五本木クリニック院長ブログ

風邪をひきやすい人の特徴・・・これ典型的なオッサンじゃん!!??


■やっぱり規則正しい生活がかぜを引かない一番のコツ?

病気にならないためには子供の時から言われてきたように、早寝早起きをして朝昼夜としっかり食事をした方がいいのでしょうか?

◎かぜをひきやすい人は睡眠時間が短い

傾向があり

◎運動不足の人もかぜをひきやすい

さらに

◎食事をしっかり食べていない人はかぜをひきやすい

なんて感じの傾向があることがわかりました。ちなみにやや痩せ型の人の方がかぜをひきにくいとの結果も。

今シーズンはインフルエンザが猛威を振るいました。かぜのほとんどの原因はウイルス感染であり、感染すると症状が重症化しやすいのがインフルエンザとざっくり考えて間違いありません。まだまだ暖かくなるのは先の日でしょうから、どのようにすればかぜをひきにくくなるのか、逆に言えばどのような人がかぜをひきやすいのかを考えて見ます。



http://www.healthworry.com/letss-kick-off-the-cold-flu-virsus/より 年末年始、久々の長引くかぜをひいてしまった私、まさにこのイラスト状態でした。

■シンデレラ体重だとかぜをひきやすいぞ!!

先日からネット上でシンデレラ体重というヘンテコなワードが飛び交っていました。そのシンデレラ体重は「(身長m)×(身長m) ×20×0.9」の式に当てはめて計算して算出するらしいのですけど・・・

◎シンデレラってどう見ても普通のBMIを18に合わせるために逆算しただけじゃん!!

と医師免許を持ったオッサンは思ってしまうのです。BMIはBody Mass Indexの略で「体重kg ÷ (身長m)÷ (身長m)」の式を使って計算しますよね。このBMIが18.5~25未満だと普通、それ以下だと痩せ、それ以上だと肥満って日本肥満学会は定めています。

シンデレラ体重は若い女性向けに拡散されている、モデルのようなアイドルのような体系を目指すものでBMI=18を目指しているものです、これじゃガリガリ。このヘンテコな

◎シンデレラ体重の計算式、なぜわざわざ20×0.9なんて数字出てくるんだ?

単純に18にすればいいじゃん、と医師免許を持ったオッサン以外も思われたはずです。まあ、もっともらしい計算式にして算数に弱いいたいけな人々を混乱させるためなんでしょうかねぇ。話はめちゃくちゃ飛びましたが

◎BMIが23.0~24.9だとかぜをひきにくい

との結果に今回行われた、かぜをひきやすい人の日常生活習慣ではなっています。シンデレラ体重を目標としているそそっかしい方は十分にご注意くださいませ(病気とか体質でBMI18以下の方も感染症にはご注意くださいね)。

遅くなりましたが、今回のどんな人がかぜをひきやすいか?の研究は神奈川県立保健福祉大学大学院保健福祉学研究科の柴田みちさんと中島啓さんによって今年の第52回日本成人病(生活習慣病)学会で発表されました。詳しくは2018年02月05日のMedicalTribuneをご覧ください(これ会員登録しないと見られないんだっけ?)。

■かぜをひきやすい人の傾向を調べた大掛かりな研究だけど、この研究方法はどうなんだろう?

今回使わせていただいた研究は40歳から79歳の健康な埼玉県の39524人を対象に行われたものです。調査した項目はBMIの他に白血球数・肝機能・コレステロール値・睡眠時間・運動習慣・食事の習慣など多項目に渡っています。

結果的に
1:かぜをひきやすい人はは血球数が高かった

2:かぜをひきやすい人は肝機能の指標の一つ血清ALTが高かった

3:かぜをひきやすい人はコレステロールの中で善玉と言われているHDLコレステロールが低かった

4:かぜをひきやすい人は睡眠時間が短かった

5:かぜをひきやすい人はBMIが普通と考えられている23.0~24.9より高かった、あるいは低かった

6:かぜをひきやすい人はほとんど運動をしていなかった

7:かぜをひきにくい人は飲酒していなかった

8:バランスの良い食事をしている人はかぜをひきにくい

など傾向がわかったのです。

◎しかし「かぜをひきやすい」は自己申告制で判定しています

えっ〜自己申告制って「私って体が敏感だからかぜひきすい人じゃな〜い」という方もいたでしょうし「俺は生まれてからかぜひとつひいたことないんだぞ」的な人も4万人以上を対象にした調査なんで混じり込んでいた可能性は否定できません。

■こんな人はかぜをひきやすい、ってことね。オッサン注意!!

今回使わせてもらった研究はまだ紙ベースの論文になっていない模様なんで詳細な元データはわかりません(2018年3月1日の時点)。かぜをひきやすい人の1から8に検討を加えてみると

1の白血球増加は喫煙者に見られる傾向です。

2の肝機能の異常は飲酒あるいは肥満等が原因の可能性があります。

3の善玉コレステロールが低い人も喫煙習慣あるいは健康的じゃない生活習慣を送っている可能性があります。

4の睡眠時間不足。多忙な仕事が忙しい、そのくせだらだらと飲酒したりネットを見まくっている、あるいは遠距離通勤で睡眠時間が不足している可能性が考えられます。

5のBMIはシンデレラ体重だとかぜをひきやすいし、メタボ傾向にある場合もかぜをひきやすいことを示しています。

6の運動不足問題、睡眠時間が短く深酒で二日酔いだとそりゃ運動不足にもなります

7の運動不足問題は・・・これ私のことじゃん

8の不規則かつ偏った食事・・・これも私のことじゃん、もちろんダイエットに励んでいる「なんとかダイエット」と取り入れている人もこれに当てはまります。

以上からわかったことは・・・

◎オッサンはかぜをひきやすい、と強引な結果を私は提案します

でも、今回の研究のかぜをひきやすい、ひきにくい判定は自己申告なんで「俺は今までかぜひとつひいたことがないぞ!!」と申告したオッサンが混入していたとすると、私の強引な結論も揺らいでしまいますね。

不摂生な生活を送っているオッサン、そして今回の研究をもとに強引な結論を導き出す私(もちろんオッサン)、かぜをひかないようにするにはおばあちゃんの教えにしたがって、規則正しい生活、三度三度の食事と偏食を避け、そしてメタボじゃないし痩せすぎない体型を維持して飲酒は控えめにしつつ、運動を生活の一部に取り入れる必要があるようです。

↑ページTOPへ

関連記事

大流行中のB型インフルエンザ関連記事、朝日新聞に電凸しました!!その結果は・・・。

■健康情報記事なんだからエビデンスはあるのか、電凸しました 私は朝日新聞はデジタル版の有料会員です。Yahoo!!ニュースを斜め読みするだけの読者ではないことを前もってお断りしておきますね。昨日、ちょっと気になる記事を見 […]

花粉症にもインフルエンザにも効果がある「葛根湯(かっこんとう)」・・・エビデンスはあるの??

■市販の漢方薬といえば「葛根湯」・・・本当に効果あるの? 東京周辺では本年は暖冬のためか、2月になってインフルエンザが流行しました。それに伴い一般の風邪の患者さんも増えています。一般的な医療機関が休みである土日に風邪をひ […]

加湿器はインフルエンザ感染予防に効果があるか?と素朴な疑問

■まずは「インフルエンザは空気感染しないよ!!」が大前提 ヘンテコで不正確な健康医療情報がいまだにネット上にはびこっているようです。例えば「インフルエンザの予防方法:3つの感染経路をおさえよう!」とタイトル書かれている記 […]

風邪をひきやすい人の特徴・・・これ典型的なオッサンじゃん!!??

■やっぱり規則正しい生活がかぜを引かない一番のコツ? 病気にならないためには子供の時から言われてきたように、早寝早起きをして朝昼夜としっかり食事をした方がいいのでしょうか? ◎かぜをひきやすい人は睡眠時間が短い傾向があり […]

医師のインフルエンザ対策、もし自分がインフルエンザになったら休診するか?イメージ

医師のインフルエンザ対策、もし自分がインフルエンザになったら休診するか?

感染拡大の為に自分が感染したら休診にするか? 「先生は風邪引かないの?」とは患者さんに季節になると尋ねられることが多いのです。実際に風邪の患者さんを診察した後に「いま、貰ったな!」と思う瞬間があります・・・あまり科学的で […]