五本木クリニック院長ブログ

炎上した「あたしおかあさんだから」の絵本作家と「胎内記憶」のトンデモ系医師の深い関係


■「あたしおかあさんだから」に反応したネットユーザーの鋭どさに驚いた

最初「あたしおかあさんだから」がなぜ批判され、ネット上で炎上したのか理由が分かりませんでした。よくあるお母さんをテーマにした童謡だと感じたのですが「子育てに専念するお母さんを賛美しすぎ」「母親の自己犠牲が美しく書かれている」などの理由が批判の原因のようです。

『あたしおかあさんだから』歌詞への批判受け、絵本作家のぶみさんがコメント 「これはママおつかれさまの応援歌」

この炎上を報じたハフィントンポストに童謡の歌詞が掲載されていて、よ~く読んでも「まあ、昔からある童謡じゃん」と思ったのですけど・・・昔と違ってこのお母さんのキャリアも歌われているぞ!!最近の童謡ってそんな感じなんだ的に受け止めたのですが・・・ネットの世界の人って、非常に鋭いです。この詩を書かれた方の思想背景を嗅ぎ取って「これなんだかヘン!!」って思ったんでしょうね。

なにを隠そう、この詩を書かれた絵本作家のぶみさん、トンデモさんと思われる胎内記憶とか経皮毒とかのニセ医学を提唱している池川明医師の影響を受けているのです。

今までも私は繰り返ししつこくヘンテコ医学の絶好のターゲットは子育て中の母親や妊婦さんです。池川医師はまさにその層に狙いを定めています。

池川明医師「胎内記憶」って赤ちゃんや母親に無茶苦茶プレッシャーかけていませんか?

日経さま、トンデモ系の池川明医師が顧問している「胎教アドバイザー」の広告塔になってはマズイですぜ

もともと本とか詩とか作者の意図しない読み方をされる傾向があるので、まあ、読者によって様々な受けとめ方ができるのは当たり前です。でも、やっぱりこの童謡の作詞をされた絵本作家さんと池川明医師の関係はかなり気になってしまいます。

■絵本作家ののぶみ氏と池川明医師の関係

「胎内記憶」とか「胎教」を強く訴える普通の解釈ではトンデモ系の池川明医師ですが、熱狂的な信奉者がいることで、トンデモウォッチャーの間では知られた存在で、彼を定点観測している人も多いです。

「胎内記憶はありまぁす!」派に感じる違和感…。全力でツッコみます。

女性向けヘンテコリンなトンデモ系ニセ医学について観察している山田ノジルさんの記事。messyというサイト、実は私が今までブログネタとして利用させていただいているビジネスジャーナルと同じサイゾーという会社が運営しています。まあ、それはひとまず置いといて

池川明医師は、言わずと知れた胎内記憶研究の第一人者。本によると、子供の口から語られているのは「ぐるぐる回って泳いでいた」「ひもでつながれていた」などの胎内記憶です。精子記憶の証言では「たくさんの仲間がいて競争し、自分が勝った」なんてものも。

こんな話をもっともらしく拡散しているのが、池川明医師。私はどう見ても非科学的でありニセ医学の領域であると断定します。

池川医師は子供は親を選んで生まれてくる、との考えもありこれは必要ないプレッシャーを親とくに母親に与えるものに他なりません。また「母乳神話」というこれまたいらん苦労とプレッシャーを母親に背負い込ませる考えも池川明医師は強く主張しています。

「母乳神話」母乳で育てると赤ちゃんはもちろん、ママの病気も防ぐ、でも疑問だらけ。

トンデモ医学の伝道者である池川明医師と今回炎上した「あたしおかあさんだから」を作詞した絵本作家のぶみさんが仲良しさんであることを、ネットユーザーは鋭い感性で気が付いたんでしょうか?

「東京・横浜ヒプノセラピスト&カウンセラー Takakoのブログ」 アメブロより

ちなみにヒプノセラピストとは催眠療法を行なっている人のことで、前世のこととか未来のこととか潜在意識とかを調べて病気や悩み事を解決するらしい、これまた怪しげな民間医療の一つと考えて間違いありません。

■池川明医師ってこんな人なんだけど

ここで注意があります。私は今回の「あたしおかあさんだから」は、子育てにおけるワンオペ育児を褒め称えている感はありますが、内容自体は今風の童謡はこんな感じだろうと思っています。

「蟹工船」や「セメント樽の中の手紙」の愛読者が共産主義信奉者であるはずもなく、三島由紀夫ファンの全員が愛国者であり右寄りであるわけでないと思います。

また作家や作詞家、詩人の中にも自分の思想信条とは別の考えの作品を書き上げるばかりでもないので、絵本作家のぶみさんの作品である「あたしおかあさんだから」の受け止め方は聞いた人、読んだ人それぞれの違った解釈でOKのはずです。

でも、のぶみさんは「このママにきーめた!」という絵本もお描きになっているので・・・池川明医師の影響を強く受けているのは間違いなさそうです。

私はこのシリーズ全部持っています。

池川明医師はトンデモ医学の御大真弓定夫医師とがっちりタッグを組んでいます。これでも池川明医師のトンデモさがわからない方はこれをどうーぞ。

http://www.30ans.com/memory/backnumber/200609.html

さらに養生LABOというサイト(http://youjo-labo.com/shampoo-from-amniotic-fluid-4234.html)で

よくネットとかに経皮毒の問題で羊水がシャンプーの匂いがしたなど 書かれていたりしますが、それは本当なんですか?

との問いかけに対して池川明医師は

「先生、ちょっと来てください」って。「どーしたの?」って聞くと、「何か匂いません?」結構広い部屋なんですが、部屋に入った途端にすごい 臭うんですよ。これが例のシャンプーかと思いましたね。

と返答しています。さらに

特にその方は、毎日朝晩シャンプーしてたみたいで、だから臭うんだなと思いましたね。

とも。経皮毒、特にシャンプーが原因で羊水がシャンプー臭いなんてデマと考えて問題ないことを拡散しております。

私は経皮毒は非科学的なニセ医学であり、これを流布する人、特に医師を批判してきました。

都市伝説「経皮毒が原因で羊水からシャンプーの臭いがした」・・・ニセ医学です

このようなトンデモ医学を拡散している医師の影響を絵本作家のぶみさんは受けている可能性があることは、知っていても邪魔にはならないと考えます。

■そういえばのぶみさんの絵本って以前も話題になりました

夫婦喧嘩の後に珍しくご主人が子供さんに絵本を買ってきてその本が「ママがおばけになっちゃった! 」だった、なんて話も耳にしました。この絵本の内容はママが交通事故にあって死んでしまって、残された4才の息子さんがオバケになったママとの交流を書いたもです・・・アレアレ、これも作者はのぶみさんだ!!この絵本も一時期ネット上で賛否両論が議論されていました。のぶみさん、とかく話題性のある作品を創作しているいい意味でも悪い意味でも話題性ある方なんですね。

↑ページTOPへ

関連記事

カネボウの美白化粧品による白斑被害に対する町医者の眼で見たまとめですイメージ

カネボウの美白化粧品による白斑被害に対する町医者の眼で見たまとめです

☆原因究明も大切だが、先ず治すことが重要じゃないか? どうして今回のように美白成分がまだらの白斑を生じてしまったかという原因の追究は,今後このようなトラブルが起きないようにするために必要なことはわかります。 また、原因や […]

デング熱って知っていますか、日本で60年ぶりに発生!?

■デング熱って変な名前ですが・・・ 「デング熱」って病気は医学部で習った記憶はあったのですが、単に「天狗熱?」と名前が面白いから記憶に残っていただけなんです。開業して数年経った時にハワイに在住している方が親戚がいる日本に […]

首ひねる独自マッサージ!?首ポキ・首ボキ??マッサージ受けた乳児など2人が死亡!!ニセ医学の悲劇。イメージ

首ひねる独自マッサージ!?首ポキ・首ボキ??マッサージ受けた乳児など2人が死亡!!ニセ医学の悲劇。

■免疫力を高める首をひねる独自マッサージ後乳児死亡!!ってニュースになっていますが・・・ 非常に痛ましい事故っていうか事件が起きています。大阪と新潟で「免疫力を高める」と称して赤ちゃんに独自!!のマッサージを行なっている […]

「違法助産院、出血多量で死亡事故」の院長と「首捻り乳児死亡事故」の代表の共通点が気になる

■またまた非常識な医療関係者が事故を引き起こした 先日、乳児の免疫力を高める、と称して赤ちゃんの首を不自然に捻って死亡事故を起こした無許可のマッサージ類似行為を行なっていたNPOの代表がマスメディアに取り上げられました( […]

トコジラミなんて死語だと思っていたら、近年増加の傾向・・・原因はやっぱりあの国か?イメージ

トコジラミなんて死語だと思っていたら、近年増加の傾向・・・原因はやっぱりあの国か?

■南京虫って知っていますか かなりの年配の方は「南京虫」って聞いたら「ああ、あのシラミね」と即答できるかもしれません。南京虫は俗名で正式名称?はトコジラミという変てこな名前がついています。 本当はシラミの仲間ではなく「カ […]