五本木クリニック院長ブログ

メディアが熱中症対策を伝えることが原因の「マスコミ頻尿」って知っていますか?


■夏になると囁かれる「マスコミ頻尿」と呼ばれる病気というか症状がありまして・・・

2018年夏、異常ともいえる猛暑に襲えわれている日本列島です。猛暑にともなる社会問題として、熱中症があります。メディアがしきりに熱中症対策を呼びかけていることは多くの方がご存知ですよね。最近は熱中症対策として塩分補給の重要性も叫ばれていますが、基本としては水分補給が大切と受け止めている方が多いと感じています。ブログの読者の中には私の専門が泌尿器科であることをご存知ない方も多いようですが

夏になって泌尿器科を受診する人で目立つ症状が頻尿です

頻尿の主な原因として過活動膀胱という病気があります。この過活動膀胱は製薬会社の猛烈な広報活動によって、ここ10年くらいで一般の方にも広く知れ渡る病気とも言えます。そのためか受診前のアンケートというか問診票にご自分で「過活動膀胱の治療」と診断?される患者さんも目立つのが、暑い暑い夏の風物詩ともなっていることは多くの泌尿器科医が経験しているところです。

しかし、この頻尿を主症状とする過活動膀胱、特に夏場の頻尿の多くの原因が多飲であることも泌尿器科医にとっては常識となっています。つまりメディアが熱中症対策、熱中症予防として水分補給を、水を飲みましょう!!的な情報をじゃかじゃか流すことが夏場の頻尿の原因となっていることが少なくないのです。この現象を「マスコミ頻尿」なんて言葉で泌尿器科医たちは呼んでいます。

水分補給に関してこんな話題を先日ブログにしました。

熱中症対策にはポカリスエットか、アクエリアスか問題を医学的に検証しました。

やたらめったらに水分を摂ることが原因で頻尿になってしまうことが少なくありません。

■安易な熱中症対策である「水を飲みましょう」の問題点

年を取ればおしっこが近くなる、つまり頻尿になることは以前は常識であり、それを病気として捉える患者さんも医師も少なかったのですが・・・頻尿はもとより夜間頻尿は生活の質を落とす原因であるとともに、製薬会社が過活動膀胱治療薬を相次いで開発したことも大きく影響していて(製薬会社と泌尿器科医との陰謀じゃないよ)、頻尿は治る病気として認識されだしています。

日本臨床内科医会「過活動膀胱」より  このグラフは「排尿に関する疫学的研究」日本排尿機能学会誌(14:266-277(2003)より)のデータを元として作成されています。なんと

頻尿を主な症状とする過活動膀胱の患者さんは国内で810万人!!

これは繰り返しますが2003年に書かれた論文が基礎となっていますので、2018年時点ではもっと多くの患者さんがいることが予想されます。この

過活動膀胱に関連する医療費は1809億円!!経済損失は1兆円近くとの推計もあるんですぜ

保健医療制度が限界というか実質破綻しているとも考えられている日本、2000億円近くの頻尿関連医療費の原因の一つがマスコミ頻尿だとしたら・・・。

日泌尿会誌,99巻,7号,2008年: 713~722 「過活動膀胱の医療経済」より

熱中症対策は水をガンガン飲めばいいってワケでは無いのです!!

必要以上に水を飲めばそりゃ尿の量も増えますし、尿の回数も増えるって。

さらに水中毒と呼ばれる状態の原因にも多飲はなりかねません。

過活動膀胱に関してはこちらをどーぞ→過活動膀胱(Over Active Bladder)とは

■マスコミ頻尿の悪影響はこんなにあります

ここ一ヶ月ほど日中の頻尿と夜間頻尿を主訴として来院された患者さんから聞いた話で、デイケアで職員から毎日2000ml飲みなさい、と指導されたとのこと。その患者さんは小柄な85才の女性で体重は35キロ、そんな小柄なおばあちゃんにとって2リットルの水分補給が日課として指導されていたのです。高齢になると運動量は当然落ちますし、腎機能も低下しています。そんな方に水分を過剰に負荷すると身体が浮腫んで当然ですし、腎機能の悪化も心配になってきます。同じように大量の飲水を医療従事者以外家族からも勧められている人も多数です。

メディアで熱中症対策が報道されて、水分補給を気にし過ぎて

熱中症にならないように用心して毎日4リットルもお茶やポカリやアクエリアスや水を飲んでいた患者さんも経験しています

多飲が原因で夜間頻尿になっていることに気づかない医師によって、過活動膀胱と診断されて処方を受けおしっこが出ない状態である尿閉になって受診された高齢者もいます。

夜間に頻回に目がさめることを主訴として近医を受診して睡眠薬を処方されていた患者さんもいました・・・夕食後から寝る前までに熱中症予防として、お茶を約1.5リットル飲むことを習慣としていたそうなんで、そりゃ寝ている最中におしっこに複数回起きちゃいますって。じゃあ飲水の目安はどのくらい?との素朴な疑問が出てきます。

■適切な飲水量は尿量で考えるべき

体内で水分が足りなくなると、当然尿の量も減少してきます。健康的な尿の量ってご存知でしょうか?

泌尿器科医が考える適切な尿量は体重×30ml・・・体重60キロであれば1.8ℓの尿が出ていればOK

腎機能が正常である方の目安ですからご注意を。でも、ご自分の尿量を毎日毎日測定している人は滅多に見かけません。膀胱はだいたい200から300mlの尿を貯めることができますので、一日8回程度気持ちよく尿が出ていれば、ひとまずは安心してください。

夏場になって極端に尿量が減っていたり、4-5時間もおしっこに行かないような状態なら水分が足りない可能性も出てきます。さらに熱中症対策として水分の補給ばかりに目がいきがちですが、熱中症の正体は脳が体温管理ができなくなってしまうことなのです。その対策としては高温と多湿に気をつける必要があります。猛暑の最中には不必要な外出は控えて、エアコンが十分効いた室内でだらだら過ごすのが一番良さそうな気がしないでもないのですが・・・。

お時間がありましたらこれもどーぞ。

熱中症に注意!!脱水の応急処置で「点滴お願いします」は大間違いです。

↑ページTOPへ

関連記事

デング熱って知っていますか、日本で60年ぶりに発生!?イメージ

デング熱って知っていますか、日本で60年ぶりに発生!?

■デング熱って変な名前ですが・・・ 「デング熱」って病気は医学部で習った記憶はあったのですが、単に「天狗熱?」と名前が面白いから記憶に残っていただけなんです。開業して数年経った時にハワイに在住している方が親戚がいる日本に […]

梅毒が急増中!!感染拡大の原因を5つ考えてみた。

■過去の病気と患者さんも医師側も思っていた梅毒が大流行!! 歴史上に有名人物が「実はあの人って梅毒だったんだって」的な話をしたことがあると思います。私が医師になった当時に梅毒はすでに過去の感染症扱いで、カルテの片隅に「ワ […]

大相撲問題:暴行で顔がゆがんだ、整体に行け!!それ接骨院か整形外科の間違いじゃないの?

■骨が折れて整体へ!!??整体は整形外科でも接骨院でもないんだぞ 日馬富士・貴乃花問題などとかくお騒がせ体質の大相撲。今度は大相撲の春日野部屋に所属していた力士による弟弟子による傷害事件が明らかになりました。入門したばか […]

血圧の基準値が人間ドック学会と高血圧学会で違うってどういうことよ?イメージ

血圧の基準値が人間ドック学会と高血圧学会で違うってどういうことよ?

■たしかに健診と人間ドックは違いますが 先日、健診、検診、人間ドックというのは目的が違うと言う話をブログに書きましたが、検査の基準自体にも違いがあるという話はしませんでした。オッサン達は特に肝機能の検査結果を気にしますし […]

デング熱の予防ワクチンが開発された!!こんな時期に発表するから製薬会社陰謀説が巷にあふれるんです。追記ありイメージ

デング熱の予防ワクチンが開発された!!こんな時期に発表するから製薬会社陰謀説が巷にあふれるんです。追記あり

■デング熱に有効なワクチンが開発されて近々販売されるらしい 今、日本で代々木公園発のデング熱の広がりが危惧されています。最初は感染者が3人と発表されましたが、その後感染者は増加して11都道府県の計48人に(9月3日時点) […]