五本木クリニック院長ブログ

夏休みだ!!海だ!!納豆アレルギーに注意だ!!??なんじゃこりゃ~笑


■納豆アレルギーとクラゲの予想もしなかった深い関係

納豆って健康に良い食品であることは間違いないと考えます(血液サラサラ問題は別ね)。海好きの方はこの時期にクラゲに注意が必要であることは十分にご存知だと思います。でも

クラゲと納豆アレルギーの深い関係って意外と知られていませんよね

納豆アレルギーはアナフィラキシーショックを起こしやすいと考えられてます。夏の海はクラゲが大量発生して、刺されてしまうと思わぬ大ごとになる場合もあります。

納豆アレルギーで重症になる人はクラゲに刺された経験がある可能性が示唆されています

サーフィンや海水浴等のマリンスポーツ愛好家ほど納豆アレルギーになる可能性が高い、との医学研究もあります。私の周囲にはマリンスポーツ好きのオッサンが多いので、私の豆知識を披露してオッサンたちから称賛されることを期待しつつ、そんなこと以前から知ってるよ的な発言を無視して話を進めて参りますね。

■納豆アレルギーがある人はアナフィラキシーになりやすい

納豆は高タンパク食品として有名ですし、美味しいし、まさにザ・日本食って感じの食べ物ですね。しかし、残念なことにタンパク質ですから、当然納豆に対してアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。

https://allergy72.jp/common/pdf/allergy_booklet.pdfより

このわかりやすい図で「大豆」と書かれていますね。納豆は大豆を発酵させた食品ですから、アナフィラキシーを起こす原因の食べ物としては1.8パーセントと占める割合は少なくても、アナフィラキシーを起こす原因として実は医療関係者の間では有名な食品でもあります。って解説をどこかで見かけましたが実はこれは間違い。

大豆のアレルギーで納豆アレルギーになるわけではなく、納豆の納豆たるあのネバネバがアレルギーの犯人なんです。

納豆のネバネバに含まれるポリガンマグルタミン酸(PGA)が納豆アレルギーのアレルゲン物質なんですよ!!

これ医師でも知らない人がいるんじゃないかな?医療関係者はログインしてm3の「覚えておくべき遅発性の食物アレルギー【研修最前線】」を読んでね(https://www.m3.com/open/clinical/news/article/425021/)。ここでも納豆アレルギーをマリンスポーツの関連性が書かれています。

■クラゲに刺されると納豆アレルギーになるという不思議な話

ここから今回の本題に入ります。「Surfing as a risk factor for sensitization to poly(γ-glutamic acid) in fermented soybeans, natto, allergy」(Allergol Int. 2018 Jul;67(3):341-346)では色々なマリンスポーツの経験者と納豆アレルギーの関連性をこのように報告しています。

食物アレルギー患者さん140人中納豆アレルギーのあった人は13人、納豆アレルギーがない患者さんは127人。そして納豆アレルギーがある患者さんは圧倒的にマリンスポーツ愛好者であり、マリンスポーツが納豆アレルギーの重要なリスク因子であることが示唆されています。

その理由としてクラゲは納豆のネバネバに含まれるポリガンマグルタミン酸(PGA)を作り出しています。サーフィンやダイビングをしている時にクラゲに刺されることによってポリガンマグルタミン酸(PGA)に感作されるために、納豆を食べるとアレルギーを起こすと考えられているのです。

■食物アレルギーが疑われる場合「マリンスポーツやっていますか?」と尋ねられるかも

あなたやご家族や友人がひょっとして食物アレルギーかな、と考えて医療機関を受診したとしましょう。担当医がいきなり「海は好きですかあ?」「マリンスポーツやってますかあ?」「焼けてますねえ、サーフィンとかやるんですかあ?」なんて言い出したら、多くの方は「なんだこの医師」って感じるのではないでしょうか?

私のように美容担当医からくれぐれも日焼けはするな、と言われながら毎年真っ黒になっている医師にそんな質問をされたら「こいつ遊ぶことしか考えていないのか」って思うかもしれません。でも、こんな質問をする意思は勉強熱心なんですよ。

マリンスポーツ愛好家は知ってか知らずかクラゲに刺されてポリガンマグルタミン酸(PGA)に感作されている可能性が高いですからね

さらに納豆アレルギーという割と知られていないアレルギーも考慮して診察しているということになるんです。

納豆アレルギーはアナフィラキシーを起こしやすいと考えらえれています。マリンスポーツ愛好家はクラゲに刺されてポリガンマグルタミン酸(PGA)に感作している可能性があります。だからこそ、食物アレルギーが疑われる患者さんに対しては「マリンスポーツ愛好家」であるかを事前に把握しておく必要があるんですよ。

別にあなたの趣味に興味を抱いたからじゃないので、誤解なきようお願いいたします。

↑ページTOPへ

関連記事

たまねぎ氷の効能はダイエットや糖尿病に本当に役立つか?イメージ

たまねぎ氷の効能はダイエットや糖尿病に本当に役立つか?

たまねぎが体にいいと言われるのはポリフェノールの効果です 「たまねぎって体にいいのよね〜」という主婦の会話、「体にいいから食べなさい!」と言われている子供、こんな風景に出くわしたことってありませんか?タマネギダイエット! […]

花粉症情報2014年、新薬が登場したけどその効果はどうかな?イメージ

花粉症情報2014年、新薬が登場したけどその効果はどうかな?

■2014年は画期的な新薬が続々と登場 今年は肥満治療薬や糖尿病の薬などの新薬が登場していますが、今の季節に多くの方の悩みのタネである「花粉症」を根本的に治すことが可能なものも登場しました。アレルギーの治療は対処療法が主 […]

ディズニーランド発の「はしかパニック」の原因はワクチン反対派??ワクチン自閉症原因説の根拠は崩壊!!イメージ

ディズニーランド発の「はしかパニック」の原因はワクチン反対派??ワクチン自閉症原因説の根拠は崩壊!!

■ワクチンのチメサロールが自閉症の原因という大誤解 ワクチンに含まれている保存剤のチメサロール(水銀化合物)が自閉症の原因じゃないか、と欧米で騒がれて10数年が経過します。子供の健康被害に敏感になるのは親として当然であり […]

エボラ出血熱、国内で二人目の感染疑い!!「接触感染じゃないとうつらない」という説明で十分か?イメージ

エボラ出血熱、国内で二人目の感染疑い!!「接触感染じゃないとうつらない」という説明で十分か?

■「エボラ出血熱は接触感染で感染が広がります」って言われても具体的にどんなことが接触になるのか? 感染症の感染経路は空気感染・飛沫感染・接触感染の3感染経路がしられています。今回、大騒ぎになっているエボラ出血熱ですが、本 […]

今だから言える検査しないでもインフルエンザを見分ける方法がありますイメージ

今だから言える検査しないでもインフルエンザを見分ける方法があります

■2014年も猛威を振るったインフルエンザですが・・・ 今シーズンっていうか2013年から2014年に流行したインフルエンザは少し特徴がありました。A型のインフルエンザが流行する時期にあのノロウイルスが流行した為に、ノロ […]