五本木クリニック院長ブログ

怒号飛び交う「ヒルドイド逆ギレおばさん」、どうして処方してくれないのよ!!


■なんでヒルドイド出してくれないのよ!!キーッ!!

当院では美容クリーム代わりにヒルドイド使用する処方はお断りしています。

泌尿器や内科の診療の際に「いつも他のクリニックでヒルドイド処方してもらっているのですが、いただけますか」と尋ねられ「何の為に使っているんですか?」と返答すると、多くの場合「ヒルドイドって保湿効果が高いので美容クリームより良いって友達が言っていたから」なんて答えが返ってきます。

◎ヒルドイドソフト軟膏とヒルロイドローションはアンチエイジング効果がある、なんて話がネットを中心に拡散

して本来の適応症ではないのに処方されているのです。美容目的の処方が健康保険でカバーされるワケがないのですが・・・。

◎当院ではどう見ても美容目的でヒルドイドを希望する患者さんは、全てきっぱりお断りしています

・・・ガタン、と椅子を立ち上がって「じゃあ、いつものクリニックに行きます、キッー!!」って捨て台詞を残して立ち去った患者さん(おばさま中心)多数、じゃあ最初から他のクリニック行けよ、と心のなかでつぶやく私。

これはローションですが、他に剤型としてクリーム、軟膏、そしてゲルがあります。処方薬ですから適応症が決められていて、さらに副作用もあるんですけどねえ。

■処方薬であるヒルドイドを美容クリーム代わりに使用している人へ

確かにヒルドイドは他の保湿系処方薬と違って尿素が入っていませんので、ピリピリすることが無く、アトピー性皮膚炎の保湿に有用な薬です。しかし、以前は適応症が皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防などでしたので、病名が「アトピー性皮膚炎」だけだとレセプトが切られていました。

先日の朝日新聞デジタルで「美容クリームより処方薬 医療費増への危機感薄く」とのタイトルでこんな記事がありました。

ここ数年、女性誌やウェブに、こんな特集記事が続々と出る。保湿効果があるヒルドイドは、医師が必要だと判断した場合のみ処方されるが、雑誌には「娘に処方してもらったものを自分に塗ったらしっとり」といった体験談も載る。

さらに

東京都内の40代の開業医は「患者に『多めに出して欲しい』と言われれば、出さざるを得ない」と話す。

◎はあ、出さざる得ない?医師としてのプライド及び日本の健康保険制度が崩壊寸前であるのになにを言ってんだ(怒)

私は美容目的のヒルドイド処方を希望する方にはキッパリ「保険診療では処方できません。薬は適切な使用量があるので、多めに処方もできません」と答えて多くのおばさまに怒声を浴びせられててきました。

◎「友達はヒルドイド処方してもらっているのに、なんでよ、キーッ」

って感じで、「二度と来るもんか」との捨て台詞残した豪快な方もいらっしゃいました。

■ヒルドイドは処方薬としての販売額が31位!!マルホの売上の半分以上!!

ヒルドイドを製造販売している製薬会社は「マルホ」で、一般の方には馴染みのない会社だと思います。皮膚科を標榜していない医師にとっても武田やアステラス、ファイザー、グラクソなんかと違ってマイナーな製薬会社との認識をしているのではないでしょうか?実はマルホの

◎ヒルドイドって2016年には医療用医薬品国内売上高ベスト50に入っている大ヒット商品なんです!!

https://www.seiyakuonline.com/statistics/tokei052.html より 

◎さらにマルホの売上の50パーセント以上がヒルドイド!!

主力製品である血行促進・皮膚保湿剤「ヒルドイド」の連結売上高に対する比率は、平成26年9月期で約51%を占めております。

マルホ有価証券報告書より 

以前からヒルドイドの保険適応外使用が気になっていた私はなんどかMRさんにこの件を伝えたのですが、上司に報告することは躊躇したんでしょうね。まあ、企業は利益をあげて継続することがいちばん大切なことであることは十分理解できます。

しかし、あまりにもいい加減な処方が増えると社会保険診療報酬支払基金とかに目をつけられてバシバシとレセプトと切られ他医療機関からきついクレームが来るんじゃないでしょうか?

■お母さんに頼まれたんですけど、ヒルドイドください

私が美容クリーム代わりのヒルドイドを処方しないことを知った方の中にはなかなかトリッキーな手段を用いる方がいます。

◎お子さんがアトピーで通院しているのに乗じて「ヒルドイド、ちょっと多めに処方してくれないですか?」

自治体によって若干の違いがあるようですが、当院のある目黒区は中学生までの医療費は自己負担が0円です。お子さんのアトピー等の診察のついでに、お母さん用のヒルドイドをゲットすることが可能です、それも自己負担0円で。こんな場合は「この子が必要としているヒルドイドは月にこれくらいだから、これ以上は必要ないのでだせないよ」と私は答えるようにしています。

「子供が通院しているんだから、ちょっとくらい多めに出してくれてもいいのに、チッ」って感じでドアを乱暴にしめてクリニックを去っていきます・・・多分、幼稚園や小学校のママ友に悪口を拡散しているんでしょうね、多分。

■ネット情報の恐ろしさ・・・日本の医療を崩壊させる?

湿布剤は一回の処方数が限定されていますし、一部の過激な意見の持ち主は漢方薬を処方薬から外せなんてことを言っています。

◎美容クリーム的な使用法が見え見えのヒルドイドを患者さんの言いなりに処方しちゃう医師もかなり問題です

使用目的が病気以外であることが分かり次第、ヒルドイドの処方は健康保険を使用しない自費にしちゃえばいいのではないでしょうか?

ヒルドイドが美容クリームとして有用であるとの情報源はネットの節約上手系か半可通の美容情報サイトだと思われます。現在、テレビ番組のネタもネット情報依存と言っても過言ではないと思います。今後、ヒルドイドが美容クリームとして効果があるとの情報を奥様番組、あるいは健康情報関連番組で取り上げたら、マルホはウホウホ、健保はガタガタになる危険性があります。

日本の保険医療は近い将来破綻すると多くの人が考えていますが(既に破綻しているとの考えもあり、ヒルドイドと同じような成分で構成された美容クリームは、私が常々批判してきたあの小林製薬でさえ、既にOTCとして販売しています!!

◎マルホさん、ヒルドイドに絶対的な自信があるのならOTCにスイッチしたらいかがでしょうか?

処方薬の目的外使用が明らかな場合は医師側もきっぱり断りましょう・・・速攻で医療機関の口コミサイトに悪口を投稿されますけど(体験談)

美容って夢のある世界である一方で、イメージ産業との批判も当然あるとは思います。そんな美容の世界に節約上手さんが不正な処方を推奨するようなヘンテコな記事がネット上に多く見受けられますが・・・非常に個人的で申し訳ないのですが、そのような考えの患者さんは当院に来ていただかなくても結構です。

↑ページTOPへ

関連記事

「まつげ美容液」の思わぬ副作用、瞼が垂れ下がってしまう!!重大な副作用の報告がありました。イメージ

「まつげ美容液」の思わぬ副作用、瞼が垂れ下がってしまう!!重大な副作用の報告がありました。

■「まつげの美容液」はもともと副作用の産物です まつげの育毛効果がある「短い睫毛を長くする」美容液が一般的になってきています。まつげが伸びる作用自体、もともと「緑内障治療薬」の副作用として見つかったものです。 ◎追記 睫 […]

ボトックスの副作用、それほど心配ないけど治療する医師の実力が副作用を招く!!イメージ

ボトックスの副作用、それほど心配ないけど治療する医師の実力が副作用を招く!!

■そもそもボトックスの働きは神経の伝達を阻止することなんで、副作用が気になりますよね!! ボトックスは神経の伝達を阻止して「筋肉を縮めなさい」という命令を「縮めません」と拒否することによって、シワを作ろうとする筋肉の動き […]

値段が高けりゃ体に良い食事、と思ってしまう悲しい人間の習性!!??

■食品業界の方、価格を上げればバンバン売れますぜ!!?? 健康ブームが加熱すると非常に高価な食材がもてはやされてしまうような現象がおきます。例えばオーガニック食品。農薬や化学肥料まみれの野菜より手間暇かけたので、当然一般 […]

おばあちゃんが元気で長生きする秘訣は孫と一緒に過ごすことなんですイメージ

おばあちゃんが元気で長生きする秘訣は孫と一緒に過ごすことなんです

■今日は子供の日です、おばあちゃんも一緒ですか? 女性はなぜ男性より長生きなのか医学的に100%解明されてはいません。動物の世界でも歳を取ったオスは必要ないとされ群れを追放されたりしますが、メスはおばあちゃんの知恵を生か […]

高齢者の定義の見直しを検討中、じゃあ「老人は幸福」と言う話は本当だろうか?イメージ

高齢者の定義の見直しを検討中、じゃあ「老人は幸福」と言う話は本当だろうか?

■幸福度を数値化できるのか?という素朴な疑問 WHOによって高齢者の定義は65歳以上となっています。でも、個体差がかなり大きく64歳でも70歳以上に見える人もいますし、80歳でも60歳代に見える人もいます。一般的には数十 […]