五本木クリニック院長ブログ

「よく眠れる眠れる牛乳」が大ヒット!!その使用方法に驚いた!!


■よく眠れるミルク、果たしてのその成分と使用方法は?

よく眠れる牛乳と称する商品が大ヒットしているようです。よく眠れる・・・この意味は通常熟睡をだと思うのですが、どうも眠ることのできるミルクつまり

よく眠れる牛乳は睡眠導入剤的な使用がされている様子で、それも子供に対して!!

らしいのです。実際、日本の子供は睡眠不足であることが公的資料によって指摘されています。このよく眠れるミルクの話はしらべえ「『よく眠れる牛乳』が英国で大ヒット 子供に飲ませる親が続出する理由がスゴい」(https://sirabee.com/2018/07/04/20161694522/)で知りました。

彼女彼たちに十分な睡眠時間を過ごしてもらうために、このよく眠れる牛乳が英国では使用されているかと思ったら、なんと

バカンスを楽しむために移動時間に子供をしっかり眠らせるために飲ませている!!

と日本人的な発想とは違った理由で使用されているんです。そこで気になるのがよく眠れる牛乳に含まれる成分。


平成26年度児童生徒の健康状態サーベイランス事業報告書より

ちなみ世界的に見ても日本人は睡眠時間が短いですね。健康上の問題として何時間眠れば良いかの明確な答えはまだ出ていませんし

子供は何時間眠るべきであるとの答えも出てはいません

このよく眠れる牛乳に含まれている成分とその驚く使用目的に驚いたので、余計なお世話とは思えますがこの海外での話をちょっと医学的な視点から評価してみます。

■よく眠れる牛乳の成分はセイヨウカノコソウ(バレリアン)という薬草です

このよく眠れる牛乳の話は英国のことですが、海外ものに弱くかつ薬は嫌だけど的な人が飛びつく話題なので、きっと近いうちにこのよく眠れる牛乳をどのようにしたら日本にいながらゲットできるかを研究というか、検索し出す人が出てくるんじゃないでしょうか。ハーブって自然のもだから安全安心と思いがちです、でもよくよく考えてみりゃ「薬草」なんですから、薬的な効果・効能があるんです、当然。

このよく眠れる牛乳に含まれているのがバレリアンと呼ばれるもの

で、植物の名前としてはセイヨウカノコソウです(一部ではヴァレリアンと表記されることもあります)。このセイヨウカノコソウって古くから薬草としてそれなりの利益を人類にもたらしてくれています。例えば「Valerian for sleep: a systematic review and meta-analysis」(Am J Med.2006 Dec;119(12):1005-12)によれば

メタアナリシスによってバレリアンが睡眠改善効果があることが示唆されています

睡眠改善に効果があるとされるバレリアンですが、「Herbal medicine for insomnia: A systematic review and meta-analysis」(Sleep Med Rev. 2015 Dec;24:1-12.)では

同じくメタアナリシスによって効果なしと判定されています

こうなると誰でもこう考えるはずです

バレリアン、効果が有るのか、無いのか、ハッキリしろ!!

よく眠れる成分としてのセイヨウカノコソウ(バレリアン)の効果はまだ明らかになっていない、と考えるべきかもしれませんね。

プラセボであってもそれなりの効果があるなら、と思われる方はここで注意が必要となってきます、だって薬草って薬の原料にもなるんですから当然副作用・健康被害も気になりますよね。このセイヨウカノコソウ別名バレリアンの副作用というか健康被害もちょっと調べてみました。

■セイヨウカノコソウの副作用はあるのか?

セイヨウカノコソウ別名バレリアンは私の手元にある医学書等では1ヵ月程度の使用であれば副作用というような問題は発生していません。それを毎日毎日飲んで数年間というデータは見つかりません。英国の使用例の旅行の移動時間に子供をゆっくり寝かせるレベルでは重篤な副作用はあまり心配する必要はなさそうです。

特殊な例として海外では

三か月間バレリアンを含むサプリを服用したところ肝機能障害が起きた例が報告

されています(「A case of valerian-associated hepatotoxicity」(J Clin Gastroenterol. 2008 Sep;42(8):961-2)が見つかりました。

さらにちょっとこれは

怖いぞレベルの副作用として、フランスで13歳の子供が大量に長期間服用したことによって、最終的には肝移植を受けた例

などがあります(「Fulminant hepatic failure after herbal medicine ingestion in children」Therapie. 1998 Jan-Feb;53(1):82-3.)。

大量に長期間にわたって服用しなければ、まあ安全であると考えられるバレリアンを含むよく眠れる牛乳と考えて良さそうです(この牛乳の正確なバレリアンの含有量は調査中です)。

■はたしてぐっすり眠れる牛乳は日本でも一般的になるのか

この商品名「Sleep Well Mil」が国内で入手できないとなると、自分で作ってみようを考える人がでるのではないでしょうか?そうなると当然丁寧な生活を推奨していると思われるサイトや雑誌がこの件を「子供を連れて海外旅行に行くとに忘れてはいけないポイント」とかのタイトルで手作りセイヨウカノコソウ(バレリアン)入り牛乳を取り上げることが予想されます。そういえばこんなことが先日ありましたね。

さようならクロワッサン、発酵食信仰をこじらせたようですね。

こんな感じの雑誌やサイトでそのような記事を見かけたら・・・

手作りよく眠れる牛乳に手を出すのは控えることをお願い致します

なぜならどのくらいの量を牛乳に入れれば安全にセイヨウカノコソウ別名バレリアンの効果を得られるのか、医学的な結果はまだ出ていませんからね。

最後にちょっと言い訳を:今日、いつも使っているPCじゃないものでこのブログを書いています。キーボードのタッチも違うし、画像の取り込み等も思い通りになっていませんし、書きたいことを書き留めたエバーノートへもアクセスできなくて重要なポイントを書き逃した可能性があります。後日、いつものPCにて加筆修正する可能性をご承知おきいただければうれしいです。

↑ページTOPへ

関連記事

ヒアルロン酸で失明!!って基本的な解剖学的知識がなかったのか、担当医は?!イメージ

ヒアルロン酸で失明!!って基本的な解剖学的知識がなかったのか、担当医は?!

■今度は台湾でヒアルロン酸で失明! ヒアルロン酸をほうれい線や額のしわに使用することが、かなりポピュラーになってきているところにまたもや残念なニュースが飛び込んできました。台湾でヒアルロン酸注射のトラブルでなんと失明をし […]

ニキビに悩む10代の若者の3分の1に自殺願望、治療する医師側に問題あり!追記ありイメージ

ニキビに悩む10代の若者の3分の1に自殺願望、治療する医師側に問題あり!追記あり

■ニキビに関するショッキングな報告はオーストラリアの学会誌 「Australasian Journal of Pediatrics and Child Health」に掲載されていたものです。 ニキビに悩む子供の24%が […]

高濃度ビタミンC点滴療法で「がん治療」??・・・高城 剛さん、これこそニセ医学ですよ!!

■週刊現代がまともになったと思ったら・・・ 医療批判をこじらせてトンデモ系になりかねなかった「週刊現代」、先週号と今週号のインチキがん免疫療法批判記事は多く医療関係者から「良記事」との評価を受けています。と思ったらウェブ […]

健康であるための「食事のガイドライン」・・・糖類は総エネルギーの10パーセント以内に

■食事のガイドラインが発表されました 健康的な食事・・・これは様々な意見がありますよね、糖質を限りなく0に近づけたり、肉ばっかりでも大丈夫とか、ベジタリアンとかビーガンとか極端なものまであります。私はおばあちゃんの知恵的 […]

大丈夫か中国メディア!「日本人の長寿の理由を分析」って間違いだらけというか、唖然。イメージ

大丈夫か中国メディア!「日本人の長寿の理由を分析」って間違いだらけというか、唖然。

中国人が日本人の長寿の研究をしているんですけど、かなり誤解が・・・ 世界保健機関(WHO)が本年の5月に「世界保健統計2013」を発表したことを受けて中国の環球網(人民日報の国際版)が日本人の男性の長寿の秘密を分析してく […]