五本木クリニック院長ブログ

製薬会社HPの「体温を上げて免疫力アップ」???なので電凸しましたレポート!!


■「体温を上げると免疫力がアップする」はニセ医学の芳ばしい香りがプンプン!!

「◯◯すると免疫力が上がる」とか「××すれば免疫力が上がり万病が治る」的なフレーズがサイト、あるいは新聞の書籍広告でよく見かけますよね。人体の免疫システムはそれはそれは不思議なものであり、現在知られている免疫の構造はほんの極々一部なのです。天文学の研究者が広い広い宇宙を相手に日々の研究を行っているのと同様に、医学研究者も人体の免疫システムの研究の努力を続けています、でもわかっているのはほんの一部。

それなのに、某製薬会社の患者さん向けサイトでこんな記事が掲載されていました。

体温と免疫力の意外な関係___月別テーマ___サワイ健康推進課

武士の情けで、URLは記載しません。

この記事によりますと

冷えると、全身の血流が悪くなり、肩こりや便秘などさまざまな影響があるほか、免疫力も低下してしまいます。体内のあらゆる生命活動にかかわる「酵素」は体温と関係が深く、酵素が最も活発に働く体温は36.5~37℃と言われています。ところが、体温が1℃低下するだけで酵素の働きは半分になり、その結果として、免疫力は30%も低下すると言われています。

◉つまり体温が1度低下すると免疫力が30パーセント低下する

ということが記載されています。でも、本当に体温が1度下がると免疫力って下がるんでしょうか?免疫力が30パーセント下がることをどのような実験方法で測定したのでしょうか?速攻で某製薬会社に電凸しました!!

■体温と免疫力に関する医学論文の大捜査の開始だよ!!

先日もブログでヘンテコなことを述べている薬剤師さんのことに触れましたが、この方の著作をぜーんぶ読んで(もちろんAmazonさんの中古)、感じたことは「酵素」「免疫」「体温」という言葉に関する記述が多いことです。昔から冷えは万病の元、特に女性は冷え症が多いので寒さに気をつけるように言い伝えられてきました。

トンデモ薬剤師さんの理論背景はやはりニセ医学でした!!

多くの方が免疫に関心が強いと思い、患者さんと一番近い密接な関係がある町医者としては「免疫力は体温が1度下がると30パーセント低下する」ということが事実であるかをはっきりさせる義務がある!!と思い製薬会社に電凸。

私「すいません、目黒区の五本木クリニックの桑満ですが、御社のサイトの記事に関して疑問があるんで」
製薬会社「いつもお世話になっています(テキトーなビジネス挨拶)、すぐに担当者を伺わせます」
私「いいえ、担当者ではなくて学術の方とお話ししたいのですが」
製薬会社「・・・(ヤバッ、こいつクレーマーか?)、はい、担当者と連絡して手配します」
私「担当者の方に迷惑をかけるといけないので、学術の方をお願いします」
製薬会社「・・・(やっぱ、こいつクレーマーだ)、ハイ、学術ですね・・・」

担当者とは一般的にMR(medical representative)と呼ばれていて、どちらかというと営業マンです。製薬会社の学術というのは、研究者レベルの知識を持ち合わせた一般的には外回りをすることはほとんどない専門家のことを指します。

数日後、学術担当者が来院しました。私が前記のサイトの記事について「自分が調べた範囲では、体温が1度下がると、免疫力が30パーセント低下する、との医学論文・科学論文は見つからないんですけど」と述べました。
学術担当者さんは「確かに一般的には免疫力と体温に関する話が出回っていますけど、このサイトの記事では参考文献の記載がありませんね。調べてみます」と非常に友好的かつ、自分の知識をより深めようとの姿勢が感じられました。そこで私が出した条件は

・体温と免疫力の関係を示した一定のクオリティがある医学論文の調査

・人体における免疫力を調べる方法に関する、まともな医学論文の調査

・免疫力が上がることを、どのような方法で調べたかについての医学論文の調査

この3点に絞りました。

私たちが通常医学論文を探すときは、大学や研究室から医学論文のデータベースにアクセスしたり、医学専門誌のサイトを調べたり、通常のネット検索でキーワードを入れて、論文を見つけます。Google先生で検索して、ヒットしてもアブストラクトだけしか見られないことも多く、論文全部を見たい場合は10ドル程度の料金が発生します。製薬会社の場合も同様ですが、プロの論文検索業者さんがいますので、その方に依頼することもあります。

■果たして、免疫力と体温に関する医学論文は存在するのか??!!

後日、製薬会社の学術の方からのアポ入れがあり、面会日を楽しみに待っていました。さすが理系バリバリの学術の方、しょっぱなから

◉「体温が1度下がると、免疫力が30パーセント下がる」との医学論文はありませんでした!!

と結論をおっしゃいました。じゃあ、この記事は誰が文責なの?とお尋ねしたところ、ある健康情報サイトを運営している会社に丸投げしている、とのこと。

学術の方は非常に勉強熱心なので、彼なりにも色々調査したようで「免疫力と体温の関係って、先生が先日おっしゃった某医師が書かれた一般書籍にたどり着くんですけど」とのこと。そーなんです、体温と免疫力の関係、体温を上げれば万病が治っちゃうと多くの書籍を出している某有名医師(医学界で有名かどうかは不明)が元ネタとなっているのです。

◉体温が1度下がると免疫力が30パーセント低下する、は一医師が一般書籍に書いていた

ってだけの話。元ネタ、一次ソースが書かれていない健康論は危ないですね!!

次なる町医者の義務として「とにかく体温を上げろや」と啓蒙されている某医師の著作物をぜーんぶゲットして読み込むことです・・・しかし、この方100冊以上出版しているぞ!!

2019年8月15日13:00追記

殺虫剤の大手メーカー「フマキラー」でさえこのありさまです。

フマキラーさま、信頼できると判断した情報源による健康関連記事は明らかにトンデモです。

蚊に刺されたらアルカリ性の石鹸で洗う、というトンデモ医学情報がネット上に拡散中しています。

WELQやヘルスケア大学の騒動はなんだったのでしょうか、虚しいです。

↑ページTOPへ

関連記事

ほくろが皮膚がんになるメラノーマ、実はあまり恐れる必要ないという話も・・・。

■有名人がメラノーマで亡くなると皮膚科外来はパニック状態に 有名人・芸能人の方の影響力、これはご本人が考えているより大きいのです。先日も南果歩さんが乳がんが発症して、標準治療から代替医療に代えたことが話題となりました。今 […]

告白します、実はインフルエンザワクチンの効果が弱まっていましたイメージ

告白します、実はインフルエンザワクチンの効果が弱まっていました

■ワクチン推進派として痛いデータ 積極的にインフルエンザワクチン等の摂取を推進している私ですが、ここで告白します。2012年から2013年のシーズン、つまり一昨年のインフルエンザワクチンはイマイチでした。現時点でエポラ出 […]

週刊現代「飲んではいけない薬」シリーズは木を見て森を見ずだ!!イメージ

週刊現代「飲んではいけない薬」シリーズは木を見て森を見ずだ!!

■薬はすべて利益と不利益があるんですけど いやーしつこいしつこい、週刊現代の「飲んではいけない薬」「やってはいけない手術」シリーズ。掻いてあること全部が全部間違いではないし、かといって全面的に信用・信頼して良い記事で埋め […]

帯津良一医師があのアエラとタッグを組んだ連載記事、どっから見てもトンデモ。

■代替医療界の大物とアエラのタッグ、悪用されないことを祈ります AERA(アエラ)の医療関連記事って、なんじゃこりゃ的なものが目立ちます。もちろん玉石混淆でたまには良記事もあるにはあるのですが、私的にはどうしても医学的に […]

フードファディズム 悪役のご飯を庇って見ましたイメージ

フードファディズム 悪役のご飯を庇って見ました

☆常に悪役のごはん ここでいうごはんとは夕食を夕ご飯という場合のご飯ではなく、お米の事です。よく外来で「ご飯は何時くらいに食べましたか?」と採血時などに尋ねますが、「ご飯は食べないんです。うちはパン食なんで」というトンチ […]