五本木クリニック院長ブログ

女子は排尿後、ウォッシュレット使用は☓です。


温水洗浄便座はウォッシュレットとTOTOの商品名の呼ばれる日本発の世界的発明です。
お尻にお悩みがある方には医学的にも非常に有効な機器です。
以下温水洗浄便座をウォッシュレットと呼ばせて頂きます。

☆正しいウォッシュレットの使い方ご存知ですか?
正しい使用方法となると意外と間違って使用している方が多いので、
ここで正しい使用法をご説明します。
ウォッシュレットは排便後お尻を清潔に保ち、
トイレットペーパーでゴシゴシ拭くことが原因の痔の解消には、非常に有効です。
さらに血行不全が原因のいわゆるイボ痔にも効果を発揮するため、
マッサージ機能までついています。
ノズルが前方に伸びるために西洋では一般的なビデの働きまでこなす、
優れた機能を持ち合わせています。

☆女子は排尿後、ウォッシュレットの使用は膀胱炎の原因に
女子で排尿後、何気なくウォッシュレットを使用している方も多いのではないでしょうか?
実は膀胱炎を繰り返す方は排尿後ウォッシュレットを使用している人が多いのです。
泌尿器科の会合で膀胱炎の原因として、排尿後の使用が感染リスクと高めるデータが示されました。
取扱い説明書にはお尻マークと洗うと表示されています。
このお尻は排便後であり、排尿後ではありません。
勢いよくシャワーをおしっこの出口である外尿道口にあてると、
周囲の菌を尿道内に押し込んでしまうのです。
女子の場合、尿道は短いためその菌は膀胱内に侵入し、膀胱炎を起こすと考えられています。
だからこそ、あまり勢いよく使用しないように注意が書き加えられているのだと思います。
英字表記もじつは微妙ですね。

156074_153756798121303_175582423_n
久保氏の写真をおかりしました。

☆排便後強いシャワーを炎症をおこします。
肛門そうよう症という肛門周囲の痒みを感じる病気があります。
この原因として洗いすぎが挙げられます。
強すぎる勢いでシャワーを当てている可能性があります。
医学界では「ウォシュレット症候群」とも呼ばれています。
中には水勢で肛門を刺激して、排便を促すなんて
明らかに間違った使い方をしている方も報告されています。

☆いきなり温風を使用していませんか?
割と使用されていない、ウォッシュレットの温風です。排便後弱めに水をあて、
軽くトイレットペーパーで吹いた後、完全に乾かすための機能なのです。
トイレットペーパーを全くつかわないで、乾かすためにはかなりの時間を要します。
また、皮膚を乾燥させすぎると痒みの原因にもなります。
さらっとさせる為に使用するものなのです。

☆私が目撃した驚きのウォッシュレットもどき
タイにザ・オリエンタルというホテルがあります。そこのトイレの便座わきに
長いホースの先にノズルがあり、レバーを握ると物凄い勢いで水が飛び出します。
たぶん、本来はビデ用のものと思われますが、
ウォッシュレットになれた日本人は排便後に使用してしまいます。(私です)
高圧洗浄機なみの勢いですので、便座周囲まで水が飛び散ってしまうのです。
外国の女性はこれをはたしてビデとして使用して大丈夫なのでしょうか?

ビデ

 
どんな機器でも面倒くさがらないで取扱い説明書は必ず読みましょう!

↑ページTOPへ

関連記事

「神の手をもつ医師」とか「スーパードクター」って本当はどうなの?

■神の手をもつ医師やスーパードクターを知らない医師は多い マスメディア、特にテレビや週刊誌がよく使う「神の手を持つ医師」「スーパードクター」という名称があります。私は「天才ドクター」なんて言葉も見た記憶もあります。例えば […]

偏った食品によるダイエットは便秘の原因かもよ!!??なんとかだけダイエットが失敗する理由はコレ!!イメージ

偏った食品によるダイエットは便秘の原因かもよ!!??なんとかだけダイエットが失敗する理由はコレ!!

■「◯◯だけダイエット」は便秘の原因になる!! 世の中に様々なダイエット方法が出回っています。多種多様のダイエット方法が出現してくるのは、単に決め手となるダイエット方法がないからに間違いありません。簡単かつ絶対の効果のあ […]

「自分の子どもに薬を飲ませない」小児科医さん、 芳しいトンデモ臭がプンプンです。

■自分の子供に薬を飲ませないで他人様の子供には薬を処方するのでしょうか? 「小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない (いらない薬、いらないワクチン教えます) 」(鳥海佳代子著 マキノ出版)という、衝撃的なタイトルの本が1 […]

本年も集団感染が発生!ノロウイルスによる感染性胃腸炎になったら、治療は脱水対策を!イメージ

本年も集団感染が発生!ノロウイルスによる感染性胃腸炎になったら、治療は脱水対策を!

東京では昨年からノロの警戒警報が出されていました 毎年11月から翌年の2月くらいまで流行を見せる「ノロウイルス」ですが、症状として重大なのは「脱水」なのです。激しい下痢と嘔吐を繰り返すことによって脱水は起こりますが水分を […]

大丈夫かPM2.5は・・・大気汚染でも自閉症の発症リスクが上昇。イメージ

大丈夫かPM2.5は・・・大気汚染でも自閉症の発症リスクが上昇。

☆なにも喫煙だけがリスクを増やすわけではない 喫煙および受動喫煙が妊婦さんへ与える影響つまり胎児に悪影響を与えることはみなさんご存知だと思われます。また、妊婦さんが口にする食べ物も胎児に大きな影響を与えることは当然のこと […]