価を受けています。と思ったらウェブ […]

フラバノールの効果でチョコレートを沢山食べればノーベル賞が獲れる?!イメージ

フラバノールの効果でチョコレートを沢山食べればノーベル賞が獲れる?!

■頭が良くなる食べ物ってあるのか? 「何々を食べると頭が良くなるよ」という話は昔から様々なものが出回っています。私が子供の頃は「味の素を食べると頭が良くなる」との話があり、久々にその信仰者の話を聞いた顛末を以前ブログに書 […]

原則禁止のトランス脂肪酸では即死しないけど、醤油を一気飲みすると即死!!??イメージ

原則禁止のトランス脂肪酸では即死しないけど、醤油を一気飲みすると即死!!??

■米国でトランス脂肪酸が3年後に禁止されますけど、日本は大丈夫? 以前から悪玉コレステロールを増やすんじゃない、と悪者扱いされてきたトランス脂肪酸(マーガリンやショートニング、植物油に多く含まれる)がとうとう米国で3年後 […]

サプリの定番オメガ3が「悪い思い出を無くす」!?記憶力が良くなるんじゃなかったっけ?イメージ

サプリの定番オメガ3が「悪い思い出を無くす」!?記憶力が良くなるんじゃなかったっけ?

■魚を食べると頭が良くなるのはオメガ3の効果 不飽和脂肪酸で頭脳明晰になるとされているオメガ3は青魚やエゴマに含まれていることはご存知だと思います。オメガ3のサプリメントも多く見かけます。中性脂肪を下げる薬としても処方可 […]