五本木クリニック院長ブログ

ニキビ跡にお悩みの方へ、フラクショナルレーザーって知っていますか?


■ニキビ治療薬は多数ありますけど、ニキビ跡を治す薬はありません

保険診療で使われるニキビ治療薬がここ数年でバンバン発売されて、やっと日本も世界基準に達したと思われるニキビ治療です。一方で

ニキビ跡、特に凸凹に効果のある飲み薬・塗り薬ってありそうでないのが現状

ってことを、多くのニキビ肌に悩まされたことを経験している方はご存知かな?効果があるかもしれいないレベルでニキビ跡の治療と称して処方をしてる医師がいるかもしれませんが(数名確認済み)、健康保険を使ってでニキビ跡を治療することは健康保険の適用外ですし、効果があることが明らかになっている薬は無いはずです。

ニキビ跡、特に凹んだニキビ跡に悩まされている方が治療を希望するとなると、受診するのは美容皮膚科ってことになりますね。美容皮膚科は基本的にというかどう考えても健康保険治療の対象とはなりえませんので、医療機関選びは慎重に検討する必要がありますね(保険が効かない自由診療なので、治療費は高額)。

当院はかなり以前からニキビ跡の治療に力を入れていて

知る人ぞ知るニキビ跡治療なら五本木クリニックとさえ言われている

ような気がしないでもないようです(※個人の感想ですw)。

ニキビ跡治療として当院で一番活躍しているレーザーなのです

レーザー治療といっても本当に多くの種類のレーザー機器があります。その中で

多くの美容皮膚科でニキビ跡治療に使われているレーザーはフラクショナルレーザー

と呼ばれる方式のレーザーであり、当院では以前はフラクセルと言うレーザー治療機をしようしていました。このフラクセルの場合、痛みが強いと言うマイナス面があったために現在では痛みが軽減した

アクションIIと言う名のフラクショナルレーザーをニキビ跡治療に使用しています

フラクショナルレーザーと言うのは、肌に細かい穴をあけて創傷治癒という人間にもともと備わった反応を利用して、凹んでいた皮膚を解消してツルツルの美肌を目指すことが可能と考えられているレーザー治療器です。

■ニキビ跡を治療するフラクショナルレーザーの仕組み

ニキビ跡で凸凹になってしまった皮膚をツルツルの肌に改善する方法として以前はメチャ強い薬剤を使用したリスキーなピーリングが選択されていた時代がありました。ハイリスクハイリターンの治療方法なんで顔をお仕事としている方(当時はほとんどがハリウッド女優)向けなのに、日本の某美容整形クリニック(その当時は美容皮膚科という標榜科目はなかった、美容整形は現在でも正しい標榜科目ではない)が行なっていて多くの悲惨な症例が出まくったとの話もあります。

その後、レーザー治療器が日本にボチボチ入りだした頃は炭酸ガスレーザーを使ってニキビ跡で凸凹になった肌全体をレーザー照射するのをウリとした美容系クリニックが登場しました・・・これもかなり悲惨な症例を多数生み出したとの話あり。

その後に登場したのがフラクショナル方式を採用した「フラクセル」という商品名のレーザー治療器です。当院でも安全性が確認されたフラクセルを本当に清水の舞台から飛び降りる的に導入して、ニキビ跡治療なら五本木クリニック、と言われるようになったのです(フラクセルは当時数千万円しました)。そのフラクセルですが残念なことに大きな欠点がありました。

その結果として

これがフラクショナルレーザーの治療理論です。

フラクセルってメチャクチャ痛いので麻酔しないとニキビ跡治療が不可能

麻酔時間が無駄な時間と感じる方も多く、麻酔をしても痛みを感じてしまう患者さんを治療するのは担当医師も辛いものでした。そこで

痛みを感じることなくニキビ跡治療を可能にしたのがアクションIIというフラクショナルレーザーです

本当に麻酔なしで痛くなく治療できるの?と思った方は動画をどーぞ。

痛みに関して

絶対痛くなんだな!!と言われると・・・※個人的感想です、かも(笑)

ってことになります。でも、スタッフ一同および患者さんの今までの感想に寄れば現時点で麻酔を必要とした人はゼロです(n=42くらいかな?)。

■ニキビ跡の凸凹治療に欠かせないフラクショナルレーザー「アクションII」の特徴

ニキビ跡の凸凹を改善する薬がないので、治療方法として当院が一押しのものがフラクショナルレーザー「アクションII」です。このレーザー治療器の特長を箇条書きすると

・フラクショナルレーザーはレーザーを点状に照射する治療方法

・皮膚の表面に点状の穴をあけると、穴を埋めるように新しい細胞が生まれだす

・その仕組みを利用して肌を入れ替える

・一度に全ての肌を入れ替えると肌の負担が増加するために点状にして分割して肌の入れ替えを目指す

・フラクショナルレーザー「アクションII」は以前のニキビ跡の凸凹治療より副作用やダウンタイムが軽くなる

・以前のフラクショナル式レーザーと違って麻酔が不要

ということです。

ニキビ跡にお悩みの方はぜひご検討くださいませ→「にきび跡」の最終手段治療

「ブログを読んだよ」と伝えていただければ料金をある程度割引させていただきます(少々の条件あり)。

↑ページTOPへ

関連記事

老化防止・精力アップのサプリ「DHEA」ってアンチエイジング効果が無いっていう説・・・私が言ったわけじゃないですイメージ

老化防止・精力アップのサプリ「DHEA」ってアンチエイジング効果が無いっていう説・・・私が言ったわけじゃないです

■アンチエイジングの決定版なんていわれたけど・・・。 名前が紛らわしいので注意していただきたいのですが、今回の話は「DHEA」であって「DHA」ではありませんよ。 「DHEA」はデヒドロエピアンドロステロンという性ホルモ […]

美容整形のトラブルが増加!!ネットも含めた医療系広告の落とし穴にご注意を!!追記ありイメージ

美容整形のトラブルが増加!!ネットも含めた医療系広告の落とし穴にご注意を!!追記あり

■医療は基本的に広告はできません 医師法によって医療機関が広告できる範囲は極々限られています。でも、美容整形や美容皮膚科の広告って雑誌やネットやテレビで目にしますよね。テレビの場合は美容クリニックの名前が流れるだけか、医 […]

おなか痩せと言っても二種類ありまして、皮下脂肪は難敵、でも解決策を見つけちゃったんだなあ。

■簡単に解消できる内臓脂肪、腹筋をしても無くならない皮下脂肪 健康的な食生活を送りつつ、ジム通いを継続している男性でも女性でも薄々感じているのが、ぽっこりおなか問題。おなか痩せを伝授する方法も数多く書籍になっています。 […]

男性シミ取り、について良ーく考てみた・・・難しく考えないで、簡単に消せるのに!イメージ

男性シミ取り、について良ーく考てみた・・・難しく考えないで、簡単に消せるのに!

先日、ホリエモンがフラッとシミ取りに来院したので、サクッとシミを消した時「なんで男性はシミ取りを積極的に行わないんだろう?」という単純なことを考えてみました。理由として挙げられるのは   1.男のくせにシミを気 […]

チョン・ユラ容疑者から学ぶ、整形大国であっても、整形先進国ではない韓国イメージ

チョン・ユラ容疑者から学ぶ、整形大国であっても、整形先進国ではない韓国

■整形疑惑を論じるのはやめたんですけど、これはちょっと・・・ 韓国が整形大国であり、いっとき前の韓流ブームに乗ってわざわざ韓国まで美容整形をやりに行った日本人もいるようです。その方々が満足できる美容整形の仕上がりになった […]