五本木クリニック院長ブログ

例えば「BoA」、芸能人の整形疑惑をガタガタ騒ぐ方へ


■今更「BoA整形疑惑」なんて話が流れてきましたけど・・・

BoAの顔が「もはや誰だかわからない」なんて話題が今更的にネットで流れてきました。そりゃ歳とともに顔も姿も変わっていくのは当たり前じゃん、以前書きましたが亀田3兄弟の妹の亀田姫月さんが急に可愛くなったんで「整形したのでは」とネットで騒がれました。

女性は第二次性徴期によって劇的な変化を遂げますので、その過程で身体的変化・容貌の変化は激しくて当たり前。さらに一重瞼を二重まぶたにするなんてアイプチや化粧方法でお茶の子さいさいですし、目元付近のメイクでかなり印象が変わってくるんじゃないでしょうか?それを取り上げて「◯◯の整形疑惑」って大騒ぎする必要あるのかな。今回は歌姫と呼ばれた「BoA」の整形疑惑を例としてみます。

■K-POPのハシリであるBoAの整形疑惑の背景

BoAって日本人だと認識していた過去がある私の書くことですので、熱烈なBoA支持者あるいは反BoA支持者の方には、ツッコミどころ満載かもしれませんが、お付き合いください。韓国でデビューした直後に日本デビューしたBoAはK-POPブームのハシリであると考えて間違い無いですよね。「韓流」ブームはアジア通貨危機によって国自体が危機に陥った韓国が、国家戦略的に文化産業を振興しようとの動きによって中国・台湾、そして日本に芸能・芸能人を積極的に売り込んだことによってブームが形成されました。おばさま方が熱狂した「冬のソナタ」をご記憶の方も多いと思われます。

boa_jp10th_a5_jpg__480×255_

デビュー当時ののBoAはこんな感じでした(http://rhythmkan.com/2011/05/boa-japandebut-10thanniversary/)。

この当時はまだ今のような「嫌韓」「反韓」の流れはごく一部の方を除いて、表には出ていませんでしたよね、確か。

■世界的な音楽マーケッットの縮小に対応したBoA???

歌唱力や美貌だけでは売れないし、人気を維持できない歌手、日本の歌手はマーケットを国内中心に活動を行っていますが、韓国の芸能人、特に歌手は国策ということもあり、世界を視野に入れて活動をしています。世界の音楽市場の売り上げ自体が減少していることがこのグラフからわかります。

主要国別の音楽売り上げ動向をグラフ化してみる_2015年__最新__-_ガベージニュース

http://www.garbagenews.net/archives/2149390.html より

音楽産業の縮小に気がついた商売上手な韓国のBoA事務所は目を巨大市場である米国に向けたんでしょうかね。韓国の人が考える米国人のステレオタイプとして、こんなBoAが仕上がってしまったのでしょうか(笑)。

BOAが劣化?最新画像がさらに別人な件・・・___ガールズトレンド情報局

これは2014年に発売された歌のプロモーションビデオです(YouTubeYouTubeより)からアメリカ進出より後のものと考えられます。「私はアメリカに行ってデビューしたのよ」的なポーズを韓国内で取りたかったのかもしれません。この時点で整形して劣化した、なんて話が出回っていますが、化粧でいくらでも女性は化けられますが、純情な反韓・嫌韓の方には「整形した」としか認識されなかったのだと考えられます。

もちろん、これじゃ誰だがわからなくて当然でしょうけど、整形したとしたら「鼻プロテーゼ」と「オトガイ」にプロテーゼあるいはヒアルロン酸を注入したくらいでしょう。でもそれって市場を意識した「扮装」「仮想」的な化け方・順応方法と考えるような大人の対応ができないのでしょうか?整形、整形って騒ぐ人は。

■最近のBoAの写真っていってもね〜

この写真をご覧ください。どちらかといえば日本人的な容貌になっていますが、あるまとめサイトではこれが今のBoAとされています。

cd030237_jpg__500×774_

http://matome.naver.jp/odai/2140309471038147701より

2014年に投稿された記事の「現在」ですから、アメリカナイズされたあの顔はどこに行っちゃったんでしょう(笑)さらに、さらにBoAの公式ブログのお姿はこんな感じです。

BoA_15周年_スペシャルサイト

29歳という年齢相応の芸能人らしい、ショットだと考えます(http://avex.jp/boa/15th_special/)。

■芸能人の容姿の変化に敏感な人へ

儒教の教えである「身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり」なのに、なぜ儒教大国の韓国でこうも盛んに美容整形が行われているかの理由については諸説ありますので、今回は考察しません。

よく芸能人の「何々さんも使用しているサプリ」とかがありますよね。セレブの「××さんご愛用のバッグ」とかあのモデルが採用している「ダイエット方法」ってのもあります。芸能人やセレブ(本来の意味と違った使用方法が多いですが)が使っているものを使用しても、その芸能人・有名人に誰しもがまんまなれるわけじゃないのに、なぜか選択時の基準としてみてしまう傾向があります。

アイドル歌手の顔の変化を見つけて「二重の手術したな」「鼻をいじったな」「目頭切開したな」ともっともらしいコメントを整形疑惑サイトに投稿している方、プロの美容外科医・形成外科医だって表情も違えば角度も違う、さらにメイク方法を違った写真を比較して、どんな治療をしたかを明確に判断できません。こんなバカバカしい話題はもうやめましょうね!!

じゃあ、これって整形?そんなことないよね、アンチエイジング!!というよりもお化粧の部類でもいいくらいです。
  ↓      ↓      ↓      ↓       ↓
◎切らないで特殊な糸を使ってリフトアップする方法

↑ページTOPへ

関連記事

ボトックスの種類と特徴、代表的な3つのボツリヌストキシン製剤についてイメージ

ボトックスの種類と特徴、代表的な3つのボツリヌストキシン製剤について

■ボトックス、ボトックスと気軽に呼んでいますけど、実は商品名です シワを治療する注射薬として一般名化している「ボトックス」ですが、実はこれは商品名であり美容領域で使用されるものは「ボトックスビスタ」、多汗症や痙性斜頸など […]

PRP療法(自己多血小板血漿療法)という美容皮膚科治療の効果は?イメージ

PRP療法(自己多血小板血漿療法)という美容皮膚科治療の効果は?

■以前から他分野で使用されていたPRP療法(自己多血小板血漿療法)を知っていますか 自分自身の血液を利用して行う再生医療の一つであるPRP療法(自己多血小板血漿療法)、あまり聞き慣れないのではないでしょうか? 血液の一成 […]

シジミ300個分のオルニチン、ってどれだけ凄いのか!!サプリ会社の宣伝文句をわかりやすく解説します。イメージ

シジミ300個分のオルニチン、ってどれだけ凄いのか!!サプリ会社の宣伝文句をわかりやすく解説します。

■そもそもオルニチンというアミノ酸はどのような働きをしているのか? オルニチンというアミノ酸を含んだサプリの広告をよく見かけます。「なんとシジミ300個分のオルニチンがたった一粒に」という感じのキャッチコピーなので、「お […]

首のポツポツ、ブツブツの取り方はレーザーで!!痛くなく治療ができます 追記ありイメージ

首のポツポツ、ブツブツの取り方はレーザーで!!痛くなく治療ができます 追記あり

■首にできるポツポツってイボ?? 首や肩周辺にイボ状のブツブツがある人、夏場は特に気になりませんか?このブツブツは実際に診察しないと確定診断はできないのですが、多くは良性腫瘍に分類される放っておいても全く問題のない病状な […]

ボトックスの副作用、それほど心配ないけど治療する医師の実力が副作用を招く!!イメージ

ボトックスの副作用、それほど心配ないけど治療する医師の実力が副作用を招く!!

■そもそもボトックスの働きは神経の伝達を阻止することなんで、副作用が気になりますよね!! ボトックスは神経の伝達を阻止して「筋肉を縮めなさい」という命令を「縮めません」と拒否することによって、シワを作ろうとする筋肉の動き […]