五本木クリニック院長ブログ

「トンデモ医師列伝」古典編その1 医師にもこんな素敵な方が沢山いるよ!! 


医師が監修したから安心、とは言えないよ!!トンデモさんがゾロゾロ

医師は昔は「お医者さま」と呼ばれ、それはそれは尊敬された時代もありました。今では「医師」と呼ばれるのはまだマシで「医者」と呼ばれるとちょっと寂しい気もします。個人的には「先生」と呼ばれるのは好みません。まあ、医師といってもトンデモない考え方をする人がいても、不思議ではありません。今ではトンデモさんの古典の分野に入れても良いと勝手に判断した、医師でありながら

◎「大丈夫ですか??先生!!」的な方の著作をご紹介します

日夜収集に明け暮れているトンデモ系の医師の中で、今では古典とも言える医師を大きく3つのカテゴリーに分けました。カテゴリーは以下の3つ。

1.医師はこんな余暇をこんな趣味に没頭していたんだ
森鴎外は軍医でありながら、執筆活動を続け文豪にまでなりました。余暇をどのような趣味に費やそうと、本業に差し障りが無ければとやかく言われる筋合いはありません。でも、趣味の世界における著作を医師であることをわざわざ書かなかった方がその後の診療に支障を来さないのでは、と感じた方々です

2.医師が医学的にヘンテコリンな思考にハマっている
下手すりゃ健康被害が起きる可能性がある、あっち方面に行かれた医師の斬新な考え方です。このような医師に巡り合わない方が健康維持にはよろしいようです。

3.トンデモ系医師ですが、そおっとしてあげた方がいい
えーっと、精神疾患は100人に1人は罹ってしまう病気です。医師でも精神的な疾患を患う権利はあります(?)。電波方面の医師もいてもおかしくはありません。

これらの分類に従って典型的なトンデモ医師の方々の活躍をお伝えします。

1.医師が書いた趣味の世界、でもこんな考え方で大丈夫?

◎1-1.どっぷり趣味の世界に入ってしまった医師

「日本の地名とUFOの記録」橋野昇一(近代文芸社 ) 橋野医師はUFOについて深〜いご興味を抱いてこんな本を書き残しています。初版は1987年ですから、矢追純一さんがUFO番組に出まくっていた1970年代のUFOブームに便乗した軽々しい本ではないと断言いたします。なんせ、この本の内容は日本各地の星とか船(UFOを意味するそうです)がついた所はUFOが着陸した場所であり、それにちなんで昔々に地名がついたと主張されています。

橋野医師はそれだけじゃネタが尽きたのか「UFO = 丸い飛行物体」と解釈することによって「太陽 = 丸い」を導き「日」がつく地名もUFOが目撃された場所であると断言しています。まあ、どんだけ連想ゲームをお続けになるのかと思いつつ読了しました。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%9c%b0%e5%90%8d%e3%81%a8ufo%e3%81%ae%e8%a8%98%e9%8c%b2___%e6%a9%8b%e9%87%8e_%e6%98%87%e4%b8%80__%e6%9c%ac___%e9%80%9a%e8%b2%a9___amazon

アマゾンさんより

◎1-2.どっぷりギャンブルにハマってしまった医師

「超能力馬券術」江本弘志(世界文化社)まあ、医師でもギャンブル好きはいても全く問題ないですよね。でも趣味が昂じるとなぜか本を書きたくなっちゃう医師も目にします。カメラが趣味の医師なんて素晴らしい装丁の写真集を自己出版しちゃう酔狂な人もいます。

問題点はこの江本医師は超能力をお持ちであり、超能力を駆使して競馬の予想をされているそうです。まあ、それも許容範囲としますが、武豊騎手が勝ちまくるのは「反重力エネルギーによって自分の体重を軽くしている」とお考えになっています。

医学部の試験では物理はマストではない大学もありますが、少なくとも高校で物理は学んだはずです。ぜひ肥満に悩んでいる方に反重力エネルギーの発生の仕方を指導すれば、それこそ大人気となって馬券で儲かるレベルをはるかに超える収入をえられるとアドバイスいたします。

◎1-3.陰謀論にハマってしまった医師

「滅亡のシナリオ」川尻徹(週刊プレイボーイ特別取材班) 現役で活躍している医師の中にも陰謀論を振り回している有名な方がいます。その陰謀論を医療活動に結びつけている点が、かなり問題だと考えています。一方、この川尻先生は医療とは全く関係ないところで陰謀論を唱えていますので、ビジネス目的では無い点で高い評価を与えたいと勝手に思っています。

サブタイトルの「いまも着々と進む1999年への道 」でお分かりでしょうけど、今の若者は知らないと思われる「ノストラダムスの予言」という楽しい話題で日本中が盛り上がった時があったのです。昔々ノストラダムスという学者が散文詩を残していて、それが高確率で未来を予言していたと言い出した人がいました。

川尻先生(なんとはなしに愛着があるので医師をさす「先生」ではなく、尊敬を表す「先生」です)はノストラダムスの予言書をどう読み取ったのか、どのような思考回路でたどり着いたのか常人である私には理解できないのですが安藤広重の東海道五十三次の四日市の中に山本五十六(太平洋戦争開戦時の連合艦隊司令長官)が描かれていると主張されています。

%e6%9d%b1%e6%b5%b7%e9%81%93%e4%ba%94%e5%8d%81%e4%b8%89%e6%ac%a1_%e5%9b%9b%e6%97%a5%e5%b8%82_-_google_%e6%a4%9c%e7%b4%a2

郵政博物館サイトより  この版画で背を向けている人が山本五十六なんだってさ。ノストラダムスの散文詩は予言ではなく、計画書でありその計画通りに今の歴史は作られているとの陰謀論を唱える川尻先生としては、江戸時代の浮世絵に20世紀の人物が描かれていても全く問題がないようです。

この陰謀論を持って診療にあたっておられたかは不明ですが、少なくとも現在活躍(一部休止)中の陰謀論を振りかざす医師よりは、可愛いので許しましょうね。

ついつい好きな分野ですので、めちゃ長文になりそうです。今回は趣味の世界にどっぷりハマりつつも、別次元の思考回路をお持ちの豪快な医師について書きました。なおこのブログの頭で述べた以下の2つはシリーズ化していきますね。

予告編としてこんなのご用意しております。

2.医師が書いたニセ医学の世界、こんな治療してんの??

2-1.大ベストセラーなった医師のヘンテコな自己啓発系の本
「脳内革命」春山茂雄 著(サンマーク出版)

2-2.先生、大丈夫でしょうか、病名は「おばけ」でいいんですか?
「精神病はおばけの仕業だ」甲斐睦興 著(東京経済)

2-3.歯医者さんも解剖学と生理学も学ぶよね
「歯は中枢だった」村津和正 著(KOS)

3.医師が書いた???の世界、そうっとしておいてあげたい

3-1.色々な人生もありますが、あまり刺激はしないように
「奇跡の人 宇宙の神 北里正治」北里正治 著(千早書房)

3-2.まあ、精神世界方面に行かれるのは勝手ですけど
現在どなたにするか模索中

認知症の方の交通事故が最近注目を集めています。医師でもそれなりの疾患を罹患する可能性はあるわけですから、老化に伴う認知症患者さんの運転の規制とともに認知症を罹患した医師の問題もそろそろ出て来ても良さそうな気がします。

注意:今回、書かせていただいた医師の方は古典的なトンデモ系医師と私の責任において判断したものです。物故者も含まれますが、ペンネームの方も混じり込んでいるために厚労省の医籍確認ページで本当にこの方々が医師であるとの保証はできません。

↑ページTOPへ

関連記事

またもやヘンテコな管理栄養士さん発見!!スーパーの豆腐に物言う的に意気込んでいるけど、知識が・・・。

勘違い?知識不足?やたらと豆腐に文句をいう管理栄養士さんを発見しました 「偽装とうふに注意!イオングループのスーパーで、最近やたらと出回っている」とか「偽装豆腐、お客様センターに電話してみた」などのタイトルで根拠なく食の […]

【閲覧注意】こんなの入れちゃうの!!想像するだけで痛い、尿道異物、膀胱異物。人は穴があると何かを入れたくなる???

膀胱とか尿道に異物を入れてはダメだよ!! 私はブログとは別に保険診療専門サイトも運営しています。その中でなぜか割とGoogle先生に高評価をいただいてい流のが「膀胱異物」。そのためか、当院には膀胱や尿道に異物が入ってしま […]

おばあちゃんの知恵的「黒酢らっきょう」・・・これって本当に体に良いの?

黒酢とらっきょうは健康に良い、というおばあちゃんの知恵的民間療法 全く効果が期待できないサプリ、あるいは病気を治したり病気を予防するという偏った食事を批判してきた私ですが、実は民間療法というかおばあちゃんの知恵袋的な健康 […]

ありがとう、本田選手、バセドウ病なんか吹っ飛ばせ!!イメージ

ありがとう、本田選手、バセドウ病なんか吹っ飛ばせ!!

整形疑惑なんて、誰が言い出したんだ!! 本田圭佑選手のワールドカップでの豪快なシュートで、私の彼に対する気持ちは100%逆転しました。レーシック手術失敗疑惑、ひょっとしたら美容整形を受けていたんじゃない疑惑などスポーツ音 […]

【国難】健康保険制度破たん寸前!!「肝斑治療にトランサミン」これは適応外処方だし、こんなリスクも!!

これこそ国難!!国民皆保険破たん寸前の原因の一つである適応外処方問題 先日、本来ならば皮脂欠乏賞を合併したアトピー性皮膚炎や主婦湿疹に対して処方されるべき塗り薬であるヒルドイドが美容クリーム替りに使用されてることが判りな […]